バンコク音楽日記

バンコクに住んで日常、目にしたり体験したこの国の音楽事情/情報の覚え書きです。
ルークトゥンからT-Popsまで幅広く。
但し、守備範囲は私個人の好みに合わせますので、アシカラズ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:komta
犬次郎さん。。

どうも。。こちらこそ、ヨロシクです!

そうですか、楽しそうですね。田舎でのラムウォン是非一度行って見たいもんです。
投稿者:犬次郎
komtaさんへ 今年もよろしく。

ラムウォンですがこちらの田舎(ランプーン県)で催し物とかがあるときは、ステージが設置されて、その上でみんなで踊ることがあります。もちろんステージにはミニスカートをはいた女の子達が待機していて、へべれけになった男子たちが20バーツのチケットを購入してステージに上っていきます。しかしコムタさんのブログに載っているような綺麗な女の子はいませんね。それでも、普段若い女の子と縁のない村の男子(私のことか?)たちは本当に楽しそうに踊っていますよ。

大昔バンコクで行った(ペブリ通りだったような記憶がありますが)パブのようなところでも、この、チケットを購入して目当ての女の子と一時を踊るシステムを目にしたことがありますよ。
投稿者:つるを
これこそ、おやぢの本質、人間の本質を突いている作品ですね、おそらく。今度買おう。
投稿者:komta
つるをさんのそのリアクション、いつもイイですね。
さすが、大人は違いますね。。
こういうの余裕で楽しめないとね。。。

コレ、見ていて気持ちが良いのがダンサーの女の子たち、みんな楽しそうにしているんですね。本当のところは・・・かもしれないですが、取りあえず、見ていてこっちまで楽しくなってきます。
1回、こういうところへ行って、ここに出てくるようなタイのおやぢと一緒になって、コレやってみたいな〜等と無謀なことイメージしてしまいます。博学なおやぢなんかにならなくてもいい、こんなおやぢ達の様にになりたいと、切に思います。
投稿者:つるを
いいなあ。琴線に触れますね、これ。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ