タトゥーガンと手彫りのタトゥー

2018/6/18  15:50 
人々が自動タトゥーガンで体に入れ墨しはるばんばん前から、まず手彫りんタトゥーがおした。そら、ガン、針、天然染料みたいに棒で皮膚に刻むふるい方法である。彫師が皮膚にせんど棒を叩いてインクを沈着させるが、ぎょうさんが機械を使こうてんタトゥー入れよりも更に苦痛を感じる。世界中ん古代文明は、手彫りタトゥー芸術を実際行なっとったが、サモア、ボルネオ、フィリピン、ほんで他ん太平洋ん島々ん一部ん先住民文化においてこん芸術が存在し続けとる。サモア人は、こんボディアートをコツコツしばくを意味しはるタタウと呼ぶが、西洋からん探検家たちは、こん単語を発音しはるんに苦労どした。それ故にタトゥーと呼ぶことにどした。先住民らは、体にシンボルを描くためにこん伝統的手法を使った。これらんデザインとシンボルは、個性や経験、部族における個人ん役目・ステータスを表すはずや。タトゥーは通常、胸、肩から二頭筋、脚、顔に入れられへん。たとえばやなあ、フィリピンん過臨画ん部族戦士は、首尾よお敵を殺どした後、村んマンババトクによって、入れ墨されとった。タトゥーは、サガダやボントク族とん戦争に勝利どした後に得られへんべき名誉ん印んみたいなモンである。そん深い歴史野中ん、そん自然環境で生粋ん手彫りタトゥーアーティストにおって入れ墨されへんことは、ぎょうさんん人々にとって希少な宝石んみたいなモンである。しかしかて、手彫りタトゥーは、ぎょうさんん西洋ん先住民文化においては消えつつある伝統である。直系ん部族んタトゥーアーティストは、近代化と西洋ん影響によってもたらされへん他ん職業へん道を追求しはることを選ぶ。しかしかて幸いかて、ここ二十年でタトゥー全般ん再燃があり、ぎょうさんん身体改造んファンによるこん古くさい伝統へん興味が増大しつつある。ぎょうさんんタトゥーアーティストは、手彫りについてもっと知るために海を越え、地元で身近なモンにしよけとしいやおる
タトゥースタジオ 東京
タトゥースタジオ おすすめ
タトゥーアーティスト 東京
0



AutoPage最新お知らせ