太田胃酸 桑の葉茶のDNJとは

2012/11/23 | 投稿者: KK

桑の葉エキスが糖質の吸収を穏やかにするということなんですけど
その役に立っている成分はDNJとよばれるようです。

デオキシノジリマイシンの略だそうですが・・・おぼえられませんね。

それでこれがどのように働いているのかといいますと・・・・

糖質、つまりはでんぷんですけど、ご飯がその代表ですね。
これはまず口の中の唾液で消化されますね。麦芽糖になるんですよね。

それから胃を通り過ぎて十二指腸ですい臓からの消化液と混ざって
二糖類に変化するそうです。

さらにこれが小腸に行ってα-グルコシダーゼという酵素の働きで
単糖類になるそうです。ここまで細かくしてやっと小腸は吸収できるんですね。

ところが桑の葉茶のDNJは、二糖類より先にα-グルコシダーゼと
結びついてしまいます。結婚相手を先に奪ってしまうというわけです。

それで二糖類は消化されなくて、吸収されることもなく
排出されてしまうというわけなんですね。

とかくとなんだか寂しい感じになりますけど
これによってダイエットにも役立つんじゃないかというわけです。
0



コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ