2012/10/27

病気にならないために  健康

日本は世界の中でもトップクラスの長寿国です。年をとってもアクティブに活動している方がたくさんいますね。みなさん自分なりの健康法をもっているようです。


老いは誰にでもやってくるものです。そして、どんなに健康な人でも、若いときに比べて筋力が落ちたり骨がもろくなってしまうのは仕方のないことなのです。しかし高齢化が進んでいるこんな世の中だからこそ、病気にならない、けがをしない、自分のからだは自分で守るという予防医学が大切になってきます。


寝たきりになってしまう前に、その予防に努めましょう。寝たきりになってしまう原因の多くは、脳卒中と骨折と言われます。脳卒中の危険因子として高血圧、糖尿病、飲酒、喫煙、肥満、ストレスなどが挙げられますが、どれも生活習慣病の危険因子と同じです。


つまり、毎日の生活を見直し、生活習慣病を予防することが、寝たきりにならないためのひとつの道と言えます。また、年をとるとカルシウム摂取が不足したり骨を作る機能が弱くなったりして、骨が折れやすくなります。


尻もちをついただけで圧迫骨折を起こしたりします。骨折をすると、その治療のために安静にしておかなくてはいけないため、寝たきりの道へ進みがちなのです。骨折を予防するには、家庭内では転ばないように床の段差をなくすなどの工夫をする、本人はカルシウムの摂取量を増やしたり運動をして筋力をつけることが大切です。


食事などの生活習慣を変えていくことだけでなく、安全に暮らせるよう生活環境を整えていくことも予防医学に含まれます。からだ全体の調子を整え、バランスよく動くための体操を行なうのも効果的です。


体操は思いつきで行なうのではなく、少しの時間でもよいので毎日続けて行なうことが大切です。始めはラジオ体操のような一続きの全身体操ができなくても、ベッドの上でできるような簡単な手や足の体操から始めて、徐々に自分の体力に合わせていろいろ試していくとよいと思います。


両手の指を、親指から順に折り曲げ、今度は小指から順に開いていくという指折り体操や、足の指を開く体操、足首を前後に動かしたり回す体操、それだけでも脳の働きを活発にしたり冷え性対策や脳梗塞予防につながります。場所や時間を選ばず気軽に始められる体操、ぜひ毎日続けてみてください。
0
タグ: 健康 高血圧 糖尿病

2012/9/1

東洋医学 針治療  健康

腰痛や肩こり、ケガの治療にも利用される針治療。実際に治療を受けたことはなくてもどのようなことをするのか何となく知っていると思います。


けがの回復や筋トレのコンディションを整えるために針治療を行っているスポーツ選手は多いと言われています。ツボに刺すことによって、筋肉に直接作用するのです。


針治療の効果はかなりあるのでしょう。そうでなければ、誰もやらないはずなのです。針を体に刺すと痛いような気がしますが、もちろん痛くあります。また、針治療が初めての人の場合は優しくしてくれるはずです。


針治療の方法としていくつかあります。まずは刺してすぐに抜く方法が単刺しと呼ばれるものです。それから、10分から15分程度刺したままにしておく置針、刺した針に低周波の電流を流すパルス針などがあります。


どの方法を使えばいいかは治療をする人が考えます。患者の状態によって、方法を決めるのです。より効果の高い方法を選択することになります。体の中は血行が悪くなることによって、アンバランス状態になると考えられています。


そのバランスを戻すための方法として針治療があるのです。針を刺すことによって、体の中に直接刺激を与えます。したがって、その刺激をどの程度与えるかが重要となります。針と同じような治療法として灸があります。


どちらも、東洋医学から発生したものです。その効果は医学的に証明されています。針や灸をやり始めたならば、定期的にやりたくなるのでしょう。体調がよくなるからです。
0

2009/12/23

一般化粧水の特徴  スキンケア

普段使っている化粧水の種類って知ってますか?化粧水にもいくつか種類があり用途や使用感がそれぞれ違います。ここでは「一般化粧水」について説明します。

普段手にすることが多いものが「一般肌用化粧水」です。特別な表示のないもので保湿効果、柔軟作用がバランスよく配合されてます。さっぱりした使用感のものと、しっとりした使用感のあるものがあります。

テクスチェアがそのまま化粧品の種類になるわけではありません。自分の肌の状態や自分の好みなどを知って、話題の化粧水などを試してみるのも良いかもしれません。時間帯で、夜はしっとりとしたもの、昼間はさっぱりとしたものと使い分けるのも良いでしょう。
0

2009/11/8

女性の癒し空間エステサロン  エステ・痩身

女性にとって癒しの空間がエステサロンです。痩せることやキレイになることが目的ですが、エステに通っていることで優越感や安心感がを体感することができます。

特にマッサージは気持ちいいですよね!エステのマッサージは、人気があるので、どこのエステサロンでもプログラムに組み込まれているようですが、独自のオイルやクリームが用いられています。

マッサージには、血液の流れをよくすることで、むくみを取り除き、さらにやせるツボを刺激することでダイエット効果も期待できます。
1

2009/10/22

ダイエットでやってはいけないこと  ダイエット

ダイエットをする場合、一番やってはいけないことが食事の回数を減らすことです。

どうしてもやせたい!という思いが強い人ほど食事回数を減らしてしまいます。

食事回数を減らすと確かに体重は減りますが、減ってはいけない骨や筋肉まで減らしてしまうことになりとても危険です。

ダイエットをする場合、一日3食きちんととりながら、摂取カロリーと消費カロリーのバランスで体重を減らしていきます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ