自覚症状が出ない限り安心。  

尿酸は、健康体ならば老廃物として尿と一緒に排泄されます。その排泄がうまくいかなかったり、プリン体を含む食品を摂り過ぎると、尿酸の血中濃度の値が高くなり、尿酸自体が結晶化してしまいます。これを痛風と呼び激痛を伴います。


尿酸が高いか低いかと言うことは、自覚症状が出ない限り、自分で気付くことは中々難しいのが現実です。関節の痛みなどがない場合には、血液検査で調べる他ありません。また、尿酸の値が高く痛風を発症しやすいのは圧倒的に男性が多くなっています。


レバーや、鰯、エビ、等はプリン体を多く含み、尿酸の値を高めてしまいます。アルコール類の飲みすぎもよくありません。美食や過食を避けることが大切です。この他にも、水分を多めに取って、排尿を促進させることも大切です。


尿酸の値が高くなりすぎて、痛風や腎臓の症状が悪化した場合や、合併症を併発したら病院での治療が必要です。そうなる前に自分で食事や飲酒量をコントロールしておきましょう。特に太り気味の方は注意をして、肥満にならないようにしましょう。

おすすめサイト:背中ニキビとプール:ニキビにプールは良いのか
0




AutoPage最新お知らせ