ようこそ  

夢の船乗り」へようこそ、御木光流申します。
此方は小説やコミック・アニメの感想や二次創作を掲載しております。ジャンルとしては
 ゴーストハント(ナル麻衣)
 学園ヘヴン(中和・西和・篠和・・・・)
 彩雲国
などが中心になると思います。原作者様や出版社、その他企業には一切関係ありませんので、御了承下さい。
また、上記内容に興味のに無い方、間違っていらっしゃいました方は、申し訳御座いませんが、お戻りになって下さい。
尚、作品の無断転載、流用はなさらないで下さい。
リンクはフリーですが、出来ましたらご連絡下さい。其方にも遊びに行かせて頂きます。
2

迎春  

明けましておめでとう御座います。
今年も宜しくお願い致します。

現在ほぼ倉庫状態になっていて、来て下さった方には申し訳ない事になっておりますが、今年も多分この調子が続くかと思います。
仕事をして家に帰ったら、何か他の事をしようという気力が残っておらず、やりたい事も何も出来てません。他の方の創作を読ませて貰っているのが楽で・・・・やっぱり年ですかねぇ・・・・
取り敢えず閉鎖はしないですが、HPの方も併せて見直し中です。せめてもう少し色々整理はしたいところなんですが・・・・時間がかかりそう(TT)
0

(無題)  

本の感想、と言うか最近読んだ本です。

別ブログで表紙を一覧にしてたりしますが、最近読んだ本でかなり嵌ったのが、ハヤカワFT文庫の「クシエル」シリーズ。一気に6冊買って読みましたよ。
一神教が支配しなかった、中世フランス辺りの異世界を舞台にした、歴史小説?でしょうかね。
ただ一寸違うのが、主人公が神様に選ばれたマゾヒスト、なんですよね。
なので、一部18禁かも、な描写があります(原書では官能小説そのものな描写だったりするらしいです)
私は架空歴史冒険小説、として読みましたが、人に勧めるのは・・・・一寸相手を選ぶかもしれません。
取り敢えず、新章が6月から刊行(全3巻)開始、やはり18禁な描写が数カ所に・・・・いや冒険開始です。

それ以外ではラノベが多かったですかね。
コミックで読んでたのは秋田書店の「タブロウ・ゲート」
これは以前角川のファンデラで連載されてたのですが、廃刊になって、もう続きが読めないのかと思っていたら、プリンセス誌で復活。
雑誌で立ち読みしてたんですが、遂に一気買いしてましたよ(最近こればっかり)
内容はまぁタロットなんですが、意味の解釈とか見ていると、やっぱりきちんと意味を勉強しないとなぁ・・・・と。
お薦めは国書刊行会の「タロット大全」と「タロット象徴事典」、結構なお値段しますがね。
取り敢えず今度は最後まで連載して欲しい・・・・

後、「戦国BASARA弐」のアニメを偶々見て、主題歌に嵌りました。
設定がオイオイ・・・ですが、彼処まで荒唐無稽だと、あれは歴史上の人物を使って作った完全な異世界もの、と思える・・・・・かな?
あの辺は結構色々読んでるから、やっぱり突っ込みたくなるか・・・・・いやね、やっぱり・・・・
数名明らかに世代が違うだろとか、陣営が違うだろとか、いやこの人軍師系とか・・・・・
でも主題歌のCDは買います。

0

感想2  

果てしなく長くなりそうだったんで、分けました。今度こそネタバレ注意、買ったのは先週です。

その前に、意外に思われるかもしれませんが(此処で話題にしている主な作品を考えると)、私はどちらかというと、女性向けのものより、少年向けのものがすきだったりします、昔っから。
そもそも見たいアニメなら、所謂女の子向け魔女っ子ものより、ロボット物の方がすきだった。モンゴメリやオルコットは好きだったけど、冒険活劇やSF・FTの方がより好きだったんですよねぇ・・・・ハヤカワSF・FTとか、軽いのものなら朝日ソノラマとか。石ノ森章太郎は物心ついた頃から好きだったし。
もっとも、少年コミックはほぼ見ませんでしたが。絵が好みでなかったのと(マンガとして見る以上、内容が良くても絵が駄目なら見る気がしません、逆もそうですが)
某少年週刊誌でよくある、対決や対戦を繰り返していくのがどうにも。
で、まぁ次に書くのは、前述の朝日ソノラマから出ていたシリーズ(現在は朝日新聞社刊)です。

感想2
「聖刻1092 神樹1」
此処に辿り着かれた方では、読んでる方は少ないんだろうなぁと思いますが、ファンタジー世界における巨大ロボット物・剣と魔法の冒険活劇・歴史群像劇(ただし主人公は神様)?でしょうか・・・
最初から読んでますが、続編として刊行されるのは実に9年振りだそうです。空白の9年の内に出版社が変わり、改稿されているのですが、SF風味がかなり加味されてます。ロボット(この世界では操兵)だから科学的にと言うよりマッドサイエンティスト的な気もしますが、それに凝るのは良いのですが、改稿前から読んでる読者としては、違和感ありまくりです。そういうのも実は嫌いでは無いから、まぁ批判はしませんけどね。
ただ、それ以外の部分についても、微妙に人間関係に違和感が。主人公達の関係に文句は無いんですが、それを取り巻く周囲の人々が何だかな〜と。この何だかなぁ〜をこの最終シリーズで決着つけるのかと思うと気が遠くなります。(確か当初の予定ではもう1シリーズ入れるよていだったでは?)落とし所がどっち向いてるのか不安なもので。
いや決着つけるには主人公側のこの人とこの人と・・・何人かお亡くなりにならなきゃ無理な気がするのでねぇ・・・・・
取り敢えず、次9年待ちというのだけは止めて下さい。ホントに。
0

実は  

春・・・ですよねぇ?
何時までも寒くて、もうじき5月にはとっても思えませんが。

現在オリジナルを考えている最中なので、二次創作は更新停止中です。
このページを放っておくのも何なので、小説の感想でも。もう一つのブログでちょこちょこやってたんですが、仕事の友人とかも見ているブログだったんで、ラノベやコミック、アニメの感想を書くには一寸遠慮があったもので・・・・・
こっちなら遠慮はいらないので、まぁネタバレ注意ですが・・・・

と言うことで、ネタバレ注意の感想「彩雲国」
今何巻目でしたっけ? 兎に角1巻目が遠いですよねぇ・・・・これでもか!!と言うように謀略、裏事情がてんこ盛りですが、取り敢えず一言!!
晏樹様何者?何かがくっついた朔洵を使っているみたいだけど、あれ?もしかして10年程前に静蘭絡みでも何かやってる?
旺季様どうも方向転換したっぽいけど、それって逆に大丈夫?
悠舜様どこまで裏ひっくり返したら終わりますか?
1,2巻頃に巻末にあったような、未来図への決着は何処にあるんでしょうねぇ・・・・・
それはそれで面白いんですが、なんだか作品が違うような気もします。今の状態から逆に考えると、最初の方の政策に何で何処からも文句が出てなかったんだか、単に表に出てなかったと言えばそれだけですが、全体の話の流れとして、唐突過ぎる気はしますよねぇ・・・・最初からこのノリだったら、読者がもっと少なかったんだろうな・・・・とも。
取り敢えず、続刊が当分先らしい・・・・と言うのが一番の問題でしょうか。

0

予定は?・・・  

困った事に・・・・・
現在創作関係は、二次ものではなく、オリジナルを書こうと計画中(頭の中でコロコロ)なもので、此処に上げる予定が・・・・果てしなく未定です。
二次の方にも幾つか野望はあるんですが、其処までの気力が無いのが現状。
オリジナルの方がもう少し固まったら、何か出来るかなぁと思ってるのですが、このオリジナルが中々手強くて、二つの世界観の違いとか、そもそもこれはSFの方が・・・・とか、混沌中・・・・・・
さてね・・・・・
0

今年も宜しく  

寒中お見舞い申し上げます。

うわぁ〜
またずっと放置してしまいました。今年こそはちゃんと更新しよう・・・・・
とはいえ、ネタがなくて放置状態になっていたので、どうしようかなぁ・・・・・
一寸友人にネタ協力してもらって、2,3本書きたいなと計画中ですが、何時になるかなぁ。もしうまくいけば、更にもう一つ先も何とかしてみたい野望もあります。
まぁ出来たら掲載しますね。
取り敢えず、今年も宜しくお願い致します。
1




AutoPage最新お知らせ