2013/4/6

那須野が原 開拓  

蟇沼用水や木ノ俣用水のように小規模な用水路が引かれることもあったものの、那須野が原では広範囲に砂礫層が堆積しているため、保水力が弱く水田や用水路から水が地中へと浸透してしまう[5]。また地面を耕せば大量に石が出るため、農作業には柄が短く頑丈に作られた特別な鍬を必要とした[3]。
このように那須野が原は元々水資源に乏しく農地には適さない地域であり、江戸末期まではほとんど集落のない原野であった。しかし1885年(明治18年)に日本三大疏水の一つに数えられる那須疏水が開削され、那珂川の上流域から水が導水されたことで用水の確保に目処が立ち、これが開拓を進める大きなきっかけとなる[6]。その後も幾つかの困難はあったものの、地道な除礫や土壌改良[3]、井戸掘削技術の向上や揚水ポンプの普及もあって[5]、那須野が原の広大な荒地は灌漑され、緑豊かな農業生産地、酪農地となった。現在は酪農・米産で県内一の生産高を誇っている。
karami66
0

2013/2/2

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ