2017/9/21

2017(27) 9月20日 エギスミイカ開始  

イカ釣りの好きな順番は、スミイカ>マルイカ>ヤリイカ>スルメイカ>アオリです。早々とエギですが、スミイカ釣りを始めるというので、忠彦丸さんへ。
今シーズン、初物ですが、どうでしょうかね。もちろん、コロッケでしょうが、食べるとマルイカ以上に甘いし、美味しいです。
午後釣りなので、ゆっくりです。船宿に着くと、午前太刀と通しのお客さんもいて、出船確実。
5人のお客さんとなりました。釣り座ですが、なぜか、皆さん、右舷ばかり。左舷0。なんでかな〜?。と思いつつ、左舷、艫寄りに陣取りました。左舷は、私だけ!!。

クリックすると元のサイズで表示します

12時半、出船。操船は、さとし船長。お馴染です。聞くと、小さいけど昨日、トップツ抜けたそうです。期待大。
潮も大潮なので良さそうです。目指すは、中の瀬に一直線。航路沿いに大流しです。

エギは、ヤマシタのエギ王2号。昨年、なかなか良かったエギです。
エギスミイカ釣りは、アオリと同じように、15カウントのタイムしゃくりの方法が一般的ですが、デッドエギングと言って、ほとんど、しゃくりはほとんど入れず、チョイしゃくりの60カウントぐらいで、乗りを穂先の動きで見て合わせる釣り方です。
この方が、面白いので、昨年から、私は始めました。

開始早々、穂先が斜めにチョイ動いたので、即合わせ。ズンと乗りました。!!(^^)
このあたり最高で〜す!!。
幸先がいいです。150gですかね。この調子、この調子!!。

前半で、3杯まで、順調にのりました。大流しなので、当たるポイントがあって、この時に、集中して、穂先,注視!!。ぽつぽつと乗ってきます。
ツ抜けを目指して頑張りましたが、中盤から、中だるみ。(−−)
チョイしゃくりも大雑把になって丁寧さが無くなってきました。

自分が、思っていたより、やや、大き目のコロッケだったので、気分転換に、エギを2.5号に変更。すると、乗りがよくなってきました。
ラスト1時間で、4杯追加。ツ抜け達成です!!!。

15;50少し早めの沖上がり。船中3〜10杯で、久し振りの竿頭でした。

クリックすると元のサイズで表示します

港で、しっかり。墨を洗って持ち帰り、チビコロッケを捌いて刺身、ゲソは軽く湯がいて酢味噌で一杯やりました。 甘くって、柔らかし、美味しかったです。
スミイカ釣りは、初期は、数釣り、後半は、大型狙いとなります。カワハギ>太刀魚>スミイカとローテーションしながら、秋の釣りを楽しみたいと思います〜〜。

            ― おしまい ―

1

2017/9/13

2017(26) 9月11日 湘南のカワハギ  

南風を気にしての釣行。久しぶりに、片瀬のしまきち丸さん。ここは、その昔、私の師匠(今は故人)、長船さんがよく利用する船宿さんでしたが、いつしか、メンバー会員になっています。
平日、特別割引をしてくれるので、格安です。エサなしで、6千円ちょいで乗れます。
お客さんは10人、早めに行ったので、右舷艫2番に入れました。
出船です。目の前は江の島です。回り込んで、ヨットハーバー側に。少し潮回りして、ストップ。
釣り開始です。江の島周りの釣り場は、過去2回ほどしかやってないので、よくわかりませんです。
根が荒い、海藻が多いなど、なかなか、難しい釣り場、いきおい、それを避けての宙の釣りが、主流のようです。
仕掛けを入れてみて、根が荒いのは、すぐにわかりました。
苦手な宙の釣りをやらざるを得ないですね。それに、外道のアタリが、非常に、多いです。
ベラ、トラギス、キタマクラ、やたらと当たりまくり。(−−)
完全に、外道との戦い、釣りまくって、たまに当たるカワハギちゃんをゲットするしかないようです。
船長は、丹念にラインを変えて流してはくれますが、終日、変わりなかったです。

萬司郎丸さん、多希志丸さんが、並行して流しています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、カワハギちゃんは、渋かったですね〜〜。釣れても、こんなのばっかり!!。(><)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

いいところなく、沖上がりを迎えてしまいました。

釣果、船中、6〜13。わたし11枚(持ち帰り4枚)でした。 湘南は、難しい!!。
釣り方を考えないとね!!。と、思いながら、帰路に。(−−)

         ― おしまい ―
1

2017/9/10

(25) 2017 9月8日 今季初ヤリイカ釣り  

8月中に、ラストマルイカに行こう行こうと思いつつ、野暮用と天候不順で、チャンスをなくしてしまいました。9月になってから、マルイカ船を出している船宿さんは、次々に終了宣言。先週末で、終わってしまい、カツオマグロかカワハギ釣りに変わってしまいました。
とはいえ、イカは食べたし、船宿はなし。(><)
今シーズンはしりのヤリイカ船がポツポツ始まったので、行ってみることに。時々、お世話になる長井の儀兵衛丸さん。
当日、5名のお客。前日にいい釣果だったので、どんな感じかな〜〜と期待大!!。
前日の好ポイントの剣崎沖に一直線!!。他船も、多数向かっています。走ること1時間。ポイントに着きました。
第一投の合図。水深80m。しかし、乗りません。移動して、再投入。乗りません。
移動・・・・乗りません
移動・・・・乗りません
・ 


・移動・・・・乗りません。

昼前まで、湾入り口を行ったり来たり、反応も時々の様子・・・。走りまくりです。(−−)
午前中に、取れたのは2杯。ミヨシの方は、諦めて、貴重なチビヤリイカで泳がせ開始。
(しかし、このお客さん、大成功です、5.5sの真鯛をヒットしました。)
長いクルージングと空振りで、うろうろするばかりでした。

クリックすると元のサイズで表示します

午後になって、沖の瀬付近で、いい反応にあたり、やっと、ツ抜け。
しかし、型が小さく、まるで、マルイカ釣りの様相でした。ヤリイカロッドと11cmのプラ角では、乗りが分かりにくく、非常に、難しかったです。
まあ〜まあ〜のヤリイカらしい型は2杯のみ。

ツ抜けがやっとできた時のバケツの写真です。

クリックすると元のサイズで表示します

14時の沖上がりで、タイムアップ。船中、6〜16杯。私12杯でした。

この時期、ヤリイカも小さいのは仕方がないのですが、これほど、チビだとは思いませんでした。この型、この水深(大体80〜100m)なら、マルイカロッドにプラ角仕掛けでやった方がいいように思いましたです。
まあ〜、そんな感じの釣りではありましたが、一応、ツ抜けはできたし、帰ってから、おいしいヤリイカを楽しめたので、まずまずでした。これから、だんだん、よくなってくると思うので、その時に期待します。

             ― おしまい ―
1

2017/8/30

(24) 8月23日 孫とシロギス釣り  

夏休みと年末年始には、孫たちが、遊びにやってきます。盆明けに、次男の孫たち、その翌週、長男の孫たちが、来襲!!。我が家は、てんやわんやです。長男の孫たちは、すでに、小学生3年以上。昨年も、こうゆう丸さんから、カサゴ釣りでいい思いをしているので、今年も行きたいとリクエスト。
今回は、忠彦丸午後シロギス船に。我々家族4人、他のお客お一人で、左舷貸し切りでした。
ポイントは、住友ドック〜横須賀軍港沖〜猿島沖とぽつぽつ拾い釣り。潮があまり流れていなかったので、ポツリポツリでした。
然し、釣れれば、良型ばかりで、引きを楽しんでいましたね。24〜26cmクラスも10匹ほど釣れて大喜びでした。私は、エサ付け係です〜。(笑)置き竿で、時々。
トータルで40匹ほど釣れました。船長も竿出しして、15匹ほど、プレゼントあり。十分なお土産となりました。
港に帰ると、午後アジ船が帰っていて、大漁だったらしく、鯵のお土産をいただき、結局、クーラー満タンに!!。
有難いのですが、帰ってからの料理が、大変でした!!。(><)
アジは、刺身、塩焼き、煮つけに、キスはから揚げ、骨せんべい、煮つけ、刺身にと、まあ〜、奥ちゃまと手分けして、料理作りに専念!!。
孫たちは、食べる人!!、我々はつくる人!!。
まあ〜、年に、一度ですから、いいかな。(笑)

       ―  おしまい ―
1

2017/8/21

(番外) 親子釣教室2つ  

夏休みには、子供さんとの思い出作りでしょうかね。各地で釣り教室がおおく開催されています。
8月に、2つの釣り教室の支援参加をしてきました。

・8月13日 佐島「海楽園」でのアジ釣り教室。
 
 親子とも全員初心者の18名、しかも、ノーマルタックル、電動装備で大型アジを狙うという超ヘビーな教室です。長年お付き合いのある人からの依頼でしたので、引き受けたものの、ちょっと、心配でしたが、主催者側は、今までの経験から、大丈夫と踏んでいるようで、結果としては、鳥越苦労で、何とか、皆さん、道具の使い方もなれて、後半、大いに楽しんでくれました。
(インストラクターは、大変でしたが…(笑))
曇天、無風、海も穏やかで仕掛けの風飛びもなくて、取り扱いやすかったことが幸いしました。
それにしても、子供たちの学習能力は素晴らしいですね。大人と違って、集中力もあり、アドバイスに素直ですから、ぐんぐん、うまくなりましたですね。
釣果は、サイズ30cm前後の良型アジが平均10尾ぐらい、サバ、アマダイも取れて、大喜びでした。
この釣り教室は、初心者だからと言って、キスやカサゴなどのやさしい釣り物に限定することなく、通常通りの釣り物なのでいささか、面くらいましたが、妙な配慮しなくっても、それなりに、やれるものだな〜と思いました。次回は、太刀魚だそうで、これまた、なかなか、難しい釣りのようです。然し、釣り物が魅力で、参加者の毎回、満員だそうで、なかなか魅力のある人気の釣り教室のようですね。
何でも、初心者は、安全!!安全と過保護イージーフィッシングもいいですが、思い切って、いろいろ、挑戦するのもいいかもですね〜〜。

・8月20日 長井 「光三丸」 JOFI親子フィッシング教室。

久しぶりのJOFIの釣り教室です。こちらは、前述の教室と対照的で、手取り足取りの初心者向け教室です。まあ〜、こちらの方が、子供さんには、安全でお勧めです。(笑)
釣り物は、夏カワハギを狙います。これは、いい企画だと思います。夏のカワハギは、数は釣れませんが、浅場だし、スポーニング後ですから、木っ端は、ほぼいませんので、釣れれば、良型です。
釣り方も、妙な小難しいテクニックは、必要なく、基本の底トントン、ゆっくり聞き合わせでいいのが、いいところで、基本マスタにはいい時期ですね。
参加者15人。光三丸さんも、カワハギは、今季、初出船。楽しみだそうです。
この日も、穏やか、曇り空、釣り日和です。
カワハギ釣りは、餌付けが大切で、私の担当の親子3人には、徹底指導。釣り方も、底トントン聞き合わせのみしか教えませんでした。
最初、順番に手本を見せながら、やってもらい、次第に慣れてくるまで、じっと付いていました。
いきなり、アタリがでて、ゆっくり、聞き合せればいいというのがわかりにくく、ビックリ合わせでバレ!!(><)
残念ですが、だれもが通る道ですね。その次にアタリが出た時、ゆっくり上げて!!上げて!!と言うと、うまく乗りました。強烈な引きに、ビックリ!!。どさっと抜きあげ、取り込んで、大興奮でした。22cmの良型。
3人とも、ポツポツですが、アタリが取れるようになってきましたが、大型のキタマクラが結構、かかって来て、間際らしかったようですが、カワハギもほどほど、混じって、いい釣りができたようです。
8:30出船12時沖上がりの半日釣りでしたが、3枚、4枚、5枚と初めてにしては、まずまずではなかったと思います。船中、トップ6枚、坊主なしでよかったです。
見ていて、思ったのは、やっぱり、基本通りが大切というのがよくわかりましたね。素直に聞いてくれた女子中学生、最大の26cmを釣り上げ、ニコニコでした!!。
帰港後、船宿で休憩して雑談していましたが、女将さんが、思った以上の釣果なので、これなら、乗合船をカワハギにきりかえようかな〜〜などと言ってました。

ということで、なかなか、楽しい教室でした。交通渋滞に合わないよう、早めに、切り上げ、散会となりました。

          ― おしまい ―


2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ