2009/9/18

人格と愛  1章人格教育の核心

 人格と愛は密接不可分の関係にある。

しっかりした道徳的アイデンティティーを備えている成熟した人格の持ち主の方が、

未成熟な人格の持ち主よりもはるかに楽しく愛に満ちた人間関係を築く能力をもつ。

 ある若い父親は仕事もなく、お金もなかった。

3歳の娘がクリスマスツリーの下に置く箱を飾っていたのだが、金の包装紙を無駄に

使ったので娘を怒ってしまった・・・。

 翌朝、娘はその箱を父親に持ってきて「これは、パパのよ。」と言った。

父親は昨日の自分の行動を恥ずかしく思った。

しかし、その箱が空だと知ったとき、父親は再び娘に怒ってしまった。

「誰かにプレゼントをあげるなら、中に何かいれておかなきゃ。」と。

娘は父親に「空じゃないよ。私は箱の中にキスを入れたの。全部パパのよ。」と言った。

父親は意気消沈し、謙虚になった。

 自分の限られた人格が、如何に自分の娘を傷つけてしまったか、自分の醜い

姿を覗き見て、変わることを決意した。

心情の育成は、幼いころからの人格形成の中心的課題である。

道徳教育の目的も良心の優位性を確立することにある。

それこそ、道徳教育の核心部分である。
11



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ