2018/1/15

6年ぶりの成田山新勝寺と川崎大師  
1月7日(日)、『成田山新勝寺と川崎大師 開運初詣』と称した日帰りツアー旅行に行って来ました。今回で2回目の成田山新勝寺と川崎大師となります。前回の記録を当ブログ『歌の世界』で調べたら東日本大震災翌年(2012年)の1月14日(土)でした。3〜4年前かと思っていましたが、6年も前のことでした。時の流れの速さを改めて認識しました。

前回(2012年1月14日)の写真
クリックすると元のサイズで表示します

今回(2018年1月7日)の写真
クリックすると元のサイズで表示します






 まだ松の内と云うことで新空港自動車道成田ICから成田山新勝寺迄の道路渋滞が予想されましたが、成田山入口交差点付近から駐車場迄が渋滞でした。しかし、バスの運転手さんは迂回ルートを選択したため、大きな混雑に巻き込まれないで駐車場迄行くことが出来ました。

緑の線が通常のルート 赤の線が迂回ルート
クリックすると元のサイズで表示します



 午前9時30過ぎに、とあるみやげ物屋さんの駐車場に到着。約1時間30分の参拝時間をいただきました。やっぱり参道は混雑していましたが、蜂が予想していたほどの混雑ぶりではなく、一安心しました。今回は成田山公園も散策してみました。

今回の成田山参拝順序
クリックすると元のサイズで表示します

駐車場から総門までの参道の人並 @地点
クリックすると元のサイズで表示します

総門付近 A地点
クリックすると元のサイズで表示します

仁王門付近の人並 B地点
クリックすると元のサイズで表示します

大本堂前もさほど混雑していません C地点
クリックすると元のサイズで表示します

聖徳太子堂 D地点
クリックすると元のサイズで表示します

成田山公園入口 E地点
クリックすると元のサイズで表示します

芭蕉の句碑 F地点
クリックすると元のサイズで表示します

西洋庭園から見る平和大塔 G地点
クリックすると元のサイズで表示します

西翼殿脇から光明殿へ至る階段 H地点
クリックすると元のサイズで表示します

西翼殿脇から大本堂と三重塔を望む I地点
クリックすると元のサイズで表示します



 昼食後川崎大師へ向け成田山を出発しました。途中アクアライン海ほたるで休憩をしました。海ほたるにしては珍しく風も無く穏やかな天候でした。富士山もはっきりと見ることが出来ました。

海ほたるから見る富士山
クリックすると元のサイズで表示します

富士山と羽田へ向かう飛行機
クリックすると元のサイズで表示します



 海ほたるから浮島JCを経由し首都高速神奈川6号川崎線大師インターまで通常は20分足らずで行けるはずです。ところが大師ICからは大渋滞です。川崎大師の駐車場がすぐそばに見えるのに、バスは3〜4m走っては止まり、3〜4m走っては止まりの状態。結局大師IC到着から駐車場に入るまで30分以上を要しました。

赤矢印の区間で30分ぐらいかかった
クリックすると元のサイズで表示します



 駐車場から川崎大使迄は10数分。通常は仲見世通りを大山門へ行けるのですが、この日は混雑しているため迂回路を設けてありました。

緑の矢印が迂回路
クリックすると元のサイズで表示します

普段は仲見世通りを通り大山門に行ける @地点
クリックすると元のサイズで表示します



 迂回路に入ると人・人・人でいっぱいでした。入場規制のため少し進んでは止まり、また少し進んでは止まりの連続でした。

ご覧のような混雑ぶりです A地点
クリックすると元のサイズで表示します

まだまだ混雑は続きます B地点
クリックすると元のサイズで表示します

やっと大山門に到着するが
入場規制の看板でストップ C地点
クリックすると元のサイズで表示します

待つこと数分やっと動き出す
クリックすると元のサイズで表示します

やっと境内に入りますがこの混雑ぶり
クリックすると元のサイズで表示します

DJポリスが軽妙な語りで
イライラ感を和らげてくれました
クリックすると元のサイズで表示します

大本堂前でも入場規制は続いている
クリックすると元のサイズで表示します

やっと参拝を済ませ振り返ると
この混雑ぶり
クリックすると元のサイズで表示します



 仲見世通りに出て時計を見ると午後3時20分でした。バスの出発は午後3時50分予定です。駐車場迄の徒歩時間を考えると買い物の時間は20分が限界です。急ぎ今年高校受験する孫への合格だるまを買いました。入った店は、偶然6年前に妻方の甥の大学受験の合格だるまを買った店でした。他の店を見ることなく駐車場に戻りました。

6年前に入った店と同じ店で
合格だるまを購入
クリックすると元のサイズで表示します

6年前の同店の写真
クリックすると元のサイズで表示します



 帰路は首都高の渋滞も無くいたって順調でした。富士山と夕陽そしてスカイツリーが、今回の旅を労うように見送ってくれました。

蜂を見送る富士山と夕陽そしてスカイツリー
クリックすると元のサイズで表示します




6年前の『川崎大師と成田山新勝寺の初詣』の記事

↑ クリック
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ