長崎原爆で被爆し、語り部として活動している森口貢(みつぎ)さん(77)=長崎市=が5月、修学旅行で同市を訪れた横浜市の公立中学校3年生の男子生徒5人から、「死に損ない」などと暴言を吐かれていたことが分かった。森口さんは学校に抗議し、校長が電話で謝罪した。被爆者団体は「生徒たちに学ぼうという気持ちが足りない」と嘆いている。

 森口さんや学校によると、3年生119人が5月27日に長崎市を訪れ、森口さんが所属する「長崎の証言の会」の9人が班ごとに被爆遺構を案内した。

 森口さんは10人ほどを爆心地から600メートルほどの山里小学校へ案内。話を始めようとした際、別行動をしていた男子生徒5人が近づき、「死に損ないのくそじじい」と大声を上げ、周りの生徒に向けて「笑え」「手をたたけ」などと言ったという。

 森口さんは翌日、「多くの被爆者の方に申し訳なく、つらい時間でした」と記した手紙を校長に郵送。今月3日に学校へ電話すると、校長から「すみませんでした」と謝罪されたという。

 校長は取材に、暴言の前に森口さんが、態度が悪い男子生徒1人に「出て行け」と言って叱った経緯があったと説明。「(暴言は)逆恨みをして言ったのだろうが、許される言葉ではなく反省を促したい」と話した。今後、生徒の感想文と校長の謝罪文を送るという。

 森口さんは原爆投下後に長崎市中心部に入り、入市被爆をした。小学校教諭を退職後、1998年から被爆遺構の案内や講話をしている。現在は長崎の証言の会事務局長。森口さんは「こんな経験は初めて。被爆69年となり、戦争や原爆をひとごとと感じているのだろうか。本気で向き合ってもらえなかったことが悔しく、悲しい」と話した。

 長崎原爆被災者協議会の山田拓民事務局長は「自ら学ぼうという気持ちが足りなかったのでは。事前学習を含めた学ぶ姿勢が大切」と話す。被災協は修学旅行生らに年間600回ほど証言活動をしている。集中しない生徒はいても、邪魔されたことはないという。

 ただ、1997年には長崎市被爆者の男性(当時65)が被爆体験の一人芝居の上演中、修学旅行の中学生からやじられたり、キャンディーを投げつけられたりするトラブルがあった。

 今回の問題について男性の妻(79)は「やってしまった後が大切」と話す。男性のケースでは生徒数十人が謝りに来て、男性は「水に流そう。人の痛みの分かる人になって下さい」と応じた。その後、生徒たちの生活態度が改まったと聞き、救われたという。「生徒たちがしっかり反省し、気持ちを森口さんに伝えることが大切」と指摘した。(山本恭介、岡田将平)

http://ad9.org/f365j/media/yomiuri1.pdf
2007/07/27 10:56 PM

「長崎の証言の会」森口さんら反核運動の4邦人、英で逮捕

 

 【ロンドン=森千春】英スコットランド西海岸にある英海軍ファスレーン基地で25日午後1時(日本時間同9時)過ぎ、反核運動に参加していた日本人男性4人が逮捕された。

 逮捕されたのは、長崎市の平和団体「長崎の証言の会」会員で被爆者の森口正彦さん(68)のほか、大学教員2人と大学院生1人。森口さんに

よると、4人は、同基地ゲート前で、2人ずつ手をつないで横たわり、車両の出入りを妨害しようとして、公共の秩序を乱した疑いで警察官に逮捕された。森口さんは、健康上の理由で25日夜(日本時間26日未明)釈放された。残る3人も26日、釈放された。

 同基地は、核ミサイル「トライデント」を搭載した潜水艦の母港で、英国の反核団体などが、昨年10月以来、核兵器システム更新政策に対する抗議活動を行っている。

(補足。南木記載6月9日)今回、「くそじじい」と言われた、森口貢氏と、イギリスで逮捕された森口正彦の記事は「森口」違いではないかと質問があったので、補足をします。

この日、森口貢氏は上記の会「長崎の証言の会」会長として、現地におり、男性4名が逮捕された。早期に釈放された同会員の森口正彦氏の記事が最初に紹介した記事であるが、森口貢氏がその場にいた証拠となる記事があるので、以下に掲示します。

 

 http://blogs.yahoo.co.jp/ruasahi/31449762.html

日本市民によるイギリス核兵器基地の封鎖行動(ワイド版) yamamoto1999·

2010/05/10 にアップロード

英国で唯一、核兵器が配備されているスコットランドのファスレーン基地のゲートに、各 ­国から集まった市民が一年間交替で座り込み,英国での核廃絶を実現しようとするプロジ ­ェクト「ファスレーン365」が、2006年10月から1年間にわたって行なわれまし ­た。これに2007年7月に参加した日本チームの封鎖の様子です。(すでに低解像度で ­アップロードしていましたが,YouTubeの規格向上にともない,横長画面のオリジ ­ナルを提供します.)

詳しい情報は「ファスレーン365日本実行委員会ブログ」をご覧下さい.http://faslane365.blog86.fc2.com/

シーン1:7月25日の朝,現場までマイクロバスで移動.途中,「雪のため通行止め」 ­という標識を見かけるが,これは,この道路を核弾頭輸送車両が通るときの口実と,ドラ ­イバーをつとめるレベッカ・ジョンソンさんが説明している.

シーン2(25秒から):丘の上から見たファスレーン基地.停泊している原潜のタワー ­部分と思われるものが水上に出ているのが認められる.

シーン3(48秒から):一行,基地ゲート前に到着.最後に,通行車両からの応援のク ­ラクション音が入っている.

シーン4(1分13秒から):基地フェンスでの原爆展.森口貢さん

(長崎の被爆者)が ­現地の人に説明している.

シーン5(1分49秒から):地元のクエーカーの人々が応援に集まってくれた.瞑想を ­している.

シーン6,7(2分8秒から):折りヅルを入り口に並べて封鎖する.

「原爆許すまじ」 ­を歌う.続いて,筒の中で手と手をカラビナで互いにロックする方法で,より強力な封鎖 ­.日本から持ち込んだ竹筒を使ったので,「バンブー・ブロック」という名前を頂いた.

シーン8(2分30秒から):「バンブー・ブロック」を試みた5名のうち2名はすぐに ­阻止されて逮捕された.

シーン8(2分43秒から):警察による封鎖解除の作業.竹筒を丁寧に軸方向に切り開 ­く.

シーン9(3分18秒から):続き.見守る支援者の歌声.3分44秒,49秒頃,「ア ­リガトー」という声が聞こえる.逮捕と護送車への移動.(画像は見にくいのですが,音 ­声から雰囲気を感じ取って下さい.)

シーン10(4分56秒から):翌26日の釈放のシーン.全員が,何の罪にも問われる ­ことなく昼過ぎまでに釈放される.迎える側には,逮捕後数時間でその日のうちに釈放さ ­れていた森口正彦さんも(長崎の被爆者).

シーン11(5分50秒から):基地の最寄りの町ヘレンズバラで開かれた市民歓迎集会 ­で話す森口正彦さん