「GIRLFRIEND% JAPAN TOUR 2018 -CHOCOLATE」@心斎橋 Music Club JANUS  

連日ですが。。。

今日は、ボクらのGIRLFRIEND「GIRLFRIEND% JAPAN TOUR 2018 -CHOCOLATE」@心斎橋 Music Club JANUSに行って来ました★

もう、
めっちゃ楽しかったーっ♪ p(>O<)q


タイバンで、気になったバンドさんは
名古屋のBabySitterさん。
ここ良かったなあー。
https://twitter.com/babysitter_1018

佐賀の「がんばれVictory」みたいな感じで、ポップなんだけどヘヴィなサウンドで、ルックスも素敵!
ファンが多かったのも納得です。

今回は4バンドタイバンなので、トリがボクらのGIRLFRIEND

いやぁー。
もうサイコーでした。

やっぱりガルフレ好きだなー。
ポップなロックバンドではなく、意外とヘヴィってのが心地良い。
リズム隊のしっかりしたBeat感と、SAKIKAの巧いボーカル(全員歌えるのも強い)そして、最近メキメキ力を見せ始めたNAGISAのリフ!
※参入当時はどうなるかと思っていたのはナイショです。

見た目のキュートさと真逆なヘヴィサウンド。
あの「寝乱れたような」タテノリのエクスタシー。

「マーメイド」も良かった!
※これ、アルバムで改めて聴いて、いい曲だなーと思っていたので、嬉しいですねー。

今日のセトリでは、「JUMP」は中盤。
ありがたい(笑)
JUMPが後半にあるのは体力的にキビしいので普通はポイントが1.1倍になります(笑)<フィギュアのルール、ね。(^_^;)

「ガールズトーク」の「♪まだまだ続くよガールズ」「トークっ!」のコール&レスポンスも久しぶりにありましたが(笑)、ああいう「ガル中」(=客席)を巻き込んだ感も楽しいね♪

今回は、EN曲が「一直線」!

これ、やっぱり盛り上がるわ。
客席全員が「♪一直線上に〜」で天空を指さすところとか、すごく好き!
歌の内容も、このコたちそのものだし、「ガル中」も一体になってる……「♪心は、ひとつだから!」の一体感、WoW〜の客席の雄たけび……



いや、神戸での「ヨンソク」もすごく良かったんだけど、これもまた格別ですねー。


物販ではみんなどう買うのか?「今日は」何を買うのか?散々悩んでて(笑)

でも今日はMIREIが物販担当だし、顔見せたいし。(笑)

並びながら、メンバーご家族会と挨拶したり談笑したり。
これもまた、ガルフレの現場(=スクールヲタ現場の延長)ぽくて和やかですねー♪

あー、MCでSAKIKAが「後ろの方に大阪のオバちゃんが集まってて大阪のオバちゃんらしさを醸し出してる!」とか(笑)
……いや、キミらのご家族に対して、それは……(^_^;)
※大阪ではやはり「聞いてほしいこと」(=アルバム収録曲)やるべきだったのでは??(^_^;) あれ、アルルバム再生してて泣きましたよ。。。。

んで、自分は結局予定通り(?)今日はツアーTシャツとCD通常版を。
MIREIからランダムチェキを引くと、見事にMIREIのが当たり!
Year〜! (^O^)

ガル中仲間は、何度も並んで(笑)MIREIに挨拶しつつ「缶バッチ」を集めたりしてましたが、さすがにダブリが多くて、すぐにガル中仲間同志でトレード大会になってました。

うん。それが正しいと思う。

終わりかけに、ご家族会とガル中が挨拶を交わしてたんですが、若いガル中が「誰ですか?」とか言うんで「あー、そっか。キミらは知らんのか?ママさんたちだよ、メンバーの」「えーっ!」
……いや、だから古手のガル中はデビューよりずっと前(レッスン生時代)から知ってるから、メンバーのご家族とも仲良いんだよ、ってば。(^_^;)

さて、ガルフレ次は京都!
てか、ガルフレ・リトグリ兼ヲタ仲間は「また明日!……明後日も!(^_^;)」と言って別れました。

明日はツイン21に何時から並べばいいんだか。。。(^_^;)
0

『GIRLFRIEND% JAPAN TOUR 2018 〜CHOCOLATE〜』@神戸VARIT.  

はい★
今日はボクらのGIRLFRIENDの『GIRLFRIEND% JAPAN TOUR 2018 〜CHOCOLATE〜』(神戸公演@神戸VARIT.)に行って来ました★

めっちゃ楽しかった〜っ!♪ 
ガルフレさいこーっ!(^O^)/


ガルフレの現場は、結構久しぶり。
ミナホ以来かな?
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1628.html

ゆっくり目に現場に入ったら(てか結構ギリギリでした)、一番後ろの壇になってるとこが空いてたのでずっとそこで観てました。
案外見易かったし、後ろを気にしないで動いたりハンズアップしたり出来たので楽しかったです。

タイバン形式なので、他のバンドさんたちからまず登場。

・フラスコテーション
https://twitter.com/frascotation_
かわいいっすね。
サウンドもしっかりしてました。

・ガールズロックバンド革命
http://girlsrockbandkakumei.com/
多分二回目。
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1578.html
メンバー減ったのかな?
でも、サウンドはやはり良い!
リズム隊のヘヴィさが、とても良い!
ここのサウンドは好きですねー。

そしてトリがボクらのGIRLFRIEND

今回は3バンドなので、40分枠ということで曲数も多くて楽しかった★

新アルバム曲も良かった!!>o<



他のバンドに比べても演奏スタイルが更にアグレッシブになってて良いね★
ルックスが可愛いJKっぽいので、ナメとったらイタイ目に遭うでぇ!

演奏始めたら、アグレッシブで、攻めてくる!
その見た目とのギャップが、ガルフレらしい!
※「GIRLFRIEND」という名の通り、実は自分だけが知ってる夜の顔・夜の姿がある…っていうヤバそうな感じ。

長い髪を振り乱してタテノリでの演奏に、オーディエンス(「ガル中」ね。「ガルフレ中毒患者」「ガルフレ・ジャンキー」のこと)が拳を振り上げて応えるのが、もう……なんちゅうか……エクスタシーです。

巧くLIVEノリのいい曲を選曲してたんで、すごく楽しめましたね♪

特に、EN後の「JUMP」が客席飛びまくりで体力使い果たしました(笑)
あんな曲あったんやー(今回のアルバム収録曲です)

終ってから物販ブースに咲花ちゃんがいたので、「アルバムまだ聴いてないねん、帰って聴くわ」と言うと「以前の曲も全部アレンジ変えてあるんで是非聴いて下さい★」とのこと。

んで、CD買ったらランダムチェキくれました。
美奈ちゃんのサイン入りでした★
嬉しい(#^.^#)

ガオラー&ガル中兼ヲタの顔ぶれと話していたんですが、今週はガルフレとリトグリが両方あってしんどいって話。(笑)
財布と相談。。。
あ、リトグリ@横浜アリーナは良かったよ!って話を。
城ホール蹴って東京のガルフレワンマン行くか?迷ってる……とか。

うーん、それは各自の判断で決めてくれ。

……ガオラーさんで、城ホールのチケット取れなかったけど、どうしても行きたいって人は、自分に連絡ください。(こそっ)

さてヲタにもメンバーにも「また明後日ね!」と言って別れました。

明後日はガルフレ大阪公演です!(^▽^)/

PS.
「10代ガールズバンドGIRLFRIEND、独占取材。甘く魅惑的な1stアルバム『CHOCOLATE』ができるまで」by mu-mo
https://station.mu-mo.net/articles/6AAD6

確かに本人たちが言ってたように旧曲もアレンジ微妙に変えてきてる。
旧曲部分を普通に聴いてたら「あれ?こんな凝ったアレンジやったっけ?」と思ったら、新曲の一部以外のほとんどをアレンジやり直して、録り直ししたらしい。

旧音源は、随分荒削りだったんで、かなりスタイリッシュになってるし、分厚く丁寧になってる感じ。

でも、何よりアルバムに付いてたDVDがLIVE映像が入ってて、それがすごく良かった★
てか、客席にお馴染みの顔ぶれがずらっと並んでるのが笑える(笑)
あ、ボクはあんまり写ってません。
……多分WOWOW放送のリトグリ横アリ公演映像には、かなり映り込んでると思われ。。。(^_^;)
0

『きままばこ。一箱目』@南堀江knave  

昨夜は『きままばこ。一箱目』@南堀江knaveに行って来ました★

お友達の「長月翼」ちゃんが自主企画したイベントLIVE。
昨年からのお約束だったんでー。
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1640.html
※出演:きままごと/アゴノス/ひらがなみゅ〜ず!/みるくれーぷ☆/劇団・戦う女子

入場して翼とDAICHIに挨拶。
「ずっと風邪ひいてたから、病み上がりでねー」なんて話を。

いつもより賑やか&華やかなknave。
盛況で目出度い限り。

ビール飲みながら、端の席に。
※実は最近リトグリLIVEでいつもこの辺りなんだけど、ステージのみならず会場全体の様子を楽しめる席なので、意外と端っこが気に入ってます。

そして開演。
まずは「劇団・戦う女子」



かっこいい殺陣!

MCがフレンドリーなのが彼女たちらしいね。
メインボーカルは翼本人。
マイクスタンド高い!っていう小ネタとか(笑)

バレンタインバージョンということで、魔法のバトン?での殺陣とか(笑)珍しい曲やったり。
レアでしたねー。

コタにチョコレートもらった★


続けては「みるくれーぷ☆」。

2年ぶりだとか。
随分久しぶりに聴いた。
けど、やっぱり巧い!シビレる!><

自分は基本的に、歌の巧いコかダンスの巧いコが好きなんでー★

まりりんさすがや。
てか、どんどん歌い方が西川アニキになってるぞ(笑)


続いては「ひらがなみゅ〜ず!」。

観ての通り、その名の通り「ラブライブ」のカバーユニット。
いつもは7人で活動している。
※前に観た時は、もっと大勢だったもんなー。

今回は3人の「足軽鉄砲隊」で(謎)、客席の応援者ともども、盛り上げてくれて楽しいLIVEでした♪

もうすぐ結成6年だそで、そっかー、そんなになるのかー。
楽しいと月日が経つのは早いからなぁー。


その次は「アゴノス」さん。
今回の出演者唯一のロックバンド。

出だしからコミックバンドなのかと思っていたら(笑)、すごくいいサウンドでした。
「自爆」とか、すごく良かった★

写真では幸いにも判りづらいですが(笑)左端のベースの方がJKの扮装してます。




そしてラストが翼&DAICHIの「きままごと」。

オリジナル3曲を含めての披露。
なんか珍しく翼も、出てくるなりいっぱいいっぱいだったみたいで、最後は感極まって泣きながらの歌唱でした。

迫ってくるものはすごくあって、感動した。

やっぱり歌巧いコは、いいね★

「きままごと」次は3/25と4/2らしい。
3/25は、残念ながら行けないので買わなかったけど、4/2は「行くでー」と翼に言っておいた。
「その日は自分の誕生日前日や!」とゆうておいた(笑)

今日のイベントは、翼が個人的に集めた(プロデュースした)顔ぶれだったので、あのコらしさが出たイベントだった。
集まった人たちに、本人の人柄が反映されるもんねー。

顔なじみも多くて、全体にすごく楽しめた♪

もちろん、コスプレ中心ではあるけど、殺陣中心(「戦う女子」ね。ヴォーカルは翼本人)コピー(ラブライブのコピーユニット)歌ウマ(まりりんたち)と個性的だったし、唯一のバンドもすごくしっかりしたサウンドを聴かせるバンドで聴き応えありました♪

こういう顔ぶれだと気兼ねなく楽しめるし、またやってくれないかな。



もらったチョコレート。
あけてみたら、メッセージカードが入ってました★
なんか温かい気持ちになれるね。

……こういうの、自分のような「独居老人」には嬉しい限りです。(^_^;)
0

横浜紀行〜ホンモノはすごい!〜  

リトグリ@横アリ(二日目)に関しては、下の(初日)に追加する形で後日書きます。
※ネタばれにもなるので。

二日目(2/4)の朝、物販はもういいので開演までフリータイム。

まず宿であるカプセルホテルを出て(実は今回、往復夜行バス+カプセルホテル2泊。カプセルにしたのは、普通のホテルの風呂より大浴場に入りたかったのと、昨年の武道館の時みたいに飲み会になっちゃったらホテルは寝に帰るだけになって勿体無いから)、まず横浜駅へ。

横浜高島屋でのバレンタインフェア「アムール・デュ・ショコラ」を視察。
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1647.html
※難波店の様子

こっちは少し規模が小さいかな。
玄関のディスプレイも無かったし。
寄せ書きだけ書いてきました。

まだまだ時間があるので、山下公園へ行こうと関内へ。
あとで気が付いたら新しい地下鉄「みなとみらい線」なら近くまで行けたんですね。
つい今までの感覚で関内で降りてしまった。

すごく良い天気で、観光日和!
ちなみに今回のカメラはコンパクトデジカメ。
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1293.html

途中、開港記念館とか横浜税関とかクラシックな建物を眺めながら。
上海とかも、こんな感じですね。今は違うのかな。







山下公園。
前にも何度か行きましたが、前は土砂降りの雨だったんでリベンジ出来ました★
赤い靴はいた女の子像。





この氷川丸……実は一時期この船内に「沖縄アクターズスクール横浜校」があったんです。
もう、ほぼ誰も知らないだろうなあー。
船底部分(貨物室?)にレッスンルームがあり、床が少し斜めになってるという……(^_^;)
住所が「横浜市中区山下町山下公園地先海上氷川丸内」っていう。
http://www.geocities.co.jp/MusicHall/7059/news12.htm



マリンタワーとホテルニューグランド。

ニューグランドって、石原裕次郎の「赤いハンカチ」に出てきたなあー。
あの映画大好きなんですよねー。
https://youtu.be/x7M22B8xSj8

あ、先に見直しておけば良かったー。
聖地巡礼出来たのに。




「みなとみらい線」山下公園駅へ行くついでに中華街へ。



観光客いっぱいです。
横浜中華街は日本人客がいっぱいで、大阪ミナミの街は中国人客ばっかりですね、今は(笑)
※翌日ミナミで食事してたら、自分以外の客が全員中国人だった(笑)

今頃、日本人しかいない日本の観光地って珍しいなあ。。。(^_^;)

さっき食事したところだったんで食べることもせず、ウロウロと。

そういや中華街入り口のマンションに昔友達が住んでたなあー。
今はどうしてるんだろ?




関帝廟にお参りしたくらいで時間になったので、横浜観光は一旦終了。
地下鉄で新横浜へ向かうことに。
ここから、どのルートがいいか?訊こうとしたら「きくな」とのこと。
……いや「菊名」で乗り換えるのが便利とか。
※でも後で考えたら横浜駅で「ブルーライン線」に乗り換えた方が良かったんじゃ?とか。単に「みなとみらい線」が東急東横線と相互乗り入れしてるので市営地下鉄に客取られたくないから、かな?(^_^;)


ということで新横浜へ。

……

翌日(2/5)。
リトグリ@横アリを終えた後、ワザと余裕を観て仕事の休みを取り、月曜の夜行バスで帰ることにしました。

慌てて帰ることもないし、別に誰かが心配だったり待ってるするワケでもないので。
ふらっと一人身の気楽旅。

公演二日目の余韻に浸りつつ、宿を出て一旦荷物を横浜駅高速バスターミナルのコインロッカーへ。

夜行バス出発は23時半なので、時間はたっぷり。

今回の、余裕のある日程なんで、真っ先に行こうと決めていた場所へ。
まず桜木町へ。

ここ、みなとみらい地区って仕事(国際展示場)でも何度も(何日も)来てるし、プライベートでも何度か来たことがあるので、一番落ち着く。
多分、これまでの滞在日数合計したら半月を超えるくらい。

でもいつも行きたいと思っていながら休館日などのタイミングで来れなかった場所。
「三菱みなとみらい技術館」。
http://www.mhi.co.jp/museum/

「下町ロケット」に出てくる「帝国重工」のモデルになった「三菱重工」の企業博物館。

エントランスではMRJとH2Aロケットがお出迎え。




順路が良く判らないけど、とりあえずドキドキしながら「交通・輸送ゾーン」を軽く観て「海洋ゾーン」へ。

世界の歴代深海調査艇の模型がずらり。
※細かい作りだけど「誰が」作ったのかな?ここのって。さえさん?メラさん?海洋堂??



映画「タイタニック」の冒頭に出てくる「ミール1・2号」も並んでます。
「バチスカーフ」やらと並んで「ノーチラス号」まであるのがいいですねー。
判ってらっしゃる!

そして!正面にどーんと「しんかい6500」実物大モックアップ!



おおおーっ!
世界最高水準の有人深海調査船。
※最近、最高は中国製「蛟竜号」に抜かれた。

光届かぬフロンティアを探る、人類の最先端。
http://www.jamstec.go.jp/shinkai6500/



同・マニピュレータ(がっしりしてました)やらフィンやらスラスターなどを間近に観られます。
……これが、人類の「知の指先」。

同・コックピット。
耐圧殻は直径2m。ここに3名搭乗できる。
ソユーズのサービス部分(前の丸いところ)と同じくらいかな?

製造工程のビデオ観てると、まずこの耐圧殻を据えて、そこに周りをくっつけていくのが面白かった。

2012年3月、「しんかい6500」は改装し、船尾の主推進器を、旋回式大型1台から固定式中型2台に変更し、また水平スラスタを後部に1台増設して回頭性能を向上させたらしい。
なるほどバージョンアップしてるんだな。

深海1800m位から採集したタラバガニの標本もある。
えらいところにこんなのが棲んでるだなあー。

深海の生態系には、光合成に頼らない……つまり、太陽の光を必要としない閉じた生態系がある。
海底の地下から噴出する熱水をエネルギー源にしている生態系ですが、まだまだ未知の領域であり、こうした深海調査艇による研究が進んでいる。
もちろん、まだ教科書にも載ってない(そこまで研究が進んでない)。
人類の「知のフロンティア」。

まだまだ人類の判らないことがいっぱいあるもんだ。

※そういや昔、お仕事で、JAMSTECさんとお話して「しんかい6500」のモックアップを借りられないか?相談したことがあったなあー。電話掛けたら、なぜか当時の艇長さんが直接出てきた。(笑)

このゾーンに展示してあった地球深部探査船「ちきゅう」って、地味だけどすごいんですねー。
http://www.jamstec.go.jp/chikyu/j/
世界初のライザー式科学掘削船だそうで、なんと地球のマントルまで掘って直接観測できるんだそうです。
……だ、大丈夫なのか?(^_^;) とか思ってしまう。
なんか、地球にハリ治療してるみたいですねー。

興奮冷めやらぬまま、続いて「宇宙ゾーン」に。
正面にはISSにあるEVA用船外活動服。
……確かもうすぐ金井飛行士が船外活動するらしいですねー。
http://iss.jaxa.jp/iss/jaxa_exp/kanai/news/180129_eva.html

船外活動服って、確かもう耐用限界が来ているんだけど、職人さんが引退しちゃっててNASAでは作れないとかいうニュースを聞きましたが。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201706/CK2017060602000262.html
※確か、あれ縫ってたのは、年配のオバちゃんたち縫製職人だったはず。

国際宇宙ステーション「きぼう」棟、実物大モックアップ。
こんな広さなんだなー。
なんか、何もないとガランとしてるなあー。




三菱重工が担当してるのが、手前にあった「きぼう」搭載の実験装置「クリーンベンチ」(実物)。
生化学実験用の研究所によくあるやつですね。



宇宙ステーション「きぼう」棟の外壁の実物も展示してました。
意外と薄くて軽いです。(叩いてみました)
「与圧壁は重量を極力軽くし、かつ強度を持たせるためアイソグリッドといって格子状に削りだしており、一番薄いところで4.8mmです」だそうだ。

H2ロケットの模型などの並んでいる前に、どーんと大迫力で展示されてるのが、H2ロケットのメインエンジン「LE-7」。
同・改修型「LE-7A」。
いずれも噴射試験に使用された実物。
国産初の第一段用液酸液水ロケットエンジン。
当時世界最先端の二段燃焼サイクルエンジン。



「バルブシステムを制する者がロケットエンジンを制する!」ですね。<「下町ロケット」

説明読んでたら、CVCC+ターボエンジンみたいな感じですね。
目の前で見比べてみると、改修型ってのが、素人目に判るほどシンプルになってる。
ごちゃごちゃした配管が明らかに減っていて、故障率が下がって信頼性が向上し、コストダウンされてるのが判る。
恐らく試行錯誤してここに辿りついた技術者の結論なんだろう。

※実際のLE-7開発の話を読むと「職人の手作業で羽根車を研磨して重心を適正化することで解決した」とか「職人の手作業で鏡を使って部品の内側の溶接部分まで徹底的に研磨して平滑にすることで解決した」とか……大丈夫なのか?これ、と思ってしまう。その熟練した職人さんらが引退したら終わりやん。

H2-8号機爆発事故の時、バラバラになって真っ暗な太平洋の真ん中にポツンと沈んでいたあのターボポンプの破片を、JAMSTECが深海3,000mから引き上げた、ということか。
※「プロジェクトX」でやってたなー。
http://www.papy.co.jp/act/books/1-15185/

通路にあった人類の宇宙への挑戦を描いた壁画。

ほぼ「王立宇宙軍」(笑)
https://youtu.be/7driWPmN3bc

色んな青春、多くの人の情熱があそこへ辿り着いたんだな。

有人深海調査船、ロケットや宇宙ステーションは単にハードウェアかも知れないけれど、そこに至るまでの人間のドラマが、血と汗と涙が垣間見える。

「陸王」だってそうでしょ?
単に陸上選手の履いてるランニングシューズなんだけど、社運を賭けた人々の戦いがあったストーリー。

などと想いを馳せながら次の「航空ゾーン」に。

来た!
目の前には実物大のMRJが!
「MRJ」
そう、国産初のジェット旅客機。



すげーな、と思うのと同時にその流麗な曲線美に心を奪われる。

まずこのノーズ部分。
この鼻っちょの形状が、何とも言えない絶妙なラインなんですな。
新幹線のダブルカスプ型とか近鉄アーバンライナーとかとも違う。



そして極めつけが、このエンジンナセル後方の流体力学デザイン。

こんなライン、どうやって描くんだ?
なんでこんな形に落ち着いたんだ?っていうラインなんだけど、その流麗さはずっと鑑賞していても見飽きない。

F1なんかも、実物見るとものすごいエアロダイナミックな形してるけど、近くで観たら細かい整流板みたいなのがいっぱいくっついていて全然美しくない。
http://bbkansai.littlestar.jp/200611atc/f1.jpg
ルマンで戦ったトヨタTS-020も実物見ると、マシン後方の乱流を防ぐためにものすごく美しい形をしているけど、まだ迷いがある感じ。
http://f-hakase.cool.coocan.jp/speed/24h/020-4.jpg

このMRJのラインは迷いがない。

絶対音感を持つ超実力派ヴォーカリストグループが、音合わせもカウントもナシでいきなりアカペラで一発でハモれるように。
絶妙な音階変化や強弱を、見事にやってのけるように。

ラインに迷いが無い。
ホンモノは凄い。

まるで、居合抜きの達人が、一発で切り取ったみたいな美しさに溢れている!
超一流の大工の鉋がけが、一発でミクロン単位の正確さでやってのけるように。

試行錯誤を経て出た最終結論!という感じ。

三菱技術館の方と少しお話した。
MRJのエンジンナセルが美しい!と言ったら、もとはそうでもなかったけど、スーパーコンピュータのシミュレーションやら風洞実験を重ねて設計変更して性能を高めていくうちに、ああいうエレガントなラインになったらしい。
何年もかかっての夢と努力の結晶。

…まさしく「美は高性能に宿る」

実はこれって、有機的でもある。
動物が何百万年かかって進化の末に手にした機能的な美しさと通じる。

「サンダーバード」(特に2号)のデザインラインがあまりにも絶妙で、模型によって全然違ったりするけど、あれは航空機に精通していたスタッフが直感的に作った動物的で有機的デザイン。
最新鋭の科学技術が作り出した曲線は、まさにこれに近づいている!っていうのが面白いですねー。

MRJの翼の下で、そのエンジンナセルの美しさに見惚れていたら、以前なんかこんな感じがあったなーと思った。
あ、ルーブル美術館で観た「サモトラケのニケ」だ。
あの翼の、圧倒的な存在感と優美さだ。
http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/04/Louvre_05_nike-534x347.jpg

……この翼に乗って旅することはあるのかなあー。
座席に座ってみたら、薄くて軽い座席だけど、夜行バスよりも快適だなー(笑)



ここまででお腹いっぱいだーと思ったら、まだ2階があるらしい。
観てみたら、2階は発電所の原理とか、子供たちにも判るように解説していた。

小学生が社会見学でたくさん来てたけど、なんだか騒いでるだけで展示内容はあんまり理解してないみたい。
勿体ないなー。
おっちゃんが、全部説明しながら回ったるでー。
こんな面白いもの展示してるのに。

まぁ「火力発電」でガスタービンのブレードとか展示してても、子供には凄さは伝わらないよなぁー。
これがまた絶妙なアールを描いてるのが。。。
こそっと「国家プロジェクト用」と書いてるのがシビれますね。



ここで面白かったのは、「風力発電」の風車の実物断面とか、僅かな風で回る風車とか。
実際の風速を体験できるんだけど、ドライヤーの弱くらいの風であの巨大な風車は回るらしい。
こういうのを実感できるのは面白い。
※台風の持つ莫大なエネルギーって、全部発電に使えないのかな?

「原子力発電」の安全策の話も展示してあったけど……んー、ECCSとかイソコンとか物理的に作動するはずのものが作動しなかったからフクイチは重大事故になったんでー。
もう少し、鉄道工学並みのフェイルセーフ思想を取り入れないと、原発はダメだと思うぞ。

例えば、電源喪失していて炉内が高圧になってきたら、その高熱の水蒸気でタービンを回して電源を確保して冷却水流を復帰させるとかできないんだろうか?(素人考えだけど)
LE-7とかのロケットエンジンは、燃料である低温の液体水素をノズルスカートに巡回させることによってノズルスカートを冷却し、高温になった液体水素を燃焼室に送って点火されやすくしている。同じようにある程度高温になったものからは、冷却すると同時にエネルギーが取り出せるはずなんで、それを逆に利用できないんだろうか?

※余談だけど、加圧水型原子炉を解説している模型で、ボタンを押したらその場所の説明が流れるんだが……「制御棒」のボタン押しても作動しなかった!うわっ!制御出来ないっ!(^o^;)

もうお腹いっぱい状態で出てくるとミュージアムショップが待ち構えています。
うわー、散財するぅ〜。><
いかん「買わないで後悔するより、買って後悔せよ」とか。。

……散財しました。
往復交通費並みに。。。

……で、「三菱みなとみらい技術館」を後にしました。

いやぁ〜。

かつての大阪万博の「三菱未来館」には21世紀の未来技術の夢が詰まっていた。
円谷特撮で、21世紀の未来技術を表現していた。
それを観て、子供だったボクらはワクワクした。
http://www.expo70-park.jp/cause/expo/mitsubishi/

今、「三菱みなとみらい技術館」には、深海探査船、宇宙ステーション、H2ロケットエンジン、MRJ……全てホンモノが展示してあった。。。。。

いやっほう!ボクたちは21世紀に来たんだ!
実現したんだ!
数多くの夢と努力と汗と涙と挫折と……想像もできないその果てに、ついに日本人はホンモノを手にしたんだ!

Dreams Come True!!

大阪万博ではアメリカ館(月着陸船、月の石)やソ連館(ソユーズ宇宙船、宇宙ステーション)はホンモノが展示してたけど、日本館はリニアモーターカーの「模型」が、三菱未来館には特撮で未来を展示してた。
ようやくボクらはホンモノに触れることが出来るようになったんだ。。。

ホンモノは凄い!

館内スタッフの方のお話では、近々また改装工事をする予定で展示内容が変わるそうだ。
「今度はVRとかの展示が増えますよ」とのこと。
んんー。
確かにVRとかの方が子供たちも楽しめそうだしいいのかも知れないけど、ボクらくらいになってくると、まやかし・仮想的なモノよりもホンモノを求めてしまう。
今や、CGだのシミュレーションだのVRだので、何でもかんでも「それっぽい」「ホンモノっぽい」ものが体験できるようになってるけど、ホンモノそのものズバリに勝るものは、無い。

断言できる。
やっぱり、ホンモノこそ凄いのだ。


実は前日のリトグリコンサートでも感じたんだ。
これまで、キャンディーズやらがモータウンサウンドのコピーしたりしてた。
確かにそれなりに巧かったけど、所詮「歌のうまいアイドル」だった。
横浜アリーナでキャロルキングを歌っているリトグリを聴いていて、あ、とうとう日本でもホンモノが聴けるようになった、と思った。

世界に通用する、世界と対等に戦えるアーチストが出てきた、と思った。

過剰な演出なんて一切なく、生バンドと掛け合っての生歌コーラスだけで2時間のコンサートをじっくり聴かせる……ほんま凄いアーチストです。

ホンモノだ。

ホンモノはすごい。


さて、そこからMM方向へ。



いつも思うけど、このMM、巨大な商業施設がいくつも連なってるけど、そのどれもがお互いに繋がってる。
地下鉄の駅まで有機的に繋がっていて、大変便利だ。

ここら辺が東京より大阪に近い。

MM21に隣接する「日本丸」。
このドッグが三菱重工造船所の跡らしい。





超高層ビルと帆船という取り合わせが面白い。
絵になる街ですねー。

「MMさんよぅ、確かに高いな!……だが日本じゃあ二番だ!」
「何だと?じゃ日本一は誰だ?」
ひゅ〜、ちっちっち…じゃーん!>http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1636.html


コスモクロックのあるコスモワールド(遊園地)は冬期休業中でした。
……モスラはいません。



ちょうど日が暮れてきたので、きれいな夕陽を観ることが出来ました。



前に来た時は暴風の為行けなかった「赤レンガ倉庫」の方にも行ってみることに。
ともかく寒かったので、橋渡ったところの建物に避難。
「ワールドポ−ターズ」って何だ?と思ったら普通にイオンモールでした(笑)

しばらく体を温めてから、表に。
向かいの建物は、「カップヌードルミュージアム」。
って、池田にあるやつと同じかー。

AudiやらJICAやらの建物があって、「横浜赤レンガ倉庫」へ。
キレイな建物ですね。
夕闇迫る中、オートで撮ったらちゃんと撮れないので色々工夫して。



中へ入ってみたら……これも商業施設なんですねー(^_^;)結局。

みなとみらい地区ってMM21、クイーンズスクエア、マークイズ、イオンモール、そして赤レンガと商業施設が集中してますねー。
過当競争にならないのかな?
商業施設担当者としては気になる(職業病)

赤レンガ広場から観た横浜の夜景。
これは最高でしたね。
寒かったけど、何時間いてもいいくらい。
色々露光を変えて撮ってみます。

無秩序に開発された東京と違って、非常に整然と、しかも計画的なランドスケープ。

近い商業施設間の連絡通路(地下道か連絡橋)も有機的に機能しているし、地下鉄もうまく繋がった。
※クィーンズスクエアのB5に地下鉄の駅が出来ていて、そこまで吹き抜けになってるのは驚きました。地上2階から地下5階まで吹き抜けになってます。以前は無かったのに。

都市計画としては、たいへんいいですね。
※地下鉄は、「みなとみらい線」と市営地下鉄が張り合ってるのか?連携が悪い点を除けば、あとはいい街だと思います。
合理的、有機的だから、大阪に近いですね。
センスの良さは神戸に近いし。




と言うわけで、横浜を満喫して帰路に。
帰りの夜行バスは眠剤を飲んでおいたので、席に着くなり10分しないうちに爆睡しましたー。
2

Little Glee Monster Arena Tour 2018 -juice!!!!!-@横浜アリーナ(初日)  



横浜アリーナ初日。
わははは!
一万四千人もお客さんが来ているのに、誰にも顔バレしなかったぞ!(笑)
……つまり、ここに来ている誰一人も、「デビュー前からのヲタ」じゃないんだ!
全部、ご新規さんなんだ。おめでとう。
※これで自分がTOじゃないことも証明された。……セーフっ!

席は3カメさんのすぐ後ろで(笑)WOWOW収録映像では判りやすくていいです。
見えない時はカメラさんのモニター観てました(笑)
明日はアサヒ側アリーナです。
※収録はエキスプレスさん・SONY4K収録でしたね。機材車来てました。
http://www.wowow.co.jp/detail/112436/001


会場裏口。搬入用機材車「リトラック」。
並んでると迫力ありますねー。

館内に展示してた衣装。
この装飾、一人づつ上のコップからジュースが流れ落ちてるのねん。
決してバケツでペンキかぶってるわけではありません。(笑)

あー。。。。

横浜アリーナって、規模的には大阪城ホールとほぼ同じで、同じ首都圏である武道館に比べて、量的には少し大きいだけだしなあー。。。と思ってましたが。

内容的には……質的に全然、またまた進化したものを見せてくれました。

髪切ったMAYUは、いきなりでビックリさせてくれたんだけど(笑)
出オチかっ!(笑)
※「変なこと書かんといて!」って言ってましたけど。……いや、ショートカット可愛いと思いますよ。まぢで。


今回、思ったのは「ああー、このコたち、背中に羽根が生えてるよね」ってこと。
このコたちは、やがて、ある朝、世界に召されて、世界中から欲せられる存在になるんだ。。。

今は、ボクたちの前で、ボクたちを力づけるために歌ってくれているけど、いつしか、世界中の人々の背中を押せる存在になるんだ。。。
……何となく、そう思った。

<以下詳細後日(ネタバレになるので)>
0

難波高島屋バレンタインフェア「アムール・デュ・ショコラ」  

先ほど、難波高島屋で開催中のバレンタインフェア「アムール・デュ・ショコラ」に行ってきました。
http://www.takashimaya.co.jp/store/special/amour/
そーなんですな。
Little Glee Monsterと高島屋がタイアップしてるということですので。。。

いやぁー。。。あのね。。。(^_^;)

行ってみて驚きました。。。
こんな百貨店あげて全面的にリトグリとタイアップしてるとは。。。



もうね、いきなりあの難波高島屋の一階正面エントランスに、これですよ!
リトグリメンバーとチョコが客さんをお出迎え!
待ち合わせ場所にピッタリ!(笑)

※よく、元CxB(つまりはかれんや芹奈の同期)の「西森亜沙紀」ちゃんが路上で歌ってるまん前ですよー。><
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1627.html
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1312.html

巨大なディスプレイとモニター画面。モニターではリトグリの挨拶やら「Gift」のMVやらが流れてます。
写真で見ると判りにくいですが、ともかくデカイです。
メンバーのパネルはアクリ制作なんで、照明が当たってると周りが後光のように光ります。
ありがたやー。

……大阪城を制覇する、というのは、こういうことなんだなーと、この巨大なディスプレイを眺めながら、しばし感慨に耽っておりました……。



チョコレートのインタビューやら、裏面にはLIVE招待プレゼントやら。
https://www.takashimaya.co.jp/store/special/amour/event.html
ええっ!(^_^;) チョコレート一万円以上お買い上げでご応募っ!
…チロルチョコならいくつ買えるんだ?

クリアファイルプレゼントもあるそうな。。。
どんだけチョコ食わなかんねん。。。(^_^;)



んで、柱周りの棚にあるのがこの小冊子。
https://www.takashimaya.co.jp/base/st/store/special/amour/main/2018amour/#1

「お一人様、一冊とさせていただきます」
……(^_^;)
まあ、そーだろな。ガオラーみんな嬉しがって持って帰っちゃうよ、これ。
いや、それくらいこの中身が濃いっ!
チョコは甘いが、本の中身は甘くない!

すごく分厚くて、ほとんどがチョコの本なんだが、リトグリメンバーが色んなチョコを食べながらワチャワチャ言ってる(笑)インタビュー記事が、かなりの分量があって、楽しい。
※内容は無いけど。(^_^;)

チラシの方には、ダウンロードキャンペーン。
http://www.takashimaya.co.jp/storenews/store/special/takaapp/

で、エスカレーターで上がろうとしたら、これですよ!



どんだけーっ><
高島屋ホンキやぁー



もう、ね。
百貨店中に、パネル・ポスター・看板・サイン……と、リトグリだらけ。
いや、なんちゅうか、リトグリであることもそうだけど、百貨店で、これだけバレンタインフェアをキャラクター使って展開してること自体が珍しいんじゃないっすか?(^_^;)
そこにも驚く。



会場。
どーんとあるのが、リトグリ等身大パネルと、モニター。
等身大……ん、少し大きいかな。(^_^;)
実際に会うと、本人たちはもう少し低い感じ。

モニターでは、前回のツアーでの横浜公演LIVE映像が延々と流れてます。
ちょうど、一番好きな「ダイヤモンド」歌ってる時の映像だったんで、しばし鑑賞。
……ってこのDVD、昨夜も観たところだった(笑)
でも観てしまう。。。

ガオラーの小学生くらいの子供と親御さんも隣で一緒に鑑賞してます。
ガオラーの女の子は、もう嬉しくてたまらないようで、等身大パネルをパシャパシャとスマホで撮ってました。

等身大パネルの、かれん側の横にはメッセージボードがあって、メンバーへのメッセージを自由に書き込めるようになってました。
これは期間終了後、メンバーに届けるそうです。

一応、チョコの売り場もちょこちょこと観て回りましたが(オヤジギャグ)……そもそもチョコレートそのものにはほとんど興味無い人種なんで(笑)あまりピンと来ません。(^_^;)

チョコレートくれるような女の子には興味あるけど、チョコレートそのものには興味ありません。(笑)

なので、リトグリとコラボした「リトグリ・オリジナルショコラ」
https://www.takashimaya.co.jp/store/special/amour/collabo.html
も、買わずじまい。。
誰かプレゼントしてください(笑)
「Give me chocolate!」

てな感じでございました。

新宿店では特設カフェまであるそうで
https://www.takashimaya.co.jp/store/special/amour/event.html#cafe
高島屋さん、リトグリに賭けてますなー。

チョコに興味無いガオラーさんでも、チョコ大好きなガオラーさんでも、とりあえず楽しめる展開なので、一度足を運んでみては?

あ、小冊子は一人一冊です、よろしく。
0

キャレスV&Dスクール・ボーカルLIVE「KING OF VOCAL KNIGHT LIVE」Vol.1@京橋Arc  

はい!
今日はキャレスV&DスクールによるボーカルLIVE「KING OF VOCAL KNIGHT LIVE」Vol.1@京橋Arcに行って来ました♪

平日、夕方からの在籍生13人のボーカリストによるLIVEってことでしたが、なんと一人持ち時間10分!

最終に投票&結果発表までやると午後10時を回っておりました(^_^;)。

まあ、歌う方もオーディエンスも、審査する先生方も真剣勝負な一日でしたー。

オーディエンス審査まであったんですが、出演者本人たちが持っているハコに直接投票する……誰が(どのヲタが)誰に投票したかモロバレという恐ろしいシステムで(笑)客席のヲタに動揺が走っておりました(笑)

結果、オーディエンス賞は「山川美優」ちゃんが、そして最終結果(審査員の先生方の票を加算する)と、なんと逆転して「古波蔵晋」クンが優勝(=KINGに決定)という結果になりました。(拍手!)
優勝者には賞金2万円が贈呈されました。
※これ、結構大きいよなぁー(^_^;)

ちなみに
1位は古波蔵晋クン。
2位は瀧本結月ちゃん。(これも審査員票で逆転)
3位は高橋和花奈ちゃん。(同上)
4位は山川美優ちゃん。

終わりには校長先生による詳しい講評もあり、なかなか面白かったですね。

また詳しくは後日に……書ければ書きます。
いや、ムリかな。。。どうかな??

楽しいステージを作ってくれた出演メンバーのみんな、スタッフの皆さん、先生方、生徒たちを支えてくれたご家族の皆さん、お疲れさまでした!
そしてありがとう!

これからが、また楽しみです★

<以下後日追加分>

平日開催と言うことで(レギュラーでハコ借りたら、平日はサービスしてくれるとか)仕事終わりで現場へ。

ヲタの皆さんもいつもと違う様子。

一応事前に、スクールに電話予約してたんですが、取り置き分は後から入場。
※チケット観たら「No.004」だったよー。

客席はパンパン満席。
なんとかイス席はギリギリ確保出来ました。
※これ、電話予約がいいのか?直接がいいのか?はたまたチケットノルマ分がいいのか?悩ましいですなー。
ま、座って観れたらそれでいいやー。

一応メモくらいは取っておこうと、クリップボードを用意。
荷物をワタワタしたり、暑いので上着脱いだりしてるうちに、開演。

MCは3人。
なんでも、出演者の中でMC出来るメンバーを審査したら誰も出来なかったので(笑)3人で仕切ることになったらしい。
うん、でもよくやってたと思いますよ。

A、2-10、J、Qと、そしてジョーカー(つまりはワイルドカード)の中からその回のKINGを選ぶ、というルール。
A、2-10、J、Qはそれぞれ事前にカードを引いてエントリー順を決めたもの。
オーディエンスは一人一票。
審査員は一人持ち点は15票(分割可)。
審査員は、曜子先生・テレ朝ミュージックの方・キャレスボーカルの村上先生。

審査員が先に点数を付けた後、オーディエンスが直接投票して数え、審査委員票を加算して最終集計する。
※ここの集計方法、もう少し判りやすいやり方(見せ方)を再考願います。誰それが現時点で何点?ってのが判りづらかったので。

ということで、各エントリーメンバー持ち時間10分。
エントリースタート!
※敬称略。あくまで「個人的な感想」です。感想には個人差があります!決して「客観的な評価」ではありません。褒められたら喜んでくれてもいいですが、そうでなかったら「コイツは自分の良さが判らないオッサンだ」と思っててください。お願いします。

A.中牧哲平
18歳。
カタいなあー。
まぁあれだけ前説でハードル上げられたら、客席も固くなってるし、仕方ないと思うけど。
トップバッターを引き当てたのも運が悪かった。
いや、アーティストって「運も実力のうち」だからなー。
オリジナル曲は、なかなか良かったです。

2.中川竣平
一気に柔らかい空気に持って行く。
MCもだけど、本人のキャラクターなんだろな。
ギター弾き語りの癒し系。
場の空気の作り方が巧いですね。

※3、4欠場。

5.鬼辻若奈
本人曰く「アニソン枠」だそうだ。
いきなり「魂のルフラン」。
うん。よく透る素直な声なんで確かにアニソン向きかな。
でも、アニソンシンガーって、普通のシンガーより実力が試されるので、そんなに甘くないよー。
二曲目の「創聖のアクエリオン」は、さすがに認知度が低くて、客席のノリが悪い。(笑)
※日本橋系の現場なら客席全員熱唱になる「鉄板」の歌なんだが(笑)
それを承知で歌ったのなら、その勇気は称えたいですね。
本人の言うように、アニソンは知ってる人にはハマるからそれでもいいのかも。
三曲目の「残酷な天使のテーゼ」はさすがにみんな知ってたらしくて、客席からクラップがありました。
えーっと、アニメ好きなら、相当の覚悟を持って臨めばいい。
アニソン好きヲタは、ほぼ自分でも歌うから(笑)かなり厄介な客を相手にすることになる。
それでも好きなら、とことん好きになって歌ってほしい。
歌い込んでほしい。
同じものがホントに好きな人は、同好の士だから。
それなら応援する。
そこを突き抜けて成功したら境純菜(ワルキューレ)みたいに成功するかも知れない。
んー、「オレ、エヴァンゲリオン作ってるヤツら知り合いやから、今度紹介しよかー。その代わりに……」<こういうヤツには絶対注意するように。(笑)

※6欠場

7.川島寛隆
キーボード弾き語り。
清水翔太のカバーなど。
人の良さそうなコやね。
人柄の出てる感じ。

8.高橋和花奈
踊ってるやん!(笑)
ボーカルLIVEやろ?マイク置いてるやん(笑)
そのツッコミも計算済み。
キャラの良さの勝利かな。
楽しいステージやね♪
一気に空気を変えた。
さすが!
しかし、TLC(「No Scrubs」)て!
懐かしーぃと思ったわ。(^_^;)
本人生まれる前の歌ちゃうの?と思って、出待ちで聞いたら、母親がTLCのファンだったそうな。
そりゃ、親の世代だわなー……(^_^;)。
……TLCのCD買ったけど、手元に無いなーと気づいて思い出した!
当時、仲の良かった女のコが某スクールでダンス習ってて「TLC好き★」って言ってたもんだから、そのTLCのCD貸したんだ。
……でも、そのまま借りパクされたこと、今、思い出したゎ!(怒)(笑)
その娘の世代なんだなー。

9.瀧本結月
80年代アイドルっぽいというか、ちゃんと「歌って踊る」が出来てる。
歌の安定感も抜群だし、何よりステージングが楽しい。
客席をノセることが出来てる。
笑顔も素敵★
個人的には「一番好き」なステージでした。
このコ、久しぶりに観たけど、楽しかった♪
実は……この10分はすごく短く感じた。
全曲客席をノセたということもあるけど、他の出演者はバラードなどで聴かせようとする分、失敗すると長く感じるけど、このコのステージは3曲とも客席を楽しませるステージだったので、短く感じました。
直前の和花奈ちゃんが、すごく客席を温めたこともあり、いいコンボになりましたね。
※講評での校長先生の評価が、自分と全く一緒だったんで安心しました(笑)

10.山田秀人
見かけによらず巧いねー(笑)
※個人の感想です。
清水翔太っぽい感じ。
全曲オリジナルらしいけど、みんなオリジナル曲の方がいいねえー。
自身の感情を乗せやすいとか、音域に無理がないとかからだろーな。

ここまででA、2-10。
途中で欠場者の番号が飛んでるんで、7人だけど10まで終わり。

J.大倉悠菜
14歳。
Groobyな感じ。
なんか、中学生当時の山田優に似てる(沖縄アクターズスクール本校でレッスン中でした。よく沖縄までLIVE観に行きました)。
うん。技巧的にかなり巧いと思う。
でも、敢えて言うなら(本人のために)もっと心に訴えるものが欲しい。。。
あんまり言われてなかったっぽいけど、実はかなり巧かったし、インパクトもあったんですよ。
まだまだ伸びると思うので、これからも頑張ってほしいですね。

Q.山川美優
今回の真打ち。
中3。昨年暮れから、またキャレスでボーカルレッスン受けてるそうです。
大きくなったなー(笑)
多分、多くの客席のヲタは、そう思ったと思う。
小学生頃に「ちびっこ天才歌姫」として、ストリートLIVEやらコンテストやらテレビのカラオケ対決やらで大活躍してましたからねー。
てっきり、もうどこかのプロダクションかレコード会社が唾つけてると思ってました。
久しぶりにキャレスに戻って来て、ボーカルレッスンしてるそうで。
※キャレス生徒も、かつて子供の頃一緒にレッスンしてた!と言ってました。
客席を良く観ているパフォーマンスはさすがで、余裕があって格が違う感じですが、今回は少しアウェー感があり、客席のノリは悪かったですね。
特に選曲の問題で、二曲目(だったかな?)はリズムの取りづらい曲で、客席が少し戸惑った感がありました。
でも、実力は、とんでもなくあります。
オーディエンスからの支持は高かったのですが、審査員の先生からは「これまでのものを全部壊してでも新しいものを掴むべき」とのアドバイス。
うん。
確かにそれもそうだけど、キャレス的な歌い方とは随分と違う良さを、本来このコは持ってるんですよね。
どっちがいいかは、客観的に見て言い難い。
小学生の頃、このコがテレビ番組で坂本冬美の「夜桜お七」を歌ってるのを観たことある(多分ビデオに録ってる)し、すげー巧かったんだけど、そういう歌い方が出来るコなんだよなー。
こういう歌い方をキャレスでは教えてるか?
本人的には、戦う戦法を数多く取得した方が良いからキャレスに来てるんだし、そういう歌い方が取得出来るなら新しい武器になる。
本人(&支えるご家族)が狡猾なら、その手に乗って武器を手に入れれば良し、必殺技は多い方が良いに決まってる。
さて。
今後が楽しみですね。

ここからは「ジョーカー」ということで、特別枠での参戦。

Jk1.日浦菜緒
14歳。
現CUTExBEATメンバー。
この前のピュアリズムあたりから、いいなあー、良くなって来たなーと思ってたんですが、ここへ来てワイルドカードとして抜擢。
頑張ってる感とか、すごく可愛らしいので応援したくなる。
いやほんと、良いですよー。
これからも頑張ってほしいです。

Jk2.古波蔵晋
お!
スタンディングで歌った最初の曲、随分と雰囲気変わった?
ポップになった?と。
ひょっとして松下優也っぽい?
いや、去年のGETの時に、少し一皮むけた感じだったんですよねー。
今回の一曲目も、を!と思いました。
が、2-3曲目(キーボード弾き語り)はまた元の彼らしい表現に戻った感じで。
んー、やっぱり沖縄の風を感じる癒し系。。。
まあーそれはそれでもいいんだろうけど。
結局、審査員票を集めて優勝。
そーなんだよな。
じっくり聴かせる歌い方だと、勝っちゃう。
晋くん、おめでとー。

Jk3.栗栖瑠海
現CUTExBEATのホープ。
インフルエンザ明けらしくて、不安定ながら頑張ってましたね。
インターナショナルスクールに通ってるので「洋楽が好きですっ!」と断言してました。
実力的には、本番に合わせられなかった(実力面、体調面)のは残念ですが、そこに至る本気度は充分に伝わってきました。
本人の負けん気が強く伝わってきたので、今後にも大いに期待したいですね。
伸びしろは、かなり大きいので。
がんばれ、負けるな!
応援してるぞ!

一通り終わったところで、採点システムを発表。

えーっ(^_^;)

それぞれ客(ヲタ、出演者の関係者)が誰に投票したかモロバレ。
舞台上で開票するので、誰が何点しか入らなかったと負けた出演者もモロバレ。。。
これはなかなかキツいシステムですなぁー。(^_^;)
まぁ、それだけ客(ヲタ)も、出演者も真剣ってことですが。
あ、先生方だけ、誰が誰に何点入れたか判らんやん。
えー。。。

でも、自分は今回チケットを一般売りから買ってて良かった(笑)
公平に見れるからねー。
出演メンバーへの「忖度」はいかんでしょー。

……ただ、先生が仰ってたように、「何人のお客さんを連れてくることが出来たか?も重要な採点基準」。
そーだよな。これには納得する。
結局は日本の社会は、人間関係でかなりの部分が決まる。
だから事実、そういう人格なり政治力なりも、業界で生き抜くのに必要な力なんだよなー。
もう少しキレイな言い方すると(笑)、誰のことを応援したくなるか?ってこと。
これ、重要。

客席から、投票箱持って待ってるステージ上の出演者に、言葉を掛けながら投票。
……自分は、割とハッキリ決まってました。

「キミに投票するよ」と言うと「ありがとうございますっ!」と、少し驚いたように言われました。
うん。それでいい。

投票終って客席へ。
※冬場は、上着やら荷物が多いので移動が大変。(^_^;)雨降ってたんで、傘までありましたからねー。

開票。
玉入れ形式で。
票が切れた出演者は、しゃがむ(アウト)。
なかなか酷ですなー。(^_^;)

自分の入れたコが早々と沈むのを見るのは、結構キツいなぁ(^_^;)

オーディエンス賞は「山川美優」ちゃん。
おめでとう!
※賞品は特にないらしい。

そして審査員の票が加算され……ここ、少し判りにくかったですね。

なんと。
一気に逆転して「古波蔵晋」クンが優勝(=KINGに決定)という結果に。
おおー。
最近良くなったと思ってました。
おめでとー。

講評での先生方のお話も、すごく良く、出演者にはプラスになったと思います。
校長先生の「発音をしっかりして、もっと歌詞を伝えるべき」というのは、よく判ります。
「歌」は「訴える」。
そこが基本だと思うし、そこが出来ているかいないかで、全然違います。
みんなー、頑張ってねー♪

これにてお開き。
さすがに時間を費やしたので、もう午後10時を回ってました。

出待ちで、ヲタ仲間とお喋りしたり、出演者のコたちとお話ししたり。

してるうちに時間も押してきたので、解散。

楽しいステージを作ってくれた出演メンバーのみんな、スタッフの皆さん、先生方、生徒たちを支えてくれたご家族の皆さん、お疲れさまでした!
そしてありがとう!

これからが、また楽しみです★

……次はいつかな??

PS.
ヲタ仲間での話題は、元キャレス・CUTExBEATだった河野奈々帆ちゃんが、AKB48第3回ドラフト会議にて、見事に(ようやく)NMB48チームNへの合格が決まったこと。
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20180124/Spa_20180124_01448082.html?_p=4
http://akb48-blog.net/draft3rd-kouhosya-19-kawano-nanaho/
おめでとう!
何度目の正直?(^_^;)
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1591.html
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1436.html

チームNってことは、吉田朱里ちゃんと同じチームですね。
※訂正。吉田朱里ちゃんは、今はチームMですね。失礼しました。。。
新旧キャレス出身者どうし。
https://plus.google.com/108862052279750773861/posts/eWKUcVGCLxD

また劇場公演やら握手会も行かなきゃなあー。
楽しみです♪

PS.
リトグリ横アリ2日通し券来ました★
1日目の席は、センター(通常のアリーナ席部分)真ん中ら辺(29列目)のかれん側端っこ。
2日目の席は、アリーナ(通常のスタンド前方席部分)2列目真ん中ら辺。アサヒ側。
まぁまぁ見易いかな♪
0

Little Glee Monster 3rdアルバム「juice」発売記念イベント@くずはモール  

今日はLittle Glee Monster3rdアルバム「juice」発売記念イベント@くずはモールに行って来ました★

休みの日だったんですが、体がだるくて言うこと聞かなかったんで、開店して2時間後くらいに現場着。

300番くらいだったんで、まぁそんなもんかー。
※朝から並んだヲタ友は49番だったそうです。

館内で昼食してたら体力も回復してきました。

特典会から先なんで、現場に行き、ガオラー仲間と合流。
「たくさん人集まってるけど、知り合いの割合が減ったねー」と。(^_^;)
そう、以前はここでイベントやっても知ってる顔ぶればっかりだった(古手のガオラーだけ)って状況でしたからねー。
さすが、紅白歌手。
さすが「陸王」効果。

整列しだしたんで、並びます。
※今回のオペレートでは、特典会整列の最後尾の人に「最後尾」のパネルを順繰りに持たせる「コミケ式」が採用されました。……あれ、スタッフの数を減らせる紳士的な方法で、自分もスタッフ側の時に使ったことがあります。(笑)

サインは、今回は一枚だけ。
なので、LIVE前の特典会で、かれんに。

前はカードに書いてもらっていたので、今回はクリアファイルに。
「大きく書いて!」って言ったら、ホントに大きく書いてくれました♪

かれんには「横浜も行くよ♪……休める時はちゃんと休みや!」と伝えました。
かれんは「はいっ★ ありがとうございますっ!」と。

で、前半の特典会終了。

客席はそのまま、優先エリア整列へ。
番号順に入場。

いつものように「カレントポジション」(=かれん側)。
……うまい具合に前の方が背の低い子供たちが多かったので、かなりキレイに見えました。

待っていたら、すぐ前の小学生たちが、何やら「寄せ書き」を持ってまして……どうやら特典会でメンバーに渡したいようす。
こっそり盗み見したら、どうやら小学校のクラスでコーラスグループをしているようで、みんなでリトグリの歌をカバーしてるらしいんです。
で、それぞれが「かれん担当」とか「manaka担当」とか書いてまして、その部分をハモってるらしい。
幼い字で、それぞれクラスメートが「リトグリのみなさんへ」って自分の想いの丈を書いてるんですが……なんかそれ観たら泣けてきちゃって。。。

そう。
あのコらも、こんなくらいの頃から頑張ってたし、目標にしているシンガーたちを目指してレッスンしてたよなあー。。。
それが今や、このコたちの目標になってるんだなー、と。

感慨に耽ってるうちに、LIVEスタート。
一斉にかざされるスマホ。
……自分はガラケーなんで(笑)撮影は、端っからしまへん。

SET LIST
M1.だから、ひとりじゃない
M2.いつかこの涙が
M3.Gift


「だから、ひとりじゃない」は、今の振り付け(ハンズアップバージョン)で。
途中、客席の反応(カメラ撮ってない人は、一緒にハンズアップしてる)に嬉しがってるみたいな芹奈。

「いつかこの涙が」
ええ歌やなあー。
なんか聴いてて感動した。。。
久しぶりに、聴いてる途中から涙が出てきたー。><



「Gift」
こんな歌やったんやー。
※MV再生したら映像に魅入ってしまうので。。。
ええ歌やー。



……短いミニLIVEですけど、なんかめっちゃ感動してしまった。
今更やけど(笑)

やっぱりこのコらのナマ歌はサイコーやね。>w<

ってことで、終ってからはガオラー仲間で京橋まで出て、ジュースならぬビールの飲み会。(笑)

楽しかった〜♪
サイコーっ ><

PS.
飲み会で出ていた話。
結局は、周りから押し上げられる人が頂点に立つ……という話。
http://star.ap.teacup.com/applet/hakaseslog/200905/archive?b=09
そうなんだよなあー。
2

「DREAM MAKER」HIGH FIVE Vol.4@心斎橋FANJ-twice  

今日は、キャレス出身ユニット「DREAM MAKER」HIGH FIVE Vol.4@心斎橋FANJ-twiceに行って来ました★
https://twitter.com/dreammaker_dm

めっちゃ楽しかった♪

終ったあと、キャレスヲタ仲間と飲んでました〜♪
サイコーっ><!!

<後日追加分>

いやー。ドリメすごいな。
エンターテイメントとしてのレベル高いわ。
http://www.drmweb.jp/

いや、もともとラビアン観たいから当日券で慌てて入ったんだけど。
※前日のピュアリズムでのラビアンが良かったんで、翌日も観たかったから急遽(笑)当日券で入りました。

OPA、ラビアン(Lavie an Link)はーー
http://twitter.com/lavieanlink

そうですね。
この半年くらいで急激に良くなったのは、ここで磨かれていたんだなーと納得。
去年春〜夏頃に比べると、全然切れ味やメンタルが変わっていた(成長していた)んで、昨日ピュアリズムで観た時はかなり驚いたし、安定感(プロっぽさ)もあったんで、気になってこっちも観ました。

最初の曲とか、やっぱり凄いです。

ただ……前日ピュアリズムで観たよりは(残念ながら)安定感に欠けたので、そこは少し残念ではありました。><

しかし、例えば一紗ちゃんのダンスの切れ味とか、凄まじいまでの成長感が(この二日を通してみて)あったので、そこは非常に評価したいです。
※何様だ?(^_^;)

少なくとも、今のキャレスではこのユニットが最も実力あるし、見応えのあるユニットであることには違いないと思います。
……もっと観たい。。。(^-^;)

んで、そのドリメは。

ともかく楽しかった!
客席の乗せ方も巧いし、聴かせるところは聴かせる。
歌詞もすごく良くて共感を生む。

今回の企画として「紅白歌合戦」ということで、それぞれソロ曲を披露してくれました。
何気に、ソロが久しぶりに聴けてお得感ありましたー。

YASUクンのソロボーカルとか、キャレス歴代二位の実力を魅せられました。
※ちなみに、歴代一位は清水翔太。

いやこれがもう……久しぶりに聴いたんだけど、それは巧くて感動する。

アッくんがおらんのかーと思ってたら、どうやらX4のツアーに参加してるかららしい。
その交換条件に(笑)X4のJUKIAがソロで参加!

いやぁ。
X4でデビューしてから初めて観たんだけど……大人になったなーっと(笑)。
キャレス在籍時、見た目ちょっとやんちゃなダンサーのイメージだったJUKIAが急にX4に入ってビックリしたもんだけど、今や立派なアーチストだなーと思えた。
オリジナル曲とか聴いてても、相変わらずエエ子やなぁーと、親戚のおっちゃんみたいに思えてしまう。(笑)

アッくん、いない割にはバックスクリーンに投影されるビデオで大写しになっていたのでやたら存在感ありました。(笑)

結局、紅白戦はウケ狙いだった赤組が勝って(ゲスト出演者、判ってるけど全員赤組支持って、極端だな(笑))真剣に歌ってた白組が負ける、とか。
オチャラケた赤がやっぱり負けて罰ゲームとかの流れかと思ったら、そうでないところが、大阪おそるべし。(笑)
まあー確かに、あそこまで笑いに走ってたら、評価せざるを得ない。。。(^_^;)

まあ、しかしウケたもん勝ち。
それがドリメかー。

ドリメ、オリジナル曲は素晴らしく良い!
常に前向きで、人々に力を与え、前を向かせる。

こういうのが必要なんだと思うし、これが人々の役に立つアーチストだと痛感する。



どうか、これからも前向きな歌を人々に届けてほしい。

ラストの方の歌で客席どうしで手をつないだり肩組んだりするんだけど、さすがに後ろの方のオッサン仲間は控えておりましたー(笑)
隣の女の子、おっさんと手ぇ繋ぎたくないやろー。(^_^;)


ということでLIVE終わり。
出待ち……じゃなく、出てくるスクールヲタ仲間たちを出口で待っていたら、CxBのちびちゃんたちを引率していた千輝ちゃんに、向こうから挨拶されました。
いきなりなんでこっちがビックリして(笑)キョドってしまって失礼しました。
(^_^;)

で、その後はスクールヲタ仲間で飲み会★
色んな養成スクール生徒たちの話(○○ちゃんがすごく良くなってたとか、●●ちゃんは今後期待だとか)やら、卒業生の話で盛り上がり、酒が進みます。
こういうのが楽しい♪

そのあとは清水湯で風呂入って、温まって最高に良い気分★
※そーいや、先日、清水湯の湯船で「Kano」クンと遭遇。「なんでキミがここにおるねん!」と。(^_^;)
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1641.html
0

キャレスV&Dスクール「Pure rhythm Vol.8」@京橋Arc  

本日、年明け一発目の現場はキャレスV&Dスクールの「Pure rhythm Vol.8」@京橋Arc でした★

楽しかったです♪

新ユニット、メンバー変動など色々ありましたが、楽しいステージでございました★

<後日追加分>

昨年から告知されていた月次開催のピュアリズムシリーズ。
いよいよ1月からスタートです。
個人的には、来月分は先約があって、来れませんから、今回を逃せないのですねー。
※2月度は2月4日(日)、3月度は3月10日(土)。

整理番号順の入場ということだったので、ゆっくり目に京橋Arcへ。
座れるかなーと思っていたら、最後の一席が空いてました。
良かったー。
※どうやら今のシステムは、電話予約から順に整理番号が振られるようで、直接行くより早いみたい。……でも、いきなり電話したブローカーが10枚確保してディストリビューターとなったみたいで(笑)結局あんまし変わらんと言う……むむぅ。(^_^;)(これはネタ。さ●ぃさんに悪気は無いっすよ!)
あ、自分は最前列かどうかはそれほど気にしないんだけど、長時間はしんどいから座りたいなぁーってだけで。はい。(^_^;)

まずはOPAから。

boysのKIDSダンスユニット「子供AB」。
MCによると、キッズダンスコンテストで優勝したユニットで、RYOクンがプロデュースしてるとのこと。
「AB」は「●ホ・●カ」のことで、ママさんが名付けたそうな。
……って、書きにくいわ。(^_^;)

マリオのコスプレで、マリオのチップチューン曲。
基本的なスキルやBeat感など、才能はある。
かわいいしね★
ただ、まだキッズなんで、筋力が乏しく、キチッと止まれないダンスになってる。
まぁこれはKIDSなので、ある意味仕方ない。
これからしっかりと鍛えていけば、これから先、いいダンサーになると思うよ。
素人考えだけど(笑)


「AOI先生選抜キッズ」
数人は現CxBが入ってる。
CxB+その予備軍的な感じ。

初回は、少し力んだ感じになっていたけど、二回目はかなり良かったです。
上のBoysと逆に、力が入りすぎた感があったんだけど、いい意味で二回目はリラックス出来ていたのか、いい感じでした。

※ちなみに、本来出演予定だったCxBの二軍「ミニキュート」ですが、出演前にクラッシュしたらしい。(笑) 2月度には出るらしいので、応援したいところです。がんばれー。(^^)/
https://ameblo.jp/caless2008/entry-12342495712.html

Boysユニット。
ここは実力派ですね。
なかなか巧いです。
安定した実力があって、楽しかったです。

以上はいずれもダンスユニットでしてボーカルはナシでした。

そしてメインアクト。


「Laviean Link」
かっけー。
すげー良かった!
いい曲だなー。
誰の曲のカバーだろ?と思ったらすべてオリジナルだそうで、ビックリしました。
今回、最も安定したユニットで、出来も素晴らしかったです。
……やっぱり実戦経験が多いからかな。
個人的には一番良かった。
なので、翌日のドリメのイベント(OPAで出るらしい)に行くことに決定。
当日券あるらしいので。
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1644.html


「Duv」
なんかごそごそ準備してるなーと思ったら、小道具使った演出。
「あ」「け」「お」「め」!
……いや、いいんだけど、一瞬というか一発芸的な感じで。(^_^;)
日の丸振ってるのはなかなか面白いなあーと思ったけど、扱いによっては右翼からも左翼からも批判されそうで(笑)
でも、それがチェッカードフラッグに変化!ってのは面白かったですね。
※作るのが大変だったそうですが(笑)
モータースポーツとかだとスタートが国旗で、フィニッシュがチェッカーなんで、それは巧いなあーと思いました。
そういや衣装も市松模様なんだー。
ちょっとレースクイーンみたいでした。

全体的には、かつての曲も全てアレンジ変えてきている(「Side to side」踊らないアコースティックバージョンとか)こともあり、かなり挑戦的でしたね。
同じ曲なのに楽しめる、という巧い構成でした。
メンバーそれぞれが個性的でキャラの立ち位置があって、そこもイキイキしてる感がありますね。
結局、一番楽しめたユニットだったかも知れない。
ただ、ネタに走るのに頼ったらあかんと思うので、変化球はたまに使うから利くのでー。
めちゃくちゃダンス巧いのに、実は歌ってもすごいとか、そういうのを希望。。。


新ユニット「jelly jelly」

とうとう2人になっていた「Pinky Light」が10人組になって再始動!
ほぼ全面的にリーダーの華奈ちゃんのプロデュースによるらしい。
てか、華奈ちゃんすごいなー。
踊ってても、ダンスの実力はずば抜けてるし、しかもこれだけのことやってるなんてー。

ユニット的には、あまりにも(年齢的にも実力的にも)幅のあり過ぎる(つまりはバラついてる)顔ぶれなだけに、なかなかまとまりなり方向性を決めるのが難しいと思われ。。。
年少で入ってるメンバーではダンスよりもボーカルが巧い感じのコもいましたね。
ただ、バラついてるというのは、逆にメリットであると捉えたら、今後面白い展開も出来るかも知れない。
個性豊かだと、武器は多くなる。。。
今後にも期待したいです。

そして
「CUTExBEAT」第四代目。

四代目としては二度目の披露。

……いやいやいや。(^_^;)

いきなりメンバーチェンジがあって驚きました。
1週間ほど前に急遽決まったそうで、新メンバー(フゥちゃん・9歳)はそこから全曲マスターしたらしい。

えらい★

もう、そこの健気さ、必死で頑張って着いて行ってる感が、ヲタどもの心を打ちましたよ。。
あきらかに、ワンサイズちっちゃいコが懸命に同じ振り付けで踊ってるんですから。

我々老齢ヲタにとって、「孫」が頑張ってる感が(笑)
※個人的には、そのつぶらな瞳が、上を向く振り付けの時の白目(上向いてるから)がツボでしたよー。(^_^;)

でもまあ、その変更のせいで下部ユニットも出演変更になったそうで。

一回目見た時は、何だ?何だ?って感じで。
なんでこうなったの?……と。(^_^;)
一気に平均年齢が(さらに)下がったし、かなりハラハラしながら観ました。
……ハッキリいって「CUTExBEAT」というユニットのステージでこんなにハラハラしながら観たのは初めてでした(笑)

一回目終了後に、ヲタに対してMEG先生からのアナウンスメントがありまして……事情を知った次第。
※詳しくは書けませんが。。
で、二回目観た時には、客席もメンバーも腹括った感じで(笑)、かなり吹っ切れた感があって、かなり良いステージになりました。
欅坂46の「二人セゾン」も(こんなのはCxB初!)オリジナル曲も、よくやってました。

こうでなくっちゃ、「CUTExBEAT」じゃないよなー。

……でも、この分だとちゃんとしたところに持って行くには、まだまだ最低でも、あと2-3年はかかるだろうなあと思うわけですが。。。(^-^;)
歴代CxBの中でも「最劣等生」ですからねー。
ただ、だからこそ伸びしろは歴代最大なんですが。。

その分だけ我々ヲタは成長を見守ることが出来るわけで。(笑)
これからが楽しみではあります!(キッパリ!)
そこがスクールヲタの醍醐味!普通のアイドルヲタとは違います!
ダメダメだったチビたちが、日々のレッスンを重ね、やがて我々を唸らせるような実力を身に着け、デビューし……更に苦難を経て、やがてレコード大賞・紅白歌合戦・武道館公演・大阪城ホール公演・ドームツアー……ワールドツアー……と世界に羽ばたいて行く、それを観たいのが、我々スクールヲタです★

キミらは、やれる!
だから、がんばれ。
努力は裏切らない!



と、色々あったピュアリズムでしたが、終ってみれば楽しいステージでした。
がんばったコたちには、心から拍手したいです。

PS.
次は1/22に同じ京橋Arcにて、キャレス主催の「KING OF VOCAL KNIGHT LIVE Vol.1」というボーカルLIVEがあります。
http://ameblo.jp/caless2008/entry-12341518516.html
なんか企画ものみたいな感じですが、ボーカルLIVEには違いない。。
次世代のリトグリを生み出すボーカルLIVE、注目したいですねー。
※1/9予約OK!(^_^)v

エントリーリストみて驚いたのは、山川美優ちゃんが入っていること。
昨年末からまたキャレスでボーカルレッスンを受けてるみたいです。
……いやぁセンセー、山川美優って、関西のスクールヲタ、歌姫ヲタなら誰でも知ってる超有名人ですよー。(^_^;)
これにも出てました。
http://www.unknown24.net/bbrk/20120505/ugoki
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1289.html



PS.
少し前の話になりますが。
フィギュアスケート全日本選手権が開催され、女子シングルのオリンピック代表2枠は、宮原知子選手と坂本花織選手に決まりましたね。
生涯で、そう出られるチャンスの少ないオリンピックの代表選抜選手を勝ち取ったことは素晴らしいことです。
国民的な栄誉です。

マスメディアなどで散々持ち上げられ、スポンサー契約も数多くあった本田真凛選手ですが(私もファンです(笑))、残念ながら選ばれることは無かったようですね。
彼女のGPシリーズ初戦を観ましたが、かなりボロボロの出来でした。
終わった瞬間の放心した顔。
得点発表の目をつむった顔。
得点を聞いて唇を噛み締めた悔しそうな顔…。
あれで、ああもう多分オリンピック代表は逃したな、と思いました。

実は、本田真凛選手は本番には強い、と自覚してるそうですが、反面、練習ギライなんだそうです。

練習しなくとも、本番で何とかやれる!という変な自信めいたものがあるようで、ある意味メンタル強いとも言えますが、そもそも練習不足なんでポテンシャルが低いのですねー。

よく「練習は本番のように。本番は練習のように」と言われますが、練習で120%頑張ってるとそもそものポテンシャルが高くなっているので、本番でリラックスして80%の力を出すだけで実質100%の出来になるワケです。
判りますか?

「練習で出来ないことは本番では絶対出来ない」とも言われます。
高レベルな舞台になればなるほど、まぐれ当たりのようなポテンシャルでは出来るはずがありません。
まして、オリンピックだったりプロのステージだったり、真剣勝負の場なんで、そんなまぐれ当たりに期待するなんて、とうてい通用しません。

負けるわけにはいかないことなので、負けるかも知れないリスクのある者が選ばれる訳がありません。

単に精神論か?と言われますが、いや、技術力が拮抗してきた場合、最後の最後にモノをいうのはメンタルです。
そして、それを支える練習量です。
絶対に、絶対に、体で覚えた練習量は裏切らない。
これは、まぎれもなく真実です!

本田真凛選手はまだ若いし、次のオリンピックも目指せます。
これで終わりでなく、悔しさをバネにして、精進してほしいものです。
私も応援してますんで。
がんばれ、マリン!


……でもまあ。。。本人の意思次第ですが。。。
2

2017紅白〜新しい年の始まり。  

新年明けましたね。
私は喪中につき、新年のご挨拶は控えさせていただきます。

…大切な家族を失うという、最悪だった年が去りました。
今年はそれよりは良い年になってほしいです

皆様にも、幸多い一年であることをお祈りします。


さて。
年末の話ですが。

大晦日は、お仕事でした。
しかも、ちょうど紅白の始まる時間帯でのお仕事(閉館と同時に正月・初売りに向けての準備作業を開始するので)でした。

これまでの紅白の中で、最もリアルタイムで観たい紅白だったんですが、叶いませんでした。。。

そうですね。
2017年の紅白には、ついに、あのキャレスV&Dスクール出身メンバーのいるLittle Glee Monsterが出場しました。

リトグリの2017年は、武道館に始まり(>http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1580.html )紅白に終わるという、最高の年でしたね。

さらに年明けには大阪城ホール公演が控えています。
嬉しいですね。

その締めくくりである紅白ですが。
残念ながら、後で録画で観ました。。。

まぁ、働き方改革とか何とかいうので、裕福なカースト上位の正社員は残業できないので(笑)とっくに帰って、家族とともに幸せな大晦日を過ごしているワケで、現場の最前線は、派遣やら下請けやらパートやらの最下層が支えているというのが今の日本ですからねー。(笑)

でも、それが自分のお仕事ですからねー。
そうと決まったらそのために全力を尽くすのが、社会人。お遊びじゃないんだし。
スケジュールも体調管理も含めて、それに合わさなきゃいかん。

んで、その31日。

昼間はネットでリトグリの歌う「好きだ。」のLIVE映像なんかを観ながら、カップ麺の年越しそばと、紅白記念のおこわ食べたりして★

ちなみに、天ぷらそばの具は「♪エビで〜っ」



と、紅白の始まる少し前に現場に向かい、閉館と同時に作業。

終わった頃には、もうリトグリの出番の終わった後でした。。。。
地下2階の従業員休憩室にあるテレビをふと見たら、市川由紀乃が演歌歌ってました。。。



仕事終わりで一風呂。
大晦日は心斎橋の清水湯も、天王寺区の大正湯も休みなんで、あべQ裏の「湯処 あべの橋」に。

ゆっくり汗を流した後は、天王寺の夜道をブラブラ歩いて帰ろう…

振り返ると、ハルカスの真上に満月がキレイでした。

そして、四天王寺には、すでに初詣待ちの人でいっぱいでした。
そっか、お正月なんだなー。

部屋に帰ってテレビつけました。

まだ紅白やってましたが、適当に流して。
PC立ち上げてネット観ていたら、紅白のリトグリの時に叫んでたやつがいたそうで、TLが荒れてる。。。
アイドルじゃあるまいし、アカペラの前に叫ぶのは、言語道断。。

紅白終わったので巻き戻して後追い再生で観賞。

ようやく、観れた。(笑)
「jupiter」「好きだ。」

正式な数字はまだ発表されてないと思うけど、紅白冒頭の平均視聴率は約35%。
つまり、約4000万人にナマのアカペラの歌声が……美しい協和音が届いたことになります。
※2日に発表された視聴率速報によると、35.8%でした。

うん、あの子らにとってこれって到達点じゃなく、通過点なんだね。

……例の叫び声も、問題にするほどじゃない。。。
あのコら動じてない。
そんな素人じゃないよ。(笑)
確かに客席のファンのマナーとしてどうか?とは思うけど。
あの時のメンバーの目を見れば判るだろ?
全然動じてない、ものすごく真剣にパフォーマンスに集中してる。

うん。
LIVEで観てたら少し感想は違ってたかもしれない。
…録画は冷静に見てしまうから。。。
あまり感動しないなあ。

で、その叫び声の件。
例えば西野カナの時でも叫んでたけど、本人は動じてない。…それほど問題にすることでも無いような気がする。。。
あんなのに動じるほど素人じゃないよ、あそこに出てるヤツらは。

その後、「道頓堀人情」に芹奈、MAYU、manakaが出てましたね。
…かれんは、静岡出身だから入れてもらえなかったらしい…(笑)

三浦大知めっちゃカッコイイな!><
バックダンサーが気になる。。。

perfumeかっこいいな。あまり凄さは伝わって来ないけど。。。(笑)

AKBの三曲、すごくキレイに決まってました。
…まゆゆヲタが「フォーチュンクッキー」を全力で阻止したんだろうなー。

その後、CDTVなどを観て。
改めて三浦大知と安室奈美恵の凄さが判った年末年始…。(笑)
あいつら、口パクでなく、あんだけ歌いながら激しいダンスしてステージこなすって、凄いよなあー。
たくさん出てくるアイドルとは一線を画してるわな。
ああいうのが、真のアーチストだし、一流のミュージシャンだな。

ダンス出来るアーチストって、ほぼアスリートだもんな。
極めてストイックな。
フィギュアスケートとか、体操競技とか、シンクロナイズドシイミングとか、ああいうのに近い。

LIVEとかでも、十何曲と続けさまにパフォーマンスしても質の落ちない体力と精神力を持っているし、そのために日頃から鍛えている。。。
素人の学芸会とは違う。
……まぁ、安室奈美恵は、それが体力的に限界を感じるようになったから「引退」を表明したんだろな。プロらしい姿勢だ。

……眠くなったんで就寝。

翌朝(元旦)、テレビつけてCDTVのビデオを再生して、最初に観たのはリトグリの「糸」。

全曲聴いて、あ、こんなアレンジだったんだーと驚いたのと同時に、歌詞がじっくりと心に浸み込んできた。。。

そうやね。
2017年は、大事な糸を失った年だった。。。

だから2018年は、そういう「逢うべき糸に出逢えること」があるような年になれば、いいですね。
そんな「仕合わせ」な年であってほしいです。。

……元旦はいつも通り、天神さんに初詣に行った後、長柄の天然温泉に浸かってゆっくりとしてきました♪

皆さんも、2018年はいい年でありますように!

PS.


年末に買った雑誌2誌。
左、「B-PASS」。リトグリ特集。インタビューたくさん載ってます。ポスターも付いてます。
https://www.shinko-music.co.jp/b-pass/
右、「ヒキガタリズム」。GIRLFRIENDの記事。楽器の手入れについて書いてて面白いです。
https://www.shinko-music.co.jp/item/pid164557x/
井上苑子や山本彩も載ってます。

PS.
https://mdpr.jp/interview/detail/1736680
インディーズ時代、三宮HMVで自分が初めて観たときは客席は30人くらいだったから、多い方だったのかな?(^_^;)
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1398.html

ちなみにあの時のインデーズ版CDって、今20万超えてるらしい。(^_^;)
https://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/B00J193Z7Q/ref=dp_olp_new?ie=UTF8&condition=new

PS.
1/16くずはモール……っと。
http://www.sonymusic.co.jp/artist/LittleGleeMonster/info/490104

リトグリメンバーは紅白の後、正月は珍しく長目のオフがもらえたと言ってました。
2017年働きづめだったし、新年も予定が目白押しだからねー。

……自衛隊では休むことを「戦力回復」と言って、部隊に命令される。
http://president.jp/articles/-/23930
休むことによって、体力や精神力を回復し、再び最前線で全力で戦えるようにする。
休むことが次の戦力なのだ。

前にも書いたけど
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1603.html
休めるときにしっかり休み、次の戦いに備えて欲しいです。

今年は「難攻不落の大阪城攻略」が控えています。


1

京橋と鶴橋。  

今日は、京橋のキャレスV&Dスクールに「Pure rhythm Vol.8」(>https://ameblo.jp/caless2008/entry-12336391499.html )のチケットを買いに行きました。

番号はそんなに良くないですが、まぁ観れたらいいやー。
新しいユニットが出るそうで、それも楽しみにしたいところです。

その後、鶴橋にある風呂屋に行きたくなったので、鶴橋に向いました。
http://www.ofuro.jp/
よく環状線から見えていたので気になっていました。

中はかなり広くてキレイで、快適でした。
駅からもすぐだし、便利です。
これからも行ってみたいですね。

さて、そのお風呂屋さんに行く途中。
小さなLIVE BARがありました。




ふと覗いてみると、なんと!
友人の「Kano」クンがLIVEをしているではないですか!
なんという偶然っ!

うまいことに出演時間の少し前に着きました。

控えにいたKanoクンに挨拶して、下手側の最前席で、偶然持っていたカメラの準備をしながら、ビール飲んで、出演を待ちました。

そして<以下、後日追加予定?>

<後日追加分>

うわ!
一旦書いたのがPC落ちたら消えた!

気を取り直して。。。

--------------

気合の入った感じでステージに上がるサックス奏者Kanoくん。

まず一曲目。
オケでソロ、ミドルテンポ。
んー、悪くないんだけど、間奏部分が長くて少し間が悪い感じ。
音はストレートでキレイな音。

二曲目。
同じくオケでソロだけど、アップテンポ。
うん、これは良い。
これが本来の実力を感じさせる。
でも、なんかソロよりもセッションの方が似合うし、良いような気がしていたら、三曲目は「特別に」ということでセッション。

LIVEハウス店長をステージに呼び込んで、ギターとのDuo。
B'zカバー。
うん。
これ良いよ!
やるなぁーと思ってたらさらにもう一人呼び込んで。

フルート奏者の方をステージに上げてトリオでのセッション。
「ひまわりの約束」。
ああ、これは良い。
セッションすると活きてくるねー。
なんか、かなりぶっつけ本番的だったらしいけど、それを見事にこなしてるのは、実力のある証拠。
※リハまではフルートとのDuoだったらしい。

後で本人も「楽しかったー♪」と言ってたが、楽しいのが客席にも伝わってくるから、それがいい。

次はフルートとのDuoで。
アップテンポな曲。

うん。
全体にはすごく良かったですね。
さすがは「名古屋では声援が飛ぶほどの人気」(本人談)だけのことはあります。

演奏的には、今の彼のサックスは、性格を反映してるのか、かなりストレートなキレイな音。
個人的には、サックスの場合、少し斜に構えた音(例えば、リトグリツアー・バックバンドのバンマスのソロコーナーとか)がカッコイイと思う。
大都会の片隅で人知れずむせび泣くような、人生の悲哀を表現するような。。。
「ブレードランナー」のヴァンゲリス「Love Theme of Blade Runner」みたいな感じ。。。
http://youtu.be/HWxKsxaKQLo

それが出来るようになれば、さらに一段階レベルアップ出来ると思う。

それと、ジャズが出来るようになれば、本格的と言える。
軽く、アドリブでジャズセッション出来るとかが、ホンモノのサックス吹きだと思うので。

人生経験が音の幅を厚くすると思うので、今後にも期待したいですね。
0

きままごとLIVE「Welcome newcomers! vol.3」@南堀江knave  

この前の【にょロボてぃくす8周年記念LIVE】〜無限 ∞ の AI を〜 の際(>http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1637.html )に、劇団「戦う女子」の翼(>http://twitter.com/tsubasa_eva2 )が「12/11にLIVEあるから来てね★『重大発表』あるし」って言われてたので、恐る恐る現場に向かいました。

『重大発表』……

いやもう、悪いことしか浮かびませんでした。。。。
呑気に「紅白出場かっ!」とか冗談返せないくらい。。。

解散?活動停止?上京?
……寿「卒業」?? 
…NMBりりぽんみたいに、いきなり舞台上での「結婚宣言」とか……


どのみち、「ああー、翼たちのLIVEもこれが見納めかー」と暗い気持ちでした。
いや、例えば、「上京」とか「寿卒業」とか、本人たちにとっては喜ばしいことでも、地元の応援者にとってはショックなこともありますからねー。
今まで、何度もありました。
GFの在阪最終LIVEも、最後に上京発表があったので、もう頭の中真っ白になってLIVEの内容なんか全部忘れましたもん。>http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1519.html

----------

11月末〜12月に入って急に仕事が入って来ましてバタバタしてきました。
11日も、予定では余裕だったんですが、急に仕事が入って来たので、晩までかかりました。
慌てて軽く食事して、堀江のknaveへ。(昼飯食ってなかった……)

今回は道に迷わないで(笑)ちゃんと着きました。

駆け付け一杯でビール飲んでると、DAICHIが来たので挨拶。
「なんか眠そうですね」「いやー、仕事が急に入ってきてねー。疲れてるねん」
「新曲歌いますよー」「おおー!」

DAICHIは今日もキマっていて、カッコイイあんちゃんだなー。
妖怪人間ベムみたい

前の演者にインターバルになったので、中へ。

程良く酔いも回って来た頃に「きままごと」LIVE開始!

最初の歌が良くて(始まり方もカッコよかった)、ええ歌やなーと思ってたら、次の曲で、いきなり頭にイルミネーション点灯してビビった(笑) 
てか、髪の毛も緑やし。。。(^_^;)

暗転すると、なんか笑えてしまう。。(^_^;)

なんか「12月やし、クリスマスなんでクリスマスツリーになりたかった★」らしい(笑)

いや、普通サンタさんとかあるやろー。
ツリーかよ!(笑)

そして「重大発表」。。

「2/14(水)きままごと・初の企画ライブ開催!」

え!うわ!
嬉しい!

なんと想定外の嬉しい発表!

「重大発表」っていうから覚悟してたのに、ええ話で良かった★
…絶対、もう翼たちと会えなくなるんかーと思ってたから
…ほんまに嬉しい★ 

しかもバレンタインデー…。
良かった★
これでバレンタインは独りぼっちじゃない(笑)
※あとで翼にそう言ったら「誰も、ぼっちにはさせません!」と。(^_^)

そしてオリジナル新曲発表。
※先行試写?違うと思う。。。(^_^;)

新曲……かなりええ歌やった★ 
翼らしいなあーと思った。
あとで本人にも言うたら「そやろ!そやろ!」と。(笑)

これでオリジナルが3曲になったんで、2/14にはCD化して物販をするそうだ。
「『きままごと』初めて物販出来るねん!」と。
そやね。
これまで無かったもんね。
「これまで物販コーナー立ったこと無かったから(笑)」

「重大発表」(=イラストはDAICHIが描いたらしい)をスケッチブックで出した後、まだスケッチブック使うのでなんだろ?と思ったら「ZOO-愛をください-」の出てくる動物を、「めくり」で漢字表記!

……おおーっと客席(笑)

「芸人のネタみたいや」と、あとで翼に言った(笑)
「歌いながら、『めくり』のタイミング合わせんのが大変やったー」
いや、それ「ネタ」やから。。。(笑)

「ホントはちゃうこともしてみたかってん」とのこと。
次は別のネタを仕込んでくるのか?(^_^;)

でもLIVE的に盛り上がるから楽しかった♪
ああいうのはアリだな。


終わってからステージ上のDAICHIに「チケットは?」と言うと、「えーと、翼が手売り分持ってるんですがー」

でロビーに出たら、翼が手売り中。

惜しい。「No.002」だった。(^_^;)

でも、チケットにわざわざサインしてくれた★
嬉しいね。
※これでこのチケットは、私本人以外使えません。(笑)転売不可っ!

出演者よくみたら、知ってる顔ばっかりやなー。(笑)
「真っ先に、まりりんに声かけた〜」だそうで。
おおー、久しぶりに会えそうやなー。
http://twitter.com/mircrepe2

なんかほぼbase2.5同窓会的な。。。(笑)

でもほんと、CDレコーディングに自主企画LIVEとは。。。
「なんか、あんな風に始まったユニットやのに、なんか本気出してきたね(笑)」
翼「(笑)あんな、ヌルっと始まったのにねー」

てな感じでしたー。

帰りがけ、出口まで翼がお見送りしてくれたんだが、イルミネーションがキレイでした(笑)

歩くルミナリエ。(爆)

……knaveって、桜川の駅からの方が近いんやね。
帰り道は桜川の駅から帰ったんだけど、すぐだった。知らなんだー。
※ていうか、西長堀駅だと目の前になるんだねー。(^_^;)いつも心斎橋から歩いて行って遠いなあーと思ってた(笑)


PS.
本屋で見つけた「100%SKE48vol.04」って本の表紙に「斉藤真木子」の文字があったので、久しぶりに出てるなーと思って買ったら、水着グラビアなんで驚いた★
…でもビールのポスターみたい(笑)
ビール似合ってるな。
居酒屋に貼ってそうだ。

http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1563.html

水着ってすごく珍しい。今更感があるとは言え(笑)、偉いな。
でもほんと、子供の時から知ってるコとか身近なコの水着姿って、全然エロく感じないなあー(笑)
いや、真木子ちゃんだからってワケじゃなくてねー。(^_^;)
0

★「ブレードランナー2049」  

今日は上映最終日っぽかったので「ブレードランナー2049」を観て来ました。

前日に、一応旧作を鑑賞して。
http://star.ap.teacup.com/applet/hakaseslog/200711/archive?b=01

午前中に梅田でチケット確保した後、「酸性雨が降りしきり、緊急車両のサイレンが鳴り響き、中国語が飛び交っていて、ネオンやLEDサイネージのきらめく」ミナミでメシ食ったり風呂入ったり酒飲んだりしてまた梅田に戻った。

---------------

まず、
…感想→2.5次元AI嫁が可愛かった★
…オレ、あれでいいや(笑)

内容的にネタバレ厳禁なのは、最後のシーンまであるからなあ。
いつ解禁すればいいのやら。。。

……話が「猿の惑星」か「ターミネーター」っぽくなってきたのは、やはりアメリカ人が考えたらみんなああなるのかー(笑)
続編は無い方がいいなあー。

音楽がヴァンゲリス使ってない(っぽくはしてるけど)ってのは??ブレードランナーってヴァンゲリスと不可分だしなあー。
どうせ旧作だってヴァンゲリスのアルバムからの借用がいっぱいあるんだし、旧アルバム曲とか勝手に使えばよかったのに。(笑)

「近未来」感が、より現実っぽい、というか、旧作みたいな衝撃は無かったなあー。

SFとしては良く出来てると思うし、その部分での続編としてはちゃんとしてる。この一本だけ見ても大丈夫。
「2010年」(=「2001年宇宙の旅」の続編)よりはましかなー。(笑)

予告編だけ観てて「旧作の最初の劇場公開版に近いのかな?」と思ってたけど、それほどでもなかった。

あらためて旧作が「不朽の名作」だというのは、再認識した。

時代がかなり追いついているので、iPS細胞で増殖させたヒトとか、記憶をインストールするとか、EMPによる地上全メモリークラッシュとか、USBメモリバーに入ってるAIとか、IoTによってAI嫁が晩御飯作って待ってるとか(笑)……それほど先の話じゃないと思う。

主人公が実際の女性でなくAIを「嫁」にしてるのが笑えますね。
ここまで発達したAIならもう2.5次元でも充分ですよー。判ってくださいよー。
現実に2次元が「嫁」としている人も多いと思うので(笑)ここは現代と大差ないわな。

やっぱりあの「2.5次元・AIウォレスコープ嫁」を早く製品化してほしいぞ>SONYさん
※立体ジュークボックスはSONY製でした(笑)
https://www.sony.co.jp/brand/campaign/feelthesonybeyond/

それと……やっぱり観ていて「仮面ライダードライブ」と重なるところが大きい。
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1611.html

あれは、途中から(インタビューによると制作サイド・出演者たちも)実は内容が「ブレードランナー」に近いことに気づき、だんだんそっちにすり寄っていったようで、観ていてもレプリカントがロイミュードに見えてしまう。

今回のも、面白いのはレプリカントは相変わらず顔色変えずに平気で人をぶっ殺したりするけど、AIは実に感情的に「愛してる!」とか言うんだよなー。
どっちがヒトなのか?これも面白い。

つまり……「魂はどっちにあるのか?」
あるいは、どっちにもあるのか?どっちにも無いのか?
「心」と「魂」は違うのか?

じゃあ、ヒトはどうなのか?

あと、この続編ではデッカードはやはり人間(30年後も生きてる。当時のネクサスシリーズは寿命が設定されている)ということになるんだが……まぁ、「奇跡」という言葉で片づけるなら、デッカードもレプリカントだった説は、まだ生きてることになるけど。

例の「撮影されたけど使われなかった旧作の『もうひとつのエンディング』」では、逃避行するレイチェルがデッカードに「私たちは一緒に作られたのかも知れない」と言って一瞬デッカードが「!」となるシーンがあります。
つまり、デッカードとレイチェルが一対で生産され、実は次世代型のネクサス(生殖機能試験機)だったのかも??

……と、一筋縄ではいかないようになってるのが「ブレードランナー」らしいところ。

ブルーレイ出たら買うんやろーなあー>σ(^-^;



……えーっと、チケット買ってすぐに記念撮影→

ブレとるなあー。
0

Little Glee Monster 3rdアルバムリリースイベント@ツイン21  

はい。

昨日はLittle Glee Monsterの3rdアルバムリリースイベント@ツイン21に行って来ました!

「だから、ひとりじゃない」「OVER」「明日へ」

どうせ優先席取れないと思うのでゆっくり行ったんで、優先券はナシ。

上から見た方がレアだと思ったので、3階のかれん側端っこでLIVE観覧。

あのコたちは、客席隅から隅までちゃんと観てくれてるので、ここからでも大丈夫!という自信あり。



特典会は、トレカにサイン。
かれんと、芹奈。

終ってからは、いつものガオラーメンバーで飲み会!

リリイベもともかくだけど、終わった後にガオラーみんなでワイワイやるのが、何より楽しい♪

<後日追加分>

前回のリリイベの際に予想していた通り、この時期に
3rdアルバムリリースが発表されました。
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1635.html

リリイベ場所の発表が「大阪」だけだったんで、また阿倍野?とか思ってたら発表されたのがOBPの「ツイン21アトリウム」。
※「権藤一佐!権藤一佐!」@「ゴジラVSビオランテ」

へぇー、あんなところでリリイベするんだー、珍しいーと少し驚きました。

何度かキャレス生徒の出演イベントなどで行ったことありました(>http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1429.html >http://star.ap.teacup.com/applet/hakaseslog/200608/archive)が、リリイベは珍しいですね。

行ってみると、確かにかなり広い。
優先エリアの取り方次第(ステージ両サイドの衝立や鉢植えの位置などを工夫すれば)で、優先エリアだけで1000以上入れそうです。
しかも全天候対応なので、天候に左右されない。

さらに3階回廊までのフリーエリアを設定でき(4階は危険なためか、退去指示が出ました)観覧席合計で2000人は軽く収容できます。

付近(館内)にも飲食店が充実していて、集客に対する経済波及も効果あります。

あべのキューズモールよりいいんじゃない?

ただし、施設館内にCD店が無いので、今回もHMV梅田店扱いになり、CD売上分が施設に還元されないという点がウィークポイントでしょうか。
※それなら、CD販売時に館内飲食店の割引クーポン券でも配布すれば、施設自身の販促効果が出ますね。次回は、ぜひご提案を。

それと、この商業施設(といっても超高層オフィスビルの下層部分)は、平日は人が多いけど、休日の集客が少ないというオフィス街。
郊外の大型商業施設のように土日だと大混雑になるというのとは、ほぼ正反対。
なので、土日開催の大型集客にはリリイベはもってこいですね。

※あと、前にも書きましたが、舞台スタッフやBe-●ngさんによる警備などは何とかなりますが、このCD即売の要員配置ってのが、意外と大変(その扱いCD店手配になるので)で、最終的に難航したりします。

……さて。

どうせ優先エリア券は早朝(あるいは徹夜組)でほぼ切れるやろうと思ったので、ゆっくりと、CD販売開始一時間後に現場到着。

現場に着くと、長蛇の列がウネウネと。
外まで並んでます。(^_^;)

あー、そっか。
予約なんで、時間かかるから捌くのが遅いみたいです。

ぞろぞろと並んでる間に、知り合いガオラーさんと色々挨拶。
さすがに今日はたくさん来てるなあー。

おっちゃんガオラー仲間でも、欠席者数える方が早いくらい。(笑)

客層も、土曜日と言うこともあって、小中学生が多いです。
※高校生は試験中らしい。(先生談)

結局、優先エリア券は、少し前で配布完了。
……ってことは、開始から2時間くらいは配布していたってことか。
何枚だったかは判りませんが、800枚はいったんでしょう。

で、おっちゃんガオラー仲間で色々雑談しながら、さてどこで観ようかと……。

うーん、下のフロアよりも上の階の方が面白そうだということで上へ。
一旦4階まで上がると、4階にいたガオラー仲間さんが「3階までで観て欲しいと退去指示があった」とのこと。

で3階へ。
うん、ここなら充分見える。
こんな感じ(笑)
http://twitter.com/LittleGleeMonst/status/936942806714662918
※いっ、いつの間に背中を取られたのか?(笑)(^_^;)

雑談しながら「今日は何歌うんだろう?」と。
アルバム収録曲なんでしょうけど、ここしばらくのシングル曲はともかく、あと何が入るのかまだ発表されてないので「今話題だから『Jupiter』やるんでは?」と。
前日の「東京コミコン」では歌ったみたいでしたから。
http://mdpr.jp/music/detail/1731656

「12月入ったんで『Magic Snow』歌うとか!」「えーっ!(笑)」

てな感じでいますと、いよいよ本番開始!

……なんとかガラケーでも写メ撮れそうなんで、撮ってみました。

いやあ、音響が……(^_^;)

んで、距離があるんで、多分微妙に音とタイミングがずれる。
アリーナなど、同じ大容積のホールだとスピーカーが配置されてるので、音がずれることはないんだけど、舞台横のPAだけなんで、なんか音の到達タイミングが……。

歌はまだいいですが、MCはほぼ何言ってるか判らない。。。
反響音が大きすぎて。
MAYUが「ツイン『にじゅういち』か『ツゥエンティワン』かどっちやねん」とか、かれんが「ここ昔からの地元なんでー」みたいなこと言ってるけど、ハッキリ聞こえない。。。
※あとで聞いたら、小学生の時にここで踊ったと言ってたらしい。上のリンク先にある「24時間テレビ」中継の時だと思います。

MAYU「紅白出場決まりましたーっ!」(拍手)
で、「なんかいつも白組が勝つので、自分らは一応紅組なんで(笑)紅組勝ちたいです!」「視聴率に貢献してください」と。

ハンズアップ曲2曲の後
「大阪でのリリースイベントは、年内これで最後ですが……」と。
???
「大阪では」って、「兵庫」はまたあるとか??
あー、でも年内はさすがにないだろうなー。
年明けに「兵庫」(=西宮?)とかであるのかも?

そしてラストの曲「明日へ」
http://youtu.be/p6fO8_5206U

これ、すごく良かった。。。

なんか、芹奈がほぼ泣きかけて歌ってたみたいで、こんな上の方の奥の端っこで聴いていても、胸に訴えかけてくる。。。
突き刺さってくる。。。
※よく、芝居なんかでも、一番奥の端の席の人に届くようにする、という指導がある。一番奥の端の席にも届くなら、手前の席には充分届く。

すごいなあー。

ホントに、「陸王」の「Jupiter」とか、「BORUTO」の「OVER」とかでリトグリ初めて聴いた人には、是非!是非!直接、ナマ歌をLIVEで聴いてほしい!

※個人的には「陸王」でリトグリの名前が売れてくるのが嬉しくてしょうがない。なにしろ主演は竹内涼真!「仮面ライダードライブ」だぞ!大好きな泊進ノ介!>http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1611.html

よくガオラーみんなでいうのは、普通のアーチストなんかはCD音源の方が整音されててキレイだからよく聴くけど、リトグリの場合は、ナマ歌の方が圧倒的に、強烈に胸に訴えかけるので、絶対ナマ歌の方が良い!って話。

だから、リトグリに興味持った方、これから聴いてみたいと思った方は、こういったリリースイベント(無料でも聴けます)とか、アリーナツアー(一般販売もしてます)で、是非、直接体験してほしいです。
絶対感動します!

「陸王」>http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/rikuou_tbs/007.html

※ガオラー仲間さんと話していたのは、紅白効果&「陸王」効果を見越してのアリーナツアーだったんだろうな、ってこと。紅白も決まってなければ、アリーナ2daysはかなりの冒険だったはず。紅白歌手となったらまあアリーナは埋まるだろうなーとは思うけど。後先だったので、アリーナツアー決まった時は、かなり強気な賭けに出たなとガオラー仲間では噂だった。これまでは、リトグリ運営は比較的堅実だったが、アリーナツアーは初めて攻めた!って印象でしたからね。

ステージ終わったので、降りて行って特典会へ。
まず優先席から整列とのこと。

ガオラー仲間で雑談してるうちに、サイン会開始。
一応並び始めるけど、優先席分が、なかなか終わらずに前に進まない。。。

なんかオペレーションおかしいのか?今回の現場捌きがヘタなのか?と思ったけど、そうでもなく、どうもメンバー毎の微妙な時間調整をして(間に休憩入れたりして)最終時間を全員ピッタリに合わせるようにしているらしい。。。
対応的には、AKBなんかの全国握手会のオペレーションのイメージに近い。

ああー、この前の阿倍野が、極端すぎたからなー(笑)>http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1635.html
少なくとも、最後の挨拶は全員でしたいから、なんだろうな。

だんだんそうなっていくんだろうな。
最初の頃のグダグダのオペレーションが懐かしい(笑)
オペレーションがグダグダだったから、ガオラー同士の紳士的対応で、ゆったりと乗り切ってましたからね、あの頃。
といっても僅か2年ほど前だけど。
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1498.html

並んでいる時、おっちゃんガオラー仲間でお喋りしてたんだけど、ふと見たらすぐ前にいる若い男性が注視してるスマホ画面に見覚えのあるロゴが。。
ん?まさか?と思ってチラ見したら……GIRLFRIENDのLIVEツアー日程チェックしてるやん!(^_^;)
※>http://youtu.be/_hcbNt48XZs
※>http://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/19420759_1969560746620888_1285944582207803410_n.jpg?oh=9402020897dded4d8ae9281a9a29f8f7&oe=5A70A84B
……こうやって、両方のファンが増えてくれたら、言うことないねえー。
※そう、GIRLFRIENDのメンバーって、リトグリと同期生です。京橋のキャレスV&Dスクール時代。同じ「CUTExBEAT」(=http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1307.html)ってユニットにいました。

一応、参加券は2枚なので、キャレス卒業生2名ということで。

まず、かれんのつもりで並んでいたら、芹奈列の呼び込みの方が早かったので、芹奈列に。
※芹奈列は、意外とどんどんハケる。

芹奈には「来たよー♪」というと「おーっ(笑顔)」
「紅白おめでとう!」と伝えました。

すぐ後ろにヲタ友の、う●むらさんがいたんですが、ボクのすぐ後ろだったんで芹奈に「え?いつも二人一緒に来るんですか?」と言われたらしい(笑)
いや(^_^;)、現場で合流するだけで、同棲したりしてないから。
そっち系じゃないから。(笑)

一旦ハケて、並びなおし。

次はかれん。

かれん列、意外となかなか進まない。
かれんは、一人一人丁寧に対応してるから、なかなか捌けない。
てか、最近はそれを本人も過剰に意識してるらしく、かなり極端に遅い(笑)
アイドルなんか、いかに早く捌くか?みたいのところがあるのに、逆にスタッフに注意されるくらい一人一人丁寧に対応してる(笑)って、どうよ?(^_^;)
いや、ガオラー的には嬉しいんだけど(笑)
ええコやなーとは思うんだけど。

かれんに「来たよー」と、「あー(^-^)」と、ぱっと笑顔に。
「紅白おめでとう!……もう、今年は武道館、大阪城ホール、紅白とホントに嬉しかったよ」
かれん「ありがとうございます★」
「この京橋から!ついに行くんやね。頑張ってね★」
かれん「(笑って)はい★ありがとうございますっ!」

ええコらやな、ほんまに。

今や武道館だ、紅白出場だっていうビッグアーチストなのに、こうして直接会ったら、以前と変わらずに「普通に」接してくれるのが嬉しいね。

紅白出場っていうと、いわばサッカーで言えば「日本代表戦出場」。
父親が選手として成し遂げなかった夢を、娘がついに実現する。
かっこいいよなー。
http://www.korenaga.ws/2013/06/blog-post_15.html

でも、あのコたちはそれでも謙虚だし、周りに気を遣ってるし、そして何より猛烈に(今でも)努力を惜しまずに、実力を伸ばしている。
それが何よりまた、あのコたちを周りが押し上げる。。。

……と言ってるうちに、うまく調整して(笑)、ほぼ全員一緒に終わり。

全員揃って、最後のあいさつ。
「大晦日は紅白観て下さい★」

ということで、おっちゃんガオラーたちも集まり……「忘年会どーすんの?」「大阪城ホールの時の宴会は誰が仕切るの?」

……と、飲み会の話ばっかり。
「もう、今から集まったガオラーだけで忘年会しよー♪」「そうしよー!」
と、みんなでぞろぞろ京橋へ。
♪京橋は〜ええとこだっせー

途中、陸橋から「あっちの京阪電車高架下にキャレスがあるんやでー」とか、「あそこのダイエー(今はイオン)のステージで、芹奈もかれんも子供の頃歌ってたでー」とか、まだ飲んでないのにワイワイ言いつつ、飲み屋へ。
えーっと、まだ16:30だから早すぎて開いてないので(笑)適当に、開店準備してる店探して交渉。

以降、二次会までワイワイでしたー。
※二次会で行った店、去年の鶴見リリイベの後にも行った店」らしいけど、全然覚えてなかったー。(笑)

PS.
ドラマ「陸王」で流れてて超話題の「Jupiter」。
配信開始されました!
http://itunes.apple.com/jp/album/id1311280941?app=itunes
※プレビュー聴いただけでも泣けるなあー。。。是非聴いてみて!

……そーいえば。
ドラマ「陸王」初回でリトグリの「Jupiter」流れたのってサプライズだったんですよね。
事前告知ナシでいきなり流れた。。。
でも、最もコアなガオラーは、ちょうどその頃、リトグリ秋ツアー奈良公演当日、公演終わった直後で、我々おっちゃんガオラーは、奈良駅前で、みんなで宴会中だったから、誰も観ておらず、全然知らんかった……という。。(^^;)
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1631.html
翌日、ネットで大騒ぎになってるのに驚いた。。。

PS.
近所のローソンにあったチラシ。
…すごいなーと思うのと反面、ちゃんと満席になって欲しい!と心配になる(^-^;)

PS.
ついでに。。。
キャレスV&Dスクール「CUTExBEAT」の話が出たついでに(笑)
かれん・芹奈そしてGIRLFRIENDのメンバーと同期生である、元CUTExBEAT「河野奈々帆」ちゃんが、AKB48の第3回ドラフト候補生として最終選考まで残ってます。
https://www.showroom-live.com/akbdraft3rd_no19?r=a.31c32670
何度目かの挑戦になるんですが、本人は「NMB希望」なので、うまくいけば吉田朱里なんかと同じになりますね。
吉田朱里は、かれんとは同期で、小学生の頃同じように選抜ユニットで踊ってました♪
がんばって受かって欲しいですね。
そして、また同じステージに立てればいいのにね!
がんばれ!ななぽん!
https://www.showroom-live.com/room/profile?room_id=146953
1




AutoPage最新お知らせ