2017/8/16 | 投稿者: 銀河FXR

残念ながらも、最新型の専用バス車両には乗れなかったが、液晶パネルが2基付くなど、車内はまるで最新型のようにも見えますなにね。(笑)ちなみに、つい先日の休日ダイヤでは、このC-758号系統の運用に何とNF-25号車が応援に来ていましたよ。あの車、確か浄心から中川か楠に転属したと思うが…………。

次期の45台の新車は、前の方だけの設置のようです。

さて、2018年度末にはNMN、NMFそして場合によってはNSF車の全廃も予想されます。やはりNSF車の一般利用者からの評判は今一つらしい。多分、これは中型新車にて置き換えになろうが、名東巡回系統だけは特別に日野ポンチョ型で対応するのか見ものですね。

また、その辺りから、フルカラー方向幕の先行搭載が始まるのでは? 恐らく、その頃には名古屋市内の名鉄バスや各地からの高速バスなどもフルカラー方向幕が激増するだろうから。うん。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/8/16 | 投稿者: 銀河FXR

名古屋・栄の三越百貨店で開催中の“ムーミン展”に行って来ました。

久々に、童心に返り…………。


クリックすると元のサイズで表示します
2

2017/8/14 | 投稿者: 銀河FXR

あれから、全国の主な路線バスについて、フルカラーLED方向幕の普及状況について、少しだけ調べてみました。

公営バスは、本投稿時点では東京都交通局だけのようです。

民営バスの方が遥かに普及スピードが速いですね。(笑)

新潟交通、富山地鉄、三重交通、岐阜バスなどはかなり普及しているようだし、名阪近鉄バスも負けてはいません。西鉄バスもかなり浸透している様子です。福井鉄道、北陸鉄道、加能越交通、北恵那交通、長電バス、アルピコ交通などは、まだらしい。

東濃鉄道は、名鉄系列では一番乗りで採用したと主張しています。豊鉄バスは、まだ1台だけ。遠州鉄道は、まだのようですね。名鉄バスは、まず、この6月に豊田営業所で導入した3702号車が第一号か。どうやら、名駅の名鉄バスセンター〜豊田市駅前間の高速路線で運用しているみたいです。

関東地区では、民営バスでは意外に少なく、西武バス、小田急バス、京成バスぐらいか。千葉中央バスや小湊鐵道では、まだないようです。

関西地区では、阪急バスや京都バスで目立ち始めていますが、全但バスや京福バスなどは、まだらしい。

この秋に入れば、また状況はかなり変わるのかも…………。

他のバス事業者は、名古屋市交通局なども含めて様子見中と言ったところだろうなぁ…………。
0

2017/8/13 | 投稿者: 銀河FXR

既にご周知かと思いますが、東武鉄道は、このほど鬼怒川線にてSL大樹号の営業運行を開始しました。

動画サイトにも紹介されていますが、正式に譲渡された14系客車、車掌車、DE10-1099号機も美しく再整備されましたが、内装などは国鉄時代と全く変わらず、車内チャイムも昔のまま。客車内のトイレが洋式に変わったぐらいですね。基本的には、C11-ヨ8000-14系3両-DE10という編成らしい。

しかしながら、車窓が開かないのは、ちょっと残念。あの185系電車みたいに改造できないものだろうか?

但し、C11-207号機は、あくまでもJR北海道からの借用。将来、正式に譲渡されるのか? あるいは別のC11を再整備して交代させるのかは定かではありません。

一方、大井川鐵道でも14系客車が数両整備中の筈。本投稿時点では、まだ就役した情報は聞いていません。但し、救援用として、DE10を今のうちに入手した方が良いのかもしれませんね。

また、JR山口線のSLやまぐち号も、この8月27日をもって12系客車は引退し、9月2日からは新しい35系客車に交代します。奥利根号や磐梯夢物語号にも、こうしたレトロ客車導入の声がとみに高まっているようで今後は注目を!!向こうならば、レトロな電気機関車も割合に豊富だし、特にEF58-61号機牽引ならば、かなりの人気を集めることでしょうね。(笑)
0

2017/8/13 | 投稿者: 銀河FXR

長年の懸案だというJR東北本線・黒磯駅構内の完全直流化。本投稿時点で、あと2カ月に迫りました。来る10月14日始発直前に切り換え完了の予定。

ある動画サイトなどによりますと、現行の701、719、E721系各交流専用電車に代えて黒磯〜新白河間で、運行されるE531系3000番台(5両組成)、キハ110系(2両組成)は、向こう数年間の暫定投入に終わるとの見方が広がっています。

このE531系は秋田県や青森県でも使える寒冷地対応型だが、東北本線導入に当たり、特に配属地や外観デザインも変わらないことやキハ110系もやや老朽化していること、また羽越本線新津口に導入予定の電気式ディーゼルカーのGV-E400系も特に黒磯地区には配備予定がないこと。以上から、E721系の交直両用タイプに最終的には落ち着くだろうという見方が多いとか。

よくよく考えれば、あんな区間ならば(失礼な言い方だが…………)片側4扉も要らないでしょう。むしろ、先に述べた新形式電車を日光線にも回し、宇都宮〜郡山間の直通区間快速も考えた方が良い。実際に現地で205系に乗って、そう思いましたよ。

今回の件は、近い将来に予想される関門区間の電車更新にも大きな影響を与えるだけに、程良いプランに期待したいところです。
0

2017/8/13 | 投稿者: 銀河FXR

元教諭で、後には教育評論家として知られたカバゴン先生こと阿部進さんが先日、胃癌で亡くなられました。享年87。

阿部進さんと言えば、性教育学者の草分けか。1960年代には、しばしば少年雑誌にも登場し、熱心に性の現象について語っておられ、相談コーナーも掲載されていたような…………。

また、大村昆さん司会の“ちびっこのど自慢”(日清食品提供のテレビ番組)で審査員としてレギュラー出演されていましたね。

その後は“ハレンチ学園”“アッポしましまグー”の解説にも姿を見せるなど、性教育などについて、真摯かつ大真面目に論議していました。

晩年は脳卒中で倒れられたとかで、表舞台に全く姿を見せていませんでしたが…………。ともあれ、慎んでご冥福をお祈り致します。合掌。
0

2017/8/13 | 投稿者: 銀河FXR

東京メトロは今、地下鉄日比谷線の20メートル車、片側4扉化を鋭意進めており、本投稿時点では03系10本が廃車されました。

残念ながら、まだ第二の職場は決まっていないようで、下手すれば、このまま解体処分も予想されます。

一方、日比谷線に乗り入れてきた東武鉄道20000系。このうちVVVF制御編成については、4両組成に短縮して、ワンマン運行対応化が図られ、ようやく改造工事も本格化。東京都心部からは離れますが、越生線や佐野線、宇都宮線、場合によっては鬼怒川線に移るだろうとみられます。その時点で、6050系もさらに姿を消すことになりそう。

編成短縮に当たり、中間車を先頭車に改造するケースもあろうが、一体、どんな顔になるのやら?

…………さて、名鉄でも最近は5000系の三河線への転出が一部で囁かれていますね。当然ながらワンマン対応化され、もしかしたら先頭部に非常扉新設か。本当ならば、VVVF制御化して、3300系や3500系と共通運用を図るのが理想的だが、5000系大改造と3300系代替新造では、相対的にどちらが得策なのか? 恐らく、それが決め手になるものと私は考えます。

また、界磁チョッパ制御のままで三河線に転出の場合は、築港線の編成は3500系辺りに交代するでしょうね。5000系の足回り更新の噂は聞いていないから、もしかしたら三河線転出が極めて濃厚か。6500系は古い編成から順次、淘汰だろうか?
0

2017/8/10 | 投稿者: 銀河FXR

名駅ゲートタワービル1階に、いつの間にやらオープン!!

外国人客で超満員でしたよ。


クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/8/10 | 投稿者: 銀河FXR

先に述べた路線バス用のフルカラーLED方向幕ですが、2017年春頃から、全国的な普及が始まったようですね。

月刊誌“バスラマ”などによれば、豊鉄バスも伊良湖岬に乗り入れるワンステ車(ニューエアロスター型)の新しい731号車から、フルカラー表示になりました。

また、西鉄バスや南海バスも新車に採用を開始したとか。名古屋市交通局や名鉄バス、岐阜バス、遠鉄バス、JR東海バスはなどは、まだらしいが、今後の動向には、いよいよ要注意ですね。

また、名古屋の市バス大森営業所に配属されたNS-325号車からは、後ろ扉のブザーの音が様変わりしたらしい。

…………画像は、如意車庫前から名駅バスターミナルに到着したNH-232号車です。

⬛追伸(8/11)…………サイト検索した結果、路線バス用のフルカラーLED方向幕は、レシップ社が初めて開発。2014年12月に発売。しかし、当時は青いLEDがまだまだ高価で、地元の岐阜バス、名古屋近鉄バスでさえ本格導入できなかったらしい。また鉄道車両用に比べて表示する面積が大きくて、コストダウンもなかなか難しかったようです。

しかし、フルカラー型は名古屋テレビ塔などイラストを表示することも簡単で、さらなるコストダウンに努めた結果、17年4月頃から廉価タイプがようやく登場し、全国的な普及が始まったようですね。

⬛追伸2(8/11)…………レシップ社の公式サイトにて詳細が紹介されていますが、一般型乗り合いバスの場合、前、後部は左1/3だけがフルカラーで系統記号ないし経由地あるいは種別を表示。残り2/3は、目的地を白文字で表示するのが原則か。側面は上の細長い長方形の枠の1/3が系統記号あるいは路線名でフルカラー、残り2/3は目的地を白文字で表記するようです。下の短冊形4本は白文字で経由地を表記か。その間の矢印は今までと変わりません。名古屋の市バスや名鉄バス、岐阜バス、三重交通バスなどにも向くだろうと私は思うが、市バスでは後ろにも系統記号を表記するのか? 名鉄バスならば、系統記号制を本格整備するのか? 導入までには決めておかなければなりませんね。

なお、別には高速バス用、小型バス用も用意されているようです。

⬛追伸3(8/13)…………そう言えば、確か名古屋の市バスの路線系統記号制が通し番号から漢字と数字の組み合わせに変わった1998年5月から拠点ターミナルごとに方向幕が色分けがなされ、利用客からも好評だったような……。確か、原や高畑は青、金山は黒、栄などは濃いピンク、名駅は緑だったかと思います。しかし、2003年に今の単色(いわゆる琥珀色)LED方向幕が本格採用されてからは徐々に廃れ、今では殆ど忘れられていますね。フルカラー版は、その復活の契機になりそう。恐らく、系統記号表示部分だけになろうが、名古屋市交通局は、もっと誠意を示すべきでしょうな。豊鉄バスも昔は同様でしたが……。

なお、新型のものは取り付け寸法や固定位置などが単色型と共通らしいので、まずは浄心や楠、鳴尾、猪高各営業所配属中の比較的新しい大型もしくは中型ノンステ車数台で試行したらどうか? 表示の体裁もいろいろ試行錯誤を!!もし、うまくいけば、野並、緑、稲西などにも拡大を。

また、後ろにも系統記号表記が望ましい。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/8/10 | 投稿者: 銀河FXR

北海道・音威子府(おといねっぷ)村議会で最近、JR宗谷本線の不要論が急浮上。同町は、当該議員が打ち出した宗谷本線の他交通機関全面転換への提言をまとめて、このほど村内誌に掲載。在住全家庭に配布したそうです。先日付の北海道新聞にも掲載されました。

最近のJR北海道の不祥事や事故の頻発から急激な経営悪化までが解説され、かかる現状で今の宗谷本線が、これから本当に必要なのか?を真剣に問い掛けています。

音威子府駅と言えば、かつては天北線が分岐していて賑わいましたが、廃止後は急速に寂れ、今ではJR発足当時の僅か1割ぐらいにまで利用客が落ち込んでいるようですね。

また、夜行列車“利尻”もなくなり、今は昼間の宗谷、サロベツなど特急は4往復だけに。貨物列車もありません。

また、老朽化したキハ40系の状態もかなり悪く、JR北海道としては宗谷本線ではH100系への更新も全く考えていないようです。

こんな状況ならば、高速道路を充実させて、宗谷本線の輸送は速やかにバス、トラックに転換すべきだと言いたいようにも見えます。

JR北海道の完全民営化は、現状ではまず永久に無理。一部では、函館本線や室蘭本線、石勝線、根室本線のうち定期特急列車や貨物列車が経由する区間だけ残し、残りは速やかにバス転換か、あるいは線路や駅などは国や北海道が管理・所有、運行業務だけをJR北海道が承継すべきだという声も出ているようだし、中には国有・国営に戻せとの極端な考え方もあるそうです。

なお、新夕張〜夕張間はバス転換が既に決定。鵜川〜様似、富良野〜新得間もバス転換の方向に固まりつつあります。かつての落合〜新得間は狩勝旧線の見事な車窓でも親しまれ、C57やD51が急勾配に格闘。客車急行“ニセコ”の前身の“まりも”が経由しましたが、1966年には新狩勝トンネルが開通し、機関車もDD51に交代しています。
0

2017/8/8 | 投稿者: 銀河FXR

JR西日本は、このほど老朽化している特急“やくも”用の381系を2022年度内までには全面更新する方針を固め、JR四国から8600系電車を借り入れて岡山〜備中高梁間を試運転しました。

当初は、紀勢西線や山陰本線京都口、福知山線に倣って287系に置き換えるつもりだったらしいが、伯備線内はかなりの急勾配、急カーブがあり、何らかの車体傾斜システムがないと、速度上、まずいようですね。

8600系で恐らくデータを取っただろうが、一度、JR東海の383系の試運転も含めて、後悔のない新型車両を考えてもらいたい。この新形式車がデビューすれば、国鉄時代から中央西線でも親しまれた381系は全滅の見込み。また115系も、かなり姿を消すことになりそう。

伯備線は、かつてはD51の三重連牽引による貨物列車でも賑わいましたね。一般旅客列車は多分、W227系ワンマン電車に交代するだろうとみられますが、電気機関車もそろそろ更新すべき時期か。中央西線や、場合によっては関西本線名古屋口の一部の貨物列車にも大きな影響を与えるだけに、今後の動向には要注意でしょう。
0

2017/8/8 | 投稿者: 銀河FXR

先日、上京した際に何気なく路線バスのLED方向幕を見て、思わず、びつくり!!

文字が橙色に道路交通法や自動車運送法などで規制されていた筈だが、何と文字は白色に。また系統記号の部分は黄色地に表示されていた、ニューエルガ型(いすゞ製)の新車がいました!!

まず、JR静岡駅前で静鉄ジャストラインの新しい車両。最初は「あれ?」と口を開けたまま見つめていただけ。白文字は、赤、青、緑の三色を併せて表示されるため、フルカラータイプの表示器だと、すぐに分かりましたね。しかし、一体いつから規制緩和されたのだろうか?

それにしても、中部国道線(84号系統)は丸子営業所ではなく岡部営業所の担当なため、車両は相変わらず前後扉の古いままですわ……。いやぁ、全く進歩がない!?(苦笑)

もしかしたらと思い、後で東京の銀座や浅草で都営バスを見たら、やはり、ニューエルガの最新車両に限り、フルカラービジョン(?)に…………。

本投稿時点では、名古屋の市バスや名鉄バスなどでは全く見られませんが、今後の新車については要注意でしょうね。

なお、関東や関西の一般乗り合いバスは、かつて巻き取り式方向幕で、最終便に限り、照明を赤色にして日常利用客に注意喚起していたものでしたね。

LED化されてからは、橙色の文字を赤い四角枠で囲い、側面は行き先の両端を赤いLEDで表示し、最終便と表現していましたが、今後は赤い文字もOKと言うことだろうかねぇ…………?
0

2017/8/7 | 投稿者: 銀河FXR

う〜ん……。あの某百貨店も、近い将来は必ずしも存廃が定かではないからなぁ…………。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/8/7 | 投稿者: 銀河FXR

ついでに、これらの画像も…………。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/8/6 | 投稿者: 銀河FXR

九州ラーメンと言えば、専ら、豚骨スープ味とばつかり思っていたが…………。

クリックすると元のサイズで表示します
1




AutoPage最新お知らせ