バンコク音楽日記

バンコクに住んで日常、目にしたり体験したこの国の音楽事情/情報の覚え書きです。
ルークトゥンからT-Popsまで幅広く。
但し、守備範囲は私個人の好みに合わせますので、アシカラズ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:komta
ディーさん

そちらの掲示板にカキコミが出来ましぇ〜ん。連絡したい事があるので、FunClubRoseの方の管理人の部屋の方にでも秘密でメアド書き込んでください。

>これもサラー氏の作品だったんですね。
と言う事のようですね。。。
サラー氏の曲でグラミー以外の制作モノもあるんですね。もう一人、女性歌手でサラー氏のペンになるイイのがあって、今それを調査中です。
>4曲目でルークノックも..
それは見ないといけないですね。
投稿者:ディー
これもサラー氏の作品だったんですね。このグラパオ〜は私の2002年のFavoriteでしたが知らなかったです。
その頃のVCDアルバム(サンヤー5バーツ)を見ると、4曲目でルークノックも歌詞をちょっと変えて歌ってました。
バーの女に扮するルークノックの歌い方は色気十分でよかった。

クラッパオ・バェーン・フェーン・ロー・・・MIDIなので全く同じ曲ですね
http://tourtham.com/song/7365.html
バーの女・ルークノックの画像
http://asian-image.sakura.ne.jp/49/src/1139758308048.jpg
チャンヤンミーター・・・歌声はこんな感じ
http://202.142.220.137/wma/18/3444.wma
投稿者:komta
漆黒さん。。
まだ、付いて来ますか。。(ウソですよ〜。)
読まれている方の気持ちがなるべく引いていくようにと、ポンサックやったり、マイク・ピロンポン取り上げたりとやっているんですが(うそうそ。。)、なんかルークトゥン好きな人多いみたいですね。どうしてなのか?これも一章立てないといけないですかね。。(そんなメンドクサイ詮索やら無いって!)

いゃ、自分でも面白いなって思いましたよ。この3曲聴き比べね。エーカラーチがいいかな?と思ってやったんですが、最後に思わさられた事は、マイ(ク)・ピロンポンの巧さですね。やはり、この人は凄いわ!
投稿者:漆黒螺旋
komtaさん。
かわいいメンポーから、いきなり汗臭いというか、男臭ぷんぷんの歌手に変わるところが、komtaさんのお家芸でしょうか。ま、そこがココのブログのとても面白いところではありますね。
で、エーカラーチですが、確かに繊細で丁寧に歌っているようですが、変に洗練されていないところが、逆にいい味出していて、ノスタルジーを感じます。でも、顔に似合わず、老け声に聞こえるのは、私だけでしょうか?
また、同じ曲の3人の聞き比べ、とても興味深く、楽しませてもらいました。エーカラーチとピロンポンが典型的なルークトゥンに対して、タイ・タナウットはプレーン・プアチーウィット風の歌い方って感じですか。個人的には、ピロンポンの歌い方が、一番心にしみたかなあ・・・・こういった異歌手同曲は、是非今後もやってほしいです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ