2014/7/23

国際結婚で離婚をするというのは  

国際結婚で離婚に至るケースというのは結構多いようですね。国際結婚をしたのに、悲しいかな離婚をしてしまった場合には日本人同士の離婚よりも結構大変かもしれませんね。国際結婚で離婚をしてしまった場合にはどちらかが自分の国へ帰ってしまうケースもあれば、そのまま日本に残るというケースもあるのですが、ほとんどの場合が自分の国へ帰ってしまうというケースが多いのではないでしょうか。国際結婚で離婚に至ってしまった場合に、二人の間に子供がいた場合には、その子供はどちらかの国へ行くわけですから片方の親にあう回数が極端に減ってしまうかもしれませんね。日本国内の離婚の場合にもなかなか引き取った親出ない方の親に会うことができないのに、国が違えばもっと大変になりますよね。

国際結婚で離婚をするというのは日本人同士の結婚よりもはるかにいろいろと不便な面はあることがわかります。まだ私は国際結婚で離婚したという人を周りで見たことがないので何とも分からないのですが、やはり国際結婚で離婚をした人というのは大変なことが多いと思います。国際結婚で離婚した人は子供をどちらが引き取るにしてもあまり会う機会が減りますから少しさみしいかもしれませんね。
0

2014/7/10

給料日の数日前に、急に何かの支払いを  

金融商品のなかでも、特徴があるのがノーローンです。ノーローンは1週間以内の借入期間の場合は、無利息でお金を最大50万円まで借入できる金融商品です。ふつうは、借金をして無利息なんてことはないので、たった1週間借入をしたとしても金利がかかってくるというのが普通ですが、その点では、ノーローンなら1週間以内なら正味の借りた金額だけを返せばいいのですからとてもたすかりますよね。

例えば、給料日の数日前に、急に何かの支払いをしなければならないとかそんなときにノーローンなら、1週間以内に借金返済をすれば利息もかからないわけですから、給料をもらってすぐに返せば、よいわけですから、助かりますよね。ノーローンで借り入れをして、他社の借金を返済して、それからノーローンを1週間以内に返済してしまい次の日になったらまたノーローンからお金を借りて、無利息で借金返済をするという方法がありますが、大車輪などと名前までついているそうです。この方法を使えば高額な金利を支払う必要がありませんから便利ですね。今、どうしてもお金を借りることがが必要な人で、1週間以内に、間違いなく返せるのであれば、そういう人はノーローンが便利です。借入の申込みなんかもそんなに大変ではないですし、何度でも、無利息なんてありえないです。しかし注意しなければいけない点としては、1週間は無利息なんですけど、それを過ぎると金利がとても高いのでくれぐれも、1週間以内の利用ということでの話です。

神奈川 弁護士
0

2014/7/10

よく考えて行動するようにしましょう  

最近では高齢者による離婚と言うのが増えてきているようです。

一昔前だといくら浮気をしていたとしても「男の甲斐性」とか「放っておけば戻ってくるだろうから我慢するわ」とか言って結局は離婚にまで至るケースというのは少なかったように思えますが、最近では「老後をこの人と二人きりで過ごしていけるかしら」「子供もみんな結婚して手が離れたし、次は私も残りの人生自由に生きていきたいわ」とか考えながら離婚を考えているケースが増えてきているようです。

ではなぜこの先の老後を旦那と二人きりで過ごせなくなってきているのかと言うとやっぱり大きな原因には「浮気」が挙げられているそうです。
これから夫婦二人水入らずで生活していこうと思っていた矢先の旦那の裏切りはきっと耐え難いものがあると思います。

最近は高齢化社会になってきている為、定年を過ぎてもまだ20?30年は老後の生活として過ごしていかなければならないですよね。相手に対する信頼が無くなってしまった以上、そんなに長い年月を共に過ごして行くのは決して耐えられるものではないと思います。

近年、年金も財産分与の一つとして離婚時に支払われるという制度ができ離婚も以前に比べれば踏みきりやすくなったと言ってもいいかもしれません。
ただ、離婚後生活能力がないと苦しい生活を余儀なくされてしまいますので安易に離婚と言わず、よく考えて行動するようにしましょう。

お金お金とあまり言いたくはありませんがお金がないと実際苦しいですもんね。

0

2014/7/8

交通事故問題を解決するために  

最近では、示談代行サービスが付いている自動車保険がほとんどです。
これによって、示談交渉について詳しく知らなくても、ほとんどの場合、保険会社に任せておけば、事故問題は解決していくと思います。

しかし、全て任せているだけに、加害者と被害者の間で、交渉内容に関して折り合いが付かず、長期の交渉となってしまったり、損害賠償金の額に納得できなかったりすることも多いと思います。
また、任意保険に示談交渉サービスが付いていない場合には、自分だけで相手との示談交渉を進めていかなければなりません。

また、一般の人にとって、保険会社が提示してきた損害賠償金の額や過失割合が、妥当なのかどうかはっきりと判断できず、納得できないまま示談書に印を押してしまっている人は多いのではないでしょうか。

そのような交通事故問題を解決するために、手助けしてくれる相談機関がいくつかあることを知っていますか?
その代表的なものは「日弁連交通事故相談センター」です。

「日弁連交通事故相談センター」は、弁護士の団体である日本弁護士連合会が設立した財団法です。
全国各地にある相談所で、交通事故に関するさまざまな相談や示談の斡旋などを、専門家である弁護士が無料で受け付けてくれます。
示談が円滑に行なえるように、弁護士が公平で中立な立場で支援する「斡旋」は、一部の相談所だけで行なわれています。

「日弁連交通事故相談センター」の相談は電話か面接で行なわれていますが、電話相談は1人10分程度しかできません。
また、電話相談は時間帯や相談所が限られているので、短時間で解決できそうな質問でないのなら、面接相談を受けることをおすすめします。
0

2014/7/6

副業といえば  

借金返済が出来ないからと言って副業を始める人は今とても多いです。借金返済を日々の生活費から出すことが難しく、毎月の給与からも借金返済に充てるほどの余裕がないという人は何とかしてお金を作らなければならないのです。そのために副業を始める人は今増えていますが、どのような副業が多いのかというと、今はインターネットやパソコンを使った仕事が多いのではないでしょうか。
昔だったら副業といえば内職などが主流でありましたが、今はインターネットやパソコンを使った副業が色々とありますから、それらで得た収入を借金返済に充てているという人が多いのです。
借金返済のために副業をこれから始めるとすれば、始めるにあたってお金がかからないようなものにした方がいいでしょう。中には副業を始めるにあたって登録費などのお金が必要になっているところもありますから、十分に注意して、お金がかからないようなものを選ぶようにしましょう。
副業の種類によっては高収入が期待できると歌っているものもありますが、実際にはどうなのかわかりませんから、あまりあてにせずに、地道にお金を作る方法を考えた方がいいかもしれませんね。
安心して借金返済のための副業として利用できるものとしては、アフィリエイトがあります。アフィリエイトは自分のブログやサイトで商品などを紹介して購入した人がいたり、クリックをしただけで報酬がもらえるというもので地道ではありますが、まともな副業ではないでしょうか。
0

2014/7/5

日々の出費について  

キャッシングなどで借入がある人はそれを返すため節約できるところは節約しなければいけません。節約をするとはいいましても借金を返すためにはどういった方法がよいのでしょうか。例えば、買い物癖があっていろいろ買ってしまいお金を借りて払わなければいけなくなってしまった人などは、そういうタイプの人の場合は、不要な買い物や必要なもの以外の購入は控えるようにして今まで買い物に使っていたお金で借金を返すことが必要ですし、借金を返すために、いままでより食費を削っているどいうことで節約をしている人もいるでしょうし、借金返済を本格的に考えて節約をするのであれば、日々の出費について見直す努力をしなければいけません。今までと同じ生活をそのまましていながら、借金を返済していくことは難しいでしょう。今までの生活を変えずに借金を返そうなんて甘いということをはっきりと認識して、贅沢な生活を止めて、生活費を減らしていかなければなりません。節約のコツなどを書いてある雑誌などもよくありますので、いろいろなことが紹介されていたりしますから、なんとしてでも借金の悩みから解放されたいと本気で思うなら、なんでも参考にしながら、できる節約は全てするというのがいいのではないでしょうか。借金をつくってしまった生活自体を変えることもしないで、そんな甘い考えて、借金が返せるとは思えません。借金を返そうと本気で考えているのでしたら、ある程度の節約は必要ですし、お金もないのにつまらないみえをはらないこともそれもまた大切なことではないでしょうか。
0

2013/5/27

なかなかないものです  

自動車を買おうと思っているのですが、 新車はちょっと予算の都合上キツイかなということで、 中古の車を買おうと思っています。 今日は、中古車屋に行ってみたり、 車を見たり運転席に座ったりしてきました。

私が買いたいと思っている車は、 ホンダのオデッセイ なのですけれど、 その他にも、 中古車雑誌などを見たり 中古車情報サイトで探したり していますが、 自分の希望にピッタリの中古車ってなかなかないものです。

私が欲しいと思っているのは、 年式では、 できれば22年以降のものが希望です。 走行距離は、 5万km以上走っていないものがよいですね、 色はこの際、こだわりません。 できればグレードはよいグレードのがあればというところですが、 エアロ仕様のモデルを探しているのです。

カーナビが付いていることも条件です。 その他、全般的に程度の良好な中古車を探しています。 中古車オークションの情報なども頼んでありますが、 オークションは実際の車を見ることができないので、 そこがちょっと不安はあるのですが、

自分の希望どおりの中古車で、 予算的にも合っていれば、 決めようとは思っています。 こんな感じでいろいろ探してますが、 なるべく早く希望にぴったり合った中古車が 見つかって購入できたらいいなあと思っています。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ