釈由美子 吃音情報。  

皆様!!
オハヨウですー


昼にプリングルスの新作食べました。
どうでもいいですか?

今日は、まったり過ごそうって
思いました。

理由?特にないです。

今日は大切な日なんです♪

ちょっと最近、エアロビスティックが
気になっています。

母買ってないかな?w

日本ではまだ一般的にも吃音は、緊張からくる「癖」という認識が強い事から、病気なのに軽視されがちなので、つらい思いを抱える方はたくさんいます。

ですが、専門的な治療を行える医師や、言語聴覚士がいる病院がとても少ないです。
どもりで悩む方は、治療したくとも、どうすればいいのかさえ解らないといった事も少なくない事でしょう。

また、吃音の研究を専門にする方も、あまりに少ないので、有効な治療法や、原因究明が為されていないのが現状です。

ですが、最近日本以外の国では、研究により様々な事例が発表されているそうです。

例えば、日本では今でもよく使われている「発音療法」や「呼吸療法」なども、これのみを重点的に行うのは、時代遅れだといわれ始めています。

これは、吃音の原因には、様々なタイプがあり、万人に有効な治療法などは、存在しないという研究結果がでた為です。
この事から、吃音症の患者1人1人の様態に合わせた、治療が必要といわれています。

またこの治療方法も、単一療法のみの治療では意味がありません。
症状に応じた色々な療法を、セットで用いるなどした、統合的なアプローチが行われるようになってきています。

脳科学的な研究成果については、まだこの中に取り組まれていませんが、これが有効ではないという訳ではないようです。

これらの研究事例が、日本でも浸透し、積極的に取り入れられるにはまだ時間が必要かもしれませんが、少しでも早く反映されれば、吃音症で悩む方の不安も、ぐっと減る事でしょう。
軽い咳が続く時はアレルギーの可能性も
ソーラーパネルー3
定年後や老後も安心して暮らせる方法
サントリーセサミンで行われている無料お試しキャンペーン
スキー保険はあいおいで申し込み

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ