2009/4/8

『キャッツ』、その後  

もっともっと観ておけばよかった『キャッツ』。
思い返しつつ、ちまちま書き続けます。

クリックすると元のサイズで表示します初めて訪れたキャッツ・シアター。
五反田駅から何となく一緒になった方々も写っています。
道々に「キャッツ・シアターすぐそこ」「猫の店」「四季養生堂」などなど。
いよいよです!






クリックすると元のサイズで表示します25周年を迎え、じきに千秋楽。
僕は今回が最初で最後……。








クリックすると元のサイズで表示しますドアの左脇にあった本日のキャスト表。
………。
劇団四季は『オペラ座の怪人』2回、
『ライオンキング』1回しか観たことがありません。
きっと観たことのある方が
何人も出演しているはずなんですが……。
韓国、中国の方が活躍していますね。



クリックすると元のサイズで表示します予想以上に小さかった外観さながら、
ロビー内はあっという間にごった返し始めます。
四方の壁に猫たちの写真としっぽが。かわいいですね。
照明がほんのり暗めだったのでほとんどピンボケ。
ならばとお客さんの頭を避けつつ
動画モードで四方を撮りまくり……何をしに来たんですか??



円形の場内、放射状に配置された座席。
そして、舞台と壁面にゴミ、ゴミ、ゴミの山!
大都会の片隅のゴミ捨て場が舞台なんですね。
ありとあらゆるゴミの中から、
3つほど面白いものを見付けました。
・「たまごっち」ならぬ「エンジェルごっち」
・往年の液晶ゲーム機「パイプライン」みたいなやつ
・初代プレイステーションのコントローラー
しかもすべて巨大! 実物の倍以上の大きさです。
……なんでゲーム機ばかりに目が行くのだ。

『ミス・サイゴン』の予習で失敗したのにも懲りず、
今回も余計な真似をしてきました。
某図書館で「劇団四季オリジナル・キャスト版」を借り、
発表会のお手伝いの曲とともに毎日聴いていました。お風呂で。
「あ、コレはまだ聴かない方がいいぞ」と
感じた曲だけ飛ばしつつ……。
寸止め予習、大正解です。
曲順が頭に入っていると、
シーンがどんな風に再現されるのか期待しつつ、
現在ではどんな風に歌われているのか冷静に聴けるんです。
そして、舞台ならではのマジックで
拙い想像を心地良く裏切られた時の嬉しさといったら。

例えば、A席とはいえ通路の側の席だったから、
スロープをにゃーっっと滑り降りたり
客席の方にうろうろしたりする猫たちがつぶさに見えたとか。単純。
後ろの列の女性が、猫にじーっっと凝視されて照れていました。
しかし、そんなことはもちろんおまけ。
最大の魅力は、次々に繰り広げられる
歌と踊りが一体となった圧倒的なパフォーマンスの数々。
20匹以上が動きを揃えるシーンの迫力。
キャラクターごとに1、2匹で踊るシーンの冴え。
おかしく、哀しく、優しく、恐ろしい個性豊かな楽曲たち。
物語が特に際立つ作品ではないので、
それ以外の部分を存分に楽しむことができます。

第一幕
・オーヴァーチュア
光り出す猫の目、回り出すゴミの山に鳥肌。
そしてタントミールが妖しく踊る姿に鳥肌。
みんなが次々に登場するんだろうとは思っていましたが、
こんなことになっているとは。
素晴らしいオープニングです。

・ジェリクルソング
一人ずつ交代で歌い継ぐ冒頭で、
「あっ、ラム・タム・タガーが……」と思ってしまいましたが……。
「天使に届くメサイヤ ハレルヤ アンジェリカル・クワイヤー」。 
まさかここで天空から巨大な靴が降ってくるなんて。
ここはゴミ捨て場なのだと一瞬引き戻されます。
気を取り直したように再開してからは、
どんどん高まり行く歌の迫力が心地良くて。

・ネーミング オブ キャッツ−猫の名
ナマの群唱。久しぶり。
たっぷり間を取って大切な言葉を伝えようとしているのではないでしょうか。
初演の「唯一のその名を」が好きだったのでちょっと残念?

・ジェニエニドッツ−おばさん猫
冷蔵庫みたいなものから灰色の毛皮で出てきてとりあえずびっくり。
「ハイ、ハイ、ハーッ!!!」って叫びまくってましたね。
ゴキブリがタップを踊るな?とは思っていましたが、
ラインダンスみたいにぐるぐる回るなんて、面白すぎます。      

・ラム・タム・タガー−つっぱり猫
初演は山口祐一郎さん。その抑揚、色気にはすさまじいものがッッ!!
本人は演じあぐねていたという声もあるようですが、比べるのは酷かもしれません。
しっぽを手でつかんで振り回しながら歌えば、
ロックスターさながら、周囲でメス猫たちが「あぁ〜ん」と悩ましい声を上げるという……。
小学生くらいの女の子をステージに引っ張り込み、
眼鏡を取って遊んだりしてました(ちゃんと返して、送り返しました)。
「ごむ〜」と歌わなくても「あぁ〜ん」が始まるというお笑いもいいですね。   

・グリザベラ−娼婦猫
何がびっくりって、「近寄んな!」「こっち来んな!」
みたいに、みんながあからさまに嫌ってるところが。
「シャーッ!」って威嚇してるやつもいるし。
ずだぼろの姿で悲しげにうつむいて歩くさまが何とも哀れ。
先程の能天気で明るいムードが一瞬で凍り付きました。
メイクがはっきりとは見えず、唯一耳がないので、
落ちぶれた人間の末路を見ているようでつらいです。
一応オペラグラスは持参しましたが、
興奮を妨げそうなので使いませんでした。
隣席の女性2人連れはリピーターさんのようで、
ここぞとオペラグラスを当てていましたね。
これまた、初演の久野綾希子さんが圧倒的だったので
比べるのも能がないかと。

・バストファージョーンズ−大人物?
またもや明るいナンバーが。
スプーンをステッキ(?)代わりに飾り立てた政治好きメタボ成金猫。
「まずいもん食わされた日にはやってられんわい」と明るい俗っぽさが。
なぜかみんなには一目置かれているのがおかしい。
自称権力者の姿と、それに周りがどうへつらうか
という皮肉の視線が感じられました。
今日は「政治改革」でした。初演は「行政改革」。
「規制緩和」「デフレ克服」など、時代とともにうつろうようで。

マキャヴィティの影が。わっはっはっはっ。

・マンゴジェリーとランペルティーザ−小泥棒
妖しく暗いサックスの音色がコミカルに響きます。
息もぴったり男女の泥棒コンビ、根っから盗みが大好きで
何食わぬ顔でおまわりさんとおしゃべりを楽しむ……。
2匹がいかにも楽しげで観ているとうきうき。
いつか大失敗しそうだと思っていたんですが、
パトカー(?)出現のピンチに周りの猫たちがかばっていたような気が。
義賊とは程遠いのに。

・デュトロノミー−長老猫
威厳のある長老というより、仙人に近い風体。
マンカストラップの歌声が優しくて好きです。
「幸せ 彼とともに生きる喜び 皆の祈り集める
彼こそはオールド・デュトロノミー」。
こんな風に歌われるようになるまで、
彼が乗り越えてきたものを考えると複雑ですね。
この曲には「長老がそんなことでいいのぉ?」と
不可思議なところがありましたが、ある本を読んで疑問が氷解しました。
元々は、本当に夢見心地のおじいさん猫の姿だったんですね。 

またマキャヴィティの影が。わっはっはっはっ。ひえー……。

・ジェリクル舞踏会
静から動への変化が大きい、第一幕一番の見せ場……だったような気が。
冒頭、ヴィクトリアが1匹で踊る純白の姿が印象的でしたが、
それ以外みんなでどんな踊りをしていたのか全く思い出せません。
ボンゴのような打楽器の音まで入っていたのが意外です。
「ジェリクル・キャッツは黒と白」というのがやっぱりよくわかりません。
「だったら3匹くらいになっちゃうんじゃない??」と下世話な思いにとらわれてしまって。
オーバーチュアのラストと同様の曲の盛り上がり。興奮です!

・メモリー
興奮がまたもや一瞬でかき消されますよ。
「美しく去った過ぎし日を思う 忘れない その幸せの日々 思い出よ 還れ」。 
とらわれる思い出があるのもまた幸せなのだとは思いますが。
この曲の切ない響きはつらいですね。

リピーターさんたち、特に女性がトイレに殺到します!!
あっという間に行列ができました。狭いロビーは人の波、波。

第二幕
・幸せの姿

デュトロノミー、チェ・ソンジェさんの朗々たるバリトンが明瞭に響き渡ります。
この歌声、また聴きたいです!
『昔は良かった』だけではなく、
何がどう幸せだったのかを心に問いかけることが大切と言っているのでしょうか。
全くもって耳が痛いです。

・ガス−劇場猫
これまた「昔は良かった」の代表格。
お風呂で聴きながら泣きました。この曲。
妄想ってのは恐ろしいですね。
安酒場でおごられるままいい気になって、
かつての栄光の片鱗を「お望みならば見せようか 見せようか 見せようか……」と
ふらふら言って回っているのかと思っていました。
そしたら、ジェリーロラムという優しい猫に
かいがいしくされてて何だかほんのり幸せそうで、ほっとしちゃいました。
バストファージョーンズの時とは違う優しくほろ苦い歌声。
鍛え上げた歌ってのは、本当に。

・グロールタイガー−海賊猫の最後
この曲は「シャム猫に片耳をちぎられた」ところまでしか聴きませんでした。
オリジナル・キャスト版では「最后」といかにも死んじゃいそうだったので。
ことあるごとに子分にヒジテツを食らわせているのがおかしい。
いや、まさか……女にだまされてコロッといっちゃったとは……。
「ミ・アモ〜レッッ」って。男の悲しさですかね。
どうせグリドルボーンって、シャム猫のギルバートと通じてたわけでしょう?
「手引きしてくれたら弾むからさ」とか何とか。
しびれきったグロールタイガーのめろめろ加減が
歌声によく出ていて、逆にかわいそうでした。
グリドルボーンと「あぁこのときめきは2人だけのもの 2人だけのもの」なんて……。
シャム猫軍団との大立ち回りにも悲しさが。
囲まれてぐっさりやられちゃった後にも
よろよろとへさきまでたどり着き、
豪快に笑いながら自ら身を投じる姿はさすがでした。
ギルバート、もっとヌンチャクを使えば良かったのに。……難しい? 

・スキンブルシャンクス−鉄道猫
心が弾む、底抜けに明るく楽しい曲。手拍子、手拍子!
でも、決まり事があるみたいですね。
「同じリズムだけどここでは手拍子しない」とか。
でっかい「やくざな奴」が途端に愛想笑い。
マンカストラップがやってるのが笑えます。
みんなで蒸気機関車を形作る瞬間、これぞ舞台!!と興奮。
わあ、やかんから蒸気が!
他にも、みんなで一列になって機関車ごっこをしてたような気がします。 
車掌の後ろをくっついて歩く猫……。名物猫さんですね。

マキャヴィティの影が、またしても……! 

・マキャヴィティ−犯罪王
2匹のセクシーな猫が歌い継ぐ犯罪王の伝説。
部分的に英語がそのまま残っている珍しい歌です。
確かに「マキャヴィティ、もういない!」じゃ締まりませんかね。
暗く妖しいジャズナンバー。『ピンクパンサーのテーマ』みたい……?
そしてとうとう現れたマキャヴィティ。
写真では仮面、マント、黒・白・赤の色づかいと
まるでオペラ座の怪人みたいなんですが、
なにやらもじゃもじゃな感じ。
そして、そして……犯罪王というより、格闘王じゃん!!
先程とは全く違う下卑た笑い声を上げながら、
次から次へと面白いように猫たちを手ごめに。
あのでっかいマンカストラップが、一撃でダウン(?)
僕が座っていたのは下手通路から3つ目のA席だったので、
長老デュトロノミーをかっさらって凄い勢いで走って来るのが間近に見て取れました。
でもさ。彼、何がしたかったんでしょう?
身代金を要求しても虚しい感じがしますし。「俺様を天上に導け!」でしょうか?

・ミストフェリーズ−マジック猫   
すごい。手品よりすごい、手品みたいな身のこなし。バレリーナ!
例の大回転がいつ出るのかもう出るのかと、下らんことばかり気にしてしまって。
あ、脚を伸ばしたまま回っている! 予想外だ……。人によって違うんですね。
割と一人でいることが多いように見えたミストフェリーズ、
彼を頼ろうとべたぼめしてくれるのが、
あまのじゃくの一人もの、ラム・タム・タガーだというのが面白いですね。
2匹で手を打ち合ったりして、ほほ笑ましい。
……言わずもがななんですが、
ラム・タム・タガーの歌声が際立つナンバーだということもあり、
山口さんの素晴らしさを痛感します。もう20年以上前なんですね。
ここでも手拍子、手拍子。
そして……やっぱりそうかと思いましたが、
探すっていうか、手品で出すのね! 長老を!
マキャヴィティは一瞬ぽかんとした後、怒り狂ったことでしょう。
目の前から消えてなくなったかもしれませんから……。

・メモリー・天上への旅
初々しいシラバブに導かれるように。声が重なるように。
きっとそうだと思っていましたが、やはり天上に昇るのはグリザベラ!
あれだけ毛嫌いしていたみんなが、歌声に打たれたように
代わる代わる彼女の手を取りデュトロノミーへと導くさま。
神々しいミストフェリーズのナンバーに合わせて
みんなが「昇れ天上へ 光浴びて行くのだ」。
徐々に高まる歌声、本当に高まりゆく2匹。
そして、光を中心に全員が放射状に立ち並び歌うさまは。
涙、涙。圧倒的な力に打たれる幸せを噛み締めました。

・猫からのごあいさつ
物語を締めくくるデュトロノミーの朗々たる歌声。      
自分と違う個性を認めること。常に敬意を持って接すること。
素晴らしい。
バリトンでもないし声量も全く足りませんが、
次回の発表会はコレに決まり! 
……本当は全員勢揃いでコーラスする、鳥肌モノのラストなんですが……。

そしてカーテンコールはさまざま曲のつるべ打ち。みんなでにこにこ手拍子。
猫たちが客席に下りてきて通路際のお客さんに握手を。
僕も手を伸ばしました。白黒の誰かさん、握手!!!
ううむ。個々に歌われていない猫がわからなかったので残念。
ランパスキャットかな??

興奮冷めやらずなかなか手拍子をやめないお客さん。
ラム・タム・タガーが出てきて、しっぽをぶんぶん回します。
合わせて手拍子!!
はあ……やっぱりもう一度観たかった……。
千秋楽後、四季版のDVDが出るのではとにらんでいます。
そういえば、観る前に公式ホームページの謝りを発見しました。
たった1文字、変換ミス程度。
ただし、意味が通るだけに大変な意味違いになってしまうので
メールで優しく意見したところ、即日お返事が来て修正されていました。
心優しいリピーターの方々は、ご愛嬌と思われていたのかもしれませんね。
そんなことで魅力が損なわれるような作品ではないのです。

さてさて、
ほとんど忘備録がわりにつらつら書きましたが、
「ハコのなかのヨロコビ」はこの記事が最後となります。
開設してから約3年5カ月経ち、
残り容量が3%を切ってしまいました。
じきにお引っ越しをしますので、
引き続きどうぞよろしくお願い致します。
どうもありがとうございました!


0

2009/4/6

最初で最後、『キャッツ』  

昨日のこと。
劇団四季ミュージカル『キャッツ』を観てきました。
最初で最後です。

クリックすると元のサイズで表示しますオーヴァーチュアの最後、
タントミールがUFOにさらわれ……もとい、
光に向かってゆるやかに手を、
全身を差し伸べる蠱惑的な姿に思わず鳥肌が! 
ヒー! すすすすごいことになってます!!






「まだ終わらないのぉー!?」とパパさんにごねる
お子さんのそばで、
おじさんは子ども以上にはしゃぎましたよ!
楽しい! 面白い! たまらない!
見て興奮、聴いて興奮、そして最後は心地良い涙。
もっともっと、観ておけば良かった……!
いや、1回でも観られて幸せと思うべきですね。

物語らしい物語があるわけではないので、
次々に登場する猫たちの個性を楽しむ。
大掛かりな仕掛けや心弾む曲と踊りを楽しむ。
それはもう、楽しくて仕方ありません。
しかし、その根底にあるものに、いたく惹かれました。

世話好き、あまのじゃく、権力者、小悪党。
皆に慕われる者から皆に侮蔑される者、
車掌に手品師、犯罪王……。
「みんなちがって、みんないい」。
ほぼすべての曲が猫たちの紹介なので、
これは鈍感な僕でもすぐにわかります。
『猫からのごあいさつ』を聴いて思ったのは、
「その気持ちを常に忘れないように。
どんなものに向き合う時も、敬意を忘れないように」。
きっとまたすぐに忘れてしまうけれど、
思い出す手がかりがひとつできました。

2階席にはまだ空席があったような気がしますが……。
予約開始初日にはすでにS席が取れなかったくらいです。
「話のタネに」でも、ぜひ。きっと楽しいですよ!!
後日しつこく書き続ける予定です。
「ハコのなかのヨロコビ」はそこまでかも??


0

2009/4/5

ザ・ジェイドと日本美術院展  

昨日のこと。
お花見のみなさんをよそに出勤。
軽めに済ませた後、日本橋三越へ。
「第64回 春の院展」が目当てだったのですが、
「三越伊勢丹ホールディングス大誕生祭」という
イベントを開催していました。

クリックすると元のサイズで表示します「ザ・ジェイド」の皆さんです。
「オペラ・スター4人衆、
J-POPを歌ってオペラの垣根を下げる」
というコンセプトだそうです。
テノールとバリトン各2人。
全く違う個性のハーモニーが心地良いです。


クリックすると元のサイズで表示しますファーストアルバムが直に発売されるといいます。
この日ご披露なさったのは、
「祈り」(『ユー・レイズ・ミー・アップ』)
「みんなのものだよ」(オリジナル)
「夜空のムコウ」(有名なアレ)
「手紙」(オリジナル)
の4曲。
朗々たる「夜空のムコウ」も面白かったですが、
歌い上げるオリジナル曲、
特に「みんなのものだよ」がしみました。
人間は地球のほんの一部分。
誰かが何かをどうこうしようなど、長い目で見れば愚の骨頂。
そう見られなくなってしまった哀しさよ。
某国のミサイルは、打ち上げ失敗に終わったようですね。
某白馬に乗った方に、一日も早く気付きが訪れますように。




その後、催物会場での院展へ。初めてです。
「入場無料」にひかれてしまいまして。

速水敬一郎「源(げん)」:水底にも森林にも見える澄んだ色
牧野環「雨後晴の道」:轍の美しさ。
あともうひとつ……もはやタイトルも作者もわかりません。
環に乗る少女のおぼろげな姿が印象的だったのですが。
「無鑑査」という作品も見受けられましたが、
どういう経緯で展示に至ったのか、
そればかり気になってしまいました。
合計約2時間。すさまじいコストパフォーマンス。違うか。

2

2009/4/2

スラムドッグ$ミリオネア  

クリックすると元のサイズで表示します久々にU社の試写会。定時に退けて厚生年金会館に急ぎます。
いや、そのために数日よく頑張った。うん。

17時半に着いたらもう長蛇の列。
オスカーレースもぶっちぎりでしたし、
人々の期待も大きいのでしょうね。
株価には期待できませんが。

静と動、緊張と興奮が次々に迫ります。
「信ずれば通ず」「信じて動けば夢はかなう」。
全くもって、自分に欠けているものが
大活躍するさまを痛いほど見せ付けられました。
スバラシイ!!!
 公開は18日土曜日から。ぜひ!!!



0

2009/3/31

ビューラーとマスカラ  

3月ももうおしまい。早いものですね。
会社にひとり残っております。
不惑間近で初体験。
ビューラーとマスカラを使ってみました。

というか、後輩Aさんにやられたんですが。

うーむ。
まつげが、鼻毛みたいになりますね!!

女性はいつもあんなことをやっているのか。
時間がない時に、大変だ……。
ちっとも不自然ではないので
そのまま帰るように言われました。

長い。きれい。うらやましい。
……と褒められても、困るぞ。Aさん。
前勤務先の同期のパパさんは
こんな長さじゃないぞ。見せたいくらいだ。

0

2009/3/29

フィギュア 世界選手権・女子  

来たっ! ヨナ様! 初優勝!!
やっぱりすごいヨナ〜!!!

冒頭の3回転3回転が決まった瞬間、
歯ブラシを加えたまま無言でバンザイ。
後は拍手、拍手。
昨日のSPが自己の持つ世界記録を更新するという
恐ろしい出来だっただけに、
フリーは不安でした。こてっといかないかと……。
ジャンプひとつ分すっぽ抜けましたが、
それ以外は完璧だったのでは。
フリーも1位でトータル207.71点!? 
恐れ入りました! 

国歌演奏に聴き入るヨナ様。
顔がゆがみ、こらえきれずに涙を流す様子に、
釣られてしまいました。ぐう。
母国開催ながら錦を飾れなかった、
先のグランプリファイナルのことを
考えていたのではないかと勝手に思い込んでしまいました。
ようやく報われたね。良かったね。

どんな世界でも勝負は勝負。
練習したことを本番で出し切ることがいかに難しいか、
いつも思い知らされます。
直前までカチコチだったのに本番が一番良かったり、
直前まで余裕だったのに本番で失速したり……。
特に今回は、ヨナ様の直後、5番滑走だった
コストナーが気の毒でした。
きっと、これをばねに立ち上がるでしょう。

バンクーバーオリンピックまであと1年足らず。
男子3枠は恐らく順当でしょうが、
女子3枠争いが恐ろしく楽しみ。
中野選手、鈴木選手、がんばって!
0

2009/3/29

六本木アートナイト  

昨日のこと。
朝日新聞招待券シリーズ。
……のはずだったんですが、
「六本木アートナイト」なるイベントが
開催されていると知り、
ついでにちょっとだけお邪魔してきました。

クリックすると元のサイズで表示します自分の方向音痴ぶりには途方にくれますよ。
「没後50年 横山大観――新たなる伝説へ」以来の国立新美術館。











クリックすると元のサイズで表示します現代アート、さっぱりわかりません!!
古い茶箪笥の中にナフタリン製の歯ブラシやバレエシューズ、時計などが照らされている作品が、
面白いといえば面白かったですが……。
左下の作品群、柱に斜めの溝を掘り、
水をためてあるものがあったんですが、水面にホコリが!! アーティストの意図なわけがないですよね。
ちょっとした眺めだったはずなのに残念。
約35分であっという間に退散。何も残りません!
この日は観覧無料だったので……。


クリックすると元のサイズで表示します立ち見です。
バリトンサックスとアコーディオンの即興演奏なんて初めて。
ジャズはこれまた門外漢なので、
どこにうまみが隠されているのかわからず、
ただただその場で生まれる音楽の妙を楽しんでいました。
特に、本来の使用法以外で音を出す掛け合いが楽しかったです。
アコーディオン全体を細かく振動させる、蛇腹を上から叩く、
鍵盤を爪で弾く、サックスのマウスピースを外して吹く、
マウスピースだけで吹く、マウスピースでサックスを叩く、
パイプを加える真似をする(笑)……。
アコーディオンの佐藤さんは右手で口を叩いて
ポン、ポンと鼓みたいな音を立てる始末。おかしい。どんなものでも、表現は自由ですね。

都合4曲。お互い探り探り、「よし、終わらせよう」みたいな
雰囲気になる瞬間がとても良かったです。

しかし、「アーティスト・ファイル2009」にどんなインスパイアを受けたのか、
さっぱりわかりません!


クリックすると元のサイズで表示しますこれが朝日新聞招待券シリーズ。ルーヴルの8部門中7部門が連携するという珍しい試みだそうです。なるほど、彫刻、絵画、タピスリー、装飾品までぎっしり。
しかし……いかんせんテーマがテーマだけに、
あまり思い入れがわきません!








クリックすると元のサイズで表示します18〜21時入場者に絵葉書のプレゼント。
絵柄は選べません。選ばせてください。
絵葉書を手に美術館を回ったのは初めてです。
「あ、さすがに印刷だと限界がある」と
並べて比べてどうする!







クリックすると元のサイズで表示します一番かわいかったのがこの2点。
台車の上のイノシシとライオン。
展示は別々のガラスケース内に。
何とも愛嬌のある姿です。子どものおもちゃだったんでしょうね。
でも、どうして台車の上?


クリックすると元のサイズで表示します美術館を後にしたのは20時半。
ミッドタウン周辺は陳列してあるオブジェに携帯カメラを
構える人々が大勢。
はあ。帰ってK-1見ながらお菓子食べよ。
「六本木アートナイト」、本日18時までの開催です……。


0

2009/3/28

フィギュア 世界選手権・男子  

おめでとう3枠! 
小塚選手6位+殿(だから誰もそう呼ばないって)7位=13位と、
ギリギリセーフだったそうですね!

SPはまだ見ておらず、
フリーは昨日中華屋のテレビで
無良選手と殿の演技だけ見ました。
無良のトリプルアクセル、
余裕を持って降りて来られる回転のキレでしたね。
殿はせっかく4回転を成功させたのに、
嬉しくて(?)3連続を余計にやってしまうというミス。
解説・本田さんのコメントが中華屋で静かに響いていました。

四大陸選手権で圧倒的だったパトリック・チャン選手に
期待していたのですが、どうやら残念な結果だったようで。
技術面の細かい話が全くわからないド素人にとっては、
「見ていて心地良い」のが一番嬉しいんです。

女子もまとめて見ることになりそう……。
「見ていて心地良い」筆頭・あの方の演技を
楽しみにしています!
0

2009/3/26

『ライト・イン・ザ・ピアッツァ』!?  

Fさんと年末に「愛と青春の宝塚」を観た折、
今年12月に再演が告知されていた
『ライト・イン・ザ・ピアッツァ』。
新妻聖子さんのアルバム「Musical Moments」に
収録された表題曲が、静かな光に包まれているようで。
島田歌穂さんのコンサートで、
ゲストの小西遼生さんと新妻さんの思い出話をしながら
ほほ笑ましいやりとりをしていたのがつい先日のようで。
その直後に再演を知った時、
ささやかにガッツポーズですよ。
「情報をお送りしますので登録を」とチラシにあったので、
早速おっかなびっくり会社からFaxしましたよ。ええ。
それ以降全く音沙汰がないので、
何となくググってみましたよ。ええ。

あれ。
ちょっと。
……………。

新妻聖子さんのブログを無断引用しますよ。


続きを読む
0

2009/3/24

WBC  

優勝決定戦は5度目の日韓戦だったそうですね。
最後の1時間だけ、社長室のテレビが解禁になりました。
僕は社用で外出していたのですが、
「あぁ〜」という嘆きや
「うぉおおお!!」という歓声&地響きが
社長室に満ちていたとか。
ちょうど最後の2球だけお邪魔したら、
三振の瞬間、真っ先に社長がバンザイを。

どうだろう??

下のフロアにはたまに酒盛りの声が聴こえる
ちょっとガテン系の企業が。
今日に限ってひっそりしていました。
女性記者Iさんが言うには
総出でどこかに観戦に行ったのではないかと。

そうだろう。

JRのホームでワンセグる(?)女性2人、
「イチロー、スゴイ!カッコイイ!」と大盛り上がり。
なるほど、大舞台の勝負所できっちりと仕事をこなすさまは、
確かにカッコイイですね。見ていませんでしたが……。
0

2009/3/22

さよならシアタートップス 最後の文化祭  

教わってお芝居を観るようになってしばらく。
観散らかしていますし、観る力は全く育っていません。
なのに、何度か通ったハコがなくなってしまうというのは、
やはり寂しいものですね。
21日土曜日、
お別れ公演「さよならシアタートップス 最後の文化祭」を
観てきました。

クリックすると元のサイズで表示します記念パンフの表紙です。
ウマイ!
24年もの歴史がここに。
僕が触れられたのはほんの一部ですが。








クリックすると元のサイズで表示します東京サンシャインボーイズはチケット入手困難と見切り、
選んだのは3つの劇団が各30分の公演を行う
短編オムニバス公演。







開演前、ちょっとしんみりしていたら、
鈴木聡さんと福島三郎さんの声が!
声を揃えて開演前の注意事項を読み上げているんですが、
2人とも、笑っちゃってるんですよ!
おかしいのをいかにもこらえてるようでおかしい。
ある意味ぜいたくな顔合わせです。

「なくならないでほしい!!」
「いつかはなくなるけれど、気持ちはなくならない。
その気持ちといつか再会できる」。
「なくなった後、本当の評価が問われるのかもしれない」。
うーん。3つの作品の声はこんな感じでしょうか?
泪目銀座「中村トーイズ」の夢のある温かさ、
ラッパ屋「村田さん」のしみじみと広がる温かさが、
とても、とても心地良かったです!!
当然のことながら客席も思い入れのある方が多く、
みなさんとてもいい顔で劇場を後にしていたようです。

今までお世話さまでした。
シアタートップス、どうもありがとう!
王子シアタートップスが本当にできたらいいのにね。

0

2009/3/17

シルヴィ・ギエム『ボレロ』他、20日金曜日!  

ついにこの日が来ます。

クリックすると元のサイズで表示します




















東京バレエ団<ベジャール・ガラ> 
NHK「芸術劇場」で放映【詳細決定】


僕はバレエが全くわかりません。
相変わらず観る力がないもので、
眠気に襲われることも少なくありません。
モーリス・ベジャール氏の遺したものが
いかに大きいか、いまだに実感できずにいます。

でも、『ボレロ』だけは大好きです。
今までに観たのはシルヴィ・ギエムだけなんですが、
2003年、2005年と今年の2月8日、
3回観る幸運に恵まれました。
そして、その度に訳もわからず圧倒されながら、
踊りは儀式から生まれたのだなあ……と、
柄にもなく思ってしまいます。

前の2回は上野の東京文化会館。
2階席からのギエムは人差し指くらいの大きさ。
今回は五反田のゆうぽうとホール。
2階席ですが、ぐんと近く感じられました。
曲の冒頭が忘れられません。
静かに上がる左手を捉えるスポットライトが円台に落ち、
白と赤の円がぼうっと浮かび上がるようでした。

それからはもう、ただひたすら涙・涙。
徐々に強く大きくなる渦に飲み込まれるように、
ただただ圧倒されるばかり。
しかも、2度観ているので
さすがに最後の瞬間が近付くのがわかります。
「シルヴィ・ギエム・オン・ステージ2005
シルヴィ・ギエム最後のボレロ」と銘打たれた前回公演。
今回は、ベジャール氏追悼のため、 
特別にその「封印」を解いたのだといいます。

今度こそ、本当の、最後。

「メロディ」が「リズム」に飲み込まれゆくのを観ながら、
連れ合いにすがってしまいました。
打たれてしばらく何も考えられません。

カーテンコール。
ブラボー!ブラボー!ブラボー!
皆、別れを惜しむかのように。
もちろん寂しいのですが、
それ以上に、打たれた気持ちの方が大きいことでしょう。
すばらしいものに出逢えた。ありがとうと。

そのギエムの『ボレロ』、
映像化されるのは最初で最後となるでしょう。
ぜひ、19日金曜日の「芸術劇場」をご覧ください。
たったひとつ残念なのは、
放映分は我々が観た次の日の公演ということだけ……。

0

2009/3/15

先生のライブ 久しぶり  

歌の先生はアカペラ・ユニットのメンバー。
久しぶりに中目黒「楽屋」でコンサートがありました。
新クラスメートTUさんを加え、
OさんTさんとクラス総出でテーブル席へ。
今日は少なめですが、ちらほらと生徒の顔が。

昭和歌謡にJ-POP、ゴスペル、ジャズに至るまで、
何でも楽しく切なくかっこ良くアカペラナイズ!
アルバム「Treasure」の曲を中心に、
「ムーンダンス」(ヴァン・モリソンという人らしい)、
「氷の世界」(井上陽水)、
「セイリング」(ロッド・スチュワート)、
「蘇州夜曲」(いろんな人が歌っているらしい。
ASKAのソロで知った)と、新レパートリーがわんさか。

いやー。やっぱり楽しいです。気持ちいいです。
4人の個性が揃い、ぶつかり合って生まれるハーモニー。
声のシャワーに打たれる心地良さ、たまりません。
失礼を承知で書きますが、
ライブを重ねる度に実力が増しています。
4人ともヴォーカルの講師で、
中には200人からのクワイアを束ねる方もいます。
ですが、どんどん歌の魅力が増しているような……。
リーダー・チザさんは「氷の世界」で見せた凄みが、
人を惹き付けるハイトーン・カヲリさんは
爆発的なフェイクが、前回よりも弾けていました。
「バブル担当」ユリカさんの独壇場は
「Don't Take Off My Rouge」。
ステージそばの男性客ににじり寄る様を見て
観客は喜ぶわメンバーは笑いを噛み殺すわ。
僕たちの先生も、他の曲でユリカさんに釣られるように
にじり寄り始めた……と思ったら、途中で
「すみません!」とおよび腰になってしまいました。
先生らしくてかわいいです。本人は気に病んでいましたが。
やっぱり先生は「ちきちーちきちーどぅんどぅんぱやっぱー」
でおなじみ「Dance With Me」が圧倒的なかっこ良さ。
TさんOさん大喜び!
あまりに嬉しくて楽しくて、ばか騒ぎ一歩手前でした。
反省。いいお客さんではあると思うんですが……。
続きを読む
0

2009/3/13

お手伝いのために  

半年ほど前、
ギターのO先生の発表会で2曲お手伝いしました。
そして今回も依頼がいただけました。嬉しい!
しかし、7曲も??
その後3曲減り(本人およびクラスメートが歌う)、
1曲増え、都合5曲に決定。
調整していただけたようで、
出番は3日間のうちの1日だけです。

当日のリハのみだけでは不安なので、
前回に引き続き、池袋校のレッスンに乱入しました。
キンチョーの面持ちでロビーに陣取り、
O先生と一緒に教室に入って、
「こんにちはー。初めまし……」あれ? Kさんだ。
前回Ozzy Osbourneの「Bark At The Moon」で
ご一緒させてもらった方でした。
すんごいかっちょ良くゴリバリ弾きこなすので
歌う方も気合が入ったのを覚えています。

何ですか? ……ご指名?? 木に登りますよ!!

今回の曲も、エフェクターを駆使して
メロディアスなソロを決めていました。
うまいなあ。やっぱりこちらも気合が入りますよ。
するとベースを弾くO先生も乗ってきたりして。

力を込めつつ、足を引っ張らないように。
お手伝いできる機会は本当に嬉しいものです。
でもその他4曲が……ズダボロなんですが……。

2回歌った後は、東京に舞い戻って自分のレッスンに。
ひー。暑い。もうすぐ春ですね。
0

2009/3/10

ひとり会社で歌う男  

急な仕事が飛び込み、ひとり会社に残っております。
「ヤッターマン」を観に行こうと思ってたのに。
109シネマズのサービスデーを使って。
つまり、
「1,300円は払いたくないけど1,000円なら」
という煮え切らなさの表れです。

ギターの先生のお手伝いで
馴染みのない曲を歌うことに。
ひとり会社で練習します。ボエ〜。
先生が送り忘れた歌詞は自分で調達して、
作った歌詞カードを持ち歩いています。
原曲に加えて、
カラオケボックスで録音した
カラオケバージョンも持ち歩いています。

……何か間違えているような気が。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ