自閉症の息子(アイボ)とのあゆみ

自閉症の息子と共に歩みながら、沢山の仲間や支援者に支えられてきました。そしてきっと、これからも〜

 
自閉症の息子と出会い《ジヘイショウ》を知りました。様々な出会い、失敗、成功・・・過去を振り返りながら今を綴ります。そして今、私たちの暮らす社会との架け橋になろうと思います。 【登場人物】アイボ:自閉症(カナータイプ) コアカ:アイボの姉 アカギ:父 ハレハレ:母(管理人) 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ハレハレ
心理に興味を持ったのは、やはり息子アイボのおかげです。幼児期から癇癪、パニック、問題行動のオンパレード。
彼との付き合い方は、色々な事を教えてくれました。
投稿者:きりん
ハレハレさんの書き込みを見て、自閉くんにフラフープを床に置いて中に座ってもらうと、なぜか落ち着くのは本能で境界線を感じてるからなのかなって思いました。ただ座って待つのが難しいけど、円の中にいるときは自分の世界に入って座っていられる。他者からの余計な刺激も受けることがないって感じるのかしらね。
そんなことをふと思い出しました。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ