2010/1/8

行政書士試験ラクラク勉強法 坂庭つとむ&石井浩一 レビュー  行政書士試験ラクラク勉強法

詳細はこちらをクリック


行政書士試験にわずか147日で一発合格したラクラク勉強法とは?


行政書士試験は合格率がわずか数%の狭き門です。何年頑張ってみても合格できず、受験地獄にはまってしまう人も数多くいます。


ところが、それとは対照的にラクラク一発合格してしまう人もいるんですね。その差は何なのでしょうか?


「頭の良し悪し?」 ---> 違います。
「教材の良し悪し?」 ---> 違います。
「意志が強いか弱いか?」 ---> 違います。


「それでは、いったい何が違うのでしょう?」


実は、行政書士試験に短期合格するために重要なポイントが2つあるのです。


1つ目のポイントは、「隙間時間を徹底的に活用すること」です。


行政書士試験を目指している人には、多忙なサラリーマンや子育て中の主婦など、まとまった勉強時間を取ることが物理的に不可能な人が数多くいます。


そのような人は、いわゆる「隙間時間」を活用するしかないわけですが、そのやり方が重要なんですね。ただ普通に隙間時間に受験勉強をしていても気休めにしかなりません。なぜなら、多くの行政書士試験受験生が行っている「正統的な勉強法」は隙間時間に向いていないからです。


「正統的な勉強法」では、「基本書を初めから理解・記憶し、」→「過去問を解いて、できないところをチェックし、」→「できなかったところを基本書で勉強し直す」、というような事を根気よく続けなければなりません。


しかし、ブツ切れの隙間時間でこんな事を行っても、なかなか頭へのインプットは進みません。だんだんモチベーションが下がって、挫折してしまうのがオチです。


そもそも、「正統的な勉強法」は机に向かってしっかり勉強するのが前提ですが、多忙な行政書士試験受験生は、机で勉強することを前提としてはいけません。


実際、147日で一発合格した石井浩一先生の勉強法は、机で行うことを前提としていないのです。石井先生の勉強は、次のようなものでした。


■ 法律知識が全くのゼロからのスタートだった。
■ 多忙なサラリーマンで、1日の労働時間が14時間半だった。
■ 平日の勉強時間は、わずか2時間しか取れなかった。
■ しかも、受験勉強は移動中などの隙間時間がほとんどだった。
■ 平日に家で机に向かって勉強した時間はほとんどなかった。


要は、隙間時間をいかに攻略するかが鍵なのです。


2つ目のポイントは「生活サイクルに受験勉強を上手に組み込むこと」です。


実は、何年たっても合格できずに受験地獄にはまってしまう人は、この2つ目のポイントができていないという共通点があります。


典型的なパターンは、受験勉強スタート直後は1日に3時間も4時間も頑張るけれども、それが続かず、1ヶ月もするとテキストもあまり開かなくなってしまうというものです。


行政書士試験に限ったことではありませんが、資格試験の勉強は継続しないと効果がありません。隙間時間を使ってでも継続した方がよいのです。


職業や家族構成など、生活環境は人それぞれですから、自分に合った方法で勉強を生活サイクルに組み込む必要があります。


さて、このような「行政書士試験に短期合格するノウハウ」がマニュアルとして公開されています。マニュアルの作成者は、行政書士の坂庭つとむ先生と、上記の石井浩一先生です。つまり、147日で一発合格した方法を直伝してもらえるわけです。


しかも、「一人一人に合わせたオリジナル勉強法のアドバイス」が特典として用意されています。「生活サイクルに受験勉強を上手に組み込むこと」を自分だけで行う自信の無い人には、特にうれしい特典ですね。


このマニュアルの方法に従えば、挫折のしようがない。そんな勉強法です。

詳細はこちらをクリック




このサイトは、坂庭つとむ先生と石井浩一先生の「(働きながら)147日で受かった! 残業サラリーマンの行政書士試験ラクラク勉強法」のレビュー、効果、感想などの情報を公開しています。




パク・ナヨンの韓国語速習プログラム レビュー


マスターオブ継続力 生月誠 レビュー


TOEIC攻略法 『Score Up 1-2-3 for the TOEIC Test』 レビュー


0
タグ: レビュー 効果 感想


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ