ツンデレラーズ☆1号2号のアイマス徒然草

好評稼動中のナムコのアーケードゲーム『アイドルマスター』の事務所「アクエリアンパーティ」のページです。
コメントは事務所メンバー以外の方も書き込めますので、ご意見・ご質問などお気軽にどうぞ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:N@OMIP
お久しぶりです。
最終日は時間早かったので、
がっつりプレイしてきました〜。

こちら(埼玉県北部)ではちょっとオフライン台は見つからなさそうなので、
アケマスはこれで終わりになりますが、
これからは箱で活動を続けていきます。
「ヨシトミP」(KouichiKannagi)を見かけたらよろしくです〜。
投稿者:はるっぴ
 本来は連絡用掲示板などで論議すべきところを、このように不特定多数が閲覧可能である場所で意見を書き込むことで、当ブログをご覧の方々に不快な思いをさせてしまっただけでなく、事務所の他メンバーの方々にも大変ご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。

>FANGさん
 コメントありがとうございます。
 特別に契約を交わしていない限り、著作権は執筆者に帰属しますが、問題が起きた場合の責任は執筆者だけでなく、発行者・販売者にも生じます。今回、どういう事情があれ、サークルで販売する本に事前にチェックを入れられなかったことは自分に落ち度があったと考えています。
 なお、今回の頒布物の価格設定は、ぱうぱうPの本はほぼ原価通り、豆本はサークル参加費・駐車場代を回収できる程度の設定とさせて頂きました。同人はあくまで自己表現・情報発信の場であり、利益を出すことが目的ではありませんので。

 私も後は各人の判断にお任せします。
投稿者:ぱうぱう
 今回の件で私も大分学習することが出来ました。良くも悪くも色々考えを改めるべきことがあることが分かりました。この経験を明日に生かしたいと思います。
 
 普段、ブログを読んで下さっている方々には大変お見苦しいところを見せてしまい大変申し訳なく思っております。ただそのまま通すには無神経な書き方でしたので感情的に書いた次第です。ともかく、著作権に絡む同人誌の問題点・表現の適否に関する問題提議としては意味があったのではと思います。
 
 私の言いたい事も最低限書きました。後の判断は各人にお任せ致します。
 
 FANGさん、コメント有難うございました。色々な方の意見を聞くのも参考になります。FANGさんのような攻略に長けた人が近くにいれば色々相談できて良かったとつくづく思いますよ。
投稿者:FANG
私の意見ですが。

>著作権等の問題

これは全面的にはるっぴさんを支持します。

同業界の人にだけでなく購入者や更に言えば2次的な読者等に対して配慮する必要があるからです。

エンドユーザーに対してミスをひた隠すのは今社会的に問題になってることですよね。

>ここから飛び火して

少なくともその場での販売に関して運営者の判断は条件付であったかもしれませんが「可」であったわけです。

その事を踏まえると飛び火を避けているのは個々の購入者に説明を行ったはるっぴ氏の方であると考えます。

>過去2誌の権利について

校正・編集の価値というものをどう捉えるか…でしょうね。

私は同人に参加したことがないので解りませんが聞く限りではとても大変そうですよ。

例え無料配布物であっても著作権に対しては配慮しなければなりませんし販売物となれば更に配慮すべき点は増えていきます。

「お金を取る」と言う事に対してしかるべき感覚を持っていれば誤字の修正以外にも第三者から見て主語・述語が欠けている場所、文末の表現など校正すべき場所は多くあります。
多くの読者の視点に立って考える事が要求される作業で「自分は理解できた」ではダメなのです。
それを生業とする人が多くいる事からもその労力は想像がつくと思います。

書き手が増えれば個々で文章のクセがありますから更に労力は上がります。

執筆量が如何ほどなのかは存じ上げませんが
自分単独でお金を取れる内容であったかどうか考えていただきたい。

私は当事者でもないし完成物を見ている訳ではないので差し出がましいとは存じますがあくまで「サークル」で出版されている言う事を忘れないようにしてほしいです。
投稿者:はるっぴ@アクエリアンパーティ代表
>今回のはるっぴさんのログは、あたかも今回の2誌を自分のものであるかのような発言が痛過ぎます。

 だから前に書いた通り「サークル責任者は自分が参加していない本も含め、全ての頒布物に責任を持たなければならない」ので、2誌とも自分のものであるように書かないといけないのです。無責任なのは、委託先に迷惑を掛けておいて、私がトップページでお詫びの告知を行うまで何のアクションも起こしていなかったあなたの方だと思いますが。

>一昨年にもここにコメントを書きましたけど、「はるっぴさんは人に頼り過ぎ」です。良い本を出したいのであれば自らそれなりの高い質をもった原稿を書かないと周りが付いてきませんよ。

 複数の執筆者が参加する同人誌の校正・編集を一手に引き受けることはすごく手間がかかり、それなりのノウハウも求められます。かれこれ10年以上も同人誌を作っている経験から分かりますが、原稿を書くだけの方が遥かに楽です。校正・編集をしなくていいのであれば、もっと長い原稿を書くこともできるでしょう。しかし、僕が手を挙げなければ、同じ役割をする人はなかなか現れませんので、毎回僕が引き受けることになっています。PIXSEL Pが書いた豆本3の企画書草案に、初めから編集は僕に一任と書いてあったのは、そういうことです。その役割に時間を取られ、僕の本文の原稿が短いものになるのは止むを得ない部分もあるのは事実ですが、Wikiや他サイトで公開されていない内容も多少なりとも盛り込んであることは隅まで読めば分かるはずです。原稿を書くだけの人が集まっても本は完成しません。本を完成させる上で必要不可欠な部分を頼まれて引き受けているのですから、「人に頼り過ぎ」は言い過ぎじゃないでしょうか。

 個人誌を1回作っただけの同人初心者には理解できない部分も多々あると思うので、もうこれ以上は何も言いません。
 この話題、終わり。
投稿者:ぱうぱう
 私が、はるっぴさんに言いたいのは、「他人のネタをネタとして書くのではなくて自分のネタを書け」ということです。これだけです。
 
 ----------------------------
 
 今回のはるっぴさんのログは、あたかも今回の2誌を自分のものであるかのような発言が痛過ぎます。
 
 なぜ私が3号まで出された「アイマス豆本」への寄稿に消極的だったのか理由を考えたことがありますか?一昨年にもここにコメントを書きましたけど、「はるっぴさんは人に頼り過ぎ」です。良い本を出したいのであれば自らそれなりの高い質をもった原稿を書かないと周りが付いてきませんよ。
 
 実際はどうだったのでしょうか?「豆本2」のはるっぴさんの記事なんか、「アイマスWiki」程度の内容しか書いていないでしょ。購入者を馬鹿にし過ぎていますよ。
 
 そういうこともあり今回は単独執筆、コミケ当日まで誰にも相談も見せもしませんでした。はるっぴさんに見せていれば、今回の著作権の話は起こらなかったかも知れませんが、質が向上したとも思えません。
投稿者:ぱうぱう
 話題の焦点がずれていますよ。はるっぴさん。
 
 一応、回答します。
 
 著作権云々の話は私の不徳の致すところであることは間違えないです。大いに反省していますよ。同人誌を作るのは初めてということを含めて考えても迂闊でした。
 
 こういうデリケートな問題を堂々とブログに上げるはるっぴさんも自重すべきですよ。ここから飛び火してコミケ運営者にご迷惑をかける事態になることを私は恐れています。問題を大きくしたがっているのは、はるっぴさんの方ではないのですか?
投稿者:はるっぴ
>ぱうぱうP
 一時的にでも準備会の販売停止措置を受けたことをどう考えているのでしょうか。
 小部数であったことと、わいせつ図画など他の審査で忙しく、今回は目をつぶるという準備会の説明をあなたにも伝えたはずです。
 要するに法に触れる可能性が高いので、今回は特例で、次は無いよってことです。
 サークルは委託販売物も含め、全ての販売物について全責任を負いますので、あなたは黄紙を撮影してはしゃいでいたようですが、僕はサークル代表者として内心はヒヤヒヤものでした。
 よって、コミケ当日は完売後にサークルスペースに来て頂いた方々に同様に説明しましたし、サークル代表者として今回、責任をもって再版は行わないと正式に発表させて頂きました。
 近年、同人誌における著作権問題は重要視されるようになってきており、今回はそれを痛感させられました。
投稿者:ぱうぱう@今戻った。
> … 再販は行わない方針と致しました。
 
 (゜д゜;) ポカーン.
 
 何を勝手に偉そうに書いているんだか…?
 
> … これら2誌に (中略) 一部公開することを考えております。
 
 少なくとも1誌はあんたの書いた本じゃねぇだろ!!
投稿者:味付きカルビ
このたび事務所に登録させていただきました。
味付きカルビと申します。

骨付きカルビさんに、
「サブカ作るなら『味付きカルビ』はどう?」
と、言ったところ、
「いやいやいや...カルビカードはいっぱいあるから」
と、言われ、自分で「味付きカルビ」カードを作ってしまいました。
中の人は女性です。
よろしくお願いいたします。
1|2345
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ