2009/6/24

交流戦MVP SB杉内  
やはりチームが好調だと選出されやすいですね。ダルビッシュは残念でした・・・。
 プロ野球「日本生命セ・パ交流戦」の表彰選手が24日発表され、最優秀選手(MVP)に、連覇を飾ったソフトバンクから杉内俊哉投手が選ばれた。賞金200万円が贈られる。 杉内は期間中、チームトップの3勝を挙げ、防御率1.23をマーク。全チーム最多の44イニングを投げて連覇に貢献した。ヤフードームで記者会見した杉内は「自分でいいのかなと思った。防御率1点台は誇れるし、徐々に自分らしい投球ができている」と喜びを語った。 日本生命賞(賞金100万円)には、最多の11本塁打、24打点をマークしたトニ・ブランコ内野手(中日)と、防御率(1.15)、勝利数(4)、奪三振(40)の3部門でトップだったダルビッシュ有投手(日本ハム)が選ばれた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090624-00000116-jij-spo
0


AutoPage最新お知らせ