brilliat savarin

 




禽獣は喰らい、人間は食べる。



カレンダー

2016年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

掲示板

掲示板の設定が行われていません

最近の記事

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2008/4/4

烏骨鶏を入手することが出来たので、
参鶏湯を作ってみました。

まず生の朝鮮人参、棗に枸杞の実、松の実、大蒜、糯米を烏骨鶏のお腹の中に詰め込んで、

葱の青い部分、昆布(鶏肉の旨味を惹き出すために)と一緒にコトコト炊き続けました。

塩に、韓国産のキムチ用の赤唐辛子と黒胡椒を混ぜたもので食べてみました。

味はと言うと、煮込み過ぎてしまい、鶏肉の味は少し抜けてパサパサに・・・
煮込むのも程々が良いようです。

しかしスープのほうは、鶏のゼラチン質の旨味がしっかり出ていて、滋養強壮、精力増強に効果がありそうな味です。

まだ朝鮮人参が残っているので、食べ終わったらまた再挑戦しようと思います。

0
投稿者: ざらすとろ
詳細ページ - コメント(0) | トラックバック(0)
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ