南木の資料室別館

 
『南木倶楽部全国』メーリングリストに南木が書いた原稿中、その一部をここに公表しています。 ここの全目次は『南木の資料室』←をクリックしてください。 感謝→『南木倶楽部全国メーリングリストに協賛してくださる皆様』のページ←クリック 『南木倶楽部・宗教と哲学の部屋』←クリック

カレンダー

2018年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:mari
子供が、小路小学校に通っています。以前から民族教育には疑問をもっています。
因みにうちは純粋な日本人です。韓国・朝鮮の子供が祖国の事を学ぶのは良いと思いますが、小路小学校では朝の挨拶・帰りの挨拶・給食のいただきます・ご馳走様など挨拶は、日本語と韓国語で日本の子供にも言わせています。日本の公立の学校にも関わらず、教室の中、職員室の表札などにもハングル語で書かれている始末。こんな事なら、英語を教えて欲しいし、日本の子供に強制的言わせる学校のやり方に理解できません。民族教育の時間が多く、授業も周りの小学校に比べ遅れがちと密かな噂がずっとあります。日本人が肩身の狭い学校だと思います。

最近の記事

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ