2018/3/21  21:33

35 ANNIVERSARY  CD

今回も35周年話で申し訳ないが、先月のチェッカーズ シングルコレクションに続きオリジナルアルバム10枚のボックスが発売された。ボックスと言えば俺、俺と言えばボックスである。
チェッカーズは2004年にオリジナルアルバムに加えサントラ盤2枚がリマスターされて発売されている。その時はファーストから5枚目までとサントラ2枚を購入した。その時のリマスターがDSDというものだったが、少し物足りなさも感じた。
その後何年か経って他のアルバムのリマスター盤も欲しいなと思い探してSCREWとI HAVE A DREAMを買うことは出来たのだが、残りの3枚のアルバムの中古はネットでは見つけることは出来なかった。それで今回の35周年企画だったので何の躊躇もなく予約したのだった。
シングルコレクションはUHQCDという音も素晴らしいものだったが、アルバムのボックスは2004年のリマスターを使用しているようなので何の音の目新しさは無い。買えなかったリマスター盤を買うためのものにしか過ぎない。まぁ値段が安いのであまり文句は言えない。どうせならアルバムもUHQCDで発売したらよかったのではと思う。そうなれば値段も2倍くらいにはなると思うが、後からまたUHQCDのアルバムボックスを発売されるよりはマシだから。前に買ったリマスター盤をどうするかは今後検討する。
話は変わってスライダーズのDVDボックスだが、まだ全部見ることは出来ていないが、これは感動する。スライダーズ目茶苦茶かっこいい、テレキャスターを弾くハリーがまたかっこいい。空港か駅でハリーが少年のファンにサインを求められサインを書いている映像があったりするのだが、ハリーは結構いい人なんだと思った。何だかんだ我々がハリーの勝手なイメージを持っているのかもしれないと思った。歌詞が出てこなくて笑ってるハリーとかもあったし、ファンに愛想を振りまくハリーとか貴重映像ばかりで素晴らしいボックスセットである。

2018/3/13  20:40

THE VIDEO 1983-2000  DVD

今回も35周年の話になるが、先日誰かがツイッターで4月にスライダーズの4枚組のシングルコレクションが発売されるとツイートしていたので早速予約した。たぶんシングルに収録された全曲が収録されることだろう。
それに伴いネットでスライダーズのシングルを調べていたところ、DVDボックスが2年前に発売されているのを知った。しかもまだ入手出来る状態であるとのことだ。そのボックスのサイトもあってサンプル動画を見たら、スライダーズかっこええ、ハリー痩せている、蘭丸かわいい、ジェームス渋い、ズズはスマートな時代もあったなと色々と感じることが出来たが、何せ価格が価格である。数日考えたが在庫が無くなれば終わりなので金も無いのに購入した。
それだけではない、いつの間にかスライダーズの各アルバムが再発されていたのだ。その中でTHE LIVE!とREPLAYSも購入した。俺の持っているのは古くて音も悪いのでね。もちろんリマスターされている。ライブアルバムはレコードも持っているが、この時代はライブの録音はまだアナログレコーディングだったので音もあまりよくない。このアルバムは実際に武道館で生の音を聴いたという俺にとっては記念すべきアルバムである。自分の行ったライブがアルバムになるなんて滅多に無いことなのである。
それにしてもソニーよもっとスライダーズのことを宣伝しろよと思った。ちなみにDVDボックスと各アルバムはソニーのオンラインストアのみでの販売なのてアマゾンなどでは売っていない。これを機会にスライダーズに興味のある人は是非購入してもらいたいものだ。
それでスライダーズ35周年ということでハリーと蘭丸が二人でツアーすることも先日発表された。二人の共演は18年ぶりである。これはスライダーズの再結成も期待したくなるではないか。いや絶対に実現してくれ。スライダーズは伝説ということで語られるようなバンドではない。
そんな訳で金も無いので明日からルパン4世でもやろうかと思う。次元、五右衛門、峰不二子募集中である。

2018/2/25  20:26

35周年  CD

チェッカーズが35周年ということで4枚組のオールシングルズ・スペシャルコレクションを買った。2006年頃にシングル曲だけの2枚組とカップリング曲だけの2枚組を買っていたが、正しい聴き方はシングルのA面B面の順に聴いていくのがよいと思う。特にカップリングだけのCDでは後半になると、どのシングルのカップリングなのか分からなくなってくる。
その2006年のCDで不満があったのが「ジュリアに傷心」がアルバムバージョンではなかったかということだ。何かシングルには無いリバーブが掛かっていて、これはサードアルバムに収めらていたものではないかと不満だった。今回のコレクションではシングルバージョンなのでよかったと思う。これで長い間家にあったアーリーチェッカーズというCDは中古店行きになる。このCDはファーストシングルから10枚目までのA面B面を収録したものであったが、収録時間の関係で何曲かのB面曲はカットされている。
話は変わって同じ35周年でも2005年リマスターのRCサクセションのCDのEPLP、COVERS、the TEARS OF a CLOWNを買った。2015年に45周年で初期のRCサクセションからBLUEまて最新リマスターのボーナストラック付きで発売されたが、何故かEPLPは含まれなくてトランジスタラジオのシングルバージョンだけ無しになってしまったので2005年盤を購入。このCDを聴いて気付いたのだが、トランジスタラジオにある部分にノイズが入っているのに気付いた。旧盤にも確認出来たので、これはオリジナルマスターのノイズだと思われる。最近の技術ならノイズを消すことも出来たと思うのだが、ギターによるノイズであることも考えられるので何もしていないのかもしれない。
それから2015年最新リマスターのRHAPSODYも買った。これは完全盤も持っているのだが、やはり別物に感じるのでオリジナルの最新リマスターで聴きたいと思い買った。
書き忘れたがCOVERSはあまり好きではなかったのだが、リマスター盤を聴いたら前より好きになってしまった。何だかんだ言って音は大事だということだと思う。

2018/1/3  21:25

Song for you  LIVE

昨年の12月27日は盛岡で森口博子のライブだった。2年前の由利本荘市の時はゲスト扱いで3曲の歌しか聴けずストレスが溜まった。今回は最初から最後まで歌うので雪も降るだろうが行くことにした。
この日は今シーズン最強の寒波ということで中止になったりしないかと心配になったり、車の運転が面倒だなと思ったが出発した。途中あまりにも真っ白なので一回休憩したが、その後はノンストップで走り続けた。先の視界が短い時もあったが途中から何だか楽しくなっていた。仙岩トンネルを抜けたら岩手の天候の穏やかなこと、3時間で盛岡に着いた。
ライブ前に終演後に行こうと思っていたラーメン店の場所を確認しに行ったら本日定休日。仕方なく中古レコード店に行ったら16:00まで留守にしますだと、盛岡やる気あるのか。その後は別のラーメン店をチェックした後ライブまで車で待機。
おでってホールには初めて入ったのだが、イメージしていたより狭い。だがステージは近くてよく見える。俺はA席で前の方はS席だが、チケットの2000円の差はあるのだろうか。S席は平地でA席は段になっていて前の人とが邪魔にならず非常に眺めがよい。A席の方が当たりじゃないのかな、森口博子ともよく視線が合ったし。
ライブの方は森口博子の持ち歌やアニメソング、昨年亡くなった恩師の平尾昌晃氏の曲のコーナーなどあった。それから秋田で言えば超人ネイガーのような岩手のヒーローのテーマソングなどあった。出来ればもっと自身の持ち歌を歌ってほしかったのだが2年前に比べたら満足のいくライブだった。
CDを買えば終演後に握手も出来たのだが、帰るのにどれくらい時間が掛かるのか分からないので握手はまたの機会にして2時間半で家に着いた。しかし盛岡は寒いな冬の盛岡は清志郎のライブの時以来だったので、いつもの盛岡と違う感触を味わった。

2017/12/1  21:51

LUCKY&HEAVEN  LIVE

少し日にちが経つが先月の23日はClub SWINDLEでクロマニヨンズのライブだった。もう少し早く更新するつもりだったがブログのサーバーダウンなのか分からないが、ログイン出来なかったので遅くなった。
11月後半ということもあり、もう少し暖かい時期に来てくれよと思うが当日は雪は降らなくて何よりだった。今回も客は入れるだけ入れようという状態みたいで、一番後ろの人たちの音がよかったのかは疑問である。俺は相変わらずの定位置で見させてもらった。ただ俺の後ろにいた人が県外から来たのか県内なのか知らないが足元に荷物というかバッグを置いていて、はっきり言って邪魔で蹴飛ばしてやろうかと思った。ライブハウスに人がたくさん入るライブなのに足元に荷物を置くというのはマナー違反である。
ライブの方はニューアルバムの曲を全曲演奏とか馴染みの曲とかで、いつも通りの感じだった。ニューアルバムの曲は結構休める曲も多いので、休む時は休んで乗る時は乗るという感じだった。
秋田のライブの前は数日間空いていたみたいで、当然前乗りして秋田に二泊したことだろう。秋田でいったいどんな美味い飯を食っていくのだろうね。他のバンドからも情報は聞くだろうし、自らも情報の収集は欠かさないのだろう。
今回は平日のライブより30分早く開演したのでライブの帰りは老舗のラーメン店の本店に行くことが出来た。最初は全国チェーンの店の予定でいたが、まだ開いていたのでラッキーだった。
これで今年のロックのライブは俺自身は終了である。ロックのライブはということなので他のライブは今月もうひとつ行く予定である、しかも年末に県外で。また書く機会があればその時に。
The Birthdayの時に書き忘れたが、帰り道に脱輪している車がいて周辺にもう一台停車していたが人影は無かった。脱輪するような天候でもなかったが何があったんだろうね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ