2017/9/22

定期検針  太陽光発電

9月19日に電気使用量定期検針が行われました。

買電
08月18日〜09月18日(32日間)
674kWh

昼間 47kWh 朝晩 297kWh 夜間 330kWh
 (夜間率49%)

昨年の使用量は、501kWh(29日間)でした。
(1日あたり 21%増加)

・・・

自称「三丁目の太陽光発電所」が低圧配電線系統へ供給した分、

余剰購入電力量(売電) 
08月18日〜09月18日(32日間)
170kWh

昨年は、175kWh(29日間)。

・・・

人間、約五十年のやっていると、「欲張る」とロクな目には合わないことを経験で分かってきます。
お酒を飲みすぎたり、ご飯を食べすぎたり、山で登山道下山道を良く調べないで遭難しかけたり(笑)。

前回の定期検針時も天候不順を残念がっていましたが、再生可能エネルギーとはそういうものなのです。
ちょっと残念だけれども、事実・現実を直視すること、受け入れることが大切です。
物事なんでも、程々・己の能力を把握する(身分相応)ことが大事!!

・・・

…ありがとう 太陽!…
クリックすると元のサイズで表示します


2017/9/9

2017(H29)年08月発電記録  太陽光発電

自称「三丁目の太陽光発電所」の2017(H29)年08月の発電記録

08/01〜31 発電量 325.222kWh

系統供給電力量(売電) 126.953kWh

売電率   126.953/325.222×100=39.0%
消費量   914.035kWh
自家消費量 198.269kWh
買電量   715.766kWh
ピーク発電 4.07kW(08/23)

我が家の総消費電力量の「13.8%」相当分、再生可能エネルギーで、ご近所へ供給。

過去の実績、ピーク発電の状況、全天日射量と発電量の傾向から、設備に異常なしと自己診断。

・・・ありがとう!太陽!・・・
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2017/9/8

ちょっと違っている  

ヤマハ発動機が、あのSR400の生産を終了するらしい。
二輪の免許は持ってないけど、ヤマハと言えばSR400が最高に格好良いバイクだと思っていた。
少し前の三菱ランサーのときにも感じたことなのだが、諸般の事情は抜きにして名車といわれるメーカーの製品に憧れを抱いていたファンの心までも離れてしまう恐れがある。
親子二代、三代というような綿々とメーカーを愛してきたファンから見限られない為には、注文生産でも良いので生産を継続してほしかった。
「終了」の言葉だけは使ってほしくなかった。
数年後に、海外で一定基準の品質を保って、復活したとしよう。
でも、自分が好きだった頃のあの車とは、別物だ。
国外生産となったミラージュやマーチを例にすると、コストダウンしながらも製品としての品質は保っている。
しかしながら、それは軽自動車をMINIの顔にモデファイしてイギリスで販売するようなものだ。
メーカーが作っている偽物を買いたいとは思わない。
後継機だと仮にメーカーが宣言しても、それは違うと思う、昔からのファンが多いハズだ。
繰り返すがSR400はカタログから落とすべきではない。
経営層は数字だけを追い求めることを止める勇気を持ってほしい。
愛ある株主ならば、きっと理解してくれるはずだ。

2017/8/6

昨日の御来光です  近況

吉田ルート八合目からの御来光。
(2017/08/05 04:56撮影)

クリックすると元のサイズで表示します



2017/8/5

標高3250mからの眺め  近況

初めて、富士山吉田ルートに挑戦しました。
山小屋「元祖室」に宿泊しました。

2000年製造のデジカメで雲海を撮ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します



2017/1/1

2016年(H28)年間データー集約  太陽光発電

2015年との比較となりますが、積算発電量が232.725kWhも減少しました。
設備的に異常は無く、気象の影響です。
太陽光発電を地表で行う以上、ピーク発電力や、累積発電量が安定しないことは当然です。
現在、地球は氷河期に突入しているという説もあり、あまり太陽光発電に過度の期待はしない方が無難かも知れません。

・・・・

物を大切にすることは大切ですが、明らかに消費電力量が多い家電を使い続けるのはエコとは言えないと感じていました。
思い切って消費電力の大きな家電を、順次買い替えしました。
・冷蔵庫(4月)
・エアコン(6月)
・テレビ(12月)
かなりの出費となりましたが、明らかに総消費電力が削減されました。

・・・ありがとう太陽!・・・

クリックすると元のサイズで表示します
(参考)2015年(H27)年間データー集約
クリックすると元のサイズで表示します

2016/11/3

三丁目の太陽光発電所が六年目に突入  太陽光発電

自称「三丁目の太陽光発電所」が運転開始から丸五年経過し、無事に六年目に突入しました。

電池容量 3.936 kW
(南東、南西向き)

設置時期 2011年11月

年間合計
2011/11〜2012/10 4322kWh
2012/11〜2013/10 4414kWh
2013/11〜2014/10 4360kWh
2014/11〜2015/10 4276kWh
2015/11〜2016/10 3939kWh

期間合計
60ヶ月計 21312kWh

運転開始後、今日までは設備に起因するトラブルは、ありません。
周辺環境が変化して、若干ではありますが冬季の日射量が減少傾向にあります。
この一年間は、天候不順な日が多かったため、過去最低の発電記録となりました。
しかしながら、発電量単価(計算上)については安定しているので、実力通りの
発電量だと考えます。

…ありがとう、太陽!…

クリックすると元のサイズで表示します


2016/6/27

積算発電量20000kWh達成!!  太陽光発電

自称「三丁目の太陽光発電所」の運転開始(2011年11月2日)後の積算発電量が20000kWhを超過しました。
本当に偶然ですが、宿直を終えて、帰宅すると、積算発電量20000Kwhの表示が!

太陽光発電システムに不具合はなく、連系障害も発生していません。
目立った、モジュールの性能劣化は、ありません。

ありがとう!太陽!!

クリックすると元のサイズで表示します


2016/1/1

2015年(H27)年間データー集約  太陽光発電

シャープWEBモニタリングサービスからダウンロードしたデーターです。
買電換算の数値は燃料調整費などが加算されていないので、正確な数値ではありません。
若干、積算発電量が少ないものの、気象条件に見合ったものであり、満足しています。
モジュールの性能低下は、今のところ殆ど無視して良いレベルの様です。

・・・ありがとう太陽!・・・

クリックすると元のサイズで表示します

(参考)2014年(H26)年間データー集約
クリックすると元のサイズで表示します

(参考)2013年(H25)年間データー集約
クリックすると元のサイズで表示します

(参考)2012年(H24)年間データー集約
クリックすると元のサイズで表示します

2015/11/2

三丁目の太陽光発電所が五年目に突入  太陽光発電

自称「三丁目の太陽光発電所」が運転開始から丸四年経過し、無事に五年目に突入しました。

電池容量 3.936 kW
(南東、南西向き)

設置時期 2011年11月

年間合計
2011/11〜2012/10 4322kWh
2012/11〜2013/10 4414kWh
2013/11〜2014/10 4360kWh
2014/11〜2015/10 4276kWh

期間合計
48ヶ月計 17373kWh

運転開始後、今日までは設備に起因するトラブルは、ありません。
ただただ、消費するだけだった電力をご近所に供給している嬉しさは、何とも言えない満足感を得られます(と言っても、余剰分だけの低圧供給(単相200ボルト)なので原価償却は相当先になりますが)。
発電が順調ならば、累計発電量20000kWhを1年以内に達成出来そうです。




クリックすると元のサイズで表示します

2015/4/29

積算発電量15000kWh達成!  太陽光発電

自称「三丁目の太陽光発電所」の運転開始(2011年11月2日)後の積算発電量が15000kWhを超過しました。

今のところ設備に不具合はなく、連系障害も発生していません。
モジュールの性能劣化は、あっても極わずかであって、殆ど無視して良いレベルだと思います。
短時間ではあるものの定格オーバーとなることがあるので、製品寿命に影響しないか少しだけ不安です。
(実は、運転開始当初は結構、喜んでいたんですけどね)
まぁ、ほとんど瞬時値(一過性のもの)なので、影響度は低いものと思われます。

パワコンについては、北東側の軒下(一応屋外)に設置していて、降雨の影響や直射日光、外気温、埃といった環境影響を殆ど受けないようにしたつもりです。

約3年6ヶ月(42ヶ月)で15000kWhなので、平均357kWh/月ペースで発電していることになります。
短期的な物差しで考えないで、長いスパンで見守る根気良さが必要です。
そのためには年齢的に若いうちに導入することがポイントだと思います。
二十年前の自分を振り返ることは出来ますが、二十年後の自分は想像できないですから。
兎にも角にも、このペースで、細く長ーく発電所が稼働していくことを望みます。

ありがとう!太陽!!

クリックすると元のサイズで表示します

2014/11/2

三丁目の太陽光発電所が四年目に突入  太陽光発電

自称「三丁目の太陽光発電所」は運転開始から丸三年経過し、めでたく四年目に突入しました。

電池容量 3.936 kW
(南東、南西向き)

設置時期 2011年11月

年間合計
2011/11〜2012/10 4317kWh
2012/11〜2013/10 4409kWh
2013/11〜2014/10 4355kWh

期間合計
36ヶ月計 13081kWh

今まで、設備的には大きな不具合は、幸いにも経験せず。
大変ありがたいことに、余剰電力買取もしていただいています。
基本、4kWと極小の太陽光発電所なので低圧配電線に与える影響は、微々たるものなのです(笑)。

最近、職員(=家族)の節電意識が低下してきていますが、まぁ余り細かいことを言うのもアレですから、、「見ざる、聞かざる、言わざる」(三猿)で家庭内不協和音防止を謀っています。

何だかんだと電気使用料金は、ジワジワとは値上げが行われ、随分負担感も増してきました。
新築で家を建てるなら迷わず、家庭用太陽光発電を導入することをお薦めします。
自分の場合、40才すぎてからの導入で、ちょっと遅かったなと後悔しています。

早く、宇宙空間での太陽光発電が実用化され、無条件で無線送電される日が来ることを望みます。
(まぁ、それこそ次世代エネルギーとなるんでしょうねぇ)

2014/3/14

積算発電量10000kWh達成!  太陽光発電

自称「三丁目の太陽光発電所」の運転開始(2011年11月2日)後の積算発電量が10000kWhを超過しました。
(約5000kWh/14ヶ月:発電量/運転月数)

これまで設備に一切不具合がなく、連系障害も発生していません。
モジュールの性能劣化は、さほど気にしていませんが、パワコンの不具合は何れ経験するであろうと想定しています。

ありがとう!太陽!!

クリックすると元のサイズで表示します

2013/1/13

積算発電量5000kWh達成!  太陽光発電

自称「三丁目の太陽光発電所」の運転開始(2011年11月2日)後の積算発電量が5000kWhに到達しました。

クリックすると元のサイズで表示します


費やした日数は439日ですが、私の想像よりも早かったという印象があります。

単純計算で稼働率を計算してみます。

(年間稼働率)
5000kWh÷438.5日÷24時間÷3.9936kW×100%=11.896%

一昨年8月、PV−net千葉支部の太陽光フォーラムで教えていただいた値に「ぴったんこカンカン」でした。

(効率)
先ずは、年間の日照率を考えてみます。
気象庁の過去データーから昨年1年間の日照時間(東京)は2022.9Hでした。
1年366日×24時間で割りますと、
日照率は
2022.9/366日×24時間=0.23
となります。
(気象庁の日照率は46%となっています)。
太陽光発電はこの少ない日照時間で発電しなければならず、費用対効果(コストメリット)を追求する場合はかなりギャンブル性が高いものです。
(42円/kWh×20年間固定買取制度にて業者が多数参入しましたが、40円/kWh×10年だったら、状況は変わっていたと思います)。
・・・
先ほどの稼働率を日照率で割ってみます。
11.896/0.23=51.655%

太陽光発電設備としては、日中限定で、51%程度の効率で運転していることになると考えています。実質無点検でこの値は結構、優秀だと思います。

次の目標は10000kWh!!

来年の春ごろになるんでしょうか。また楽しみが増えました。

2012/11/3

運開1周年  太陽光発電

自称「三丁目の太陽光発電所」は昨年の11月2日より運転開始し、系統連系(売電開始)は11月9日でした。
定格パネル出力容量3.936kWで南東南西(45度)の方位、パネル傾斜角度は約23度という設置条件で、年間4322kWh(1098kWh/kW、稼働率は12.5%)を発電しました。
稼働率が12.5%と非常に低いので、通常、独立採算は不可能です。
余剰でも固定でも買い取ってくれる制度があることに感謝したいと思います。

次世代エネルギーが本当の意味で主役に成るには、相当の負担が必要です。

自家消費率が40%と少々、売電効率は芳しくないのですが、電力料金が値上げした影響で、自家消費額が増えた為、節約(効果)額は、満足出来る数字になりました。

この1年、発電記録をコツコツとノートして、エクセルで集計したのですが、本当に面白かったです。
ソーラークリニックやソレナテックなどの情報サイトで、色々と検討したことも貴重な体験です。

・・・ありがとう!太陽!・・・

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ