バンコク音楽日記

バンコクに住んで日常、目にしたり体験したこの国の音楽事情/情報の覚え書きです。
ルークトゥンからT-Popsまで幅広く。
但し、守備範囲は私個人の好みに合わせますので、アシカラズ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:namtaa
自宅に歌手を呼んでコンサートを開いてしまうタイ人の太っ腹にはびっくりさせられますね。

ところで今日、Gotのเจริญ เจริญを訳したのですが、関連サイトとしてこちらの記事にリンクさせてもらいました。よろしくお願いします。

http://pleegthai.exblog.jp
投稿者:komta
huaysaiさん。。

なんか、この内容の多さからか、否、自分の力の無さから、言葉足らずな紹介で申し訳ないです。1曲目がコレコレで、2曲目はソレソレでとかいう紹介の仕方は苦手で、思いついたことを書き出すだけなんです。いつも。

コレまで何回か書いてきた事なんですが、2年ほど前に同じインパクト・アリーナでの“サラー・クンヌウットのコンサート”もお持ちですか。。あちらもかなりイイですよね。

次のルークトゥン紹介はアージャリーヤーの『新芽ちょーだい!』になる予定です。格調高く持っていって、落とすといういつものやり方です。555
投稿者:huaysai
今2枚目を見終わりました。
今回もタイ人の卓越したエンターテイメント性を十分に見せ付けてくれました。特にゴッドやシリポーンは大御所の貫禄を遺憾なく発揮しています。
 タイタナウットは歌っているうちに感極まって泣いてしまったように私には思えました。彼に対する観客の大きな拍手や声援にタイ人の心優しさを感じました。komtaさんのブログを読まなかったら多分この盤は買っていなかったと思います。貴重な情報ありがとうございました。
投稿者:huaysai
こんにちは。
昨日のブログ読ませて頂き、上のVCD今日ロータスで買ってしまいました。今、ゴッドの顔を見ながらこのコメント書いています。また感想書きます。とりあえず今日はこれで。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ