2017/1/22  21:47

毒を食らわば皿まで  CD

ストーンズのアーカイブ・シリーズも色々発売されているが、昨年の12月にCharlie is my Darlingという60年代の映像などのセットを購入。これは以前にWOWOWで映像は見ているが、発売していることは知らなかった。これはブライアン・ジョーンズ在籍時のライブCDも入っているので欲しかった。
だが、これは非常に無駄の多いセットである。同じ映像作品がDVDとBru-rayで入っているし、ライブ音源もCDとレコードで入っていて、映像作品のサントラとか意味不明なCDも入っている。こういう嵩上げ的な売り方は止めてもらいたいものだ。
それから今年に入って1971年から2006年までのCDシングルのボックスセットを購入。これは45枚組という、とてつもない枚数である。重複している曲もあるが総トラック数が173曲。全部聴くのに4日くらい掛かった。でもレアなバージョンとかあって聴き応えは充分である。以上ここまでは中古で購入。
10月にはキューバでのライブを収録したHAVANA MOON。これはCDとDVDのセットであるがCDが入ってなかったら買わなかったかもしれない。いや分からないが。
それから9月には2015年に高額で買えなかったスティッキー・フィンガーズのスーパー・デラックス・エディションを購入。これはタワレコで半値くらいで売られていて、ついでにクーポンも使って購入。これはリーズ大学のライブのCDが欲しいと思っていたので、期待通りのライブ音源だった。以前に買ったデラックス・エディションは中古店行きになった。
6月にはSWEET SUMMER SUNという何十年ぶりかでハイドパークでのライブのBru-ray&CDを購入。珍しくBru-rayで買った。これはだいぶ遅れての購入だ。発売は2013年。これは以前にワードレコードの不手際で貰った1000円クーポンの期限が迫っていたので買ったのだと思う。
それから同じく6月にTOTALLY STRIPPEDという以前に発売されたアルバムのリニューアルみたいなものだが、他にライブ映像作品が3枚とドキュメンタリーが1枚ある。これはあまり大きくないホールでのライブであるが、演奏はこの上なく良い出来である。これもBru-rayだ。他にも去年は新発売のブルースアルバムや悪魔を憐れむ歌のリミックスCDシングルも買ったりしていて、ストーンズは俺にいくら金を使わせる気だろう。そういえば他に60年代のアルバムのモノボックスもあったな。

2016/12/11  18:40

BIMBOROLL  LIVE

木曜日はClub SWINDLEでクロマニヨンズのライブだった。もう一か月早く来てくれればいいんだが、木曜日は雨も雪も降らなくてよかった。たぶんヒロトとマーシーは時々鰰を食べたくて冬の時期に日程を入れるのかもしれない。
今回は整理番号が中間くらいだったが、いつもとライブを見る位置は大して変わらなかった。秋田は平日のライブだったが今回もソールドアウトだった。場所によっては二日間という日程の所が何か所かある。いつか秋田も二日間とかあるだろうか、二日間もいいが一夜限り全力で楽しむ方が潔いかと思う。
ライブは結構練られたセットリストだったと思う。ペテン師ロックから始まるのかと思ったが、おれ今日バイクからのスタートだった。実はこの曲をかなり練習していたので時間が進んで飛んでしまわない内に演奏してくれてありがたかった。
この日はリリース以降ライブで必ず演奏してきた紙飛行機がついにセットリストから消えた。でも今はナンバーワン野郎とかあるから別にいいかもしれない。
今回も楽しいライブであった。ヒロトとマーシーは10年くらいでバンドを終了させてきたが、クロマニヨンズは今後も続いていきそうである。この後しばらくライブに行く予定が無い。またライブに行きたいが冬になって雪も積もってきたし春まで待つとするか。
ライブ終了後はいつものラーメン屋で正確に言うとラーメン屋ではないと思うが、そこで味噌ラーメンを注文したところ、もう味噌ラーメンはやっていないというので醤油ラーメンを食って帰って来た。あっさりとしたラーメンだったが、クロマニヨンズのライブ後は味噌ラーメンがよかったのに残念である。
来年のライブは何からスタートするだろうか。夏まで何も無いというようなことは無いことを願いたい。

2016/11/23  20:08

更新プログラム  

今年の5月に仕事用のノートPCを買ったのだが、仕事で使用しているソフトの関係でWINDOWS 7のPCでなければならなかった。新品で売っているとは思わなかったが某メーカーでカスタマイズ出来るというので、そこから購入した。
それでPCなので時々アップデートしなければならないが、何度やっても更新プログラムの確認画面から変化しなかった。色々試したり調べたりして9月頃に何個かの更新が出来たのだが、その後は何度やっても更新プログラムの確認から進まなかった。
一昨日は一晩中、更新プログラムの確認をしておいたのだが朝になっても同じだった。そこで昨日、色々調べてディスククリーンアップや更新プログラムの確認が出来ませんというメッセージが出たら、いや出ていないのだが、出たらこの更新プログラムをインストールしろというものをインストールして更新プログラムの確認をしても何も変わらなかった。
そこでまた検索していたら、以前に検索したwindows update clientというワードが出てきた。以前にそれをインストールしようとしたが色々とやり過ぎてインストール出来なかったが、昨日はすんなりインストール出来た。
そしてWindows Updateをクリックしたら一瞬間を置いて145個の更新プログラムが表示された。この時点で10時を過ぎていたが早速インストール開始。風呂から上がってもまだ4個しかインストールされていなかった。これは寝るまでには終わらないなと思い、そのままにして寝た。4時頃に目が覚めて確認したら143個まで進んでいた。そこから少し寝て確認したら再起動のメッセージが出ていた。これも少し時間が掛かるかなと思い少し寝て5時頃には完全に起きて、残りのオプションのプログラムの更新やまだ重要な更新が届いていたので更新。これでしばらくの間の懸念材料だった問題が解決出来た。
その後は昨日の夜ティーバーで見れなかった「逃げるは恥だが役に立つ」を見ていた。そういう訳で今日は一日中眠いのであった。

2016/11/18  20:29

SUPER JAPAN TOUR 2016  LIVE

火曜日は秋田県民会館でイエローモンキーのライブだった。久々の県民会館、そしてイエローモンキー。20年ぶりだったが、秋田にはバンチドバースツアーの時にも来ているらしく、何でその時のライブに行ってないのかよく覚えていない。
まぁ何といっても復活したイエローモンキーである。解散の頃のインタビュー記事を読んだ時は再結成は無いと思っていただけに再結成は嬉しいものである。再結成後のライブで今後は解散は無いと言っていたが、秋田でも解散はしないと言っていたのでもう解散はしないと思うが、そんなこと言って大丈夫なのかという気持ちもある。
ライブはとてもいいセットリストだった。半分くらいは初期の頃の曲を演奏してくれたと思う。というか最近の曲は2曲しかないけどね。
SUCK OF LIFEは珍しくメンバー紹介の無いオリジナルバージョンで演奏していた。こういうのははっきり言って肩透かしをくらったような気分になるが、たまにはいいと思う。またメンバー紹介バージョンでも聴きたいと思う。
吉井和哉が前回秋田に来た時は県民会館が改装前で汚かったが、あういうレトロな感じも好きだったと言っていた。今はZEPPみたいになったと言っていたが、客席からステージを見ればZEPPだが、ステージから客席を見れば天童よしみとか言っていた。今の県民会館も建て替えになるので今度秋田に来た時はまた違う県民会館を見ることになるのだろう。ということで秋田でイエローモンキーのライブに行くのもしばらく先になることだろう。
来年は25周年でアルバムも作りたいと言っていたが、ライブよりアルバムを俺は待っている。余談だがイエローモンキー再結成になったので全く聴く機会が無い吉井和哉のソロアルバム4枚を先日売り払った。はっきり言ってソロはつまらなかったもんで。

2016/11/6  20:21

THE ROLLING STONES in mono  CD

ストーンズのデッカ時代のアルバムのモノラルミックスのボックスがリリースされた。日本のレコード会社はぼったくり状態なので輸入盤を購入した。
今回の目玉はAs Tears Go Byのイタリア語バージョンである。初のCD化。それから廃盤状態になっていた英国盤のファースト、セカンドの復活。ボーナスディスクにはこれまでベスト?アルバムなどに入っていた曲が音質向上して収録されている。
ストーンズのデッカ時代のアルバムは90年代後半になってアメリカ盤に全世界統一されてイギリス盤は廃盤になったのだが、2000年代始めの最新リマスターで英国盤AFTERMATHが復活して、英国盤OUT OF OUR HEADSやBETWEEN THE BUTTONSが初CD化された。
そしてその後ボックスが発売され、これはモノラルやステレオ混在しているが、その時の現象でおもしろいのはAFTERMATHとBETWEEN THE BUTTONSは英国盤が採用されていることだ。これは出来るだけ曲のダブりは避けようという主旨だと思われるが、はっきり言ってこの2枚のアルバムは英国盤で聴く方が意味がある。AFTERMATHの米国盤は俺の中では評価が低い。BETWEEN THE BUTTONSに関しては後のFLOWERSに同じ米国盤でありながらRuby TuesdayとLet's Spend The Night Togetherを重複収録するという離れ技をしている。BETWEENの旧盤の米国盤も持っていたが、はっきり言って無意味なアルバムだと思い売却した。
それで今日久々に中古店に不要なCDを売りに行って来たのだが、何だかんだ言って3000円以上で売れるという予想外の展開であった。これで何とか今月は乗り切れるだろう。
ストーンズに関してはもはや毒を食らわば皿まで状態である。だが最近のアーカイブシリーズでは最新のライブが発売されたから、そろそろアーカイブも落ち着いたのではないかと思う。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ