大豆レシチン配合の豆乳ドリンクを試してみました。  豆乳ドリンク

しみ込む豆乳

大豆レシチンの働きをチェックしてすごく興味が出たので、
色々豆乳ドリンクをネットで探してみると、

梨花さんも愛用しているしみこむ豆乳を発見。

普通の豆乳に比べて栄養価が高く、
どうせ豆乳飲むなら栄養抜群の方が良いと言う方が購入されているよう。

しみこむ豆乳の口コミでは「肌荒れ」が改善された、
「便秘」が解消したなど女性が悩みがちなトラブルに効いた
との口コミがかなり多く見られます。

そこで本当に効果があるのかしみ込む豆乳を購入しました。

クリックすると元のサイズで表示します

豆乳自体それほど苦手な方ではありませんでしたので、
むしろ美味しかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

ただ、豆乳がもともと苦手な方だと駄目だという方もいらっしゃいますが、
飲み続けてたら気にならなくなったと言う方も
結構いたので飲みやすい方ではあるのかなという感じです。

ただ、近所のスーパーなどで手軽に買えないという点では
ちょっと不便なのかな?とも思います。

大豆レシチン配合のしみ込む豆乳飲料の詳細・お申し込みはコチラ>>
0

大豆レシチンの優れた働き  大豆レシチン 働き

レシチンの働きには、血管に付着した悪玉コレステロールを掃除して、
血流をスムーズにするだけでなく、血液が固まるのを防ぎ、
さらに付着しないようにする脂肪代謝機能があります。

生活習慣病の大きな原因である、動物性脂質の摂り過ぎや、
飲酒・喫煙などで、身体にかかる負担を、

大豆レシチンが健康な細胞を維持していくために、
その負担を取り除いてくれる役目をしてくれます。

日頃から、健康維持のために大豆レシチンを摂取することをオススメします。

また、大豆には大きな副作用がありませんが、たまに下痢などをされる方もいます。

1日の摂取量の目安は約5mg(乾燥大豆300g)です。

昔は豆腐や大豆加工食品で補えていましたが、
食生活の欧米化で不足している方も多くなりました。

豆乳に含まれる大豆レシチンは豊富ですので、
パッケージで確認してみてください。

また、さまざまなサプリメントなどをうまく利用して、
健康維持に役立ててください。

大豆レシチン配合のしみ込む豆乳飲料の詳細・お申し込みはコチラ>>

ちなみに大豆レシチン以外に、頭皮の臭いに関する参考になるサイトがありましたので、ご紹介しておきます。
1

大豆レシチンについて  大豆レシチン 働き

レシチンは、卵黄から発見され、
後に大豆にも豊富に含まれていることがわかりました。

大豆レシチンは不飽和脂肪酸で構成され、

その内訳は、ホスファチジール・コリン20%、ホスファチジール・エタノールアミン15%、
ホスファチジール・イノシトール20%、ホスファチジン酸及びその他リン脂質5%、
炭水化物・ステロール5%、その他35%となっています。

大豆レシチンの優れた働きのひとつに、肝臓中の脂肪分を減らすことにあります。
疲れた肝臓を修復し、脂肪肝などの予防も期待できます。

もともと細胞膜の主要構成成分であるレシチンを摂取するという事は、
細胞の活性化を促し、健康を維持する効果が高いのです。

逆にレシチンが不足すると、疲労、体質悪化や悪玉コレステロールの沈着など、
さまざまな病気を誘因することもあり、日頃から摂取に心掛けるべきです。

大豆レシチン配合のしみ込む豆乳飲料の詳細・お申し込みはコチラ>>
0




AutoPage最新お知らせ