きままごとLIVE「Welcome newcomers! vol.3」@南堀江knave  

この前の【にょロボてぃくす8周年記念LIVE】〜無限 ∞ の AI を〜 の際(>http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1637.html )に、劇団「戦う女子」の翼(>http://twitter.com/tsubasa_eva2 )が「12/11にLIVEあるから来てね★『重大発表』あるし」って言われてたので、恐る恐る現場に向かいました。

『重大発表』……

いやもう、悪いことしか浮かびませんでした。。。。
呑気に「紅白出場かっ!」とか冗談返せないくらい。。。

解散?活動停止?上京?
……寿「卒業」?? 
…NMBりりぽんみたいに、いきなり舞台上での「結婚宣言」とか……


どのみち、「ああー、翼たちのLIVEもこれが見納めかー」と暗い気持ちでした。
いや、例えば、「上京」とか「寿卒業」とか、本人たちにとっては喜ばしいことでも、地元の応援者にとってはショックなこともありますからねー。
今まで、何度もありました。
GFの在阪最終LIVEも、最後に上京発表があったので、もう頭の中真っ白になってLIVEの内容なんか全部忘れましたもん。>http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1519.html

----------

11月末〜12月に入って急に仕事が入って来ましてバタバタしてきました。
11日も、予定では余裕だったんですが、急に仕事が入って来たので、晩までかかりました。
慌てて軽く食事して、堀江のknaveへ。(昼飯食ってなかった……)

今回は道に迷わないで(笑)ちゃんと着きました。

駆け付け一杯でビール飲んでると、DAICHIが来たので挨拶。
「なんか眠そうですね」「いやー、仕事が急に入ってきてねー。疲れてるねん」
「新曲歌いますよー」「おおー!」

DAICHIは今日もキマっていて、カッコイイあんちゃんだなー。
妖怪人間ベムみたい

前の演者にインターバルになったので、中へ。

程良く酔いも回って来た頃に「きままごと」LIVE開始!

最初の歌が良くて(始まり方もカッコよかった)、ええ歌やなーと思ってたら、次の曲で、いきなり頭にイルミネーション点灯してビビった(笑) 
てか、髪の毛も緑やし。。。(^_^;)

暗転すると、なんか笑えてしまう。。(^_^;)

なんか「12月やし、クリスマスなんでクリスマスツリーになりたかった★」らしい(笑)

いや、普通サンタさんとかあるやろー。
ツリーかよ!(笑)

そして「重大発表」。。

「2/14(水)きままごと・初の企画ライブ開催!」

え!うわ!
嬉しい!

なんと想定外の嬉しい発表!

「重大発表」っていうから覚悟してたのに、ええ話で良かった★
…絶対、もう翼たちと会えなくなるんかーと思ってたから
…ほんまに嬉しい★ 

しかもバレンタインデー…。
良かった★
これでバレンタインは独りぼっちじゃない(笑)
※あとで翼にそう言ったら「誰も、ぼっちにはさせません!」と。(^_^)

そしてオリジナル新曲発表。
※先行試写?違うと思う。。。(^_^;)

新曲……かなりええ歌やった★ 
翼らしいなあーと思った。
あとで本人にも言うたら「そやろ!そやろ!」と。(笑)

これでオリジナルが3曲になったんで、2/14にはCD化して物販をするそうだ。
「『きままごと』初めて物販出来るねん!」と。
そやね。
これまで無かったもんね。
「これまで物販コーナー立ったこと無かったから(笑)」

「重大発表」(=イラストはDAICHIが描いたらしい)をスケッチブックで出した後、まだスケッチブック使うのでなんだろ?と思ったら「ZOO-愛をください-」の出てくる動物を、「めくり」で漢字表記!

……おおーっと客席(笑)

「芸人のネタみたいや」と、あとで翼に言った(笑)
「歌いながら、『めくり』のタイミング合わせんのが大変やったー」
いや、それ「ネタ」やから。。。(笑)

「ホントはちゃうこともしてみたかってん」とのこと。
次は別のネタを仕込んでくるのか?(^_^;)

でもLIVE的に盛り上がるから楽しかった♪
ああいうのはアリだな。


終わってからステージ上のDAICHIに「チケットは?」と言うと、「えーと、翼が手売り分持ってるんですがー」

でロビーに出たら、翼が手売り中。

惜しい。「No.002」だった。(^_^;)

でも、チケットにわざわざサインしてくれた★
嬉しいね。
※これでこのチケットは、私本人以外使えません。(笑)転売不可っ!

出演者よくみたら、知ってる顔ばっかりやなー。(笑)
「真っ先に、まりりんに声かけた〜」だそうで。
おおー、久しぶりに会えそうやなー。
http://twitter.com/mircrepe2

なんかほぼbase2.5同窓会的な。。。(笑)

でもほんと、CDレコーディングに自主企画LIVEとは。。。
「なんか、あんな風に始まったユニットやのに、なんか本気出してきたね(笑)」
翼「(笑)あんな、ヌルっと始まったのにねー」

てな感じでしたー。

帰りがけ、出口まで翼がお見送りしてくれたんだが、イルミネーションがキレイでした(笑)

歩くルミナリエ。(爆)

……knaveって、桜川の駅からの方が近いんやね。
帰り道は桜川の駅から帰ったんだけど、すぐだった。知らなんだー。
※ていうか、西長堀駅だと目の前になるんだねー。(^_^;)いつも心斎橋から歩いて行って遠いなあーと思ってた(笑)


PS.
本屋で見つけた「100%SKE48vol.04」って本の表紙に「斉藤真木子」の文字があったので、久しぶりに出てるなーと思って買ったら、水着グラビアなんで驚いた★
…でもビールのポスターみたい(笑)
ビール似合ってるな。
居酒屋に貼ってそうだ。

http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1563.html

水着ってすごく珍しい。今更感があるとは言え(笑)、偉いな。
でもほんと、子供の時から知ってるコとか身近なコの水着姿って、全然エロく感じないなあー(笑)
いや、真木子ちゃんだからってワケじゃなくてねー。(^_^;)
0

★「ブレードランナー2049」  

今日は上映最終日っぽかったので「ブレードランナー2049」を観て来ました。

前日に、一応旧作を鑑賞して。
http://star.ap.teacup.com/applet/hakaseslog/200711/archive?b=01

午前中に梅田でチケット確保した後、「酸性雨が降りしきり、緊急車両のサイレンが鳴り響き、中国語が飛び交っていて、ネオンやLEDサイネージのきらめく」ミナミでメシ食ったり風呂入ったり酒飲んだりしてまた梅田に戻った。

---------------

まず、
…感想→2.5次元AI嫁が可愛かった★
…オレ、あれでいいや(笑)

内容的にネタバレ厳禁なのは、最後のシーンまであるからなあ。
いつ解禁すればいいのやら。。。

……話が「猿の惑星」か「ターミネーター」っぽくなってきたのは、やはりアメリカ人が考えたらみんなああなるのかー(笑)
続編は無い方がいいなあー。

音楽がヴァンゲリス使ってない(っぽくはしてるけど)ってのは??ブレードランナーってヴァンゲリスと不可分だしなあー。
どうせ旧作だってヴァンゲリスのアルバムからの借用がいっぱいあるんだし、旧アルバム曲とか勝手に使えばよかったのに。(笑)

「近未来」感が、より現実っぽい、というか、旧作みたいな衝撃は無かったなあー。

SFとしては良く出来てると思うし、その部分での続編としてはちゃんとしてる。この一本だけ見ても大丈夫。
「2010年」(=「2001年宇宙の旅」の続編)よりはましかなー。(笑)

予告編だけ観てて「旧作の最初の劇場公開版に近いのかな?」と思ってたけど、それほどでもなかった。

あらためて旧作が「不朽の名作」だというのは、再認識した。

時代がかなり追いついているので、iPS細胞で増殖させたヒトとか、記憶をインストールするとか、EMPによる地上全メモリークラッシュとか、USBメモリバーに入ってるAIとか、IoTによってAI嫁が晩御飯作って待ってるとか(笑)……それほど先の話じゃないと思う。

主人公が実際の女性でなくAIを「嫁」にしてるのが笑えますね。
ここまで発達したAIならもう2.5次元でも充分ですよー。判ってくださいよー。
現実に2次元が「嫁」としている人も多いと思うので(笑)ここは現代と大差ないわな。

やっぱりあの「2.5次元・AIウォレスコープ嫁」を早く製品化してほしいぞ>SONYさん
※立体ジュークボックスはSONY製でした(笑)
https://www.sony.co.jp/brand/campaign/feelthesonybeyond/

それと……やっぱり観ていて「仮面ライダードライブ」と重なるところが大きい。
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1611.html

あれは、途中から(インタビューによると制作サイド・出演者たちも)実は内容が「ブレードランナー」に近いことに気づき、だんだんそっちにすり寄っていったようで、観ていてもレプリカントがロイミュードに見えてしまう。

今回のも、面白いのはレプリカントは相変わらず顔色変えずに平気で人をぶっ殺したりするけど、AIは実に感情的に「愛してる!」とか言うんだよなー。
どっちがヒトなのか?これも面白い。

つまり……「魂はどっちにあるのか?」
あるいは、どっちにもあるのか?どっちにも無いのか?
「心」と「魂」は違うのか?

じゃあ、ヒトはどうなのか?

あと、この続編ではデッカードはやはり人間(30年後も生きてる。当時のネクサスシリーズは寿命が設定されている)ということになるんだが……まぁ、「奇跡」という言葉で片づけるなら、デッカードもレプリカントだった説は、まだ生きてることになるけど。

例の「撮影されたけど使われなかった旧作の『もうひとつのエンディング』」では、逃避行するレイチェルがデッカードに「私たちは一緒に作られたのかも知れない」と言って一瞬デッカードが「!」となるシーンがあります。
つまり、デッカードとレイチェルが一対で生産され、実は次世代型のネクサス(生殖機能試験機)だったのかも??

……と、一筋縄ではいかないようになってるのが「ブレードランナー」らしいところ。

ブルーレイ出たら買うんやろーなあー>σ(^-^;



……えーっと、チケット買ってすぐに記念撮影→

ブレとるなあー。
0

Little Glee Monster 3rdアルバムリリースイベント@ツイン21  

はい。

昨日はLittle Glee Monsterの3rdアルバムリリースイベント@ツイン21に行って来ました!

「だから、ひとりじゃない」「OVER」「明日へ」

どうせ優先席取れないと思うのでゆっくり行ったんで、優先券はナシ。

上から見た方がレアだと思ったので、3階のかれん側端っこでLIVE観覧。

あのコたちは、客席隅から隅までちゃんと観てくれてるので、ここからでも大丈夫!という自信あり。



特典会は、トレカにサイン。
かれんと、芹奈。

終ってからは、いつものガオラーメンバーで飲み会!

リリイベもともかくだけど、終わった後にガオラーみんなでワイワイやるのが、何より楽しい♪

<後日追加分>

前回のリリイベの際に予想していた通り、この時期に
3rdアルバムリリースが発表されました。
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1635.html

リリイベ場所の発表が「大阪」だけだったんで、また阿倍野?とか思ってたら発表されたのがOBPの「ツイン21アトリウム」。
※「権藤一佐!権藤一佐!」@「ゴジラVSビオランテ」

へぇー、あんなところでリリイベするんだー、珍しいーと少し驚きました。

何度かキャレス生徒の出演イベントなどで行ったことありました(>http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1429.html >http://star.ap.teacup.com/applet/hakaseslog/200608/archive)が、リリイベは珍しいですね。

行ってみると、確かにかなり広い。
優先エリアの取り方次第(ステージ両サイドの衝立や鉢植えの位置などを工夫すれば)で、優先エリアだけで1000以上入れそうです。
しかも全天候対応なので、天候に左右されない。

さらに3階回廊までのフリーエリアを設定でき(4階は危険なためか、退去指示が出ました)観覧席合計で2000人は軽く収容できます。

付近(館内)にも飲食店が充実していて、集客に対する経済波及も効果あります。

あべのキューズモールよりいいんじゃない?

ただし、施設館内にCD店が無いので、今回もHMV梅田店扱いになり、CD売上分が施設に還元されないという点がウィークポイントでしょうか。
※それなら、CD販売時に館内飲食店の割引クーポン券でも配布すれば、施設自身の販促効果が出ますね。次回は、ぜひご提案を。

それと、この商業施設(といっても超高層オフィスビルの下層部分)は、平日は人が多いけど、休日の集客が少ないというオフィス街。
郊外の大型商業施設のように土日だと大混雑になるというのとは、ほぼ正反対。
なので、土日開催の大型集客にはリリイベはもってこいですね。

※あと、前にも書きましたが、舞台スタッフやBe-●ngさんによる警備などは何とかなりますが、このCD即売の要員配置ってのが、意外と大変(その扱いCD店手配になるので)で、最終的に難航したりします。

……さて。

どうせ優先エリア券は早朝(あるいは徹夜組)でほぼ切れるやろうと思ったので、ゆっくりと、CD販売開始一時間後に現場到着。

現場に着くと、長蛇の列がウネウネと。
外まで並んでます。(^_^;)

あー、そっか。
予約なんで、時間かかるから捌くのが遅いみたいです。

ぞろぞろと並んでる間に、知り合いガオラーさんと色々挨拶。
さすがに今日はたくさん来てるなあー。

おっちゃんガオラー仲間でも、欠席者数える方が早いくらい。(笑)

客層も、土曜日と言うこともあって、小中学生が多いです。
※高校生は試験中らしい。(先生談)

結局、優先エリア券は、少し前で配布完了。
……ってことは、開始から2時間くらいは配布していたってことか。
何枚だったかは判りませんが、800枚はいったんでしょう。

で、おっちゃんガオラー仲間で色々雑談しながら、さてどこで観ようかと……。

うーん、下のフロアよりも上の階の方が面白そうだということで上へ。
一旦4階まで上がると、4階にいたガオラー仲間さんが「3階までで観て欲しいと退去指示があった」とのこと。

で3階へ。
うん、ここなら充分見える。
こんな感じ(笑)
http://twitter.com/LittleGleeMonst/status/936942806714662918
※いっ、いつの間に背中を取られたのか?(笑)(^_^;)

雑談しながら「今日は何歌うんだろう?」と。
アルバム収録曲なんでしょうけど、ここしばらくのシングル曲はともかく、あと何が入るのかまだ発表されてないので「今話題だから『Jupiter』やるんでは?」と。
前日の「東京コミコン」では歌ったみたいでしたから。
http://mdpr.jp/music/detail/1731656

「12月入ったんで『Magic Snow』歌うとか!」「えーっ!(笑)」

てな感じでいますと、いよいよ本番開始!

……なんとかガラケーでも写メ撮れそうなんで、撮ってみました。

いやあ、音響が……(^_^;)

んで、距離があるんで、多分微妙に音とタイミングがずれる。
アリーナなど、同じ大容積のホールだとスピーカーが配置されてるので、音がずれることはないんだけど、舞台横のPAだけなんで、なんか音の到達タイミングが……。

歌はまだいいですが、MCはほぼ何言ってるか判らない。。。
反響音が大きすぎて。
MAYUが「ツイン『にじゅういち』か『ツゥエンティワン』かどっちやねん」とか、かれんが「ここ昔からの地元なんでー」みたいなこと言ってるけど、ハッキリ聞こえない。。。
※あとで聞いたら、小学生の時にここで踊ったと言ってたらしい。上のリンク先にある「24時間テレビ」中継の時だと思います。

MAYU「紅白出場決まりましたーっ!」(拍手)
で、「なんかいつも白組が勝つので、自分らは一応紅組なんで(笑)紅組勝ちたいです!」「視聴率に貢献してください」と。

ハンズアップ曲2曲の後
「大阪でのリリースイベントは、年内これで最後ですが……」と。
???
「大阪では」って、「兵庫」はまたあるとか??
あー、でも年内はさすがにないだろうなー。
年明けに「兵庫」(=西宮?)とかであるのかも?

そしてラストの曲「明日へ」
http://youtu.be/p6fO8_5206U

これ、すごく良かった。。。

なんか、芹奈がほぼ泣きかけて歌ってたみたいで、こんな上の方の奥の端っこで聴いていても、胸に訴えかけてくる。。。
突き刺さってくる。。。
※よく、芝居なんかでも、一番奥の端の席の人に届くようにする、という指導がある。一番奥の端の席にも届くなら、手前の席には充分届く。

すごいなあー。

ホントに、「陸王」の「Jupiter」とか、「BORUTO」の「OVER」とかでリトグリ初めて聴いた人には、是非!是非!直接、ナマ歌をLIVEで聴いてほしい!

※個人的には「陸王」でリトグリの名前が売れてくるのが嬉しくてしょうがない。なにしろ主演は竹内涼真!「仮面ライダードライブ」だぞ!大好きな泊進ノ介!>http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1611.html

よくガオラーみんなでいうのは、普通のアーチストなんかはCD音源の方が整音されててキレイだからよく聴くけど、リトグリの場合は、ナマ歌の方が圧倒的に、強烈に胸に訴えかけるので、絶対ナマ歌の方が良い!って話。

だから、リトグリに興味持った方、これから聴いてみたいと思った方は、こういったリリースイベント(無料でも聴けます)とか、アリーナツアー(一般販売もしてます)で、是非、直接体験してほしいです。
絶対感動します!

「陸王」>http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/rikuou_tbs/007.html

※ガオラー仲間さんと話していたのは、紅白効果&「陸王」効果を見越してのアリーナツアーだったんだろうな、ってこと。紅白も決まってなければ、アリーナ2daysはかなりの冒険だったはず。紅白歌手となったらまあアリーナは埋まるだろうなーとは思うけど。後先だったので、アリーナツアー決まった時は、かなり強気な賭けに出たなとガオラー仲間では噂だった。これまでは、リトグリ運営は比較的堅実だったが、アリーナツアーは初めて攻めた!って印象でしたからね。

ステージ終わったので、降りて行って特典会へ。
まず優先席から整列とのこと。

ガオラー仲間で雑談してるうちに、サイン会開始。
一応並び始めるけど、優先席分が、なかなか終わらずに前に進まない。。。

なんかオペレーションおかしいのか?今回の現場捌きがヘタなのか?と思ったけど、そうでもなく、どうもメンバー毎の微妙な時間調整をして(間に休憩入れたりして)最終時間を全員ピッタリに合わせるようにしているらしい。。。
対応的には、AKBなんかの全国握手会のオペレーションのイメージに近い。

ああー、この前の阿倍野が、極端すぎたからなー(笑)>http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1635.html
少なくとも、最後の挨拶は全員でしたいから、なんだろうな。

だんだんそうなっていくんだろうな。
最初の頃のグダグダのオペレーションが懐かしい(笑)
オペレーションがグダグダだったから、ガオラー同士の紳士的対応で、ゆったりと乗り切ってましたからね、あの頃。
といっても僅か2年ほど前だけど。
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1498.html

並んでいる時、おっちゃんガオラー仲間でお喋りしてたんだけど、ふと見たらすぐ前にいる若い男性が注視してるスマホ画面に見覚えのあるロゴが。。
ん?まさか?と思ってチラ見したら……GIRLFRIENDのLIVEツアー日程チェックしてるやん!(^_^;)
※>http://youtu.be/_hcbNt48XZs
※>http://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/19420759_1969560746620888_1285944582207803410_n.jpg?oh=9402020897dded4d8ae9281a9a29f8f7&oe=5A70A84B
……こうやって、両方のファンが増えてくれたら、言うことないねえー。
※そう、GIRLFRIENDのメンバーって、リトグリと同期生です。京橋のキャレスV&Dスクール時代。同じ「CUTExBEAT」(=http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1307.html)ってユニットにいました。

一応、参加券は2枚なので、キャレス卒業生2名ということで。

まず、かれんのつもりで並んでいたら、芹奈列の呼び込みの方が早かったので、芹奈列に。
※芹奈列は、意外とどんどんハケる。

芹奈には「来たよー♪」というと「おーっ(笑顔)」
「紅白おめでとう!」と伝えました。

すぐ後ろにヲタ友の、う●むらさんがいたんですが、ボクのすぐ後ろだったんで芹奈に「え?いつも二人一緒に来るんですか?」と言われたらしい(笑)
いや(^_^;)、現場で合流するだけで、同棲したりしてないから。
そっち系じゃないから。(笑)

一旦ハケて、並びなおし。

次はかれん。

かれん列、意外となかなか進まない。
かれんは、一人一人丁寧に対応してるから、なかなか捌けない。
てか、最近はそれを本人も過剰に意識してるらしく、かなり極端に遅い(笑)
アイドルなんか、いかに早く捌くか?みたいのところがあるのに、逆にスタッフに注意されるくらい一人一人丁寧に対応してる(笑)って、どうよ?(^_^;)
いや、ガオラー的には嬉しいんだけど(笑)
ええコやなーとは思うんだけど。

かれんに「来たよー」と、「あー(^-^)」と、ぱっと笑顔に。
「紅白おめでとう!……もう、今年は武道館、大阪城ホール、紅白とホントに嬉しかったよ」
かれん「ありがとうございます★」
「この京橋から!ついに行くんやね。頑張ってね★」
かれん「(笑って)はい★ありがとうございますっ!」

ええコらやな、ほんまに。

今や武道館だ、紅白出場だっていうビッグアーチストなのに、こうして直接会ったら、以前と変わらずに「普通に」接してくれるのが嬉しいね。

紅白出場っていうと、いわばサッカーで言えば「日本代表戦出場」。
父親が選手として成し遂げなかった夢を、娘がついに実現する。
かっこいいよなー。
http://www.korenaga.ws/2013/06/blog-post_15.html

でも、あのコたちはそれでも謙虚だし、周りに気を遣ってるし、そして何より猛烈に(今でも)努力を惜しまずに、実力を伸ばしている。
それが何よりまた、あのコたちを周りが押し上げる。。。

……と言ってるうちに、うまく調整して(笑)、ほぼ全員一緒に終わり。

全員揃って、最後のあいさつ。
「大晦日は紅白観て下さい★」

ということで、おっちゃんガオラーたちも集まり……「忘年会どーすんの?」「大阪城ホールの時の宴会は誰が仕切るの?」

……と、飲み会の話ばっかり。
「もう、今から集まったガオラーだけで忘年会しよー♪」「そうしよー!」
と、みんなでぞろぞろ京橋へ。
♪京橋は〜ええとこだっせー

途中、陸橋から「あっちの京阪電車高架下にキャレスがあるんやでー」とか、「あそこのダイエー(今はイオン)のステージで、芹奈もかれんも子供の頃歌ってたでー」とか、まだ飲んでないのにワイワイ言いつつ、飲み屋へ。
えーっと、まだ16:30だから早すぎて開いてないので(笑)適当に、開店準備してる店探して交渉。

以降、二次会までワイワイでしたー。
※二次会で行った店、去年の鶴見リリイベの後にも行った店」らしいけど、全然覚えてなかったー。(笑)

PS.
ドラマ「陸王」で流れてて超話題の「Jupiter」。
配信開始されました!
http://itunes.apple.com/jp/album/id1311280941?app=itunes
※プレビュー聴いただけでも泣けるなあー。。。是非聴いてみて!

……そーいえば。
ドラマ「陸王」初回でリトグリの「Jupiter」流れたのってサプライズだったんですよね。
事前告知ナシでいきなり流れた。。。
でも、最もコアなガオラーは、ちょうどその頃、リトグリ秋ツアー奈良公演当日、公演終わった直後で、我々おっちゃんガオラーは、奈良駅前で、みんなで宴会中だったから、誰も観ておらず、全然知らんかった……という。。(^^;)
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1631.html
翌日、ネットで大騒ぎになってるのに驚いた。。。

PS.
近所のローソンにあったチラシ。
…すごいなーと思うのと反面、ちゃんと満席になって欲しい!と心配になる(^-^;)

PS.
ついでに。。。
キャレスV&Dスクール「CUTExBEAT」の話が出たついでに(笑)
かれん・芹奈そしてGIRLFRIENDのメンバーと同期生である、元CUTExBEAT「河野奈々帆」ちゃんが、AKB48の第3回ドラフト候補生として最終選考まで残ってます。
https://www.showroom-live.com/akbdraft3rd_no19?r=a.31c32670
何度目かの挑戦になるんですが、本人は「NMB希望」なので、うまくいけば吉田朱里なんかと同じになりますね。
吉田朱里は、かれんとは同期で、小学生の頃同じように選抜ユニットで踊ってました♪
がんばって受かって欲しいですね。
そして、また同じステージに立てればいいのにね!
がんばれ!ななぽん!
https://www.showroom-live.com/room/profile?room_id=146953
1

「歌って踊れるロボットアイドル」が唯一でなく「ジャンル」になった!  

本日は【にょロボてぃくす8周年記念LIVE】〜無限 ∞ の AI を〜 に行って参りました★

OPAに劇団「戦う女子」も出ていたので、一石二鳥!(笑)

色々楽しかったです♪

新型機のお披露目とかサプライズでした★

でも……何より一番驚いたのは「歌って踊れるロボットアイドル」が唯一でなく「ジャンル」になったこと!
これは驚いた。







チケット半券で谷九の「らぁめん こらぼるた」>http://www.colavolta.jp/ )で、トッピング無料サービスあるらしいので、また行ってみます★
てか、今住んでる部屋のすぐ裏やし(笑)
※とか、思ってたら、本番終了後「戦う女子」の面々が来店していたらしい。しまった。。。(^-^; 昨日の昼がラーメンだったから今晩はいいかなあーと思って、近所の別の店で牛丼食ってる場合じゃなかった(笑)

「きままごと」の次回LIVEは12月にあるらしい。年内最後。
そこで「重大発表」があるとのこと(翼本人より)。
うーむ、気になる。。。(^-^;

★写真スライドショー★

※今回は、一眼レフでは無く、コンパクトデジカメです。なので、あまりいい写真じゃないです。。。んー、一眼レフだと撮影に集中しそうだったんで、それは面白くないかなぁ、と思った次第。でも途中でメモリーカードフルになったので、カード入れ替えたくらいでした(笑)

<以下、後日追加分>

ハイ!ということでー。
(編集点)

【にょロボてぃくす8周年記念LIVE】〜無限 ∞ の AI を〜 に行って参りました★

11/26って「いいにょロボの日」なんだそーだ。(笑)

さらに!
OPAに、知り合いのコスプレパフォーマンス劇団劇団「戦う女子」

という「行かなあかん」イベントです。(笑)

なんか現場のLIVEハウスが……全然知らない場所だったんですが……。
よくこんなところ探したなって位の住宅地の真ん中にありました。
地下鉄の辺鄙な駅から徒歩15分。
なんでこんなところにLIVEハウス作ったの?って場所でした。(^-^;
http://www.livehouse39.com/

地下鉄の駅を降りて、HPの写真案内をもとにどんどん歩いて行き……
え?ホントにこんなとこにあるの?(^_^;) 
間違ってない??と不安になる位駅から住宅地の中をずんずん行った奥に、人だかりを発見。
あー、ホントにあったんだー、とラピュタを見つけた気分で(ウソ)

いやもう、でもこれくらい濃ゆいイベントでないと、誰も来ないよな、ってくらいのところです。(^-^;

並んでいても、特撮ヲタの多い現場ですが、例によって客席は誰も知らん(笑)
いや、こっちのコミュニティーって、ほぼ関わって無いのでー(^_^;)

あ、でも、base2.5によく来てたチビちゃんも来てる。
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1568.html
あぁいうコがやがて次の世代を作るんだよなー。

客席にいたそんなチビっコが、やがてデビューして日本レコード大賞受賞するところも、日本武道館に立つところも、この眼で見ましたからね★

平成ゴジラシリーズの頃、ボクらゴジラファンが色々騒いで盛り上げていたんだが、その頃に、それに釣られてちっこいガキたちがたくさん劇場に来て騒いでた。
※当時、東宝宣伝部・映像事業部の方々には、イベント協力など随分とお世話になりました。

その年代のガキたちが今、大人になって「ゴジラファンだ!怪獣ヲタクだ!」と断言してシン・ゴジラのブームを支えてくれた。
ゴジラを熱く語っていた。
彼らの文章読んで「間違いだらけだな。(笑)なんだ?新参ヲタか?」と鼻で笑いつつ、彼らの世代がちゃんと育ってくれたことは喜ばしいし、我々の誇りでもある。

……「文化」は、繋げてゆくことに意義が有る……。


なんて感慨に耽っていると、開場。

キャパ200くらいかな?
満杯で身動き取れない位でした。
入場すると、多くのファンが物販に集中していたので、自分はとりあえずイス席確保。
いや、だから、キミら体力を考えろよ。(笑)
その平均年齢で(笑)2時間以上立ってるの、しんどいに決まってるやろ?
他のLIVE行ったことないのか?(^-^;
ま、でも最前列ってのは気が引けたので、二列目の端っこに。(すみっこぐらし)
なんせ、この現場ではフリコピもMixも判らん地蔵なんでー。(笑)

一応持ってきたコンパクトデジカメの準備などしてるうちに、開演。

前説は14号機。
たどたどしいけど、愛されキャラです。

OPAは「劇団・戦う女子」っ!
http://twitter.com/tatakaujyoshi
歌唱+殺陣!

かっけーっ! >w<
※殺陣の部分は動きが速いので、このカメラでは撮影出来てませんでしたーっ。すんませんっ! >〜<;





もう、これはさすがです。
今回は洋装なんですが、活きてますね。

久しぶりの活動と言うこともあってか、気合の入ったステージでした。

にょロボのMCと掛け合い。

そして、にょロボユニットステージ。





いや、後半でのオリジナル曲の盛り上がりも楽しいけど、前半のユニットカバーの古い歌も楽しかったな。
8周年で「エイトマン」とか「キャッ党忍伝てやんでえ」とかニッチだなあー(笑)

「浪速伝説トライオー」良かったなー。
やっぱ盛り上がるわー、あれ。
大好きだわー。

そしてゲストLIVE。
「おまかせメイドールズ★」
https://maidolls.jimdo.com/
https://www.youtube.com/channel/UCmjtK7a0j8RHxnStA8eXgNA

これはすごいっ! >w<

この「ローカルアイドルロボットユニット」……歌って踊る(更にMCまでこなす)ロボットアイドルというだけなく!
……更に殺陣まで出来てビビった!

MCも面白かった★





最初、完パケなんで「ああー、ここは地声ナシかー」と思ってたら、ちゃんと地声MCもする。
しかもキャラ立ってて面白い!
殺陣もサイコー!
これって、関西のニョロボ+戦う女子をそのまま取り入れたってこと。
しかも完成度高い!

いきなり歌ったのが「有言実行三姉妹シュシュトリアン」!
これは!(^-^; 

めっちゃ和風ロボなんで似合ってる!
アガった!(笑)

そっか「東映大泉学園撮影所」って練馬区だったのかー(^-^; 
これはヤラレタ!(^ヘ^;
※確かに、あのシリーズって「世界平和」とかじゃなく「ご近所の平和」のために戦ってたから「練馬区の女子ヒーロー」なんだよな!(笑)
※知らない人はググってくれ!(笑)多分ハマるぞ!(笑)

さすがだ!

しめ縄つけてるし、魔除けの鈴をぶら下げててシャンシャンいってるし、完全に和装なんすよねー。
これすごいわ。

イケイケぶりっこのモモちゃんと、ツンデレで礼儀正しいアオイちゃん。
MCの掛け合いも素晴らしいっ!
完パケ部分と、地声MC部分もスムースに継がっていて、違和感がない!

それに敵役としての「ジャマなんとか」(忘れた)との掛け合い。
そして殺陣っ!

これは完成度高いっ!
すげーっ! p>o<q

♪ネリネリ練馬っ!
覚えたぞっ!(笑)
https://youtu.be/PI_joC2p5X0

なんかプロデューサーの鼻歌らしいけど(笑)

そうなんですよね。
ローカルロボットアイドル。

これまで「にょロボ」が世界で唯一の「歌って踊れるロボットアイドル」だったのが、ついに「メイドールズ」が出てきた。

しかもこの「メイドールズ」、ロボットアイドル+殺陣の要素が入っているだけでなく、悪役が登場するので、ローカルヒーローショーにもなってる。

しかもメイドとか(笑)いいところを全部ぶち込んでるんだけど、ちゃんとそれが成立してるのがすごい。

あっぱれだー。

そして、にょロボとメイドールズの集合写真タイム。
〜交流タイム。

ってことで、「劇団・戦う女子」のメンバーともご挨拶。




……などしてるうちに。

突然、にょロボ新型機が舞台に登場!

9号機「プラナ」ロールアウト!
これはっ!(^o^;)
かっけー!

デザインがめっちゃカッコよくて、ハマりそうです。
しかもいきなり歌ったのが欅坂46「サイレントマジョリティ」!
……かっけーっ >w<;

ということで後半ステージ開始。

ここからは、にょロボのオリジナル曲を披露。





いやもう、お腹いっぱいですわー。

全員曲で歌う際、9号機も参加するんですが、AIが未学習なためか(笑)振付が出来てないのがご愛嬌。

後半曲は、客席からのコールも大きくて、ノリノリのステージでした。

終了後、再び交流タイム。

客席は、関西の濃ゆいにょロボヲタの方々はもちろん、関東から来ましたって方やら、外人さん(!)やら、日本中……を越えて、世界中からこの東淀川の小さなLIVEハウスに集まってました。
すごいな、これ。
「東京モーターショーで観てファンになりました」「蘇我のイベントで観て来ました」とか。。。
まさに「CoolJAPAN」……世界最先端ポップカルチャーなんで、こんな辺鄙な場所にすら世界中からわざわざ客が集まる……すげーな、これ。

実際、これってLIVEで直接動いてるところを観ないと凄さが判らんというのが勿体無い。。。

なんて考えながらヒマそうにしてたら、翼に呼ばれて「戦う女子」のチェキ撮影スタッフやらされた(笑) 
…でも久々にスタッフワークやって楽しかったよ(笑)
※実はこういう場が苦手で、つい壁の花になっちゃうんだよなー。(^_^;) だからスタッフワークやってる方が落ち着く。

「もしかしてプロですか?(笑)」と言われ、「あ、俺プロやった…(^-^;)」と思い出した(笑)

撮った後、まだ画像が出てない時に「大丈夫かな?」(^-^; と言ったら
翼が「うん。信じてる」と。
……ごめん。なんか嬉しかったよ。。。  
最近、誰かに信じてもらったことが無かった気がする(笑)

で、「あ、ボクもチェキ撮ってよー」と言って撮ってもらった。

最後に全員での集合写真タイム。


と、いうことで……
(編集点)


SFファンダムに有名な話があります。

H.G.ウェルズは「タイムマシン」という独創的な作品を書いた。
世界で初めて、時間を越えた体験をする物語だ。
だが、誰かが次に同じタイムマシンを使ったタイムトラベルものSFを書いた。
マネしたことには違いないが、これによって「タイムマシン」は単独の作品でなく、「タイムトラベルもの」というジャンルの一作品になった。
最初に発想したウェルズは確かにすごいが、それに臆せず、その発想を深化させたものにより、「タイムトラベルもの」は「一作品」から「ジャンル」へと発達した。
以降、例えば「時をかける少女」も「バックトゥザフューチャー」も、このジャンルの一作品だ。
だから二番目に書いた作家は、実はすごいのだ。。。


そうなのだ。

ボクの親友の何十年来のアイドルヲタが、「によロボ」のことを「すごい発明だ」と絶賛していたように、ロボットアイドルというのはかなり進んだ発想であり、アイドルの本質的な部分に対して、ものすごく良く出来たものだ。
これまでは、「にょロボ」が世界で唯一だったのが、この二番目のロボットアイドルの出現によって「ジャンル」になった!

これはすごい。

しかも、それが敵対し合うんじゃなく、こうして手と手を組んで「ジャンル化」してしまったのは強い!

※「セーラームーン」が大成功した時の「ウェデングピーチ」とか言っても誰も覚えてないが(笑) あるいは「スケバン刑事」ヒット時の「セーラー服反逆同盟」?(笑)

うん。すごいことだ。

そして9号機ロールアウト。

歌もダンスもかなり巧い……いきなり新型CPUに新型アクチエーター搭載なのか?
新アルゴリズム採用の最新AIなのかっ?
猛烈なハイパフォーマンスです。
衝撃的です。

これまでとも少し違ったデザインコンセプトで、ヘルメット被ったスレンダーな女性アンドロイドって感じですね。
蛍光ライムグリーンのラインやら、ヘルメットのLEDもCoolです。
「エリアル」とか「電脳警察サイバーコップ」とかのデザインラインですねー。

頭の後ろにツインテールとして2本のチューブみたいなアンテナ(?センサー?)がぶら下がっていて、それもまたCoolです。

よく見たらフェイスも、口元にアルカイックスマイルが浮かんでます。

よく出来たデザインですねーっ!
素晴らしい!

という、見どころ満載の8周年LIVEでした!
8年というのは、すごいですが、これから新曲も出して、どんどん出てゆくみたいです。
ロボットは部品交換したら劣化しない!
最悪の場合でも、AIをフォーマット化して再インストール→再起動→再学習も可能。(キャラは変わるけど)

まだまだ、これからですよ!

PS.
この「にょロボ」ですが、「東京コミコン」に出るらしいですね。
http://twitter.com/nyoROBOtics/status/935070310939860992

……と思ったら、「東京コミコン」ってオープニングにリトグリも出るとのこと!
http://tokyocomiccon.jp/stage.html

なんだ?なんだ?なんだ?

全然、別の分野で好きだったり、近かったりする者たちが「Cool JAPAN」の最先端文化として同じイベントに出たりするのかー(^_^;)
0

天王寺紀行。  

秋の一日。
天気のいい休日。

一眼レフ「PENTAX K-30」を片手に、自転車を走らせて、「天王寺公園」へ行ってみました。
http://www.city.osaka.lg.jp/contents/wdu170/tennojizoo/top.html

先日、少し来た時に、あまりにキレイな光景で、カメラに収めたい!との感情が起こり、この日を待ち望んでいました。
※下のレポ(>http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1635.html)と同じアングルの写真もありますが、前はケイタイで撮ってまして、今回はちゃんと一眼レフで撮り直してます。

風景って、止まってるから撮るのが楽やね。(笑)
実際にはそれぞれ前後何枚か露出を少しづつ変えて撮って、ベストを後から選んでます。

撮って出しじゃなく、一応photoshopで微調整してます。
機材はPENTAX K-30+smc PENTAX-DA 18-55mmのズームレンズを使用。
ズームレンズだと画角が自由に動かせるので、構図取るのが楽だわ。。
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1351.html

まずは、茶臼山に。
四天王寺ゲートから、茶臼山エントランスへ。
一心寺の裏に大きなコンビニが出来たなーと思ってたら、これが茶臼山エントランスなのだそうです。
入口に大きな「真田幸村」の看板があります。


山頂(?)にもパネルや六文銭の旗印があり、観光客も多いです。
緑の山に赤い旗印の対比が目立ちますね。
今は木々の間を縫って、ハルカスや通天閣が見えます。
降りてゆくと、河底池にかかった和気橋の朱色が鮮やかです。
ここから見た池と通天閣もキレイですね。




茶臼山と池の緑、和気橋と紅葉の赤がとても対照的で美しいです。
池の端から見たハルカスと「大阪市立美術館」。
そこへ至る階段に、さりげなくギター弾いてるおじさんがいたりして、何だか芸術の秋ですなあー。

イチョウと言えば「大阪府の木」。
ちょうど黄色く色づいていて、大変キレイです。
市立美術館前のイチョウも建物にマッチしてますね。


美術館では「二科展」を開催しているらしく、いかにも芸術の秋です。
振り返ると、ハルカスが望めます。

……先日ケイタイで撮った全く同じアングルを、もう一度撮影条件の変わらないうちに一眼レフで再撮影してます。

美術館の階段から前にまっすぐ伸びる道……ちょうど動物園の上を横切る形で新世界ゲートに抜ける道ですが……シンメトリーで、西洋式庭園っぽくなってます。
ここから通天閣が、よく見えますね。





「旧黒田藩蔵屋敷長屋門」があって、美術館の西洋と、江戸時代が混じった感じですね。
この旧黒田藩蔵屋敷長屋門は、中之島にあったのを移築保存したものらしいです。

美術館の横を通ってゆくと、「慶沢園」の入り口があります。
さて、せっかくだから「慶沢園」に入って見ましょうか。
入園料150円。安い!


入ってビックリ。
まず、結構立派な日本庭園であることと、市立美術館と、そして日本一の超高層ビル「あべのハルカス」が借景として機能していること!
もちろん、庭園は明治から大正にかけて造園されたので、当時は超高層ビルなど無かったのですが、その後に造られたこれらが、この庭園の景観を破壊しないように配慮され、借景となっています。
おそらく、ハルカスの設計者は何度もここへ足を運び、どのように見えるかをシュミレートして設計したんでしょうね。

後世に残るランドマークを造るというのは、そういうことなんでしょう。


超高層ビルと日本庭園のマッチングが面白いですね。
そして、ここだけでしか観られない「逆さハルカス」。


かなり本格的な回遊式日本庭園です。
滝もあれば、四阿もあります。
これが150円で堪能できるなんて、安すぎます!
穴場です!





大都会の真ん中にこんな庭園があるというのが面白いですね。
天王寺の駅から歩いて5分もかかりません(笑)
今のところ穴場なんで、お客さんも少なく、そこもまた居心地の良い所以です。

上海の豫園(あそこも大都会のど真ん中にありますが)なんざ、景色よりもお客さんの方が多くて、人混みを観た印象しか残らないですもんねえー。(笑)

さて、庭園を出て再び、ハルカス方向へ。
陸橋を渡ると、「天王寺動物園」入口と、「てんしば」が見えてきます。



日本一の超高層ビルを背景とした、広い芝生の広場では、家族連れやらカップルやら、青春を謳歌している若者グループなど……もう、「絵に描いたような平和」な風景です。(笑)
てか、日本の為政者や官僚・公務員の皆さんなどは、こういう光景をちゃんと見てほしい。
自分たちが、命を賭してでも守りぬくべきものは何なのか?ちゃんと見てほしいです。

「兵どもが夢の跡」……実はここ、若い頃仕事で随分と関わった場所だったりします。
バブル期の1987年、ここで開催された「天王寺博覧会」という地方博がありました。
バブル期には、こういった地方博が各地でたくさん開催され、多くの人で賑わう時代だったんですな。
ここで開催されたその博覧会で、当時、広告制作会社のADだった私は、とある企業体のパビリオンの制作・現場進行管理を担当してました。
制作準備から開催期間を含め、半年間この場にありました。
入館者計80万人の人々の心に残るような仕事をしてましたが……記憶には残っても、記録には何一つ残らないお仕事でした。
それが自分の目指したものだったんですけどね。。。。
http://art49.photozou.jp/pub/419/3062419/photo/221878800_org.jpg



「てんしば」からハルカス方向へ。
実は、この天王寺公園から観たハルカスがデザイン的に一番カッコイイ。(笑)
攻めてるでしょ?(^-^;
大阪中心部から観たら、ただの墓石みたいですが、このアングルからだと、やたら鋭角的なんです。

JRを越える陸橋を渡って、ハルカスの展望台へ向かいます。
と言っても、最上階でなく、16階。
ここでも充分高くて眺めがいいし、何より「入場無料」です!
ちょうどこの、横に出っ張ってるところの上になります。
https://www.abenoharukas-300.jp/

ちょうど「北斎展」をやっていて、猛烈に人が多かったです。
その間を縫うようにテラスに出ます。
ここはガラスに囲まれてますが、吹きっ晒しの為、少し寒いですね。
でも、地上約80m位の高さがありますから、充分眺めもいいし、何と言っても「無料」!です。

北西側を観ると、今来た天王寺公園(てんしば・市立美術館)、通天閣、そして難波のビル群が見えます。
すぐ北側を観ると、左手に茶臼山があります。

……夏の陣・天王寺口戦(1615/6/3)で言えば、ここに幸村の本陣があり、谷町筋を挟んで、「レイク」の看板の右上・目の前の大きなマンションの辺りからと、その後ろの工事中のマンションの辺りに友軍である毛利隊が布陣しています。
http://kazusa.jpn.org/b/archives/category/repo/settu

幸村の陣はかなり高台にあり、バトルフィールド全域を見遥かすことが出来ます。
すぐ近くに最も親しい戦友である毛利隊がいるのも心強いですね。
……ただ……
秀頼様の大坂城はというと……はるか北。
この写真では、右手前の大きなマンションの上、ひときわ高い高層マンションがありますが、その左。
工事中のマンションの上、写真では判りづらいですが、小さく緑の三角屋根が見えます……これがあの、守りぬくべき大坂城。
もう……はるかに遠いです。
目の前で徳川勢と対峙している中、淀殿とお殿様は、あの遥かなお城にいるのですね。
あそこが守るべき城。

一方、攻め手である徳川勢は、このハルカスあたりに浅野・本多隊、そして真田信吉隊が布陣しています。
さらにその後ろ(南側)に越前・松平隊の主力部隊である大軍勢が布陣しています。
開戦時は、ほぼこのハルカスを挟んで、両軍が睨み合ってるという距離感ですね。

徳川勢前田隊は、随分と北東に進軍しています。
東側・生駒山方向を見ると、東大阪の中心部(荒本にある高層の市役所など)が見えてますんで、あそことの中間くらいに「岡山」(=現・御勝山古墳)がありますから、写真左端の手すりのすぐ上あたりに布陣し、北上して大坂城を狙う感じです。

大坂勢は、元は、この茶臼山とその岡山の間に巨大な堀を造営して防衛ラインを構築する予定でしたが、間に合いませんでした。
※ちなみにこの岡山。現在は勝山と言われているのは、大坂の陣に勝利した徳川秀忠がここで勝利の祝宴をしたから勝山と言われるようになったのだとか。うむむ。。。

それら攻め手勢の奥に、総大将である最高指揮官・徳川家康の陣があるので、右の写真の右端奥、ちょうど目の前の超高層マンションのすぐ左のはるか奥の辺りに、家康が陣を張っている、というところです。
この時点ではまだ、援軍である秀忠隊は到着しておらず、さらに画面奥の奈良街道をこちらに向かって行軍中です。

そう……「目指すは!家康の首!ただひとぉ〜つ!」です。
あれを獲らない限りは、この防衛線は破られ、大坂城は落ちます……。
逆に、秀忠は諸大名からの人望が低く、家康が亡くなれば、大義のある大坂勢有利と見て大坂勢に趨勢が傾き、再び大坂の再興も可能です。
幸村はそれを狙っています。

1615年5月7日正午頃、毛利勝永が軍議のため茶臼山の真田幸村本陣に赴いていた時、天王寺口に布陣していた毛利隊偵察兵が本多先鋒隊を銃撃し開戦。(JR天王寺駅付近)
これまでにない兵力・火力のぶつかり合う総力戦に突入。
戦場は混乱。
勇猛な毛利隊は本多隊を討ち勝ち、本多隊は壊滅、一気に敵陣営に攻め込む。(阿倍野方向)
幸村も交戦していたが、茶臼山を降り、松平隊と激突。
その間隙を突いて進撃し、無防備となった徳川本陣へ突撃を敢行。(平野方向)

ここ、実際にこの辺りを歩いたりすれば判りますが、茶臼山・四天王寺口は丘の上、徳川軍が控えているのは丘の下です。
大阪勢からすれば、一気に上から攻め降りる感じになるんですね。
毛利隊、幸村隊はまさに一気呵成に攻め降りる感じで突き進んだんだと思います。

……はるか後方のお城から、必ずや殿様が最前線にお出でなさり、将兵を鼓舞すれば、大坂勢に勝機あることを願いつつ、まっすぐに敵本陣へ。

……しかし、淀殿に咎められ秀頼公はお城を出ることなく、多勢に無勢、大坂勢は敗れて行く……。
3時間の激闘はここに幕を閉じる。。。


と、幸村の最期の戦いに想いを馳せながら、展望台を後にします。


暮れゆく夕陽を浴びた天王寺公園は、先ほどとはまた違った趣がありますね。

そこで敗走した幸村の最期の地となった「安居神社」に行ってみようと思い、天王寺公園から自転車を走らせて、「一心寺」前を通り、「安居神社」へ。

http://sanadada.com/1304/
あ、門が閉まってます。
どうやら、午後4時閉門ということで、少し間に合わなかったようですね。無念です。
また今度、来ましょう、近いんだし。

帰り道。
何人かで歩いていた外国人観光客のガイドさんが、住民の方に「この辺で夕陽のキレイな坂道ってどこですか?」と訊いていました。
あ、そうだ。
ここら辺は「夕陽ヶ丘」という地名で、上町台地から観た夕陽が西に沈んでゆくのがとても美しくて有名な場所です。
ちょうど夕陽の刻。


「清水坂」という場所から観た夕陽です。

そういや、「四天王寺」の西門から観た夕陽が「西方浄土」を想わせることで有名です。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASHC24H0B_X20C14A9AA1P00/

落日にはまだ間に合う!
自転車を走らせて「四天王寺」へ。

ちょうど、西門の向こうに夕陽が落ちるところを観ることが出来ました。
南無阿弥陀仏。。。。
※ウチは浄土宗です。

「四天王寺」は、聖徳太子が創建(西暦593年)した日本最古の仏教寺院です。
http://www.shitennoji.or.jp/

「四天王寺」と、そこから観た「あべのハルカス」。
どちらも、その時代の最先端の技術と文化を結集させた塔ですね。
※四天王寺の伽藍は何度も消失しており、現在の塔は1959年に再建されたもの。

てな感じで、天王寺公園・時間と空間の旅はこれくらいにて。

久しぶりに、いっぱい写真が撮れて満足しました★

↓スライドショーです♪


http://photozou.jp/photo/slideshow/134246/9111053

PS.
別頁たてるのも何なんで、こちらに。
先日、ウチのお墓のあるお寺「大善寺」で、音楽法要がありました。


アルパ(=ハープの小さいやつ)という楽器演奏の音楽法要でした。
妙なる竪琴の音色はうっとりしました★
https://youtu.be/bnx2Sp2SMuA
※↑この方のこの曲お聴きしました。なんか大河ドラマのエンディング紀行に流れてるみたいな素敵な曲でした。上にあるスライドショー観ながら曲聴くとピッタリですよー♪

ハープよりもお琴に近い音色ですね。
あと、ハープ奏者って意外と凄い格好でお弾きになるんですが(ハープ自身が巨大なため、抱き着くというか、開脚して抱え込むみたいな格好になります)アルパは少し小さいので、上品な弾き姿でした♪

光線の加減で、なんか、天女みたいに輝いたはります(笑)
……そういや、ここの本堂の欄間に、天女が舞ってますが、うち一人は竪琴弾いてます。(笑)

お寺の本堂と竪琴ってのは、一瞬アンバランスな気がしますが、実はそれほど離れているものではなく、浄土宗では読経でも木魚も鉦もドラもシンバルもありなんで、意外と親和性が高いんです。

ちなみにこの「大善寺」。
創建は1596年。
江戸期の古地図にも載っている古刹です。
http://blog.livedoor.jp/baseballstats-syuppan/archives/32962835.html
http://tois.nichibun.ac.jp/chizu/images/002913671.html

かつてウチの遠い祖先もここにお墓を持っていたそうですが、いつしかその縁も途切れていましたが、偶然にも、墓所を探していた父親がたまたまここに墓地を買ったのです。
……という、ウチとは不思議なご縁のあるお寺なんです。
0

「赤備え」で参上-リトグリ『OVER/ヒカリノカケラ』リリイベ@あべQ  

昨日は、更新しようとしたらサーバーメンテで、ここ落ちてました><

ということで、昨日はLittle Glee Monsterニューシングル『OVER/ヒカリノカケラ』リリースイベント@あべのキューズモールに行って来ました★

ここ、今住んでるところからは自転車で10分程度なので、お仕事休みだし、余裕こいて開店1時間後位に到着。
あんまり早く行って、開店前から並んでるガオラーと一緒っても何なんでー。

朝のハルカスも、いいもんですな。
日の本一です。

物販ブースにて、メンバー人数分を購入。
いや、最近リリイベが少ない(スケジュールの問題、会場キャパの問題など)ので、これでも以前より枚数少ないくらいです。。。(^-^;

優先エリア入場整理券番号は「261番」。
んー、まあこんなもんかな(^-^;
平日なんでもう少し前かと思ったけど、ランダム発行なんでねー。
※最終的には500くらいまでの発行でした。
平日なんで。
前の時は日曜だったんで、800以上行きましたし、フリーエリア含めて2000以上入って、危険なくらいパンパンでした。
だからこれくらいで、ちょうどいいのかも。

とりあえずゲットしたし、親しいガオラーさんもまだいないので、天王寺をブラブラして、時間つぶし。

喉乾いたので、ペットボトル買って、天王寺公園の「てんしば」へ。
なかなかヨサゲですね★ 
天気良かったんで、家族連れやらカップルやら、リア充でいっぱいでした。



そのまま、ブラブラと天王寺公園・茶臼山方向に。
いや、最近「真田丸」録画分を再見したので。
何度見ても、燃えるっすからねー、あれは。

で、この辺て、ちょうど季節も良いのでやたらキレイです。
今度、休みで天気の良い日に一眼レフ持って、撮影に来よう。。。

うん。
彼女連れの男性が、彼女を被写体にして撮ってるのは少し羨ましい。。。
ああいう、いいモデルのコがいればなあ……(被写体、募集してます(笑))
ギャラは払わんが、ご飯くらいは奢るけどなー。

で、茶臼山へ。




えーっと
たまたまだけど…今日は「リトグリ武道館攻略記念」の赤Tシャツ+いつもの赤キャップという「赤備え」の出で立ちで参上仕った、でござる。(笑)

もともと古墳なんだけど、やはり大阪の陣で有名。

つはものどもが夢の跡。

冬の陣では、家康が陣を張り真田と戦ったんだけど、夏の陣では逆に幸村が陣を張って家康を迎え撃った。。。
山頂では、幸村のパネルなんかがあって、ものすごく幸村をヒーローとして扱っています。

うん。
まあ、そうなんだろうけど。。

真田丸で陣を張った冬の陣はともかく、夏の陣で、ここへ来た時には、随分と違うと思う。
真田丸では、すぐ背後に「難攻不落の無敵の要塞」である大坂城があり、優勢だった。
優秀で勇猛な、これまでともに戦ってきた部下も仲間もいる。

でもここへ陣を張った夏は……大坂城はすでに牙を抜かれ、丸裸。
ここまで前に出ないと危ない。
振り返った遥か後方に、あのすでに弱くなってしまった「守るべきお城」が。
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1574.html

共に戦った仲間の多くはすでに戦死し、残存兵力のみの布陣。
山頂に立って、観た風景は、もう戻ることも出来ない、はるか後方の「守るべきお城」と、南から迫る家康の大軍勢。。。

決死的だったと思いますよ。。。あれは。
どう考えても、後方支援は期待できないし、自分が敗れれば城は落ちる。

彼我の戦力差は3倍。

ここに立った幸村は、決して「無敵のヒーロー」ではなく、決死的な覚悟を以って、ここで指揮していたと思います。
家康の首を討つ以外に「負けない」手は無い。。。
……すでに「勝ち目」は無いのです。。。

降りて、改めて徳川方の方へ。

でも、逆に徳川方から見ると。
大坂城までは何も無い平坦な丘陵地で、唯一の戦略拠点が、この高地。
そこへ陣を張り、こちらを見下ろしている前戦の勝者。
しかも、もう失うものは無いという強さ。

結構手ごわいのは、判ります。
あの高地から、何を仕掛けてくるのか?
結局、徳川方もビビらざるを得ない。

……こういうのって、現地に実際に立てば、その両者の感情がとても理解できますね。
教科書には載ってない、その時の「感情」が判ります。

※以前、沖縄に行った時、那覇郊外の最大の激戦地であった「安里52高地」現地に立った時も同じものを感じました。太平洋戦争時、その小さな高地を巡って、一週間ほどの攻防戦(=「シュガーローフの戦い」)で、日米両軍で数千人の戦死者を出した激戦地です。その丘の上の高射砲陣地を取れば、首里に陣取る大日本帝国軍沖縄守備隊司令部は射程圏に入るという絶対防衛線なのです。>http://www.okinawa-senshi.com/sugarloaf-n.htm

ね?
「歴史」って、これだから面白いんですよー。

……などと感慨に耽っているうちに、腹が減ってきたので阿倍野に戻ります。
腹が減っては戦はできぬ。


カフェで昼食をとりつつ、PCでネットなどを確認。
……この時に、ココが落ちてることに気づきました。(^_^;)
あー、今日中はどのみち更新できないのねん。。。

てな感じで、集合時間も近づいてきたので、現場へ。

ヲタ仲間と合流。
そろそろ列が出来ていたので、エリア内に。

ポスターかCDジャケットにサインが貰えるんだけど、ポスターは貰ってないのでCDジャケットに。
今回のはどうかな?と開封すると……なるほど。(^_^;)
ちゃんとメンバー一人づつのポートレートが独立したページになっていて、しかもカラーとモノクロページがある……。
あー、なるほど。
「ここにサインもらえ」という「サイン帳仕様」なのですねー。(^_^;)
うまいなあー。
前回は、たまたまかと思った(>http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1623.html)んですが、今回はもう明らかに狙ってますねー。(^_^;)


サイン会は16:00開始で、ステージは18:00-。
優先エリア17:15整列開始となっているので、前半特典会は一時間のみ。
券取った時に、5人分とも前半で大丈夫かな?と思ったんだけど、平日だし、後半に集中することを考えたら、前半で消化した方がいいのかな?と思った。

で、サイン会スタート。
……15分押しでスタートしたので、大丈夫かと少しはらはらしましたが、きっと大丈夫と踏んでのことでしょう。

左(舞台下手側)から、芹奈・MAYU・かれん・manaka・アサヒの順。
ガオラーは舞台上手側に並んで、それぞれの机に向かう。

時間が限られてるのと、列が途絶えればそのメンバーは終了になるので、複数枚の場合は、列の出来具合、混み具合をよく考えながら並びます。

並びながら、誰と何を話すか?頭の中でシミュレート(でも大抵、真っ白になって忘れる(笑))。
一応、全員に「大阪城攻略おめでとう!」は、言うつもり。。。

芹奈やmanakaはもともと列が途切れないので後回しでいいや、と思い、あとの3人の空いてる列から並びます。

MAYUから、と思って並び始めたら、かれん列が空いてきたので、まずかれんから。

かれんには「この前のツアー良かったよ★」と言ったら「フェスティバルホール、右端にいたはりましたよね?」……(^_^;) 
バレてた。。。よく見えてるんやなあ。
んで「大阪城ホールおめでとう!めっちゃ嬉しいわ」と伝えました。
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1625.html

降りて、また列の最後尾に並び直し。

次はMAYU。
「今回のツアー良かったよ★」と伝えると「ありがとうございます!」と顔を上げたので「色っぽかったよ(笑)」
照れた嬉しそうな顔で「やったー!嬉しい!ありがとうございますっ★」

次はアサヒ。
「今回のツアーすごく良かったよ!めっちゃ感動したよ」と伝えると「ありがとうございます★」とあの笑顔。
「すごく心に響いたわぁ」「嬉しいです★」

次は芹奈。(mankaの列の方が長かったので、先に芹奈に)
「今回のツアー、めっちゃ良かったよ!それと、大阪城ホールおめでとう!」と伝えました。
「ありがとうございます★」「もう、発表の時めっちゃ感動して泣いたよ!」
(嬉しそうに)「ありがとうございます★」

ラストはmanaka。
「今回のツアー、めっちゃ良かったよ!大阪城ホールおめでとう!」と伝えました。
「ありがとうございます!来てくれますか?」
「もちろん。横浜も行くよ!」
「うわ!ありがとうございます★ 待ってます!」

ミッションコンプリート。





ほぼ終わりくらいでちょうどってところです。
レーンから出た位に、LIVE優先エリア整列開始。

整列状況を観ていると、今回(平日)の整理券発行枚数は5-600枚程度。
前回や前々回(いずれも日曜日)のあべQが800まで行って溢れ返ったので、逆にちょうどいいくらいですが。
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1603.html
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1554.html

261番ということで、ガオラー仲間と一緒に入場。
全体の真ん中くらいの位置ですが。。
むむ。。。
全然見えない。。。>w<

あれ?
これまで、これくらいの距離でも充分見えたのに。。。
どうやら、前の方に男性ファンが増えたのが原因らしい。

これまでは、真ん中くらいでも、前の方は女の子ガオラーばっかりだったんで、余裕で見えたんですが、前の方に背の高い若い男性ファンがやたら増えてまして、かなり見えづらくなりましたー。

一曲ごと、時期によってファン層は微妙に変化しますからねー。
……後でガオラー仲間と話していて「これはBORUTO効果なんでわ?」と。メジャーなアニメタイアップということで、そっち系のファンの取り込みに成功してるんではないか?と。

いや、AKBがそろそろ低調で、アイドルヲタ層は坂道に流れてるとは言え、もともと坂道とAKBは随分と差別化されてるので、それ以外がこっちに来たのか?とか、世代交代した分の、アーチスト志向分がこっちに来てるのか?とか、色々マーケット分析してしまいます。

あまり男性ばかりが増えると今度は逆に元々のメインターゲットだった女の子層が来にくくなるし、それもどうだろうなあ?という感じですね。

などと言ってるうちに、開演!

みんな一斉にスマホかざすので、見えない。。。(^_^;)


SET LIST
1.放課後ハイファイブ
2.OVER
3.ヒカルカケラ


いきなり一曲目が「放課後ハイファイブ」。
これは少し驚いたけど、今回のCDに収録されてるんですねー。なるほど。

冒頭のフェイクが芹奈になったんだなぁー、と。

そして「OVER」


このハンズアップだけど、裏ウチなんですよねー。
芹奈なんかの手の動きをよく見て合わせないと、思わずシブウチになってしまう。
1で下げて2でアゲる。

てか、リリイベではみんなスマホに夢中で、判りにくいけど(^_^;)

最終が「ヒカルカケラ」。
スガシカオによる楽曲提供。



これって、実際にLIVEで聴いて改めて気付いたのが「芹奈ばっかり歌ってるやん」(^_^;)
ほぼメインボーカル+バックコーラスに近い感じで、これまで無かったので、今回のはこんなアプローチだったんだーと少し驚く。
まあ、たまにこれもアリか。
ただ、またそれこそ芹奈への負担が大きくなるので、たまに、でいいけど。

3曲なんで、割とあっさりLIVE終了。

後半サイン会へ。

後から来たヲタ仲間などが列に並びます。
自分は後退。
回廊側で、ヲタ仲間と駄弁ってました。

意外と早く終わった感じ。

なんと後半では、他のメンバーが次々と終了してゆく中、かれん列だけが延々と続いてます。
おー、これは初めて見た★

他のメンバーはサイン書くの早いんだけど、かれんて、丁寧だし、ファンサービス良くて「ネ申対応」なんで(笑)、人気上がって来ましたね♪

終わり頃、エリアを解放してガオラーを中に。
あー、最後の挨拶だなー、みんな出てくるのかなーと思ってたら……。
予想外の、かれんだけの挨拶(笑)
これまた珍しい。

エリアを柵で区切ってファンを動けなくし、舞台袖からバックヤードにメンバーを逃がすための混乱防止策なんですが、ちょっと珍しいですねー。

……てな感じのリリイベでございました。

ヲタ友とご飯食べてお喋りし、キューズモール裏の温泉に入って、湯上りのビール飲んで、ほろ酔い気分で夜風に当たりながら自転車で軽やかに帰りました、とさ。

サイコーだね★
(^_^)/

さて、次はもう春のアリーナツアー?
ガオラー仲間と話していたのが、これまでのスケジュールで行くと、また例年の同じ日にアルバム発売するんじゃないか?と。
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1575.html

そしたら、今回のツアー&リリイベ終了後、12-1月頃にリリイベツアーが出来るというスケジューリングになるのでわ?と。
なるほど。
それなら、ちょうどいいタイミングですもんね!
期待したいです!
そう思いたい!
春までなんて待てない!>w<
0

「まだ無名ですけど、何か?」@三宮HMV  

今日は神戸三宮に。
昨日と同じく「新しい学校のリーダーズ」リリイベ@三宮HMV。

開始30分前くらいに到着してCD購入。
整理券には整理番号なしでした。

会場スペースはそんなに広くなく、50人くらい集まればもう一杯でした。
ちょうどいいくらいかな。

そういうと、前回のリリイベツアーの時は、客層が同世代の女の子が多かったんだけど、最近は男性ファンが非常に多くなってきた。

ヲタ友と合流。

メンバーがリハに登場。
ジャージ姿(笑)

立ち位置とモニタースピーカの音量確認。
特に舞台が狭いので、立ち位置は入念に。

見ていると、どうやら同じ曲でも、舞台の広い場合と狭い場合でフォーメーションを使い分けてるみたい。
なるほどなー。
このリハとかサイン会が、本人たちのキャラがよく出てるので、観てたら面白いですねー。

本番開始。
最初の挨拶で、SUZUKAがスカーフをそのまま客席に投げたのも「おおっ!気合入ってる!」と思いましたね。

「毒花」「キミワイナ'17」「SNS24時」「学校行けやぁ"」
と、昨日と同じ。

今日はちゃんとマイクOKでした(笑)


※「学校行けやぁ"」ダンスヴァージョン これ、よく見たら、一旦脱げた上履きをもう一度ダンスしながら履いてますね(^-^;

……てか、基本的にネタが凝ってるので、いっぺん観たくらいでは何だかさっぱり判らない(笑)
何度も観てるうちに「あれ?」と気づく。
細かくて伝わりにくい(笑)
「キミワイナ'17」でも、例えばラストのSUZUKAのポーズは足攣ってるんだと思うけど、何度か観てうちに気づく。。。
まあ、最初からして「がっコイケヤ」だもんな。。コイケヤのタイアップ。
マニアックというか、「判る人だけ判ればいい」というスタンス。
自分はワイナイナで、あ、そーゆーことか!と理解した(^-^;。。。。

客席が盛り上がって楽しい♪
ヘドバンとかもある(笑)

客席のノリのいい方が、明らかにダンスパフォーマンスは良くなる。
クラップとかハンズアップ。
※ヲタ芸の類は舞台パフォーマンスお構いなしだし、テンポもずれてるので、あれは邪魔にしかならない。……口パクアイドルとか、もともとBeatのずれたダンスしかしないアイドルだとそれでも問題ないけど、ちゃんとしたステージパフォーマーには演奏の邪魔になる。。。

あまりの激しさに、SUZUKAのメガネが壊れるハプニング。
なんか頭の後ろのバンドで固定してるそうです(^-^; なるほどー。

客席後方におられたご家族とは、思わずリトグリとか最近のキャレスのことなどを色々お喋り。
話し込んでいて、サイン会に並び損ねるところでした(笑)

昨日はCDジャケットにサイン貰ったので今日はステッカーに。
サイン会では「客席のノリが良くて楽しかったね♪」と話しました。

本人たちもMCで「元気のいいお客さんで楽しかったです!」とのこと。
http://twitter.com/japanleaders/status/927031973859618817

また次があったら行きたいですね。
生で見る、切れ味のいいダンスパフォーマンスは素晴らしい。

……最初は何だか判らなかったけど、慣れてきました(笑)

PS.
……全然関係ないけど(^-^;
自分がいつもヲタ活で被ってる赤いキャップが「SUZUKA CIRCUIT」のだということに今頃気づく。
でっかい字で「SUZUKA」と書いてます(笑)
SUZUKA推し〜(笑)
1

「新しい学校のリーダーズ」2ndシングル「キミワイナ'17」リリイベ@茶屋町タワレコ  

今日は「新しい学校のリーダーズ」2ndシングル「キミワイナ'17」リリースイベント&特典会「まだ無名ですけど、何か?」@茶屋町タワレコに行ってきました★

30分ほど前に到着してCD買いましたが、整理券番号は31番でした。
まだ全然余裕ですねー。
もぅ、開店前から並んでも整理券取れないリトグリとは随分違います……。
※別に、どちらかをdisってるワケじゃないっすよー(^_^;)

顔の知ってるヲタは2-3人。あとはご家族と元キャレス生徒(涼花ちゃんと同期の元CrashBeatメンバー)。
熱狂的なファンも数名。

関西はイベントも少ないので、ライトファン層が多いですね。
全体では最終的に100人弱。(優先エリアは50弱)
前回(6月>http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1608.html )の時も来た人!っていうと半分くらいが手を挙げてました。


細かいリハをやってるなあーと思った後、入場。
開演予定時間ですが、なんかPAトラブル発生。

なんか、Wレスマイクが、ポケットWiFiと混線するらしいです。
使用者は注意を。
参考>http://pabasic.com/genbadeyakudatsuchisiki/caution/
※ポケットWiFiだけでなく、無線ルーターや、ノートPCとも干渉するそうです。

思わずSUZUKAが客席最前列を指差し「WiFi持ってるやろ!」というのは笑った。。。

歌い出したら、やっぱりマイクトラブルとかあって、メインボーカル途切れたり、急遽パフォーマンス中にマイク受け渡しやったり、大変そうでした。
あとのMCで「こんなこともあるのがLIVE!」とか言ってましたが、まさにそうですな。
https://en.wikipedia.org/wiki/The_show_must_go_on

「キミワイナ'17」

※このタイトル「きみわいな、じゅうなな」と発音するみたいですね。てっきり「君、ワイナイナ」かと思った(笑) ……「君は否」?(^_^;)
 
ダンスがますます激しくなってきた感がしますね。
キレ味バリバリのダンスは小気味良くて大好きですねー★

それと、新曲c/w「SNS24時」がかなりフリコピの激しい曲なんで、客席もハンズアップでノリやすいですねー。
http://recochoku.jp/song/S1005924424/

サイン会で本人たちにも言いましたが、この前のミナホでのLIVEがかなり良く(客層がバンド好きが多かったためか)客席のノリもすごく良かったんですよねー。
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1629.html

これまで、独特の世界観があって客席がどう反応していいか判らない感じだったんですが、ここへ来て、ようやく客席がノリ方が判ってきた感じ(少なくとも自分は、そう)で、一体感が出てきました。

あの赤メガホンいいなぁ。
グッズ販売すればいいのに(してるかも知れんが)
http://leaders.asobisystem.com/store
てか、100均で売ってる赤メガホンでいいのかー。そうかー。

あとは、関西圏でLIVEする時は、涼花ちゃんの素のMCの部分(今日みたいに、終わってからの挨拶とかでいいので)がもっとあればいいと思う。
あのコの素は、バリバリ関西ノリのコやからめっちゃオモロイので。

明日は三宮HMVに行く予定です。
http://www.hmv.co.jp/st/event/30891/


あと……帰り際に親子連れが話していた会話が耳に入りましたが、彼女たちのパフォーマンスの場合、全身が(つまり頭から足の先まで)見えてないと楽しめないので(舞台上で寝転んだりしますからね)舞台が高い現場の方がいいなあーと。
または着席にするか、女性・キッズ席を作るか? ……これは難しいですねー。
LIVEとしてはミナホでの雰囲気が良かったと思うので、ああいった方向性の客席・客層がいいのかな、と思いますけど。
※かつては、リトグリもオールスタンディングLIVEとかだったんですが、アーチストの方向性としてLIVEハウスではなくホールの方が合ってるので、今はLIVEハウスではやらなくなりましたからねー。
前説MCで「モッシュやダイブ・リフト禁止」ってありましたが、スタッフさんも笑われていた通り、今のところ、それはナイワナァ。
でもLIVEハウスっぽくなってくると、今後それもあり得る。。。
GFでは最近モッシュがあって驚きましたからねー。


PS.
先日発表されたのがコレ!

なんと!GIRLFRIENDによるリトグリ「好きだ。」のカバー!!

なんちゅう俺得な。(笑)

てか、これがあったんで、先月(だったか?)メンバー同士がご飯一緒に食べたりしてたんですねー♪
http://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/19420759_1969560746620888_1285944582207803410_n.jpg?oh=9402020897dded4d8ae9281a9a29f8f7&oe=5A70A84B

ジョイントとかしてくれたら嬉しいんだけどなー。
0

総選挙48  

期日前投票に行ってきました★
明日は台風っぽいんで、早めに行こうと思いまして。

これまでも期日前投票行ったことありましたが、今回は関心が高いのか
天候の都合なのか、やたらと混んでました。
握手会並みに!

んで、USJのアトラクなみに並びました。

  …行ったことないけど(^_^;)



はい、ちゃんと投票しましたよ!
小選挙区に「川栄李奈」比例区に「チームA」……(ウソ)

もちろんCD買わなくても投票できます★

あと、投票所のすぐ横でこっちもあったのでついでに投票!(笑)
「マンホール総選挙」!

ま、とりあえず結果が楽しみです。(どっちの?)

迷ってる人へ!
選挙は「ベストを選ぶもの」じゃありません。
より「ましなものを選ぶ」のです。

消去法でいいんです。

特に若い人たち。
「世間に文句言う」んじゃなく、「みんなで世間を作って行こう」ぜ!

あ、最高裁裁判官国民審査もあります。
「コイツだけは許せねぇ!」という判決をした裁判官には、大きく「X」を!
そうでなかったら、何もしない。
※「○」したら無効になってしまう。
これは判らなければ、これだけその場で棄権も出来ます。

ともかく。

デモやら悪口やらで決めることじゃない!
偏向した報道やら、ネットのフェイクニュースに踊らされるんじゃない!

※>http://blogos.com/article/134497/
※>http://ironna.jp/article/1885

ちゃんと選挙で勝って、みんなで法律を決めることが、民主主義、法治国家なんだ!

みんな選挙へ行こう!
それが民主主義だ!

↓これは古い映像ですけどね(笑) 内容は、その通りだと思います。


香港には民主主義が無い。
だから彼らは戦って手に入れようとした。
我々にはある!
自由に、自分の意思で投票し、未来を決めることが出来るんだ!

※>http://withnews.jp/article/f0141212003qq000000000000000W0090101qq000011254A
1

Little Glee Monster「Let's Grooooove !!!!! Monster」LIVEツアー  

今日はLittle Glee Monster「Let's Grooooove !!!!! Monster」LIVEツアー@なら100年会館行って来ました!

リトグリ、サイコーっ!
ガオラー、さいこーっ!>o<


びわ湖公演を含めて、ホンマにサイコーの2日間でしたっ!

みんなー、ありがとーっ!

-----
リトグリのLIVEは、終わった後ガオラーでの大宴会があり、最終ギリギリですっ飛んで帰ってぶっ倒れて寝たあと、翌朝ちゃんと仕事に出るまでがLIVEです!

<後日追加分>

※大阪公演直後に、忘れないうちに書いたファーストインプレッションが主です。

まず、ともかく「感動」した!

もちろん、これまでのLIVEでもそれはあったんだけど
今回のは全然レベルが違っていた。。。
心に迫る。。というか、「『歌』の語源は『訴える』だ」というオモコーのセリフを踏襲したような、まさに「訴える」ような歌だった。

巨大なホール全員が大騒ぎでタオルを振り回すかと思うと
急に一点に集中し、数千人が息もしないでソロヴォーカルの息遣いに
聴き入る。。。

こういう「緩急自在」感が、このLIVEは素晴らしい!
だからこそ、歌い手の真摯な心根が、直接オーディエンスに突き刺さってくる!

ガオラーも、やはりただ騒いだり叫んだりするのでなく、
緩急、強弱、リトグリメンバーたちの息遣いに合わせる感じが
まさにアーティストとオーディエンスが一体となった素晴らしい空気感だった。

オーディエンスが良いと、自然にアーティストのパフォーマンスも向上する。

※例えば、いつも凄いなーと思うのは「好きだ。」のクラップの刻み方。ガオラーは、普通にやってるけど、あれって数小節ごとに刻み方が変化する。……それに着いて来れないとガオラーとしてはしんどいし、楽しめない。優れたアーティストには耳の良いオーディエンスが着く、という。ガオラーって、ホントに耳もいいし、Beat感も鋭い。どの曲だったか?途中でどんどんBPMが変化する(その時のバックバンドによっても違う)のもあるけど、ガオラーのクラップはちゃんとそれに合わせて刻んでる。すごい。

ただ騒ぐだけのアイドルやバンドの現場とは一線を画す。

洋楽部分は、前回のツアーよりパワーアップしていた。
しかも、前回は「頑張ってる」感があったのに、
今回はいかにもさらっとやってのけてる。

一番驚いたのはやはり「君のようになりたい」だなあ。

ガオラー仲間とも言ってたんだけど、これはかなり麻珠の割合が大きい歌だったので、もう封印されるんではないかとさえ思われた。
しかし、全く違う大人っぽいスゥイングJAZZのようなアレンジになり
(もとは、ハジけ感のあるチャールストンっぽかった)
非常に大人な……しかも原語詩バージョンでの披露となった。
これは、むしろ古手のガオラーであるほど驚きが大きかったと思う。

ハッキリ言って、凄かった。。。

いわゆる「魔女のスキャット」は、麻珠に代わって、かれんが担当してた。……これは予想通り。

しかもそれだけでなく。

ちゃんと旧来のリトグリのシングル曲もきちんとやる。
デビュー前から歌っている歌ですら、更に進化したものを見せる。
※これ、「HARMONY」とか「空はみている」そして「SAY!!!」……もう、例の「客が30人しかいない」(あとは親族・友達)LIVEの時から歌ってますもんねー。
http://star.ap.teacup.com/applet/hakaseslog/201404/archive

だから全体としてのバランス的にもちょうどいい。

それと特筆すべき点は。。。

「色気を感じた」。。

いや、これ確かに前回のツアーにもそういう演出はあったんだけど、なんか「頑張ってます」感があって、ちょっと背伸びしてるように見えた。

今回は、意外と(意外と!)それが自然に見えたんで、そこも驚きの点だった。

もちろん、本来のヤンチャなガキっぽいリトグリも好きだし、こういう魅力のあるリトグリも良い。

んー、まあ年齢相応と言えばそうなのかも知れないけど。
※特に、ボクらはチビの頃から知ってるから、いつまでもチビのイメージでしか見てなかったので、今回SEXYだったのは、驚きだった。

例えば「Feel Me」の
♪愛したいことは内緒
(「Feel Me」作詞/作曲:Chara)
なんて、その「愛したい」が精神的なだけじゃなく、物理的なもんだという感情が伝わってくる。。。

なんちゅうか……大人になったんやねぇ。。。

みんなが言うように、6人から5人になっての初ツアーなのに、前より遥かにパワーアップしてる!という驚きの結果だった。

今回(というか今のシングル)から、トレードマークだったヘッドホンを外してるんだけど、アンコールの衣装替えで、ちゃんとヘッドホン着けてきたのは、ガオラーとしても嬉しいよね!
ガオラーのコたちは今もみんなヘッドホン着けてるからねー。

こういう、新しいことに大胆に挑戦しつつ、旧来の良さをしっかりと残す!というのが、素晴らしくも心地良い!

あと、両端の二人(かれん&アサヒ)がすごく活躍してる!
これまで、あまり出てこなかった二人が、ここへ来て急速に、より前へ出る感じになり、それぞれかなり重要な部分を受け持つようになったこと。
潜在的に能力があるのは、ガオラーみんな知ってたことだけど、ここへ来ていよいよその能力を解放し、活躍してきた感じ。
これ、素晴らしかったなー。

今回(大阪公演)で、見つけたミスは二つ。
※てかLIVEは、それもありきなんで、それはそれ。

どの曲だったか、芹奈が自分のパートを忘れたこと。
……なんかメインの旋律が来ないから、アレ?と思ったら、芹奈が途中から歌いだして、manakaに笑いあってた。
6→5バージョンに変わった歌だったので、まあまだそれはあるよねー。

あとダンスのフォーメーションで、チューチュートレインみたいなのをやるつもりだったのに、manakaが忘れてて、慌てて列に入ってきたのもあった。
まあ、こういうのはLIVEとして観てても楽しいからOKだけどね。

ガオラー仲間とも言ってたんだけど、これ複数回チケット取ってて良かった!

まだあと2回観れる!
こんなの一回だけじゃ耐えきれない。。。。
(以上、大阪公演後の印象)

えーっと、びわ湖&奈良公演での追加分。



びわ湖公演で、初めて「OVER」聴きました。
http://youtu.be/b_Mw1K1qlvM

これがまたかつてのリトグリっぽい元気な明るい曲で、リトグリ初のハンズアップ曲で楽しかった♪
これからもLIVEでやってくれたら嬉しいなー★
「SAY!!!」の定番タオル曲と同じくらい定番の曲になって欲しい。
これって、アニメ「NARUTO」の後継作の「BORUTO」のオープニングらしく、世界的に注目されてるということみたいです。
これをキッカケにリトグリが世界的になってくれたら嬉しいな★

これは、ENだったから旧衣装で披露したのも良かったです。
この曲はヘッドホンが似合います。



びわ湖ホールはさすがに音良かったですね。
アカペラとか「人生〜」の出だしとかすごくボーカルがキレイに聴こえてました。
残響もキレイでした。
※かれん側2列目端っこの席でした。近いので写真撮ろうとしましたが、やっぱりガラケーじゃムリでした。出来が悪いのでアップしません。かれん、こっち見ていっぱいサービスしてくれたんだけど、アカンかったわー。ごめん。

アカペラはやっぱりEW&Fが良かったね。

公演のOPとEDが、独特の歌になってて、ガオラー仲間では「あれって今後も定番になるのかな?」って話してました。
メンバー紹介的でしたからね。

んで、今回のテーマが「Let's Grooooove !!!!! Monster」ってことで、OPがDJの紹介から入るって感じでしたけど、うーん、演出的にはむしろ前回ツアーの方がGrovyだった気がする。(笑)
今回はどっちかというとSwingJAZZっぽい部分がカッコ良かったと思うし、バンドバトルの入り方や、何と言っても圧巻だった「君のようになりたい」原語バージョンなんて、スィングJAZZでしたからねー。

そして、芹奈の活躍は良かったな。
前に出すぎず、感情的に訴える感じで。

「きっと大丈夫」なんて、ホントに泣いてるみたいだったけど。。。
この歌、めっちゃ泣けたなあー。
♪どうか どうか 僕の笑顔が 君をずっと支えられますように
 いつか いつか 君に話した 夢をかなえに行くよ
 ありがとう ありがとう 君の笑顔が 僕を支えてくれていたんだ
(「きっと大丈夫」LittleGleeMonster 作詞:池嵜拳)

これって、我々ガオラーとリトグリメンバーの間柄を歌ってるように聴こえて、なんかメッチャ感動してしまった。

こっちこそ「ありがとう」だなー。

そして今も耳に残ってるが「明日へ」。
もう、ずっと脳内ヘビロテですわ。(笑)

★「明日へ」公式ショートバージョン


https://www.youtube.com/embed/p6fO8_5206U
※↑「ちちんぷいぷい」フルバージョン 多分消されると思うので今のうちに鑑賞してください。

今聴くと、リリイベなどで最初歌ってた頃は不安の方が多く感じられたのに対して、最近歌ってる姿からは、それを振り切る自信と決意みたいなものを感じる。

好きなのは、終わりのところ。
♪ボロボロのまま笑っていた僕に
 次のドアはもうすぐってことを
 汚れた靴のままでいいからと
 今の 今の 僕は言えるんだ

♪こえるよ 現在を
 きこえるよ 未来が
 合わせた声が
 尽きない迷いを超える
(「明日へ」作詞/歌:LittleGleeMonster)

ここすごく感動する。
例の件で、最大の危機を迎えた当時のリトグリの赤裸々な心境なんだと思う。
精神的にボロボロなのに笑っていなくてはならない。
でも次のドアはすぐに来る。
さらに大きな扉が開いて、輝く先がある。
そこに対する不安。
でも、ガオラーの声援が聞こえる。
自分たちの不安を振り切るために、歌声を合わせる!
その5人の歌声が、ハーモニーが、力強くお互いを支え、前に向かう力となる。。。
不安を乗り越えて、前に向かう力となる!

あの、ブランク後に、客席が水を打ったように静寂になった瞬間に、小声で、しかし力強く歌いだすのが、素晴らしく感動する。
巧いなあー。
表現力が素晴らしい★
キミはこんなに成長したんだね!>http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1301.html

「きこえるよ」は、ボクたちガオラーの応援の声だ、と勝手に解釈してます(笑)

曲の終りで、客席一同手を左右に振るフリが追加されてましたが、あれは一体感あって良いですねー。

そして。
これはガオラーみんな言ってたのが、かれんのダンスが凄まじい。。
どんだけハイキックするねん!とか。(笑)
細かい部分での、それこそGrovyなBeat感とか、やっぱりすごいなーと思ってました。
ほんま好きですねー。

ガオラー宴会でも話題にしてたんだけど、ボクが当時観ていたSPEEDのLIVEでもあんなに踊ってなかった、と思う。
当時、あの年齢であんだけ踊れるコたちが日本にはいなかったからSPEEDは凄かったんだけど、今は割とちっちゃいコでも踊れる時代になったんで、今あの実力では誰も驚かない。(笑)

多分、当時のSPEEDよりも今のリトグリの方が遥かに踊ってるんですよねー。

あと。
細かい話だけど。
今回、久しぶりに「ダイヤモンド」が聴けたのがめっちゃ嬉しかった!
これ、実は一番好きなんです。
遥かな「約束の地」を目指して、仲間と力を合わせて戦う歌。
最後の最後まで絶対に諦めないで、前を向いて挑んで行く歌。
最初に高校野球・甲子園の番組とタイアップした歌ですね。
もうね、「友情・努力・勝利」ですよ。
ジャンプですよ。(笑)
BORUTOでリトグリ好きになってくれた人にはオススメですからねー。

MCに関しては、pokopenさんが書いてるので割愛。(笑)
https://ameblo.jp/pokophoto/entry-12312990312.html
https://ameblo.jp/pokophoto/entry-12319696458.html
※実はMCコーナーが、トーク部分として独立してる感じで、各地の話題を盛り込んでて、結構楽しかったりする。

MCでは、「滋賀でのワンマンは2回目らしいです」(笑)とかMAYUが滋賀と大阪のハーフだとか……。
MAYUは滋賀の川遊びをよくしていたらしいんですが「いや、泳ぐゆうたら川やろ」「えーっ」「いや、海やろー」という他愛もない会話。(笑)

奈良公演では、芹奈が東京に転校してすぐに修学旅行に奈良に来たとか。奈良公園でシカにスカートぐしゃぐしゃにされた、とか。
※アサヒが「シカ公園」と言い間違えてウケてた。
かれんのおじいちゃんちが奈良なんで、第三の故郷だとか。
そのじいちゃんからの手紙をポケットに入れていたら、奈良のシカに食べられたとか(笑)
※かれんて、子供の頃ネズミーランドで「三匹の子豚」に足踏まれたとか、なんか残念なエピソードが多いね(^-^;

奈良公演では、ENで芹奈がシカの角つけて出てきて、誰が突っ込むんやろ?(^-^;と思ってるうちに歌い終わって、ドラムに人に着けたら「せんとくん」になった!とか(笑)
キミら「せんとくん」好きやなぁー(笑)
前の奈良大学学際LIVEでの「男ー!」Yeah!「女ー!」Yeah!「せんとくん!」Yeah??っての思い出した。MAYU(バカウケで)「やっぱりな!せんとくん来てると思ったわ!」(笑)

まあ、グダグダMCなのはある意味しょうがない。(笑)
ある意味、力が抜けて、居心地良い。
そこは求められてないからね。
……んー、でも5人中4人が大阪なんだから、他地方でも「笑い」や「ウケ」は求められてしまうので、期待を裏切らない程度に頑張ってほしいものです。。。
ウケなくてもいいから、スベらない程度に。(そこが難しい)(笑)

さて。

またリリイベとか公録とかはあるみたいなんで行きますが。
本格的なLIVEは次はアリーナツアーかぁ。

一応横浜も大阪も通し券を申し込んだら当たったので、先日払い込みまして一気に貧乏になりました(笑)

でもまあ、これが「生きがい」だもんな。
LIVE行くために生きてるみたいなもんだ。
2

CUTExBEAT 2代目 VS 4代目  

ということで♪

今日はキャレスV&Dスクール「Pure rhythm Vol.7」@西天満GANZ toi,toi,toiで、リトグリの後輩たちを観た後、
昼の部が終わって猛ダッシュでびわ湖へ向かい、
そのキャレス出身であるLittle Glee Monster「Let's Grooooove !!!!! Monster」LIVEツアー@びわ湖ホールへ行って来ました!



割とタイトなスケジュールでしたが、無事に両方(CUTExBEAT2代目と4代目)を観ることが出来ました★

いやー、楽しかった〜♪

ピュアリズムで、う●むらさんがキャレスの校長先生に「リトグリの大阪城ホール公演(3/24-25)と、ピュアリズムの日程カブらないようにして下さい」と訴えたら「うん、かれんからも言われてる」とのこと(笑) ……(^-^; 
この前のサイン会で、かれんに4代目CUTExBEATのお披露目公演の件も伝えたからなあ。。。
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1623.html

<後日追加分>

4代目CUTExBEAT襲名披露公演ということで、西天満のLIVEハウスへ。
あ、ここって、2代目がマンスリー公演してたDさんの、通りを挟んでナナメ向かいなんすねー。
オマイツのキャレスヲタの面々が集合しております。
チケット番号順ということで、早めに入場。

ウッドな内装のLIVEハウスですな。
狭いです。
Arcさんよりも狭いかな?

一応最前列に着席。
あ、ドリンク券がピックですね。面白い。
ビール補給して、校長先生を交えて雑談などしているうちに開演間近。
席に戻ります。


OPA

まずソロっと出てきたのが(笑)Boysクンたち!
そうそう!
今、キャレスで旬のチビたちと言えば、こいつらを忘れちゃいかん。
(出演者に書いてないから忘れてた、ごめん)
イカスぜ!
まあ、さすがにいきなりのオープニングでちょっと不利ではあったけど。
どんどん育って来てるのが観れて嬉しいね。

次に出てきたのが、チビメンバーたち。
ん、一瞬これがCUTExBEATかと思った。
その下の子たちですね。
CxB予備軍。
さくらちゃんも出てきているので、おおーっと思った。
でもこの子がリードしてる(ラストには教えてる側の和花奈ちゃんと千輝ちゃんも出てきた)ので、全体に洋楽HIPHOPっぽい系ですが、衣装が……(^-^;
なんかサスペンダー付きのブルマみたいなのに、透明のリュックしょってるという謎の衣装でした。……あれって、イケてるのか?(^-^;
おっちゃんには良く判らない。。。

pinky right
・岩谷華奈(いわやかな)20歳(1997.8.11生)
・日紫喜琴音(ひしきことね)19歳(1998.1.14生)
きゃりーぱみゅぱみゅや、定番曲のPerfumeなど。(どちらも、楽曲:中田ヤスタカ&振り付け:MAIKO)
このコたちのPerfumeは、ほんま好き。
かっこ良すぎ!
さらにWink「寂しい熱帯魚」やキャンディーズ「年下の男の子」と、もう我々老齢ヲタには堪らないカバーを。
いや、Winkねー、いつかやると思ってました(笑)
2人組だし、パキパキっとしたクールな振り付けが似合うからねー、それに最近たまにテレビでも映像流れたりしてたから。
※後でネットで観てたら、本家よりpinkyのコたちの方が巧いなあ(笑)
「年下の男の子」ってのも、「姉のいる弟」であるボクとしては、このコたちのお姉さんキャラにはすごく合ってる歌だと思うし。(弟のいる姉だもんね)
楽しませてもらいました★
次はリンリンランランか?(笑)
……アメもろた。(笑) すぐ食べましたけど。

Duv
・高橋和花奈(たかはしわかな)高校2年生(2001.1.22生)Duv振付・構成担当
・宇佐見千輝(うさみちあき)高校3年生(2000.2.29生)
・中谷さくら(なかやさくら) 中学1年生(2005.3.13生)※CUTE×BEATと兼任
・山本奈穂(やまもとなお)大学1年生(1999.3.15生)
アメとお花もろた(笑)
アメってグミだったけど。喉つまりそうだったけど。
ステージ全体に余裕のある感じで、安定感ありますね。
もちろんダンスもすごくて、レベル高いなーと思いました。
お花は、奈穂ちゃんになんかピンポイントで渡された感じでしたが(笑)
リボンには自筆でメッセージが書かれてました。
「Thank you for comming today. これからもDuvをよろしくおねがいします」なんだそーだ。選挙みたいだな。(笑)

Laviean Link
・北村一紗(きたむらいさ)中学2年生(2003.4.7生)
・大森小都乃(おおもりことの)高校2年生(2000.10.1生)
・小川優月(おがわうづき)高校1年生(2001.4.19生)
・平井沙弥(ひらいさや)高校3年生(2000.1.9生)
源氏パイもろた(笑)
出てくるなり「あれ?3人?」(^-^;
小都乃ちゃんが急な学校行事で出られなくなったらしい。。。
あ、でもコレはスクール系ユニットなら昔からしょちゅうあることなんで、MCでそんなに謝らなくてもいいと思いますよ。
※スクールヲタとしては、こういうのはあって当たり前のことなんで。

代わりに3人でその分をカバーすべく全力パフォーマンスだったので、かえって見応えあったくらいです。
沙弥ちゃんの笑顔とか、優月ちゃんのダンススキルとか、とっても良かったです。

個人的には、やっぱり一紗ちゃん。
あまりに素敵でしたー★
ずっと、見とれてました。
めっちゃ可愛かったなー。
てか、席が(最前列上手側、端から2番目)イサちゃん「ネ申席」でして、目の前で何度も指差し喰らいました。
もう、胸にズッキューンですよ。

そして

4代目CUTExBEAT
・井関瑚心(いせきここ) 小学6年生(2005.11.15生)
・浜田真珠(はまだまりん) 小学4年生(2007.9.9生)
・栗栖瑠海(くりすまりん) 小学5年生(2006.8.25生)
・穐田澪(あきたみお) 小学5年生(2007.3.13生)
・樋高楽々(ひだからら) 小学4年生(2007.5.10生)
・中谷さくら(なかやさくら) 中学1年生(2005.3.13生)※Duvと兼任
・日浦菜緒(ひうらなお) 中学2年生(2003.10.15生)
うわー。
いきなりの和装でびっくりしたと思ったら曲が「恋愛勇者」に「世界が終わっちゃう前に(以下略)」ですよー。>O<
歴代CxBが連綿と歌ってきた歌!
もうこのあと、歴代CxBがやってきたナンバーを次々とやってくれたので、
最前列のお歴々のキャレスヲタは、感涙もの。
涙流しながらフリコピしてます(笑)

特にCxBオリジナル曲「Cuty dayz」「SMILE AGAIN」なんてもう……。

CUTExBEATが帰ってきたーっ!と。(T_T)

歴々のヲタの中には、ちゃんと先代(正確には2代目)の頃のTシャツやらタオルを、タンスの奥から引っ張り出してきた者もおり(自分も探さないとなー。もう使うことは無いと思って、タンスの奥の方にしまってある。。。)異様に興奮してます。

曲が始まるなり、ヲタは全員振り付けできるから(ヘタしたらメンバーより頭に入っていたりする)一斉に客席もフリコピ。
これはメンバーも少し驚いた顔で、でも客席がノってくるので、メンバーもノリが全然良くなってくる。

個人的に注目してたのは「二人のマリン」。

栗栖瑠海(くるすまりん)ちゃん(小5)
旧CHACだった頃から注目はしてましたが(>http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1520.html)すごく伸びてきましたね。
そして、意外としっかりした感じ。
マイク回しやフォメーションなど、さすがに場慣れしてきていて、成長したなぁー。
おっちゃんは嬉しい★
なんか、姪っ子がどんどん大きくなっていくのを見守るみたいな気分です♪

浜田真珠(はまだまりん)ちゃん(小4)
この前のGETで一躍スクールヲタ界の注目生になったニューホープ。>http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1615.html
最初はちょっと硬い感じだし、着替えがうまくいかなくて大変でした。
冒頭の曲の和装を早着替えで脱ぐんですが、ピンが取れなかったのかMCの時までコチャコチャやってました。
アガったのかも知れないけど。
でも、客席がノってくるにつれ、ダンスのBeat感も観ているうちにどんどん良くなってきた。
あれ?あんなにダンス巧いコだっけ?と思った。
最初と最後の曲では、すでに全然違ってた!
舞台中に成長してゆく姿が観られるのは、スクールヲタの醍醐味。
すごかったな。
まあ、まだフォーメーションやらがおぼつかなくてよく他のメンバーと接触したりしてましたけど、そういうのは経験でカバー出来る部分。
これからも経験値を積んで、しっかりと地道にレッスンし、過酷な実戦経験を積んでゆけば、自然に振舞えるようになるはずです。
そういうコたちを、これまでいっぱい観てきましたし、そういうコたちがいずれ武道館や大阪城ホールに登り詰めるんです。

子供の頃から自分の好きなことを、目いっぱいやってゆけば、いつか遥かな到達点に達する!がんばれ!

さくらちゃん、澪ちゃんという旧CHACメンバーが揃ってる姿を見て、ああー大きくなったなー、成長したなーと嬉しく思えるのがいいですねー。
みんな、ちょっと大人っぽくなってきました。
※まあ、これまでがホントにガキだったんだろうけど(笑)

現時点では、ココちゃんがこの4代目CxBのセンターと言う位置づけのようです。
個人的には、このコは演技力に注目してます。
一人芝居の時のが良かったからね。>http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1528.html

校長先生のお話によればCUTExBEATは、とりあえず面白そうなコ、個性的なコ、伸びそうなコを入れているごった煮のようなユニットで、ユニットとしてのまとまりは全然考えてない、とのこと。
メンバーに関しても、今はこの7人だけど、今後抜け落ちるコもいれば、面白いから新しく入れるコもあるだろう、とのこと。
メンバーは決して固定ではないけど、人数は7人でいきたい、とのこと。
※あのチビたちの中から入るコも出てくる、ということですな。

ただし、歴代CUTExBEATの中では、実力的には最底辺からのスタートだ、とのこと。(^-^;
……まあ、それは観てても判りますが(笑)、平均年齢も最も低いし、だからこそ面白いし、伸びしろは無限大★

我々ヲタから観て、これからものすごく伸びるだろうし、一般人にもスゲーっと思わせるには5年はかかる(スクールヲタ的には2年)かかると思うので、ずっと見ていけばかなり長期間楽しめそうです♪
※スクールヲタは、その成長を見守るのが楽しいので★

来年からのマンスリーLIVEも楽しみです。
もう、開催ハコの近くに住みたいくらいです(笑)


で、終ったあと、我々ガオラーは一目散に大阪駅へ。
ここからびわ湖ホールに向かいます。

<以下、リトグリに関しては、奈良公演終了時に>
1

続ミナホ  

日曜日は一旦お休みして、9日にまた心斎橋へ。

何となくぼーっと長堀の事務所にいたら、ヲタ友が「リーダーズ遅れるかも!」とのメール。

あ、こっちもぼーっとしてて遅れるところだった。
時計見たら、あと30分で開演っ!

てか、Ruidoなんで事務所から徒歩10分ですけど、何か?
事務所のビルから通りに出たら、Ruidoのビル見えてるんですけど、何か?

で、まあ、ぼちぼちと歩いて行きました。

小さいハコですが、入りはまぁまぁ。
ヲタ仲間と合流。

「ガル中」の多くは学祭行ってるので、実妹の方にはあまり来てない様子。

★「新しい学校のリーダーズ」
http://leaders.asobisystem.com/

リーダーズ面白いな。(^-^; 

あまりに独特で個性的。
さすがにファンの人は少なくて、ハンズアップのタイミングなどもあれだったけど。

圧巻のダンスの激しさと、独特のセンスが何とも形容しがたい感じ。
……おそらく初めて見たであろうお客さんが「目がイッててヤバい!」と言ってたが、そうだろうなあ。(笑)

あれ生演奏ならカッコイイだろうなあーと思うけど、さすがに生バンドでのLIVEはやってないのかな。
ミナミホイールはほとんどが生バンドなんで、そこだけ見劣りして勿体ない。

でもホント、ダンスの切れ味やBeat感は、ちょっと近年無い感じのユニット。
ハッキリ言って、すごい。

今度新曲「キミワイナ’17」が出るそうで、それもお披露目。
「学生時代に誰しもが経験したであろう(?)マラソン大会の“裏切り”がテーマ」なんだそうだ。
ワケが判らん、と思ったら、MVにワイナイナ選手が出てるやん(笑)
「君ワイナイナ」え?
君イナムー?え?違う?



ちなみに関西でのリリースイベントは
・11月4日(土)@タワーレコード梅田NU茶屋町店 13:00〜
内容:ミニライブ&オリジナルロゴステッカーお渡し&サイン会
・11月5日(日)@HMV三宮店 12:00〜
内容:ミニライブ&オリジナルロゴステッカーお渡し&サイン会

とのこと。

出がけに、ご家族にご挨拶。。。。これがスクールヲタ(笑)


次の「大山琉杏」まで時間あるので、ヲタ仲間はそれぞれ別行動。
お昼食べてると、ヲタ友が「今から入ります」とのことで、んじゃこっちもそろそろ入るか、と。

FAN-J Twiceは、キャレスのイベントで散々来ている所。

入場したら、前の演者が歌ってましたが。。。

★あえて名前は書かない。。。

それが…酷かった。。。
アコースティックなピンの男性で、単に自己満足的なパフォーマンスで、客席が誰も拍手してない。
MCも無く、鬱っぽい内容の歌で、ハッキリ言って苦痛でした。

ストリートLIVEでもこんなひどい人はいない位で、こんな人でも、FANJ-Twiceってそこそこのハコを使わしてもらえるんやーと不思議に思いました。
どんな基準で出演者選んでるでしょうかね?

こういうのも含めて、「ミナホは色んなLIVEが経験出来て楽しい」とは言えます。
見識眼が鍛えられます(笑)
こういう人もいるんだーっという。
※「良かった探し」

まあ、優しく言えば「独特の感性をしている方」でした。

などと言ってるうちに、学祭からマワして来た「ガル中」な人たちも合流。

リハの声も聴こえてきて「ああールアンだ、ルアンだ〜♪」とヲタはテンション高め。

★「大山琉杏」
https://www.instagram.com/ruangogoworld/

ルアンかわいい〜っ♪ p≧w≦q

確かに、成長したなあーとか
英語巧いなあーとかあるけど。

MCもしっかりしてるし、客席を(無理やりでも)ノセるところとかは、よくやってるなあーと思う。

出てきてすぐ、最前列付近にいたおっちゃんらスクールヲタ連中を見つけて、「おおーっ!」っと、こぼれる様な笑顔を見せてくれたのは、ホントに嬉しかったなー。
多分、琉杏自身も不安だったのに、舞台に出てきたら(子供の頃から応援している)お馴染みの顔ぶれがずらっと客席に来ていたのを見つけたんで、安心してくれたみたいだった。。。

んー、最後のあれは、歌ってる客席もしんどくなってくるけど(笑)
中学生のキミは大丈夫だろうけど、オッサンたちには酸欠気味でシンドいのよー。(笑)

うん、でも冒頭のダンスもしっかりしてるし、あの多重録音のやつをその場でやってのける(すごく楽しそうに)っては、若い才能ってすごいなーと思った。。
※たまたまだけど、昨日「藤井聡太四段」の特集番組を観ていて思った。あの世代は凄い。神に呼ばれてる!

歌の内容も、よく聴くと結構深かったりして、すごいなーと思った。

ワンオクのカバーなんかは、聴いたことあるなーと思ったけど、歌が巧いので、こっちが本家かと思った。(笑)

んで、何よりは。

「(歌詞が)飛んだっ!」

あれは場内爆笑だったけど、みんな琉杏のこと大好きで応援してるから、笑顔で許せた。(笑)

てか(あとでヲタ仲間と話していたんだが)、あれだけのものすごい才能を発揮していながら、ああいうミスを平気でやらかすから、逆に人間っぽくて、みんなに愛されるキャラクターなんだなーと思った。

http://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/t50.2886-16/22360523_285040405321240_7425220992688979968_n.mp4

でもほんと、素晴らしいステージだったよ★
サイコーだぜ!
これからも応援したいです!
抱きしめたいくらいっ!>w<

※あのFANJ-Twiceの客席の片隅で「(次のソロが)怖いよー」っとママさんに抱き着いて泣いてたチビっこからはずいぶんと成長しましたね★ これからも応援するぞ!

と、なんか心まで温かくなって会場を出ました。

んー、さてこれで本日の本命も観終わったし、どーしよーか?とヲタ仲間右往左往。(笑)

ヲタ友がFAN-Jのを観たいって言うんで、まあちょっと気になるし、行ってみるか、と。
※ヲタ仲間が「迷ってるんなら、行った方がいいですよ。他に予定無いなら、行かなくて後悔するより、行ってみて後悔する方がええやん」その通りです!師匠!
と、背中を押されたので、行ってみることに。

まずはハコ近所のスーパーで買い出し(ビールと肴)。
歩道のベンチでヲタ仲間で駄弁りながら燃料補給。

オクタン価上がったところで、LIVEハウスへ。

でまあ、時間が近づいてきたので入場。
ここも小さいハコ。

あれ?帰ったんかと思ったら「背中押したヲタ仲間」来てるやん(^_^;)
あー、やっぱりヲタ仲間が行くって言ったんで気になったんすねー。

てか、誰か観たことあるのかと思ってたら、誰も観たことないユニットらしくて(笑)…え?そーなん?(^-^;と。

ということで、数名のヲタ仲間で後ろの方でおっかなびっくり待機。
予備知識ゼロ。
女ヲタが多いので、リトグリやら乃木坂とか、あんなんかなーと思っていたら開演。


★「ぜんぶ君のせいだ。」
http://kiminosei.com/

いやー。
参った。(笑)
Bisとか仮面女子とか、ああいう系列でしたね。
アニメ声で、ヒラヒラのコスのユニット。

後でヲタ友とも話してたけど「始まった瞬間に、ここ来るべきじゃなかったんじゃないかと思った」(笑)

んー、過激なアイドル現場って感じでしょうか。
だから、ある意味楽しかった。(笑)

もう歌ってるのはどーでもいい感じで(笑)、客席はモッシュもサークルもダイブもリフトもあるって現場でした。。。。
MIXやヲタ芸ですら無いんですよねー。
若い「ピンチケ」(笑)連中が、わぁわぁやってる感じで、それはそれかなーっと。
まあ客席は、それはそれで楽しそうだから、いいのかなー。(^_^;)

もう、客席の不穏な動きを見た瞬間に、危険を感じて、後退、壁際に退避しました。(笑)
先日こんなん書いたとこなのに(笑)>http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1628.html

メンバーも客席に降りてきて、サークルやってましたし、ヲタは凄く楽しそうでした。

これは、なかなか経験として面白かったです。
「社会勉強」「向学のため」(ヲタ仲間談)に観に行って良かったです(笑)
こんな世界もあるんやー。
こんなの垣間見るのもミナホならでは、ですねー。

いや、舞台上のユニットのパフォーマンスは全然良いとは思いませんでしたけど(特にオリジナリティは全く感じなかったです。てか、若いヲタたちは、そんなパフォーマンスの、質とか内容はどうでもいいみたいでしたけどね)ただ騒ぎたいだけのアイドルヲタには、居心地のいい現場なのかも。

もはやLIVEパフォーマンスでなくただの「祭り」なんで、それはそれでいいのかなーと思います。

「だんじり」とか「郷土の祭り」とかみたいで。
「土着の民族舞踏」とか、みたいな。
半世紀くらいしたら、観光資源になるかも(笑)
※本場バリ島のケチャも実はまだ成立してから半世紀位しか経ってないらしいし。

他に迷惑かからない限りは、こういう「文化」もアリだと思います。
自分は、いいとも思わないし、二度と行かないけど(笑)
危ないから。

キミたちは、そのハコの中で楽しんでたらいいと思うよ。

勝手に楽しむのは、大いにアリです。
個人の自由だからね。そこは否定しません。
自己責任の範囲内で。
「世間からの評価」は無いと思うけど。

んー。
出口で女ヲタが「やっぱりアイドルは可愛かったー」とか言ってたけど、あれ、女の子から観ても可愛かったか?(^-^;
そっかー。
もっと良質のモノを、ちゃんと観ようよな。
ちゃんと見識眼を育てような!
「楽しかった」は判るけど「可愛かった」は、どうなんだ?

あ、でもバックバンドがちゃんと生バンドだったし、そこそこ聴ける音だったから、それは良かったです。
※「良かった探し」(笑)


さて、まだ時間早いし、この後どーしよーか?と思っていたら、ヲタ仲間の一人が「自分的に、今夜の本命」と言っているエレクトロ系バンドに行くというんで、これまた予備知識ゼロで行くことに。

また途中のコンビニで燃料補給して。

★「SHE IS SUMMER」
http://she-is-summer.com/

うん。
すごく良かったです!
※こういうのがミナホらしい。

エレクトロ系ってことで、もっとテクノっぽいのを想像してたんだけど、実際にはバンドっぽくて、それはそれで見応えありました。

ノセ方も巧いし、表現力のある可愛らしいボーカルでした。

誘ってくれたヲタ仲間に「ありがとう!」と言いました♪

……てな感じで、今回のミナホ。
全部で8件(途中から含む)のLIVEを観たことになります。
色んなジャンルが観れて(聴けて)、楽しかったですね♪

勉強になりましたわー。

→ヲタ仲間にもらったGFのカンバッチ★
1

MINAMI WHEEL 2017★  

昨日から始まりました!
MINAMI WHEEL 2017
http://minamiwheel.jp/

昨年はPASSが売り切れてまして、観に行けなかったんで(笑)2年ぶりです。

もちろん今年はボクらの「GIRLFRIEND」が出る!ってのもあるんですが、なんと!キャレス時代ガルフレと同期の「大山琉杏」(>http://twitter.com/ruan_ohyama)も出る!ってんで3日通し券を買ってしまった次第。

とりあえず当日(10/7)。
心斎橋BIGSTEP3Fに。
懐かしい。。。ここ「base2.5」があった場所です。
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1568.html

片隅に「謎の馬」がまだ置かれていたのが笑えました。
「馬違い」
※あの馬、高かったらしいのにねえー(笑)

パスを引き換えてまず腹ごしらえ。

んで、EASTエリアのClub JANUSへ。
よくガルフレがLIVEするところなんですが、今回は「番匠谷紗衣」ちゃんが出るとのことで!
http://www.banjoyasae.com/
http://art49.photozou.jp/pub/246/134246/photo/222234453_org.jpg
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1458.html
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1342.html

※あ、そうですね。リトグリファンは知ってるかもしれない。芹奈がTVのカラオケ対決で対戦したコです。
http://lfc8.blog.fc2.com/blog-entry-161.html#comment-top



前のバンド「スノーマン」さんの時に入場。
http://snowmandayo.wixsite.com/snowman-official

中というか、エントランスのところで聴いてたんだけど。
うん。
演奏巧いし、ボーカルのコが可愛いです(そこか?)(笑)

こういうのを、思いのほか聴けるのがミナホならでは、ですね。

終って出てゆく人の間を縫って前の方へ。
黒のGF-Tシャツ着た「ガル中」(=ガルフレ中毒患者。GFファンのこと)の人も何人か来てます。
ヲタ友仲間とも合流。
みんな、感性が近いので、要チェックなんですなー。

バンドセッティング。
え?バンド?
そーなんかー。てっきりアコースティックと思ってたけど、バックバンド付きなんだー。
※ヲタ友が来るまで半信半疑で何度もスケジュール表確認しました(笑)。

客席後ろの方で、トイレの前を本人がうろうろしてたけど(笑)いよいよ本番。

------------

番匠谷紗衣ちゃん、かなり良かった★
 
たくさんのお客さんの前で歌うのが嬉しくてしょうがないのが凄く伝わってきた♪
そこがすごく可愛らしかった★

バックバンド付きだったんだけど楽しい歌は盛り上げて、得意の「泣き」の入る歌は心に刺さるように歌う…凄く良かった★

ほぼ正面の後方、ちょうど本人の視線来る位置辺りで観ていたので、ずっとこっち観て歌ってくれてる感じで、凄く心に突き刺さった! 
なんかデートでもしてるみたいな感じだった(笑)

なんて素敵なコなんだろう!
……やっぱり、このコって「記録より記憶に残るコ」なんだなー。

いやもう、これだけでもチケット代金分のほとんどが回収できたくらい良かったです♪

めっちゃ満足して外へ。
んー、物販とかあったけど、とりあえず腹が減っていたので。(笑)

ヲタ友連中は、スーパーで買い物してたけど、ココからなら事務所が近い(徒歩5分)ので(笑)一旦事務所に戻って、荷物置いて、食事して、ゆっくりしてから、次はsomaへ。

前のバンド終わった頃に入場。

んー、場所狭いし大丈夫かと思ってたら、意外と空いてる。

「ガル中」の顔ぶれは大体来てるかな。

セッティングにメンバー登場。
例によって、特にボーカルの返りの音調整を綿密にしてます。
何しろ、全員演奏・全員歌唱ですからね。

いうてる間に開演!

一人づつ登場して演奏開始。

ーーーーーーーーーーーー

なんだかあっという間だったな。。
短っ!

てか楽しすぎるからなんだろけど。

>えーっと、興奮しててあまり覚えてません(笑)
>※順不同(メモ取ってないので)
「甘い誘惑」「マッチ売りの少女」「吠えろ」「Hide & Seek」「一直線」「キセキラッシュ」。。。

>うーん↑間違ってるかも知れん。
>客席も全力で楽しんでいたので、あまり記憶が正確でない。

※以上、前回のコピペ(笑)

MCでは、東京でのワンマンLIVEの告知と、明後日の摂南大学学際の告知。
http://www.girlfriend.band/schedule/detail.html?id=478
http://www.girlfriend.band/news/detail.html?id=480

※あー、時間カブってるから行けないなー。その時間は「大山琉杏」ちゃんLIVEだわー。
https://twitter.com/ruan_ohyama

そしてMIREIが「Facebookで発信してるけど、フォロワー少ないので、フォローお願いします!」とのこと。

そーだよね。
ボクも協力して(コメントして)FBだけの情報出してるんだけど、あまりフォロワー数伸びてないんよねえー。
え?どんな情報って?そりゃ探してください。
あえてリンクしませんので。(笑)

この前のLIVEレポに、「客席のフリがほぼ定着してきてて、この曲はこう!っていうのがすごく良い感じ!」と書いた(>http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1621.html )んだけど、今回は少し違っていて、ヘッドバンキングみたいなのやら、モッシュみたいなのがありました。

ヘドバンも、まああの曲のあそこだけとかなら面白いかな。

メンバーが台の上に乗った時に、後ろから激しく突進してモッシュされたんで、思わず反撃しちゃった(笑)んだけど、まあモッシュしてきた「ガル中」もその時だけですぐ後ろに戻るので、一応気を遣ってるらしい。

んー、でも自分はハッキリ言ってスキじゃない。

※昔のアイドルの現場では「ドリームする」と言って嫌われた行為。

まあ、ロックバンドだし、今後も「ガル中」が増えてくると、こういうのも増えてくるんだろうなあ。
ロックバンドの客席にはよくある行為だからなあ。

仕方ないのかも知れないけど(そりゃ、地蔵よりゃましだけど)、なんだか危ない。
それに、あんまり派手になると、もはや演奏聴いてない事態になる(アイドルLIVEでのヲタ芸みたいに)のも、あんまりスキじゃないなあー。

なので、来たら「反撃」するかも(笑)

てか、あんまり増えてきたらそれがイヤでLIVEに行かなくなるかも。
危ないもんね。


さて、日曜は一日休んで、また月曜にはミナホへGOです★
0

「西森亜沙紀」路上LIVE@難波高島屋前  

今日から10月ですな。秋本番となりました。

今日は、日本橋でDVD板を買って、業務スーパーで冷凍食品を買う予定で、ついでに自転車を停めて難波をうろついていたら、高島屋前で観たことあるコが路上で歌ってるじゃあーりませんか!

おっ!
元キャレスCUTExBEATの「西森亜沙紀」ちゃん(つまり、リトグリかれん&芹奈・GIRLFRIENDと同期生)じゃあーりませんか!
https://www.instagram.com/asaki_land/

なんという偶然!(棒読み)
これはもう赤い糸!(ウソ)

人通りの多い歩道でしたが、多くの人がその歌声に思わず足を止めていました。

途中、歌詞間違いなどもありましたが(^-^; 3曲目には足を止めたオーディエンスが思わず手拍子するなど、通りがかりの人ですら心をつかむのに充分な歌声でした。

ちゃんと用意していた(?)カメラで少しだけ撮影。
※暗かったからあんまりキレイに撮れなかった(言い訳)。

3曲だけでしたが、さすがに歌は巧く、じっくりと聴かせてもらいました。
うん、日本橋あたりでカネ取って歌ってる「自称アイドル」なんかよりはるかに巧いし、心に響く歌だわ。
さすがー。
あのキャレスのトップユニットでソロボーカル選抜取ってただけのことはあります。

終ってから声を掛けたら
「あ!やっぱりそうだったんですね!そうじゃないかと思ってました」
と。
「やっぱり巧いね★」と言うと
「いえいえ、まだ!」と謙遜。

「また頑張ってね」と伝えておきました★
彼女に対して、おっちゃんが今できることは、これくらいやな。。。

こういう若くて才能のある、歌巧いコが、色々もがきながら自分で活動してる。
応援したいですねー。
またSNSなどで路上LIVEなどの情報も(またインスタでの「歌ってみた」動画も)上げているみたいなので、興味ある方は要チェック!
いっぺん聴いてみてください。

帰りがけ。
あるお店に入ったら店内の有線放送で80年代アイドルの歌が流れていて、あまりに酷くて(笑)、今聴いた亜沙紀ちゃんの歌声の記憶が汚される気がして、慌てて店を出ました。(笑)

で、予定通り買い物して、一旦帰宅。
晩御飯は、阿倍野まで自転車走らせて海鮮丼食べ、天然温泉の銭湯でひと風呂浴び、風呂上がりにビール飲んで、自転車で心地よい風に当たりながら帰宅。
ゆっくりした休日でした、とさ。

目出度し、愛でたし。


PS.
ついでにこっちも追加(笑)
このところ、GIRLFRIENDのMIREIが二日続けてリトグリのメンバーと会ったことをFacebookに載せている。
前日はリトグリ芹奈とディナーしたこと、翌日はリトグリかれんとダンスレッスンした(!)ことを。
もちろん、両方の応援者だから嬉しいに越したことはない。
元・二代目CUTExBEATの面々なので、仲が良いのは良く判るし、両者を応援してるから、やっぱり嬉しい♪

それと。
連休のミナホの通し券買ってる。土曜は番匠谷紗衣とGIRLFRIEND。月曜は大山琉杏を聴きに行く予定だけど、日曜はどうしようかなあ。。。(^_^;)

ついでに、勢いでリトグリアリーナツアーも両会場とも通し券を申し込んでしまった。。。
0

すべて愛に変わる夜  

今日は、友人のユニット「きままごと」(翼https://twitter.com/tsubasa_eva2&DAICHIのユニット)のLIVE(「道化師ヒデpresents〜すべて愛に変わる夜〜」出演:きままごと/萬屋/道化師ヒデ)ということで、アメリカ村KANDYに行ってました。

アメリカ村でも湊町の辺りは外人…しかも白人がいっぱいいてるなぁ…。

店に入ると、翼とDAICHIがいたので手を振って。
翼に「迷わずに来れた?」と訊かれた(前回迷ってたから>http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1624.html)んだけど「大丈夫!下見したから!」と(笑)

ここの前の道、よく通るんですよね。
銭湯からの帰りに、ライフで買い物して近鉄難波駅に向かう途中。
ほぼ湊町の、一本入ったところ。
一度、酔った帰りに、橋の付け根にある歩道の段差で盛大にコケたこともあります(笑)

でも「あれ?こんなところにLIVEハウスあったっけ?」と思って数日前に来たら……KANDYさんていうのは、LIVEハウスじゃなく、カウンターBarのような小さいお店。
カウンター含めて15席程度。
しかもステージ無いので、店の奥の5席分位に演奏スペースを作ってるので、客数は(演者含めて)10人ほど。
※姉がいつもお世話になってる垂水JB-5(>http://kobejb5.blog.fc2.com/)(自分も何度かお邪魔したことあります)より、さらに小さいです。

カウンターでビール飲んだり、翼と少しお喋り。
翼がエヴァ好きってことで、少しエヴァの話なんかを。

※昨晩久しぶりにエヴァTV版を観て気付いたのが、あのメインテーマ的な打楽器のBGMって、第三新東京市が戦闘態勢に入ってビルが沈むシーンで初めて流れるので、やっぱり「スティングレイ海底大戦争」のオマージュなんだな、と。
最初打楽器だけ、緊迫度が増すと楽器が増えて行ってやがて旋律が……って使い方が一緒だもんな。
http://www.nicotwitter.com/watch/sm13738219
スティングレイの発進基地であるWASP本部では、楽器の重奏具合で戦闘態勢のレベルが判る「アラート音」として使われている。
スティングレイでは、打楽器のアラートとともにビルが地下に沈み、代わりに迎撃ミサイル群が地上に出てきて発射態勢を取る。
いや「ビルが沈む」で元ネタがスティングレイなのは放映当時から判ったんだけど、あのBGMもそのままだったんだなーと気づいた。
だから打楽器なんだーと。さすが庵野さん。


……などヲタ話してるうちにLIVE開始時間。

トップバッターが「きままごと」。

オリジナル曲2曲(「真夜中の太陽」「ヒメゴト」)など。
「キャンディキャンディ」のED曲(堀江美都子)とか、めっちゃ久しぶりに聴いた気がする。
昭和っぽくていいなあー(実は「きままごと」は昭和が似合う(笑))

前回もやったDAICHIのバンド曲のカバー(?DACHI本人はアレンジバージョン)「lucky bag」も披露。
今回は、モトネタを知ってる人が大半だったので、反応が面白かったですね。

二人のMCって夫婦漫才系の掛け合いで、観ていてもなんかほのぼのしますな。

そして極めつけが「デイ・ドリーム・ビリーバー」(忌野清志郎)。
あのCMで有名な歌ですね。

泣けたー。。。。

いや、これ元歌のモンキーズ「デイドリーム」は英詩でも歌えるほど良く知ってる歌なんです。
実家には当時のレコードも残ってるはずです。
実は、姉が全盛期当時モンキーズのファンだったので、朝から晩まで家で聴かされていたんですな(笑)

元歌は全然違う意味だったと思うんですが、忌野清志郎さんのカバーって、じっくり聴いたら(今まであんまり聴いたことが無かった)、歌詞随分としんみりした歌なんですね。。。
http://www.tapthepop.net/song/11637

やられたな。。。

良い歌をありがとう、な。

その後、客が少なくて出にくかったんで最後まで聴いてました。(笑)

客が全員関係者っていうか、半分は演者で、半分はその近しい人って環境で、随分とアットホームでしたね。
MCより客席の会話の方が……(以下略)

てか、演者の目の前に全員居てるので、MCというより客と話しながらMCしてる感じ(笑)
客も勝手に喋ってるし。

これちょっと「base2.5」のLIVEっぽくて懐かしかったなー。
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1551.html

その後の、他の演者の方々もやたら巧かったんで聴き応えありました。素晴らしかったです★

http://ameblo.jp/gackt-h/
http://twitter.com/1Bd213

バンド繋がりの方々らしいんですが、最後まで聴いてて良かったです。

素晴らしいLIVEをありがとうございました★

……でもほんと、「きままごと」さんのLIVEって、色んなタイプのタイバンに出るので面白いですねー。
バリバリのアイドルLIVEやらアニソン系はもちろん、アコースティックなシンガー系・歌姫系もありーの、バンド系でヘヴィメタルな演奏と同居もありーの……。
かなり特色あるバンドでも有るにも拘らず、幅広いという。。。
演奏・歌唱ともに実力もあるし、二人ともルックスいいからなんでしょうけど。
色々楽しませてもらってます★


PS.
もう読んでくれてる人は一通り読んでくれてると思うので、敢えて今頃追加。(笑)

この、モンキーズ「デイドリーム」。
歌詞を読むと、彼女とのワクワクした日々のことを綴った「リア充」な歌詞らしいけど、実は自分は長い間違う意味にとらえていた。
♪Cheer up sleepy Jean
Oh, what can it mean to a
Daydream believer and a
Homecoming queen?
の部分、自分は
♪Cheer up! sleeping virgin
つまり「がんばれ!眠れる乙女」「帰宅女王だって夢を信じられるんだ」と
内気な、引きこもり系の女子だって夢を信じるべき!と
勝手に解釈してました(笑)
実際には違ったんですね。

それと忌野清志郎さんの歌詞でも
♪僕は Day Dream Believer   そんで彼女はクイーン
ここの「そんで」が、ずっと何と歌ってるのか良く判らなかった。
今回調べてみて初めて「そんで(=そして)」という接続詞だったことを知ったんですが
これ、どうにも座りが悪い。
単なる接続詞なら、普通「そして」か「それで」で、わざわざアクセントになるような撥音を入れないはず。
なんでわざわざ「そんで」なのか?
んで、歌ってる音を聴いて気づいたのは、これは「SONで」ではないのか?ということ。
つまり
♪僕は Day Dream Believer SONで,彼女はクイーン
自分は「夢見る息子」であり「クィーンの息子」なんだ、ということ。
直接歌っちゃうと気恥ずかしい(歌詞的には、一応「ずっと一緒だった恋人が居なくなった」体になってるので)から、こういう歌詞にしてるんじゃないのか?と気づいた。

ま、あくまで勝手に解釈してるだけでホントかどうかは判らないけど、ね。
でも、これなら、歌の内容はすごく理解できる。

どーですかね?(^_^;)

0




AutoPage最新お知らせ