南木の資料室別館

 
『南木倶楽部全国』メーリングリストに南木が書いた原稿中、その一部をここに公表しています。 ここの全目次は『南木の資料室』←をクリックしてください。 感謝→『南木倶楽部全国メーリングリストに協賛してくださる皆様』のページ←クリック 『南木倶楽部・宗教と哲学の部屋』←クリック

カレンダー

2018年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:南木隆治
「投稿者:罰しないと駄目です」さんの仰るとおりだと、私も思います。「売り込んだやつも共犯」どころか、もしかして初めからわかっていたなら、その連中が主犯だとさえ思えます。この件をうやむやに終わらせる事を許してはならないと思います。南木拝
投稿者:罰しないと駄目です
【マスコミ】佐村河内氏のゴースト疑惑 NHKは知っていた?高橋への影響は…★2

魂の旋律-佐村河内守 [単行本]
古賀 淳也 (著)
ttp: //www.amazon.co.jp/dp/4140816139/
内容紹介
音を失った作曲家が紡いだ「いのちの調べ」

18万枚を超える大ヒット「交響曲第1番“HIROSHIMA"」と、
大震災の被災地への鎮魂の思いを注いだ「レクイエム」の誕生。
全聾(ぜんろう)の作曲家・佐村河内守の被災者への共感の背景にあるものとは――。
佐村河内に5年間寄り添い、番組を制作してきたディレクターの著者が、
いのちの作曲の軌跡を綴る「NHKスペシャル」の出版化。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
古賀淳也(コガジュンヤ)
1977年、愛媛県今治市生まれ。2002年から7年間、「筑紫哲也NEWS23」や
「シリーズ激動の昭和 最後の赤紙配達人」などTBSのニュース番組や報道特別番組を制作。
現在はフリーランスのディレクターとして主にNHK「あさイチ」などの情報番組の制作を担当
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(・o・)売り込んだ奴も共犯です

最近の記事

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ