バンコク音楽日記

バンコクに住んで日常、目にしたり体験したこの国の音楽事情/情報の覚え書きです。
ルークトゥンからT-Popsまで幅広く。
但し、守備範囲は私個人の好みに合わせますので、アシカラズ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:komta
漆黒さん。。

555 そう言えば、この2組とも男だったね。もう一度、555。いや、でもなんと言うか、そんなの聞いているの?と言われるかも。。

ロック・サドェー(ト)改めようかなコレに。先生に発音してもらったら、こんな感じでした。サドェーというのはパサー・イサーンで意味はナシとの事でした。そうですか、おばチャン達に人気があるとは知らなかった。
投稿者:漆黒螺旋
komtaさん、
ぎくっどきっ・・・ROSEにちくるのだけは止めて〜・・・って二人とも男じゃないッすかぁ〜!!55555
このロック・サデートですか?このアルバム、在日イサーン系のおばちゃんたちに結構受けていたのを覚えています。これがかかると、踊るわ叫ぶわで盛り上がっていましたよ。名が知れていたのですね。
投稿者:komta
漆黒さん。。

ゲッ!ロースに惚れたとか言っていたのに、こんなの買っていたんですか。。うーん、困った人だ。(人のこと、まったく言えないって。)

そうそう、ロック・サデートとね。今となっては懐かしいバンドですね。サデートの部分の発音表記が例によって難しいくて。。そう言えば以前はサドゥと書かれていましたね。今思い出した。ロック・サレーンとか、もっと紛らわしいのがロック・サデーウとか。。タイ語表記すれば一目瞭然ナンですが。なるべくカタカナ表記しようかなと思っているので。ロック・サドェーと書くのが近いかなぁ。。そうか、もっとアルバム出ていた筈と思っていたのは、ロック・サデートと時代のが頭にあったからでした。独立後の2枚目ですね。
投稿者:漆黒螺旋
komtaさん、どうもです。
実はこの2枚、バンコクのCD屋に薦められて買っていったのです。
トーイの方はかなりお笑い路線の楽しめるものでした。タイでは結構人気があるのですね。対するピーですが、もしかしたら、この人って昔3人のグループを組んでいませんでした?サングラスをかけてモーラム系の歌をロックアレンジで歌っていたような気が・・・・思いっきり勘違いしているかも知れませんけど。(^^;;)
若っぽい兄ちゃんがブルージーな泣きのギターにルークトゥン・モーラム系の歌。イサーン・ブルース・ロックとでも名付けましょうか?
555
投稿者:komta
ヌワットさん。。
早速のカキコミありがとう御座います。
こういう生体験話っていいですよね。そこでの出来事が頭に拡がるから。。。ゾクゾクしてきます。

カラオケで、ある意味充分ですよね、少なくともクチパクでやられるよりはネ。。ジンタラーの話なんですが、確か、カナダ?だったかに独りで行って、とある店に在カナダのタイ人が集まってジンタラーのコンサート?があった話を読んだ事があります。そこではカラオケも無し。アカペラでやったそうです。逞しいですよね。。。
投稿者:ヌワット
エピソードと言うほどのものをお伝えできるかどうか分かりませんが・・・ 
それは東京にあるとあるタイカラオケのお店でのことです。タイの歌謡曲にはまり始めていた私は、そこでピーサデートのライブが有ると聞き、夜11時頃だったかお店に向かいました。日本でこのような所でライブなんてきっと人少ないんだろうなと思いきや、扉を開けるともうそこは座りきれずにいるタイ人日本人が入り乱れておりました。そこへ彼の登場です。そう!たった一人で!細身の長髪の彼が?初心者の私は、彼が歌いだすまで気楽に構えていました。そして彼はカラオケのマイク(勿論バックバンドも、ギターも有りません)を握り歌いだしたのです。もうそこからは、ただただ彼の歌声と周りの大騒ぎに圧倒されておりました。モーラムあり、ルークトゥンあり、ポップスあり、ロックありと。カラオケですョ!それなのに、いやだからなのか、彼の歌声はCDで聞くより声の質感がぐっと来ましたね。と同時にこんな空間がタイに行けば有るのかと思ってもしまいました。2時間位だったでしょうか、お客のリクエストにももう何曲も答え、写真を撮られ、それはもう大騒ぎでした。残念ながら彼が何を歌ったのかは全く分かりません。(済みません、タイ語も初心者なもので)しかし、この時、また彼のライブを是非聞いてみたいと思った一夜の出来事でした。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ