2010/12/26

良いドクターの条件とは!  

  

私の内科クリニックのドクターと
メンタルクリニックのドクターは
自慢できる素晴らしいドクターです。
(1)〜(10)すべてに◎です。


  良いドクターとは!

(1)  毎回、きちんと挨拶をする。
(2)  威張らない。
(3)  患者から目をそらさない。
(4)  むやみに怒らない。
(5)  治療を急がない。薬が多くならない。
(6)  知ったかぶりをしない。
(7)  専門用語を羅列しない。
(8)  治療の自慢話をしない。
(9)  恩着せがましくない。
(10) 説明なしに検査や治療をしない。
 


故土屋繁裕先生(1956年 - 2005年10月8日享年49歳)は福島県出身の外科医。
医師が無神経な言動で患者を傷つける行為を「ドクターハラスメント」と呼び批判する
などメディアで積極的に発言、歯に衣着せぬ茶髪の外科医として知られた。
1

2010/12/23

リリカちゃん  

  

欧米では100年以上も前からFMS(線維筋痛症)
のことはごく一般的な疾患として知られており、早くから
保険適用が認められています。
日本では2010年度からようやく適用が認められました。

そのなかでも欧米で使われているリリカという薬は治療が
困難な慢性疼痛疾患である線維筋痛症の患者の痛み
を鎮め、睡眠を改善し、疲労を軽減させる効果が最も
有効てあると言われています。

例外に無く、私もこのリリカにトライしていますが・・・
春、初めて使ったその日に嘔吐でKOされてしまいました。
しばらくはガバペンというけいれん発作やてんかんの薬を
使っていましたが この冬にもういちどリベンジしました。

最高は1日/600mgまでとされていますが…
女性の患者さまたちは普通に225〜300mg以上を服用
されています。

私は前回同様に150mgからスタートして10日後に300mg
までUPした初日には過去に7種類使った薬のなかで初めて
効能を実感しました(酔ったようで痛みが少なく感じました)

しかし2日目の12/18、服用約45分後に強い副作用が生じて
しまいました。胸が苦しく呼吸が困難になり強い吐き気の後に
「HELP」の言葉も発せないまま意識が消失してしまいました。
昇天中には体中がけいれんを起こしていたと聞きました。

うつろうつろながら意識が戻ったときに「自分は病院のベッドで
寝ていて主治医と婦長さんと若い看護師さんに囲まれている」
と思っていたのに何で目の前にオカンと娘がいてるの??? 

摩訶不思議に思いつつも正気に戻るにつれてここは自宅の
センベイ布団の上であることを認識したのでした。

死んだ方がマシという位の痛みを10とした場合10は10ながら
9は8位に・・・強い痛みは1ポイント強の痛みの緩和を体感.
3は1に、2は0に、1も0にと軽い痛みには効果的かと思います。

効果が最も有効てあると言われている薬を使ってもこの程度?
と思われるかもしれませんが、私たちにとっては「この程度」でも
大変嬉しく思います。それは少しながらも痛みを感じない時間を
与えてくれるからです。

ただ・・・ 欧米100年のFMS(線維筋痛症)の結晶である
このカプセルのなかは「テキーラ」が入っているような気もします。 




12/24追記

リリカは安定薬など精神・神経系を抑制する薬や高血圧治療薬、モルヒネ系の鎮痛薬などとの組み合わせによっては副作用が出やすくなります。

主治医との相談の上で当初の75mgカプセルのみの服用に25mgカプセルを導入することで小刻みな増加単位で経過を見ながら当面の目標を300mgとすることとなりました。
(従来=75mgの倍数増 今後は75mg+25mgの倍数増となります。)

「リリカちゃん」は何かと気難しいようですが今年最高の治療薬です。妥協する事無くFMS退治のパートナーとなれるようにしたいと思います。


0

2010/12/22

12月の雨  

  
※高音質ライヴ映像はこちらです。

私と同じFMS(線維筋痛症)で毎日が痛くて辛いのにいつも明るく
振る舞って私たちを励まして下さる、歌う事が大好きな「ひろりんさん」
が好きなユーミンの名曲「12月の雨」をUPしました。

京都市内一円でFM797京都三条ラジオカフェが放送する番組
「こみねっとラジオ」2009年12月12日放送の「線維筋痛症」に
ついて語るひろりんさん
http://fm797chiikiryoku.seesaa.net/article/134932460.html

--------------------------------------------------
0

2010/12/3

ペペペのペンタジン  

  


11月30日の11時頃から17時頃にかけて私は右手で思いっきり「1、2、3、ダァー!」をしても痛みが全く無い快適な時を過ごしていました。そして体以上に心がとても幸福になって弟と普段、滅多に話もしない母を交えて喋りまくっていました。「飯は噛んだら甘い!」「白菜の漬物は水々しくて美味い!」「茶は苦いほうがいい!」・・・ごくあたりまえの会話と笑顔さえ悪魔に略奪されていました。 母の寂しい一言が脳裏に焼きついています 「この注射、いつまで効いてくれるんかのう?」

実は29日の夕方から今年最悪の痛みと思っていた14〜15日をも上回る意識がもうろうとなるほどの激痛に見舞われていたのです。今回の震源は右の首筋でした。最初は首が痛くてQ10(キュート)http://www.ntv.co.jp/Q10/位には動けていた首が痛くて全く動かせなくなって例のごとく移動を始めました。しかし今回は違うのです。痛みが残ったまま右上腕部・右胸部、そして右の背中と股関節へと… つまり右半分がほぼ常時激痛にさらされたのでした。手持ちの鎮痛剤では全く沈痛不可能なままの一夜を過ごし、弟に病院へ搬送してもらい線維筋痛症による痛みであることを確認したうえで主治医の判断によって「ペンタジン」を注射しました。これは長い針の筋肉注射なので一番痛い部類なのに疼痛によっていつ注射したかさえ分かりませんでした。15分くらいで痛みが緩和されて雲に乗って寝ているようにフワフワ・・・ 30分もすれば何故に病院のベッドで横たわっていたのかさえ不思議なくらいに痛みも無くとても幸せな気持ちになって多少ふらつくものの自由に歩けるのです。

ペンタゾシン(商品名ソセゴン、ペンタジン)とは!それは強力な鎮痛剤なのです。その効果は、0.4mgでモルヒネ10 mgに匹敵し、作用時間もモルヒネより長いといわれます。つまり私は麻薬を射っていたのです。

この注射は依存性がとても高いので外来では30日以上の間隔が必要とされています。この快楽を一度経験した人が強烈な腰痛などと偽って救急当番病院を転々として筋肉より更に効果が高まる静脈注射を強要し、「俺は2本打たないと効かない体質だ!」などとわめき散らす偽装患者が出現するなど社会問題にもなっている注射なのです。(キモチは分りますが…)

現実として私は来年までこの鎮痛注射は使用できません。常に次の強烈な激痛に怯えて過ごさなければいけません。薬は確かに必要です。薬無しでは生きて行けません。しかし薬には多くの副作用というリスクがあります。T字路では優先権の無い側が一旦停止をして安全確認をしなけければいけません。しかし数年前、私は娘を乗せたまま普通に右折をしました。優先車道を往来していた2台の車が接触寸前で急ブレーキをかけて半回転しました。当然のごとくドライバーは窓を開けて怒鳴ります。娘は真っ青です。しかし私は相手を睨みつけて鼻で笑い飛ばして普通に岐路へと走りました。何の緊迫感も罪悪感も無く… TVドラマでも見ているがごとく・・・ これが副作用なのです。(正気に戻って慌てて主治医に報告してもちろん現在はこの薬は使っていません)何年も線維筋痛症をやっている私はオバカですが馬鹿ではありません。

現代医学をもって原因が未解明とされている諸病は数多くあります。逆に言えば大自然に存在するものの多くが持つと思われるその治癒力が発見されていない、あるいは有効に利用されていないのも現実かと思います。末期がん患者さまの心と痛みを癒すことが可能なまでに進化して重宝なる役割を演じている「メディカルアロマテラピー療法(フランス語: aromathérapieは、花や木など植物に由来する芳香成分(精油)を用いて、心身の健康を増進する技術もしくは行為)」において線維筋痛症に対する臨床情報があまりにも乏しいのが現実です。

私は運よくブログを通じてアロマコーディネーター協会認定の素晴らしいインストラクター様と出逢うことができました。

今はただ一言だけ申し上げます。
私は、線維筋痛症の患者としてメディカルアロマの臨床を行っている者の一人です

クリックすると元のサイズで表示します
1

2010/11/24

電龍  

   

普段は夜明け前に起きているが、今日は眠ったのが夜明けになって
しまった。またまた「線維筋痛症」のおかげである。(-_☆)キラーン!

痛くてどうしようもなくて眠れなかったわけでもない。
私特有のものかも知れないが「疼痛の予知」という現象がある。
ほぼ全身の筋肉が軽く硬直したような感じがあってどこの筋肉
を押さえても強弱はあるものの痛いのである。疼痛のツボとかに
関係しているようにも思えない。これが始まって暫くするとどこかの
筋肉が疼痛源になってやがては激痛となって体中を巡るのである。

この○後硬直を連想させるイヤ〜〜な感じが発生するのは
不用意に体全体を冷やしてしまったときによく起きるようだ。

暖かい布団に潜っていてもヤツは80%以上、「きっと来る〜」のだ。
痛いのが来る前に鎮痛剤を服用するという手段もあるが、この所
上も下からも多投した日が続いているので胃がヒリヒリしている。

出来るものなら自力でヤツを食い止めたいと思っていたら左の胸
に放電が起きた 感電したみたいな痛さであるがそこを重点的に
遠赤外線で暖めながらマッサージを施してやるといつの間にか消える
安心したのもつかの間、今度は左ふくらはぎと右ケツが襲撃された。 

と言うことで夜中じゅう、ストーブの前でいろんな格好をしながら
朝までのた打ち回っていた。

痛くなった場所にマーキングをしておいて治まった頃にそこを叩いても
なんら痛みがないのが「線維筋痛症」であり明日そこに激痛が来る
かも分からないのが「線維筋痛症」である。

全く痛くなくなる部位もある。即ち「炎症」らしきは発症していない。
筋肉を針の先でチョンとつついた程度の刺激が何千倍にもなって
脳に「死んだほうがマシ位の激痛」として伝達されるのがこの病気の
メカニズムらしい。

私は個人的に医療ドラマが好きである。
が...残念ながら殆どの名ドクターは何故か外科医である。

たまには難病シリーズを企画してこのバカヤローな病気のメカニズム
を解明して痛みの信号が脳に到達するまえに放電してしまうような
メカを発明してくれたら選挙に出たら絶対に応援する。。。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/11/19

薬膳料理です  


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


今年最大級の線維筋痛症の痛みによって血糖や血圧が
完全にコントロールが不可能になってしまいましたが
皆様の応援によって驚異的な回復が出来ましたことに
深く感謝申し上げます。

線維筋痛症は死ぬほど痛いけど死ぬことはありません。
糖尿病は痛くないけど、この病気が原因の合併症によって
世界中で10秒に一人が死亡しています。(国連発表)

この事からも危険域から一刻も早く脱出する事を優先しました。
SOKUTEI」では毎月、派手に「」が発生します。
これはすい臓が無いに等しい病気の私には仕方がありません。
しかしながら「絶対に長引かせない!」を実践してきた結果
「SOKUTEI」を始める以前と比べて遥かによい方向に向かって
いることを実感しています。

15日はほぼ絶食 16日〜17日は1,250kcal 18日から1,450kcal
に戻しました。(朝・昼食500kcal、夕食450kcal)

その間、主夫は茄子とトマトのパスタをメインに作って食べました。
本当は「茄子とベーコン」のスパといきたいところですが
ベーコンはその脂肪分の多さから油の部類に分類されています。
これは私にとって薬膳料理なのです。200円以内です。

乾燥パスタ80g:300kcal
オリーブ油10g:90kcal
トマト水煮缶:400g 80kcal
茄子大 一本:40kcal
塩コショウ少々:知らねえ
パスタの煮込みによる糖質放出で500Kcalの判定です。

パスタは「GI値」が65と安全圏でありながらもブドウ糖への変換は
2時間近くをかけて滑らかな曲線を描くようです。
ご飯だと30分位でブドウ糖に変換されるピークを迎えます。
(これらはインスリン分泌が無い私だから血糖で判別できます)

オリーブオイルは善玉コレステロール値を下げることなく
悪玉コレステロール値だけを下げるという効能が言われています。
つまり血管の状態を良い状態に保ってくれて動脈硬化を防ぎます。

茄子とトマトは血圧を下げる食材として古くから知られています。
今回はパスタや蕎麦を取り入れた食事の効果もあったように思います。

私は当面は、線維筋痛症に専念して闘う事ができます。

糖尿病の方は一日でも血糖値は90〜300位の範囲で変動
しています。ピンポイントの測定で泣いたり笑ったり
しないで積極的に「HbA1c検査」を受けてくださいね。
0

2010/11/18

悪魔よ返れ!  

  

















血糖朝食食後昼食食後夕食食後深夜血圧筋痛
14日1492302473884442075
15日4013512913683142772851654+
16日2122891982551752662011554
17日192244129207992121771263+
18日12020189177 2441401314
19日128236--------------------1413+





自己基準による筋痛度(各数値の+記載は鎮痛薬の規定量超え及び限りなくワンランク上に近い評価。

1 殆ど痛みを感じない。

2 各所に痛みはあるが我慢が出来る程度で鎮痛剤を服用するほどでもない。

3 各所の痛みが酷くロキソニンを服用しなければ緩和できない。

4 各所の痛みが更に酷く、ロキソニンでは効果を得られずボルタレン座薬を処方しないと緩和できない。

5 耐え難い痛みが継続して処方薬による自宅緩和は不可能となり鎮痛注射ペンタジンを必要とする。





私は部屋に閉じこもって悪魔と闘っています。
14日夜から15日深夜にかけて今年最大級の極めて酷い疼痛がありました。
首、両肩、腰、両股関節… 身体の主要な関節のすべてが疼痛の基点となってしまいました。
肩は肘→手首→指へと移動するもの、肩から胸筋→わき腹へと移動するもの、首から背筋へと移動するもの
股関節から膝へと移動するもの…複数の悪魔たちは耐え難い疼痛となって全身の回遊を始めてしまいました。
それは何度も経験したなかでも想定を超越した激痛でした。例えるならばピテカントロプスの末裔たちに捕らえて
格好の悪い石斧で関節を砕かれ、極めて切れ味の悪い石器で肉をそぎ刻まれているようなものです



この痛みは大きな外部ストレスとなって血糖のコントロールが不可能な状態に陥りました。
痛みが始まって間もなく危険域に到達した「血糖値」と「血圧」と「激痛」について馬鹿かと思われるのを
承知のうえで対処と経過をブログに記して行きたいと思います。三年間に渡る「SOKUTEI」によって
経験し習得した対処療法がこの悪魔野郎にどこまで通用するか記録したいと思いました。



自己基準による筋痛評価は「5」最大級の痛みです。すぐに病院で鎮痛注射(ペンタジン)をうてば
15分ほど我慢すれば筋痛評価は「2」まで一気に緩和されルンルンな気持ちでスキップでもしながら
帰ってくる事も可能でしょう。しかしまだ疼痛シーズンに入ったばかりです。この鎮痛注射(ペンタジン)は
強い依存性を持っており麻薬中毒になる危険性が高いものです。最低1ケ月は間隔を開けてでないと
通院での使用は認められていません。まして今回の激痛が痛みのMAXであるという保障は全くありません
残念ながら更なる未知の痛みに遭遇する可能性は絶対に否定できません。あえて「この程度」と称しますが、都度都度入院する訳にはいけません。在宅患者としての限界に挑戦しています。



【痛みの対処】

内服薬:ガバペン200mg(朝夕食後2錠) ラミクタール25mg」(夕食後1錠) リーゼ5mg(朝夕食後1錠) メイラックス1mg(朝夕食後1錠)

ボルタレン座薬50mg(25mg×2錠)6〜8時間間隔で随時使用 
※基本的には暖めることと深呼吸などで心を落ち着かせることが大切かと思います。

布団に潜ったままで暖をとるのは睡眠だけで、出来るだけ積極的に患部を遠赤外線で芯まで暖めながらマッサージを続けること。各関節を少しずつでも動かして運動を与えること。腕は肘の角度を整えながら一番楽な角度でタオルで首に吊ったり、ボンレスハムにならない程度にマスキングテープを使って
螺旋に巻いて軽い圧力を加えることで緩和される場合があります。指でマッサージをしていると足や足の裏などで気持ちがいいツボに遭遇することがありま

す。積極的に指圧を行うことで緩和された経験があり、このことは東洋医学のツボ療法に通じるものと思われ興味を持っています。



【血糖の対処】

15日は断食を決行して血糖の上昇を阻止しました。ランタス300mg(インスリンの24時間基礎分泌を補うもの)を通常より5単位増やして35単位のみ

注射。これは人体の危機管理システムによって「飢餓」を認識した肝臓がグリコーゲン (α-D-グルコース (ブドウ糖)分子)を放出するもの、しかし自らの

インスリンが分泌されないため放置すれば更に血糖値が上昇してしまいます。これを外部からのインスリン注射によって基礎代謝エネルギーに変換させています。





標準体重=『身長(m)×身長(m)×22』= 1.7×1.7×22=64kg

適正(摂取)エネルギー量[kcal]=標準体重×生活強度 64×25=1,600kcal

生活強度:(軽い)25,(中程度)30,(やや重い)35,(重労働)40

※私の場合は労作力が低いので生活強度を「22.5」で計算しているので1,450kcalを適正としている。

これは高校生の娘の半分であります。この公式は食事療法を行っているか否かに関係なく用いる事で必然的に理想体重に導いてくれます。



特に今の状態で炭水化物のご飯やパンは砂糖を食べているようなもので血糖を急に上昇させます。「GI値」
http://www.toyoshinkyu.com/06_gi.htmlといって同じカロリーの食品であっても小腸で吸収されてからブドウ糖に変換されるまでの時間が
長いほど血糖の上昇を抑えることが出来ます。これは「低インシュリンダイエット」と全く同じ原理のものでGI値65以上の毒物とされるご飯やパンを
パスタやソバと交換することで著明に血糖の上昇を抑えることができます。すい臓が無いに等しい無インスリン分泌の私が何度と無くこの効果を血糖値という数値で確認しています。

低GI食事療法でも著明な効果が出にくかった為、炭水化物を半分に減らして人体の基礎代謝に最低限必要な1,250kcalまで落として経過をみました。



【血圧の対処】

内服薬:アラダートCR錠40mg、ディオパン80mgを(各夕食後1錠)服用しました。
特に冬季の朝は誰でも血圧が高くなるので特別意識しないようにはしていますが自覚症状がある場合は横になって
安静にします。現在は【痛みの対処】に準じて座っての対応を行っています。手のひらの真ん中にある手心(シュシン)という
ツボを親指で痛くない程度に5秒間隔で10秒間10回位押しています。これは高血圧のツボではなく血圧を安定させるツボなので起立性低血圧
といって自律神経の失調で血管が閉じるのが遅れて急激な低血圧を起こしたときにも指で押さえています。日常生活の中では
岩塩や天日塩を使用して身体にとって「塩」は不可欠なもの「塩化ナトリウム」は有害なものと仕分けしています。









0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ