2017/2/12  19:27

TH eROCKERS  CD

ロッカーズのアルバムがリイシューされて昨年の7月に再発売された。今月になってやっと購入することが出来た。
一番気になっていたことはリマスターされているのかどうかであったが、どっかのサイトのレビューでリマスターしていることを書いている人がいたので時期が来たら買おうと思っていた。
ファーストから順番に聴いてみたが、本当にリマスターされていたのでテンションが上がった。今回はボーナストラックも収録されていて、ライブ音源やシングル曲、シングル・バージョン、シングルのカップリング曲など初CD化されている。
今回買ったのはファーストからサードアルバムだ。他にロッカーズには4枚目のアルバムもあるがリイシューされていない。何故かというと4枚目のアルバムはセールスの悪さゆえレコード会社の言われるがままにカバーアルバムが製作されている。
これがカバーアルバムというよりバンド解散後に陣内孝則をソロで売り出そうとするレコード会社のプロモーションアルバムみたいな作品だ。実際にバンドの演奏の音より陣内のボーカルの音が大きく収録されている。クラッシュでいえばあの悪名高いカット・ザ・クラップみたいにロッカーズの歴史から削除されたみたいだ。
まだあの時代はレコード会社もロックバンドの売り方をよく分かっていなかったから仕方のないことである。ロッカーズとは対照的にルースターズはもう少し長く活動出来たから事務所に原因があることも考えられる。
この他にロッカーズの唯一のライブアルバムも昨年の8月に再発売された。もちろんこちらもリマスターされているだろうから時期が来たら買いたいと思っている。最近は時々ライブもやっているようである。俳優の陣内を最近見なくなったから、どちらかというと今は音楽の方に気が向いているのかもしれない。音が悪かった安物のロッカーズのCDは中古店行きになることだろう。

2017/2/5  18:38

続 毒を食らわば皿まで  CD

実は昨年の9月にストーンズのThe Singles 1968-1971というシングルのボックスを買っている。60年代のシングル・ボックスは3種類あって他は持っているのかというと持っていなかった。何で中途半端なところから買ったかというと、中古の数が他のより少なくて先にここを押えておこうということだった。
これの目玉というと発売当時はストリート・ファイティングマンのシングル・バージョンだったが、その後シングル・コレクションやモノボックスにも収録されて今はあまり意味が無い。ブラウン・シュガーは残念ながらシングル・バージョンではない。いつになったらCD化されるのだろう。
そして今年になってシングルボックスの1963-1965と1965-1967を買った。1963-1965の目玉は当時EPレコードで発売されたライブの5曲だろう。何曲かはアルバムに収録されていたが完全な形でCDになったのはありがたい。
1965-1967は特に目玉の曲は無いが、俺の持っている3枚組のシングル・コレクションは古いタイプのもので結構いい加減な編集でシングル・バージョンでなかったりと全ての曲が収録されているわけでもなかったので今回一応コンプリートな感じで入手出来たのはいいことだろう。1965-1967はだいぶモノボックスとタブっているかもしれないが、これが毒を食らわば皿までということだ。
これでストーンズも一休みかと思ったら、3月に以前に発売した東京ドームライブとは別の日のDVD&CDが発売されるということである。その他にTOTARRY STRIPPEDの中のアムステルダム公演?がBru-ray&CDで発売されるということだ。アムステルダムの映像はあるからCD単品にしてくれよと思うが、こうなったら地獄の果てまで行くしかない。
これは日本だけの発売ということだが、日本の売り上げはアメリカやイギリスよりいいのだろうか?英米でも売ればもっと金が入ってくると思うが、これはどういう意味があるのか知りたいところだ。
アーカイブ・シリーズといえば1990年代後半にドイツから世界中に生中継されたライブがあるが、あのライブも発売して欲しいものだ。日本では生中継ではなくNHK-BSで放送された。ビデオは残っているが是非実現してもらいたい。

2017/1/22  21:47

毒を食らわば皿まで  CD

ストーンズのアーカイブ・シリーズも色々発売されているが、昨年の12月にCharlie is my Darlingという60年代の映像などのセットを購入。これは以前にWOWOWで映像は見ているが、発売していることは知らなかった。これはブライアン・ジョーンズ在籍時のライブCDも入っているので欲しかった。
だが、これは非常に無駄の多いセットである。同じ映像作品がDVDとBru-rayで入っているし、ライブ音源もCDとレコードで入っていて、映像作品のサントラとか意味不明なCDも入っている。こういう嵩上げ的な売り方は止めてもらいたいものだ。
それから今年に入って1971年から2006年までのCDシングルのボックスセットを購入。これは45枚組という、とてつもない枚数である。重複している曲もあるが総トラック数が173曲。全部聴くのに4日くらい掛かった。でもレアなバージョンとかあって聴き応えは充分である。以上ここまでは中古で購入。
10月にはキューバでのライブを収録したHAVANA MOON。これはCDとDVDのセットであるがCDが入ってなかったら買わなかったかもしれない。いや分からないが。
それから9月には2015年に高額で買えなかったスティッキー・フィンガーズのスーパー・デラックス・エディションを購入。これはタワレコで半値くらいで売られていて、ついでにクーポンも使って購入。これはリーズ大学のライブのCDが欲しいと思っていたので、期待通りのライブ音源だった。以前に買ったデラックス・エディションは中古店行きになった。
6月にはSWEET SUMMER SUNという何十年ぶりかでハイドパークでのライブのBru-ray&CDを購入。珍しくBru-rayで買った。これはだいぶ遅れての購入だ。発売は2013年。これは以前にワードレコードの不手際で貰った1000円クーポンの期限が迫っていたので買ったのだと思う。
それから同じく6月にTOTALLY STRIPPEDという以前に発売されたアルバムのリニューアルみたいなものだが、他にライブ映像作品が3枚とドキュメンタリーが1枚ある。これはあまり大きくないホールでのライブであるが、演奏はこの上なく良い出来である。これもBru-rayだ。他にも去年は新発売のブルースアルバムや悪魔を憐れむ歌のリミックスCDシングルも買ったりしていて、ストーンズは俺にいくら金を使わせる気だろう。そういえば他に60年代のアルバムのモノボックスもあったな。

2016/12/11  18:40

BIMBOROLL  LIVE

木曜日はClub SWINDLEでクロマニヨンズのライブだった。もう一か月早く来てくれればいいんだが、木曜日は雨も雪も降らなくてよかった。たぶんヒロトとマーシーは時々鰰を食べたくて冬の時期に日程を入れるのかもしれない。
今回は整理番号が中間くらいだったが、いつもとライブを見る位置は大して変わらなかった。秋田は平日のライブだったが今回もソールドアウトだった。場所によっては二日間という日程の所が何か所かある。いつか秋田も二日間とかあるだろうか、二日間もいいが一夜限り全力で楽しむ方が潔いかと思う。
ライブは結構練られたセットリストだったと思う。ペテン師ロックから始まるのかと思ったが、おれ今日バイクからのスタートだった。実はこの曲をかなり練習していたので時間が進んで飛んでしまわない内に演奏してくれてありがたかった。
この日はリリース以降ライブで必ず演奏してきた紙飛行機がついにセットリストから消えた。でも今はナンバーワン野郎とかあるから別にいいかもしれない。
今回も楽しいライブであった。ヒロトとマーシーは10年くらいでバンドを終了させてきたが、クロマニヨンズは今後も続いていきそうである。この後しばらくライブに行く予定が無い。またライブに行きたいが冬になって雪も積もってきたし春まで待つとするか。
ライブ終了後はいつものラーメン屋で正確に言うとラーメン屋ではないと思うが、そこで味噌ラーメンを注文したところ、もう味噌ラーメンはやっていないというので醤油ラーメンを食って帰って来た。あっさりとしたラーメンだったが、クロマニヨンズのライブ後は味噌ラーメンがよかったのに残念である。
来年のライブは何からスタートするだろうか。夏まで何も無いというようなことは無いことを願いたい。

2016/11/23  20:08

更新プログラム  

今年の5月に仕事用のノートPCを買ったのだが、仕事で使用しているソフトの関係でWINDOWS 7のPCでなければならなかった。新品で売っているとは思わなかったが某メーカーでカスタマイズ出来るというので、そこから購入した。
それでPCなので時々アップデートしなければならないが、何度やっても更新プログラムの確認画面から変化しなかった。色々試したり調べたりして9月頃に何個かの更新が出来たのだが、その後は何度やっても更新プログラムの確認から進まなかった。
一昨日は一晩中、更新プログラムの確認をしておいたのだが朝になっても同じだった。そこで昨日、色々調べてディスククリーンアップや更新プログラムの確認が出来ませんというメッセージが出たら、いや出ていないのだが、出たらこの更新プログラムをインストールしろというものをインストールして更新プログラムの確認をしても何も変わらなかった。
そこでまた検索していたら、以前に検索したwindows update clientというワードが出てきた。以前にそれをインストールしようとしたが色々とやり過ぎてインストール出来なかったが、昨日はすんなりインストール出来た。
そしてWindows Updateをクリックしたら一瞬間を置いて145個の更新プログラムが表示された。この時点で10時を過ぎていたが早速インストール開始。風呂から上がってもまだ4個しかインストールされていなかった。これは寝るまでには終わらないなと思い、そのままにして寝た。4時頃に目が覚めて確認したら143個まで進んでいた。そこから少し寝て確認したら再起動のメッセージが出ていた。これも少し時間が掛かるかなと思い少し寝て5時頃には完全に起きて、残りのオプションのプログラムの更新やまだ重要な更新が届いていたので更新。これでしばらくの間の懸念材料だった問題が解決出来た。
その後は昨日の夜ティーバーで見れなかった「逃げるは恥だが役に立つ」を見ていた。そういう訳で今日は一日中眠いのであった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ