強制基礎は 不平等?  

小沢一郎の 強制起訴は 間違いだ!
それは 恐るべき 平等性を 逸脱した 偏見的 判決だ。
「疑わし気は 罰せず」の 伝統的 原則と
「疑わしきは 被告人の 利益に」の
二つの 大原則を 司法や 裁判所が
自ら 無惨にも 踏みにじる ものだ。
無知無能な 「裁判員、裁判」を 勤めた 人たちに よって
悪質にも 「小沢、一郎」と 言う 大物、政治家を
意図的に そして 感情的に 追い落とす 為の 判決だ。
「庶民的、感覚では」とか 「一般的、感覚では」
考えられないと 言う 正に 常軌を 逸した 感情的 判決だ。
そこには 「疑わしきは 罰せず」の」 鉄則と
「疑わしきは 被告人の 利益に」の 原則が 生かされて いない。
それに 彼らは 「状況判断」だけで 判決を 下して いるのだ。
これも 「状況判断」だけで 判断するのは
慎むべきだと 言う 司法の 一般的 考え方をも 平気で 無視して いるのだ。
「裁判員、裁判任」こそ 裁かれなければ ならないのだ。
小沢一郎は 厳粛なる 司法の 場で
「法と 証拠に 元ずい」て曲がりなりにも 不起訴の 判断がくだされて いたにも 関わらず。
   
  @ 「疑わしきは 被告人の 利益の 為に」
   A 「疑わしきは 罰せず」
   B 「状況 判断は 慎むべし」

小沢一郎の 判決には 常記の 3原則が 生かされて 無い。
「裁判員、裁判」の 裁判人たちの 感情有先の 判決なんだ。
 
一方 かごしま県の 「スコップ 殺人事件」は
白浜、被告人が 上記の 3原則が
充分が上にも 充分すぎるほど 乱用して いる。
小沢の バアイは 完全に 3原則 無視だ。

これは 憲法上の 平等性に 完璧に 反する ものだ。
今後 その 不平等性は 追求しなければ ならない 問題だ。
0

強盗団の おかしら  

ろしあなる 巨大な 強盗団の 親分 めるべいじぇふが
日本国の 領土に 不法進入して 来た!
恥知らずにも 世界の 民族が 見て いる 中で
どーどーと 土足で 上がり込んで 来た。〓
北方4島は 日本の 体の 一部だ!〓
ロシアは 重い 図体を 引きずって 帰るべし!〓
強盗として 略奪した 北方領土は
紳士として 潔く 日本に 変換せよ!
それが あなたがた 大国 ろしあの 実行すべき 事だ!
それは 大国 ろしあの 大義だ!名誉だ!
頼むぜ めるべいじぇふ!
0

強盗団の おかしら  

ろしあなる 巨大な 強盗団の 親分 めるべいじぇふが
日本国の 領土に 不法進入して 来た!
恥知らずにも 世界の 民族が 見て いる 中で
どーどーと 土足で 上がり込んで 来た。〓
北方4島は 日本の 体の 一部だ!〓
ロシアは 重い 図体を 引きずって 帰るべし!〓
強盗として 略奪した 北方領土は
紳士として 潔く 日本に 変換せよ!
それが あなたがた 大国 ろしあの 実行すべき 事だ!
それは 大国 ろしあの 大義だ!名誉だ!
頼むぜ めるべいじぇふ!
0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ