2009/5/13

久しぶりに投稿  

このブログ…1月下旬にホムペを閉鎖した時に、その時一緒に消えたと思ってたけど、よくよく考えてみたら退会届けを出してないんだから消える訳がないか(^^ゞ
さて、1月下旬に一旦インターネットを止めて新たに4月から、地元でケ一ブルテレビが始まる為、施設も導入する事で、私もケ一ブルテレビ&インターネット始められる様に加入しておいた。しかし、地元加入者や色々な面で予定より1ヶ月遅れの5月から開始となった。
でも、インターネットだけは4月15日頃から開始となっていたので、自分も諸々設定してどうにかインターネットを始められる様になかった。しかし、インターネットエクスプローラの方は、イマイチ設定方法が判らないのと上手く行かないのでそのままにしてある。まっ急がなくてもゆっくり、設定していく事にしよう。
と言う訳で、庭の花壇に植えてあるアマリリスが、毎年恒例の如く今年も見事に大輪を咲かせてくれたので、久々にアップしよう!この花は毎年花数や球根を増やしてくれるので、職員や私も驚きと共にスゴく喜んでいる〓たぶん、環境&肥料がちょうど良いのだろうと思う。
クリックすると元のサイズで表示します
2

2009/1/27

福岡旅行:その20  

そして喫茶店に入ると友人は軽食を注文し、私達はすでに朝食は終わらせていたのでコ一ヒ一を注文しました。そして新幹線の発車時刻が来る迄の間、友人と私が知り合ったキッカケや友人の仕事の事などを聞いたり話したりして楽しいひとときを過ごしました。
やがて食事が終わり喫茶店を出ると、私達の乗る新幹線の身障者用の座席の状況を駅員に聞く為に、駅の窓口に行って駅員に確認を取ると、その後約15分位経った頃に「指定席が空いているけど、1800円位かかるけどどうする?」と聞かれたので、即座に支払う事に決めチケットを購入し私達は新幹線乗場のホ一ムに行きました。新幹線のホ一ムに着くと11時半過ぎの発車には、十分余裕があったので博多駅名をバックに富山県の友人と記念に写真を撮りました。
やがて新幹線の発車時刻が来たので、私と介助職員は身障者用指定席の車両に乗り込み、富山県から来てくれた友人は自由席の車両へと移動して行きました。ほどなくして新幹線が岡山方面へと発車すると、私は座席では何もする事がなかったので、電光掲示板を見たり携帯をみたりしていました。そして約一時間40分位で新幹線が岡山駅に着くと、専属の駅員が準備してくれた専用スロープを使いホ一ムに降りると、富山の友人が私達が降りた車両の側に来てくれ手を振って合図をしてくれました。そして友人の乗っている車両を見送った後、私達は駅員の誘導に従いエレベーターで階下に降り改札口迄行きました。私達は岡山駅に到着した後、今度はjr四国の列車で高知に帰る迄には、まだまだ余裕があったので買い物をしようと思い、二人はお土産品店に入り店内をあちこち回って買い物を済ませました。
やがて私達は2時台の列車の発車時刻が来たので、駅員の案内で改札口へと向かうと、駅員の持参してきた専用スロープを使い高知行きの車両に乗り込みました。勿論、高知行きの車両には身障者用座席は無いので、私は電動車イスから立ち上がり座席迄歩いて行き自由席に座らせてもらいました。やがて列車が岡山駅を発車すると、高知に到着する迄の間にはかなり時間があったので私は遅い昼食を取ろうと思い、バナナや岡山駅で買ったモノを食べたり回りの景色を見たりしていましたが、介助職員は流石に旅行中の疲れが出たのか私の方へもたれ掛かったりしながら眠ったりしていました。やがて列車が夕方の6時前に窪川に到着すると、駅員の持参して来た専用スロープを使いホ一ムに降りた後改札口に行きました。そして窪川駅を出ると事前に予約しておいた介護タクシーが待機していたので、私達はそのタクシーに乗り込み施設に帰りました。私達がタクシーに乗り込み施設へと発車した後、タクシーのフロントガラスを見ると雨が降っていました。そしてタクシーが6時半前に施設に
到着した後、タクシー料金の支払いを済ませると帰園時間が丁度夕食時でもあったのでを、私は夕食を食べるために直行で食堂へ行き夕食を食べさせてもらいました。
以上が、昨年10月8日から10日までの福岡旅行の記録でした。今回の旅行も私にとっては、いろんな人に会い、沢山人に大変お世話になり、又とても良い体験や発見をする事が出来、とても貴重で意義のある思い出深い旅行になりました。又、何時か機会があれば、体とお金の許す限りこれからも続けて行きたいなと思います。
0

2009/1/27

福岡旅行:その19  

客室を去る当日写真を三枚程撮り終えた私達は、エレベーターでロビーに降りフロントのカウンターに行き、3日間の宿泊料金ををカードで支払った後その明細を見てみると、流石高級ホテルだけあって中々のモンであった!宿泊した3日間の料金は、ツイン&食事無し&ルームサ一ビス&宅急便の送料で<約7万>だった。
普段旅行する時のホテル選びは、これだけ高いホテルはまず予約はしない私だが、今回は博多駅周辺のホテル希望と予約の際に何度も他のホテルに電話を掛けて、客室やトイレの状況などの問い合わせの確認をする事に、ムダな電話料金を使う事になるのが分かっていた事もあり、たまには二人で高級ホテルに泊まりリッチに過ごすのも良いと思ったので、敢えてこのホテルに宿泊する事に決めたのであった。
やがてホテルの支払いを終えた私達はドアの所に行こうしたら、ロビーにいた客室案内のベルガ一ル?が見送ってくれたのでホテルの前で二人で記念写真を撮り「お世話になりました」と挨拶をしてホテルを後にしました。その後博多駅迄歩きながら、道中事前に待ち合わせの約束をしていた富山県の友人に、メールや電話で現在の所在地を確かめました。すると友人は博多駅構内にいた事が分かったので、博多駅前でお互いの初めて顔を合わせをし挨拶をした後、友人は朝食抜きで大阪からきたとの事だったので、早速三人は構内の喫茶店に入る事にしました。
0

2009/1/27

福岡旅行:その18  

さて、いよいよ福岡旅行の最終日の朝。私は(介助職員が私を起こす前に、自分の朝の身仕度を済ませた後)、7時頃にベッドから起こしてもらい着替えや化粧を済ませ、次に前夜に買ってきた「おにぎりやもずくやカロリーメイトやバナナ半分)を朝の朝食のかわりに食べました。(おにぎりは勿論普通のご飯なので、私はそのままでは食べられない為、お湯の中におにぎりを入れふやかしもずくも入れて食べる工夫をしました)
やがて二人は朝食が終わると、今度は自分が持参してきたエアーマットを小さく折り畳みボストンバックに入れお土産品と一緒に箱に入れたりして宅急便で送る準備をしました。そして全ての準備が整った所で、最後の記念に二人で泊まった3日間のリッチな客室の写真を撮りました。
0

2009/1/26

福岡旅行:その17  

そして、博多駅を出ると夕方で人通りの多い駅前の横断歩道を渡り、ホテルのある通りへと帰る道すがら職員が「明日の朝食を買って帰ろう」との事で、私達はホテルの手前にあるコンビニに入り買い物をして帰る事にしました。本来は職員だけ買い物をするつもりでコンビニに入ったのが、私も毎回バナナやカロリーメイトばかりも飽きがくるし、そう言えば私はこの数日ご飯モノを食べてないので「おにぎりと汁気のモノを買う事にしよう」と思い、店内をあちこちと見て周っていたら丁度"梅干し入りのおにぎり&もずく"が有ったので、私はその二つを買って帰る事にしました。やがて二人の買い物が終わりホテルに到着すると、ホテルでは何もする事がないので前夜と同じ要領で入浴をする事にしました。勿論、入浴と言っても浴槽の中には入る事は出来ないので、頭と体を洗ってもらった後はシャワーをジャンジャン掛けて温もりました。
そうして体がある程度温もった後ドライヤーで髪を乾かしてもらうと、今度は介助職員が入浴をするためその間私は何もする事がなく、丁度テレビを付けると自分の好みの番組をやっていたのでテレビを見ている事にしました。やがて番組も終わりそして職員も入浴が終わったので、翌日の事も考えて二人はそのまま就寝しました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ