2016/11/23  20:08

更新プログラム  

今年の5月に仕事用のノートPCを買ったのだが、仕事で使用しているソフトの関係でWINDOWS 7のPCでなければならなかった。新品で売っているとは思わなかったが某メーカーでカスタマイズ出来るというので、そこから購入した。
それでPCなので時々アップデートしなければならないが、何度やっても更新プログラムの確認画面から変化しなかった。色々試したり調べたりして9月頃に何個かの更新が出来たのだが、その後は何度やっても更新プログラムの確認から進まなかった。
一昨日は一晩中、更新プログラムの確認をしておいたのだが朝になっても同じだった。そこで昨日、色々調べてディスククリーンアップや更新プログラムの確認が出来ませんというメッセージが出たら、いや出ていないのだが、出たらこの更新プログラムをインストールしろというものをインストールして更新プログラムの確認をしても何も変わらなかった。
そこでまた検索していたら、以前に検索したwindows update clientというワードが出てきた。以前にそれをインストールしようとしたが色々とやり過ぎてインストール出来なかったが、昨日はすんなりインストール出来た。
そしてWindows Updateをクリックしたら一瞬間を置いて145個の更新プログラムが表示された。この時点で10時を過ぎていたが早速インストール開始。風呂から上がってもまだ4個しかインストールされていなかった。これは寝るまでには終わらないなと思い、そのままにして寝た。4時頃に目が覚めて確認したら143個まで進んでいた。そこから少し寝て確認したら再起動のメッセージが出ていた。これも少し時間が掛かるかなと思い少し寝て5時頃には完全に起きて、残りのオプションのプログラムの更新やまだ重要な更新が届いていたので更新。これでしばらくの間の懸念材料だった問題が解決出来た。
その後は昨日の夜ティーバーで見れなかった「逃げるは恥だが役に立つ」を見ていた。そういう訳で今日は一日中眠いのであった。

2016/11/18  20:29

SUPER JAPAN TOUR 2016  LIVE

火曜日は秋田県民会館でイエローモンキーのライブだった。久々の県民会館、そしてイエローモンキー。20年ぶりだったが、秋田にはバンチドバースツアーの時にも来ているらしく、何でその時のライブに行ってないのかよく覚えていない。
まぁ何といっても復活したイエローモンキーである。解散の頃のインタビュー記事を読んだ時は再結成は無いと思っていただけに再結成は嬉しいものである。再結成後のライブで今後は解散は無いと言っていたが、秋田でも解散はしないと言っていたのでもう解散はしないと思うが、そんなこと言って大丈夫なのかという気持ちもある。
ライブはとてもいいセットリストだった。半分くらいは初期の頃の曲を演奏してくれたと思う。というか最近の曲は2曲しかないけどね。
SUCK OF LIFEは珍しくメンバー紹介の無いオリジナルバージョンで演奏していた。こういうのははっきり言って肩透かしをくらったような気分になるが、たまにはいいと思う。またメンバー紹介バージョンでも聴きたいと思う。
吉井和哉が前回秋田に来た時は県民会館が改装前で汚かったが、あういうレトロな感じも好きだったと言っていた。今はZEPPみたいになったと言っていたが、客席からステージを見ればZEPPだが、ステージから客席を見れば天童よしみとか言っていた。今の県民会館も建て替えになるので今度秋田に来た時はまた違う県民会館を見ることになるのだろう。ということで秋田でイエローモンキーのライブに行くのもしばらく先になることだろう。
来年は25周年でアルバムも作りたいと言っていたが、ライブよりアルバムを俺は待っている。余談だがイエローモンキー再結成になったので全く聴く機会が無い吉井和哉のソロアルバム4枚を先日売り払った。はっきり言ってソロはつまらなかったもんで。

2016/11/6  20:21

THE ROLLING STONES in mono  CD

ストーンズのデッカ時代のアルバムのモノラルミックスのボックスがリリースされた。日本のレコード会社はぼったくり状態なので輸入盤を購入した。
今回の目玉はAs Tears Go Byのイタリア語バージョンである。初のCD化。それから廃盤状態になっていた英国盤のファースト、セカンドの復活。ボーナスディスクにはこれまでベスト?アルバムなどに入っていた曲が音質向上して収録されている。
ストーンズのデッカ時代のアルバムは90年代後半になってアメリカ盤に全世界統一されてイギリス盤は廃盤になったのだが、2000年代始めの最新リマスターで英国盤AFTERMATHが復活して、英国盤OUT OF OUR HEADSやBETWEEN THE BUTTONSが初CD化された。
そしてその後ボックスが発売され、これはモノラルやステレオ混在しているが、その時の現象でおもしろいのはAFTERMATHとBETWEEN THE BUTTONSは英国盤が採用されていることだ。これは出来るだけ曲のダブりは避けようという主旨だと思われるが、はっきり言ってこの2枚のアルバムは英国盤で聴く方が意味がある。AFTERMATHの米国盤は俺の中では評価が低い。BETWEEN THE BUTTONSに関しては後のFLOWERSに同じ米国盤でありながらRuby TuesdayとLet's Spend The Night Togetherを重複収録するという離れ技をしている。BETWEENの旧盤の米国盤も持っていたが、はっきり言って無意味なアルバムだと思い売却した。
それで今日久々に中古店に不要なCDを売りに行って来たのだが、何だかんだ言って3000円以上で売れるという予想外の展開であった。これで何とか今月は乗り切れるだろう。
ストーンズに関してはもはや毒を食らわば皿まで状態である。だが最近のアーカイブシリーズでは最新のライブが発売されたから、そろそろアーカイブも落ち着いたのではないかと思う。

2016/10/22  21:44

TURNING TIME AROUND  LIVE

木曜日はClub SWINDLEでハリーのライブだった。久々のSWINDLEだったが、今年は10月になってようやく秋田市のライブに行った。ライブは7時からだったので先に晩飯を済ませ、雨の後に気温が下がったがTシャツでSWINDLEに向かった。
中に入ったら椅子が並べられていて、思い切り肩透かしをくらったがライブが始まるとみんな立っているのでTシャツでよかったのではないかと思う。
今回はハリーの他にTHE EASY WALKERSの五十嵐“Jimmy”正彦がギターで参加というライブだった。ハリーの口から2回も「来てくれてありがとう」という言葉をいただいた。ステージ上でのハリーの表情も随分と穏やかで時々笑みを浮かべていた。俺の推測ではあるが、もしかしてハリーに孫とかいるんじゃないのと思った。プライベートは家が火事になった以外は謎が多いから本当のことは分からない。だがそんな感じに見えてしまった。
ライブはソロ曲からスライダーズの曲まで余計なトークが無いからたくさん演奏してくれた。やはりハリーはソングライターとしては天才でメロディーメーカーである。ハリーの曲にはロックの他にポップな部分も兼ね備えている。風が強い日の歌詞はほとんど文学である。
ギターはナチュラルのテレキャスターと黒のカスタムのテレキャスターとアコギを弾いていた。他に予備として赤いテレキャスターがあったが、どういうテレキャスターなのか見てみたかった。やはりハリーにはテレキャスターが似合う。テレキャスターの音がたくさん聴けて気持ちよかった。たまには自分のテレキャスターも鳴らしてみようと思う。
ライブは2時間で楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうものだ。さてこの後は20年ぶりのイエモンへGOだ。そして今年の締めはクロマニヨンズの予定である。

2016/10/17  21:18

ジェームス一人旅秋田編  LIVE

昨日は由利本荘市で元スライダーズのジェームスのライブだった。俺のジェームスの長年のイメージは渋い佇まいのベーシストという感じだったが、初めてジェームスがトークしているのを聞いて、そのイメージは何処かへ吹っ飛んでいってしまった。
結構庶民的な人なんだと思った。ジェームスがああいう性格だからスライダーズは上手くいっていたのかもしれない。以前に何かで読んだが、俺がどうにかしてやらないとハリーはダメになってしまうということでハリーとバンドをやることになったと書いてあった記憶がある。たぶんジェームスはいい人だったのだと思う。
ライブのMCを聞いていてジェームスの話はおもしろいと思った。まだ歌には自信が無いらしくて、ベースを弾きながら歌うのは難しいと言っていた。俺の場合ベースを弾くことさえも難しいと思っている。
ライブはジェームスがベースを弾いて、ジェームスが作ったベース以外の楽器のオケを流して歌うという形のライブだった。スライダーズの曲も何曲か演奏した。ハリーのようには歌えないと言っていたが、そりゃそうである。何かジェームスのライブを聴いてハリーの偉大さを感じた。数日後にハリーのライブだが、そこでもハリーすげぇなと思うだろう。
ジェームスが作る曲にも彼の性格がよく出ている感じがした。こんな田舎までライブをしに来てくれてありがたいものである。
会場まで行く途中の街並みが新しい感じがした。2年前に印刷した地図は道が繋がっていなくて、その先にも橋は無かったと思うのだが、由利本荘市も変化しているものだ。
昨日は行きはスライダーズのラストライブのDISC 1 帰りはDISC 2で時間的にピッタシだった。またジェームスや誰かが由利本荘市に来てくれれば行きたいと思う。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ