2015/8/5

なぜ白内障になる  

だれもがなる白内障。
生きている限り誰でも白内障になります。
白内障にならない人は、白内障になるまえに死んでしまうからです。


白内障で最も多いのが老人性白内障。
加齢とともに皮質の混濁や核の硬化が進行してしまうのです。

光が水晶体を通過する面は瞳孔の大きさで変わります。
光が通過しないところが濁っている場合、自覚症状はほとんどありませんが、瞳孔を開く検査すると早い人で40代から、80代ではほとんどの人に白内障が発見されます。


高齢社会が進む現在、白内障は最もありふれた病気の一つになりました。
白内障手術は高度な医療技術の進歩により、比較的安全な手術となっています。
また早期の視力回復・社会復帰が可能となっています。


目のかすみや視力が落ちたと感じる人は、気軽に眼科を受診してみましょう。
0

2013/6/4

老眼かと思ってたら白内障  

「視力が落ちたな」とか「焦点が合わせずらい」と感じることはありませんか?
特に40代後半から50代前半にかけて、そう感じる人が多いはず。
でも大半の人は「老眼」と思ってしまい、病院に行って検査をしてもらおうと思う人は、少ないのではないでしょうか!?


白内障になりかけている可能性もあります。
白内障は早い人で40歳代からなることもあるようです。


白内障は?
白内障は年をとると誰でもかかる目の病気。
レンズの役割を果たしている水晶体が濁り、見えにくくなるのです。
進行を止めることはできません。


白内障の兆候
近眼で見えにくいのではなく、片目で周りの景色を見て見えにくくありませんか?
目に異常があると以前とは違っています。

例えば、
目がかすむ?
光がまぶしい?
光が強い場所では見えにくく、薄暗い場所では見えやすい?
物が二重、三重に見える?
など。


他に、
目を怪我している?
アトピー性皮膚炎にかかっている?
糖尿病がある?
ステロイド薬を使用している?
などがあれば要注意。


白内障の進行のスピード
老人性白内障はゆっくり進行しますが、糖尿病だったり、紫外線をたくさん浴びる環境だったりすると早く進行します。

先天性白内障や外傷性白内障の進行も早いといわれています。
ただ、早く進行する白内障でも手術すれば、問題はありません。
進行のスピードは違っても、白内障の進行を止めることはできません。




現在は手術が進歩し、また眼内レンズもいいものができていますので、比較的安心して手術を受けることができます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ