2017/4/6

私はなに人?  Daily Life

クリックすると元のサイズで表示します


我が家の庭のリンゴの花がほぼ満開になりました。外に出るとほのかに花の香りがして、ミツバチもブンブン飛んでいます。今日はこれから大嵐になるという予報で、せっかく咲いた花が散ってしまわないか心配です。

昨日は、去年の夏に知り合った日本人の若い女の子とベトナム料理店にランチに出かけました。彼女はやはり2年ほど前にご主人のお仕事の都合でこちらに引っ越してきて、今は郊外の田舎のほうに住んでいるのですが、ご主人が長期出張に出かけていて独りぼっちなので、時々我が家での夕ご飯にお誘いしたりしています。

昨日は彼女のお仕事がお休みだったので、私も午前中に仕事を済ませてから、近場のベトナム料理店に出かけました。ベトナム料理にもいろいろありますが、二人とも定番のフォーと生春巻きを注文して、最後に紅芋のタピオカ入りドリンクをテイクアウトしました。フォーのスープはやさしい味で、パクチーやタイバジルやライムがアクセントになって、私は大好きです。このお店のフォーもとっても美味しかった。この前、ニューヨークでもチャイナタウンでベトナム料理店に行ったのだけれど、気取らない雰囲気で、店員さんもぶっきらぼう(別の言い方をすると、お客に媚びない)で、なにより安い!

昨日のお店での私たちのテーブルのウエイターはアジア人(たぶんベトナム人)で、あまり英語が上手ではなかったのだけれど、必要以上に私たちのテーブルにやってきて「大丈夫ですか?(Is everything OK?)」と訊いていて、そのうちに、別の若いウエイター君も同じように声をかけてきて、何だろうなぁと思っていたのだけれど、あれはお友達のMちゃんが可愛いからだったのかぁ…と気づいたのでした。というのも、お会計の時に、私たちのウエイターがMちゃんに

「どこから来たの?(Where are you from?)」

と訊いていて、日本から、と彼女が答えると、「そうだと思った」というようなことを言ったので、私が横から「You can tell we are from Japan?(私たちが日本人だってわかるの?)」と訊いたら、なんとそのウエイター君は、

「Not you!」と言ったのでした!!!

それは一体どういう意味ですか?
「あなたには訊いてないよ」という意味なのか、「あなたは日本人じゃないでしょう?」という意味なのか…。なんだかよくわからないけれど、「Yes, I am」と言ってお店を出ました。(^^;)

お店を出てから、「私って、日本人に見えないのかな」と落胆してボソッと呟いたら、Mちゃんは笑っていましたが、そこで落胆するというのはなぜなんでしょうね。

この間、娘が何かの話題の途中で、

Japanese people are the white supremacists of Asia.(日本人はアジアの白人至上主義者だよね)

というようなことを言っていたのだけれど、これには二通りの解釈ができると思います。日本人は白人崇拝主義者だという見方と、日本人はアジアの中で自分たちが一番優れていると思っているという見方。文脈的には娘は後者の意味で言ったのですが、明らかな国粋主義者ではなくても、日本人に見られなくてがっかりするというのは、やはり潜在的な優越感のようなものがあるのかもしれません。

でも、笑っちゃうのは、私とMちゃんを見比べたら、私の方が絶対に日本人ですよ。だって、Mちゃんは染めブロンドで青いカラコンをしているんだから。初めて彼女に会った時、日本人だとは知らずに英語で話しかけちゃったというくらいですから。

まぁ、あのウエイター君は一生懸命にMちゃんの気を引こうとしていたのでしょうね。そこで私が横からうるさいことを言ったから、「Not you!」だったのかもしれません。(笑)

それにしても、私はいったいどこの人だと思われたんだろう?
0



2017/4/10  0:15

投稿者:JKD

最近は曇り空が多くて、花の写真がきれいに撮れなかったのが残念。
こんなに花が咲くのに、どういうわけか実はそれほど付かずに、せっかく付いてもみーんなリスに食べられちゃうんです。今年は袋をかけようかと思うんだけど、リスは紙袋もかじるという話です。(あれ?Ziggyさんに聞いたんだっけ?笑)
髪が長いとフィリピン人に間違われることがあるような気がしますよ。私もこの前フィリピン人に間違われました。それもフィリピン人に。

2017/4/7  22:01

投稿者:Ziggy

果物の木のお花って凄くいい香りがしますよね。
しっかり花を付けてるから今年はいっぱいりんご🍎がなるといいね〜。
そのウェイター君は完全にMちゃんの気を引こうとしてたみたいね。笑
私は断然 フィリピンとかの国の人に東南アジア系の人に間違われる事が多かったな、若かりし頃は。。。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ