2011/8/7 | 投稿者: シャネルス

私(女性)の持っている服もA&Fとホリスターがほとんどです。
身長164cm体重が50kgです。スエットパンツやTシャツは
大人のXLかSを着ています。
私もパーカーなどはキッズ(girl)のXLをちょっと小さめに着ています。
Tシャツなども持っていますが生地が薄く短いような気がしますので
あまり着てはいません。

貴方の体型はわからないので確実な回答はできないのですが
ロンTはメンズのXSでジャケットはキッズのXLがいいのかなと
思います。(素材によってはA&FのXS)
フリースならキッズのXLですね。

私はアメリカ在住で近所にA&F、Aキッズ、ホリスターがあるので
買いに行く時はひたすら試着試着!!試着をしまくります。
最初にキッズに行き、試着してあまりにも小さいようだったり見た目が変なら
A&Fに行きXSを試してみます。キッズとA&Fを行ったり来たりする事も。
素材によってみた感じや着た感じ大きさも少なからず変わってくると思います。

あまり良い事が言えないのですがこれが私の感想です。
良いお買い物ができますように!
0

2011/7/7 | 投稿者: シャネルス

有名女優やモデルなどに人気のシャネル。
シャネルスーパーコピーの魅力は、シャネラーにとっては尽きないと思います。
一度取り付かれてしまうと、なかなか抜け出せないのがシャネルの魅力のようですが、では、その秘密はどこにあるのでしょうか?

シャネルスーパーコピーの魅力は、ココ・シャネルの自由奔放な生き様とシンクロした服作りへの考え方、これに尽きるのではと思います。
シャネルの創始者であり、デザイナーであり、また自らがシャネルの象徴でもあるココ・シャネルがブランドを立ち上げたのは、1910年、彼女が27歳のときでした。
当時の女性の服装といえば、ガチガチに固めたコルセットをまとい、見た目はキレイだけれどとても窮屈で、活動的という言葉には程遠く、お世辞にも着心地が良いなんて言えないものばかりでした。
ココ・シャネルは、なぜ女性は窮屈な服装に耐えながら生活しなくてはならないのか、疑問だったそうです。


そこで彼女は、まずはコルセットをはずすこと、そして、窮屈ではなくて、自由に動ける、言わば機能性を重視した服をデザインして作りました。
英国紳士服の仕立てを女性服に応用し、動きやすさを考えてスポーツウェアの素材として使われていたジャージー素材の服を多くデザインして世に送り出しました。
それまでは、ありえなかった女性のパンツスタイルというものも、シャネルが提案し浸透させたのです。

このように多くの女性たちに大きな影響を与えたココ・シャネルですが、自身の生き様のような自由で開放的なスタイルが、シャネルというブランドに色濃く反映されていて、そこがシャネラーの心を掴んで放さない最大のシャネルの魅力なのでしょう。

シャネルは1971年に没しましたが、シャネルコピーブランドの意思をカール・ラガーフェルドが引き継ぎ、バッグ、財布、オートクチュールとプレタポルテ、化粧品、香水、ジュエリー、腕時計など展開し、ココ・シャネルの自由なブランドスタイルを現在も伝えています
0

2011/7/7 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ