新しい分類法  日記

今日も原種の写真を探していたところ、原種の新しい分類法を見つけました。

このページではアメリカの協会、AVSAのマスターリスト第10版を参考に原種を紹介していましたが、

できるだけ早く翻訳してご紹介したいと思っております。

それまで待てない方は、

http://www.violetgallery.com/html/speciesprint.html

へどうぞ。
0

兵庫県立フラワーセンター  日記

今日はゲツィアーナについて調べていたらこんな物を見つけました。

クリックすると元のサイズで表示します

読めないですね。

では直接見に出かけてください。

idMARCHのページが開いたら、上の方のにある"type here"のところに、"セントポーリア・ゲッツィアーナ"と記入して下さい。

次に表示されている"セントポーリア・ゲッツィアーナ"をクリックし、次に"open Document"をクリックすると表示されます 。


http://www.idmarch.org/document/


(150206)
0

pusilla  日記

原種の写真をあちこち尋ねていたところ偶然プシラの写真を発見しました。

いままでアメリカでは栽培されていないとされていた原種です。絶滅した種と考えられていました。

クリックすると元のサイズで表示します
(この写真はnationalgeographic.comよりお借りしています。)


http://digitalnomad.nationalgeographic.com/2012/11/28/mystery-of-the-african-violet/

つい最近まで私には夢がありました。

いつの日かセントポーリアの原種をタンザニアの地に戻すという夢です。


しかしその必要はないのかもしれないですね。


思ったより以上にしたたかなのかもしれないです。


如何に人間が傲慢かを思い知らされました。

自然を破壊しておきながら、再び原生地に原種を戻そうなんて。


お蔭で長年のもう一つの夢、いつの日かタンザニアの原生地を訪れるという夢が益々膨らみました。

(150205)
0

再スタート  

ここ数年の変化は著しいものがあり、リスト作成の意味が無くなってしまったように思えます。

たとえリストを作成してもセントポーリアの写真を載せていた書籍のほとんどが手に入らなくなってしまいました。

古い品種を紹介しても写真どころかセントポーリアそのものが手に入らないでしょうし、そもそもセントポーリアを育

ようとする人がいない状況のように思われます。

セントポーリアは難しい植物という評価がすっかり確定されてしまった感があります。

また同時にお金のかかる植物とも思われてしまっていると言えないでしょうか。


もう一度原点に立ち返ってセントポーリアを見つめ直すことが必要と思います。

まあ、一人では何もできませんので、とりあえずは細々と原種の紹介から始めたいと思います。
0

071210の2  日記


申し訳ございませんが店は閉店いたしました。

今後は写真を載せていきます。

美しい花々をお楽しみください。
0




AutoPage最新お知らせ