Happy★Happy☆Happy

毎日が「HAPPY★HAPPY☆HAPPY」

2005年に結婚3年目で初めての妊娠。
喜びもつかの間・・・妊娠5ヶ月目で双子ちゃんだったベビは天使になりお空へ帰りました・・・。

それから3年。再び妊娠しました☆☆☆
今回は健康に育って無事に生まれてきてほしい。。。

美容師オーナーのノブオとその妻うみの
妊娠記録&普段のこと日記


 

うみとリンク♪

☆☆☆念ずれば花開くT☆☆☆                     ☆☆☆念ずれば花開くU☆☆☆                   アユーハ的ニュースの見方<旧>                   アユーハ的ニュースの見方<新>                                                  A mode                                プチ・・・petie・・・                      美容室ファイン                          ファイン デジタル なんでも日記                   ☆★☆美容室Y☆★☆                  *〜*MY DIARY*〜*                      えにょの太平楽                             ♪きれいなお母さんになりたい♪                   ほよよん日和                              kikkoro の写真日記        ++mamaのき・も・ち++   ポンポコポーンのポーン                       u3music                                                                                                                               

☆いらっしゃいませ☆

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:うみ
あゆーはちゃん♪

お父様、今日が命日にあたるんだね。合掌(ー人ー)

>来られなくなったのは本厄になるのかな??
災いっていう意味で捉えるなら本厄になるのかも?!
しかし、こうやって何でも当てはめて考えるのはよくないんだろうけど・・・

って私がソレ言うか?って感じですね(;^_^A


投稿者:あゆーは
今から○年前の今日...
うちの親父は3回目の前厄を迎える前に亡くなりまつた。
3回忌が3回目の本厄にあたる計算なんだけど...
法事に来るはずだった人が来る途中でおかまを掘られて
来られなくなったのは本厄になるのかな??
投稿者:うみ
yuritanさん♪

こんにちわ!
厄年は気にしてなければ、なんてことなく
過ぎ去るもののようですよ☆
私の場合はここ近年、まれに見る発病暦だったので重ね合わせてしまったけど。

>手の親指がぶら〜んって垂れ下がるまで電ノコで切ったんだよ〜(大工です)

ぎょえ〜〜!想像するだけで鳥肌たっちゃう(;´艸`)ぁぁぁ
やっぱり厄年怖いかも?!

ちなみに私はお払いしてもらってません♪

投稿者:うみ
やまゆりちゃん♪

やまゆりちゃん、こんにちわ!
お久しぶりですね☆

厄年。。。そうなのよね〜。。。
決して悲観的になることでもないし
人生の転機、体の変化と捕らえれば
自然と受け入れられることなのよね。
厄年の妊娠はいいとされてるものだしね^^

父のこと心配していただいてありがとう。
完治は難しいにせよ、再発しないことだけを願ってやまないです。

>「頑張って」としか言えないのがもどかしいのですが、頑張ってください。

孫の顔が見せられるだけでも親孝行になれば・・・と思ってます。
いつも気にかけてくれてほんとにありがとうね☆
やまゆりちゃんも、体無理せずお過ごしください

投稿者:yuritan
私は前厄で〜〜〜す♪
でも、あんまり気にしてなかったからか今のところ大丈夫(*'ー'*)
来年は本厄かぁ・・・・
お守りもらいに行かなくちゃぁ。だわ!(>▽<;; アセアセ
うちのパパは本厄で、手の親指がぶら〜んって垂れ下がるまで電ノコで切ったんだよ〜(大工です)
その事があったから、本厄はちょっと怖いの><

http://love3chibi-chans.at.webry.info/
投稿者:やまゆり
厄年って皆さん毛嫌いするようだけど、必ずしも「厄年だから悪いことが起きる」というわけではないのだと思いまふ。

なぜ、その年齢を厄年と呼ぶのかを考えると何となくではあるけれど、納得できてしまうこともあるんじゃないかと・・・

これは私の勝手な考えなのだけど、厄年って人生の転機に相当するような年齢に当てはまっているような気がするのです。
例えば男の大厄の42歳。
働き盛りでバリバリ仕事ができる年齢だけど、裏を返せば仕事を頑張りすぎて過労になってしまったり、仕事が忙しいゆえに家庭を顧みる余裕を失ってしまったり。
女の大厄の33歳も、出産適齢期ぎりぎりの年齢であることや子育て真っ盛りで自身の健康に気を配る余裕を失ってしまったり、仕事を持つ女性なら、男性の中に入ってバリキャリになるかどうするかの選択を考え始める年齢だったり。
お父様の61歳にしても、「30〜40代のつもりで仕事をすると体に無理がかかるよ」という年齢だったり。

「人生の転機が訪れやすい年まわりだから、色々と気をつけたほうがいいよ」ぐらいの意味合いなんだと思うのですよ。
うみちゃんの今回の妊娠にしても、ずばり「母になる」という人生の転機でしょう?
厄年っていいことも起こるんですよ。

それはさておき。
お父様の体調はいかがですか?
病巣の部位や進行度が分からないので一概には言えないけれど、今や癌は不治の病ではないですし、きっと快復しますよ。
ただ、ご本人にしか分からない辛さもあるし、それをぶつけられるのは家族だけという面もあるので、うみちゃんはじめご家族の心労はさぞかしだろうと思います。
私の父も癌で胃の2/3を切除しました。それまで病気らしい病気をしたことのない父でしたので、病気を知ったときはかなりのショックだったようです。
それから亡くなるまでの9年半の間、何度も入退院を繰り返しましたが再発はありませんでした。
うみちゃんのお父様もきっと大丈夫ですよ。
家族の支えが何よりの薬になると思います。
「頑張って」としか言えないのがもどかしいのですが、頑張ってください。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ