2012/3/8

聴覚障害者が就職するに当たっての注意点  聴覚障害者の就職活動

就職をするにあたって企業が自分に対して求めているスキルはどんなものなのかを理解し、スキルを取得する必要があります。
企業が求めているスキルを持つことで、就職を優位に進めることができるはずです。
就業体験などに参加することで、社会のニーズ、色々な人との対人関係、社会的なルールを身に付けることができます。
これも、大切なスキルです。

社会に出るということは、様々な人と接しなくてはいけません。
お互いにお互いの気持ちを理解しようと思えるようになるには、コミュニケーションを図らなくてはいけません。
必要なコミュニケーション能力を身に付けることは、就職する上で重要なポイントになるはずです。

また、障害に関する情報を収集し、正しい知識を得ましょう。
社会的な自立を目指すためには、自分の障害を肯定的に捉えることが大切です。
そうすることで、自分に対して自信を持つことができるようになるはずです。

そして、実際に社会に出て様々な職場で働いている同じ聴覚障害者の仲間、先輩などとの出会いも大切なことです。
彼らがどんな職場、職種でどのように働いているのかを知ることができます。
履歴書、エントリーシートなどの記入の仕方もしっかり学習しなくてはいけません。
面接でのコミュニケーションを疑似体験するのも就職するに当たっては大切なことです。
疑似体験をすることで本番でどのように対応すればいいのか改善することができます。

障がい者を支援する就職・転職実績NO.1求人サイト「ウェブ・サーナ」
0

2012/3/5

聴覚障害者の方の仕事探しをする際に確認すべき3つのポイント  聴覚障害者の就職活動

@スキル
聴覚障害者の方だけではなく、健常者の場合でも就職するにあたって重要になるのが仕事に対してのスキルがどの程度あるのかです。
聴覚障害者の方が仕事をされることが多い事務系の仕事の場合、PCスキルは必須です。
PCに関する専門知識を持っているなら、資格を取得しておくとそれが就職の際のアピールになります。
他に、入力スピードがどのぐらいあるのかなどのスキルが必要になりますが、漠然とスピードがありますというのではいけません。
具体的に10分間で何文字を入力することができるのかなど数字を把握しておくようにするといいでしょう。

A電話
聴覚障害者の方の場合、電話業務につくことはできません。
ですが、PCの普及によりやりとりを電話だけではなく、メールなどでも行うことが可能になりました。
そのため、電話業務ができなくても仕事をすることができます。
電話業務を行わなくてもいい企業を選択するといいでしょう。

B企業サイドの対応
聴覚障害者の方が仕事をするにあたって、最も重要なポイントになるのが企業サイドの対応です。
話をすることはコミュニケーションをはかる上で欠かせないことですが、聴覚障害者の方とのコミュニケーションをどのように企業が考えているのかが重要なのです。
手話教室などを行っている企業もありますが、お互いに理解しようと言う努力が必要です。
理解するのは難しいと思いますが、理解しようと言う気持ちが大切なのです。

障がい者を支援する就職・転職実績NO.1求人サイト「ウェブ・サーナ」
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ