バンコク音楽日記

バンコクに住んで日常、目にしたり体験したこの国の音楽事情/情報の覚え書きです。
ルークトゥンからT-Popsまで幅広く。
但し、守備範囲は私個人の好みに合わせますので、アシカラズ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:komta
hanaさん。。

はじめまして。管理人のkomtaです、よろしく!
ピーク&プリーアオですか!あの不思議な魅力とでもいいますか、はまりますよね。
古いアルバムで、彼女たちのファミリー(父母2姉妹)でやっているのがあるはずで、早く見つけて、聞きたいところです。お父さんがカラバオ系の怖そう優しそうな人で、多分彼女たちは幸せな日々をずっーと送ってきたんだろうと察します。
また、寄って下さい。
投稿者:hana
pik&priawに最近ハマっていて、このブログにたどり着きました。VCDで見ると管理人さんのおっしゃるようにタイののんびりした雰囲気がすごく出てますね〜。私はCDを買うときは視聴もほとんどせずいつも直感買いなので、今回大当たりでうれしかったです。
また遊びにこさせていただきますね。
投稿者:komta
ディーさん、ころんサン こんばんは!

ディーさんはどの姫がお好みですか。。。

ころんさん、แคทの日本語表記ですね。。これは例の『OK Na Ka』のKATと一緒で日本語表記はねぇ。。。サラแは難しいですね。本文にも書き足しておきましたが。。そもそもコレ英語名のKATEでしょ。それだとケートかケイトですよね。益々複雑。555
考えられる表記、良くされている表記を出してみますと。。。カット、ケート、それとキャットですか。。この中ではケートが近いですかね。しかし、ケの音にアの音を含ませる音ですよね、正確には。。でケァートと表記したんですが、こんな日本語アリマセン。でしょ?だからか、かっこ悪いですね。ケートに替えようかな。。。
ただ、キャットだとCATに聞き取られるようで、止めた方が良いかと。。。
まぁ、要はแคท、このタイ語をどう発音するか、それの方が重要でしょう。

しかし、ころんサンはかなりこのケァートのことご贔屓さんみたいで、それだけで今回取り上げた価値があったと言うものです。ヨカッタ!
そうそう、グラミーのアレね。。。ケァートが気になる人はあちらも必携ですよね。
投稿者:ころん
こんにちは。R.SIAMのCDは、ケァート(キャットではないのですね)とアンダーを持っていますが、特にケァートのCDは、タイ歌謡の中では、個人的に一番よく聞いた作品です。過去にグラミーから出ていたCDよりもずっとスッキリしていて、歌も格段に進歩したと思います。アンダーのCDは、殆どルークトゥンとは思えないような、シティ・ポップス感覚の作りでしたし、R.SIAMは要注目のレーベルと言えるでしょうね。紹介されている他の作品も全部聞いてみたくなってきました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ