2009/10/12

旧車會御用達カー雑誌  最強バイク

自動車雑誌『チャンプロード』キャッチフレーズは、

「超ド目立ちチューン全開バリバリ轟々のMAGAZINE」である。1987年創刊。

主に暴走族や旧車會のアクティビティ実状を取り上げている。

販売ルートコースは、一般の雑誌と同じであるが

特に地方都市の一般国道沿いのコンビニエンスストアで

販売されているのを見かけることが出来る。

都心や比較的高級な住宅街では、

あまり取り扱いされていることは無く、

中高生が遠足や修学旅行の土産として買い求めする事もある。

暴走行動によって訴訟ざたされて少年院に収用されたキャリアを

持つ人のエッセや、タトゥー師を取材したアーティクル、

相棒と撮った中学、高校の卒業写真や引退式の写真を自負するコーナー、

モーターバイクのリメークをテーマとした続き物コミックなどを掲さいしている。


街道レーサー向けバトルチューニングマガジン【年間購読】チャンプロード




旧車会と旧車會の明解な区別は素人には

今一区別がつきませんが、当人達にはお互いに

明解な線が引かれているようでうすね。
3

2009/8/15

クラシカルな王道トライアンフ  最強バイク

熱狂的支持を集める、最古参の現存バイクメーカー、トライアンフ。
新たなモデルでも、そのクラシカルな王道スタイルは変わらない。

受け継がれる伝統の系譜に負けぬよう、
身なりから心意気まできっちり整えれば、気分はマックィーン。
孤高のマシーンにまたがり、猥雑な日常から抜け出そう。

150ピース工具セット 自動車/バイク/農器具にも

150ピース工具セット 自動車/バイク/農器具にも

ヒンクレー時代

* サンダーバード
* アドベンチュラー
* トロフィー900、トロフィー1200
* トライデント
* スプリント
* スピード・フォア
* TT600

メリデン時代

* 5Tスピードツイン
* 6Tサンダーバード
* TR5トロフィー、TR6トロフィー
* T120ボンネビル、T140ボンネビル
* T110タイガー、T100タイガー、TR7タイガー
* 3TA,5TA、T100A,TR5T
* タイガーカブ(T20)、テリア(T15)

コヴェントリー時代

* 5Tスピードツイン、タイガー100
* タイガー70、タイガー80、タイガー90
* モデルP
* モデルR


トライアンフ クルーザー ロケット 08ジャケット
0

2009/7/13

幻の旧車 クラシックバイク  最強バイク

基本的に旧車は一点物、現車限りです!
旧車のラインナップ
H2〔750SS〕
73年式・検平22年6月付・ゴールドストレートライン・フルノーマル・超極上・必見!!、最高峰のH2美麗車 以前に弊社より完全整備で納車されたバイクの、そのままの形での絶好調車なのです
---------------------------------
Z1000-R2 Lawson Replica
83年式・国内新規・ライムグリーン・オリジナルライン・ノーマル・〔KARKAR集合付〕極上

幻のモデルZ1000-R2/ローソンの本物!しかも弊社でEGを、フルオーバーホールした買得車なのだ!!
----------------------------------
XS-650E〔650〕
71年式・検2年可・サーモンレッド/白ライン・フルノーマル・超極上

XS-1後期型の超美車!扱いやすい大型旧車として定評のこのモデル、まさにカラーリングも女性にもお薦め?!!

74年式・検2年可・マルーン/白ライン・フルノーマル・超極上

最近程度良きものが少なくなったW3入荷!これほどの原形を保った美車中々無い!エンジン/走りも、勿論絶好調!!
0

2009/6/30

最強の旧車はどれだ?  

人によって旧車の基準も異なると思いますけど、

現行モデルでは無く、尚且つメーカーの部品供給も怪しくなってきた様な車種ではないでしょうか?ヤマハSRの様に、長く生産されているので年式は古くても、現行車種だったりする場合は、年式にかかわらず旧車とは言いにくいでしょうから、一概に年式でも括れないですよね。

なので、あえて言うなら生産中止からの年数が基準となりそうですね。
では、その年数はと言うと、生産中止後20年位でどうでしょう?今で言うと、80年代のバイクがこれに相当すると思います。
でも、単に古いだけでなく、古いにもかかわらずその希少性から値段が高騰しているバイクと言うイメージも有りますね。

・旧車と旧車会の違い
旧車
市場価値にかかわらず、自分にとって価値有る古いバイク。
前述した旧車のイメージから、比較的年齢層の高い方の趣味のバイクに感じます。
良い趣味だとは思いますが、値段や手間を考えるとちょっと手が出ない趣味ですね。

・旧車会
30代の暴走族
いかにも80年代風の改造バイクに乗っていますが、意外と構造変更等をして、違法改造では無いバイクが多い。
※車検場へ行くと、この手のバイクを良く見かけます。驚く事に、検査も受かる様です。
でも、やっている事は暴走族と変わり無い様にしか思えませんし、いくら合法だったとしても、否定的なイメージしか持てません。

「旧車会」は、ドノーマルか、走り屋系(セパハン、バックステップ等)に改造した旧車愛好家の集まりです。

「旧車會」が、元暴走族や、族車系(アップ絞りハンドル、三段シート、直管爆音マフラー等)の集まりです。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ