2018/4/16

山岳ガイド 故木村道成さんを偲んで  

平成30年4月8日午後、突然の訃報だった。
妻が木村さんが亡くなったと涙を流しながら言っていたが、
一瞬、そんなに具合が悪いことでもあったのかと思ったが、
大好きだったシーカヤックにのり、西伊豆で遭難してしまった。
こんなことになるなら、行かないでと伝えたかったが、
今はこれが運命、天命を全うしたと納得せざるを得ない。

生きている間は恥ずかしくて、こんなことも書く気にもなれないが、
私にとって頼れる兄貴のような存在だった木村さんを偲んで、
ここに木村道成さんとの思い出を記しておきたい。
時系列で記しています。

(出会い)
私が知り合ったのは大学の先輩のヒダさんの誘いで木村さんの家に遊びに行ったのが最初だった。
確か22歳か23歳の晩秋か初冬くらいの寒い時期だった。97年か98年ころ。木村さんの家にギターをもってライブをした。
長男はたぶん小学校6年、娘さんは小学校2年か3年くらいだった。
あの日のライブは木村さんがMDで録音していて、十数年後に聞かせてもらった記憶がある。

(山親爺)
木村さんを題材にした私のオリジナルのギター曲。
おそらく木村さんの会う前に、みんなからすごい気合の入った山の親爺がいると聞いていて、
そんなイメージで作った記憶がある。私のギターも紆余曲折があり、オープンチューニングで作ったこの曲を十年以上弾いていないこともあったが、ここ数年、パーシャルカポで編曲し直し、アレンジも変えたりして、最近またお気に入りの一曲。
木村さんには生前に、木村さんをイメージした曲とは言っていなかったけど、
山親爺は彼も気に入っているようだった。告別式でも演奏させていただいた。

(きのこ採り)
キノコ採りするからと東京から木村家に遊びにいった。
当時はチベット旅行から帰国して間もない、すこしぼーっとした感じの原村のタクさんやナベ、ヒダさんなどが、一緒に木村家で飲んでいた気がする。庭で木村さんが近所の若いお父さんと手を組みあい、よくわからない力比べをしていた。
夜中の3時ころに就寝したが、朝の6時に起こされた。二日酔いと寝不足でひどかったが、木村さんは「快調、快調」ときのこ採りの準備をしていた。
木村さんのすごさを思い知った。キノコ採りは奈川の野麦峠のふもとの牧場に行ったと思う。イグチや木の上のヤナギモタセを採った。
木村家でキノコ汁を作った。非常に美味だった。とくにヤナギモタセのサクサクとした食感に感動した。以来、あの感動が忘れられず、現在も信州人となり、キノコ採りに狂っている。

(引っ越し)
大学を卒業して、信州に引っ越そうと迷っていた時、木村さんがこの日なら、俺のトラックで運んでやるよと言ってもらい、じゃあ信州に行っちまうかと仕事もなかったけど、引っ越しの日を決めた。2001年の4月の初旬に東京の杉並の代田橋の狭苦しいアパートに1トン車で乗り付けてくれた。中央道はアクセルをふかして70kmで飛ばした。
岡谷のトンネルを抜けて、松本平に差し掛かり、雪化粧を纏った北アルプスがつらつらと見えたとき、これで東京時代は終わり。今日から信州人なんだと感じた。

(風呂改装)
家の風呂がボロボロで、元大工だった木村さんと改装した。
といっても、掘っ建て小屋のような風呂だったが、以前よりも明るくなり、風呂が楽しみとなった。

(鉱泉ライブ)
2001年10月に私やナベが率いていた森象というバンドで木村さんが支配人をしていた赤岳鉱泉でライブをした。
私と妻はこのライブがきっかけで知り合った。この時は原村のタクさんや大学時代の友人と阿弥陀岳に翌日登った。
下山して、ナベやアーさん、そして木村さんと乗鞍岳にドライブして登頂した。乗鞍のてっぺんで、森象の曲をやった。
私は便所サンダルで登った。ドライブの時、標高2000mの結構冷える気候の中、かっこいいオープンカーをみて、木村さんが、「かっこつけるには、やせ我慢が必要なんだよ」と名言を言った。

(沖縄)
息子と小屋番のヒロキと4人で沖縄に連れて行ってもらった。
奥さんの実家の瀬底の散策もよかった。近くの浜辺で貝拾いをした。ハリセンボンを料理してもらった。
首里城は時間がなく、走って見た。
民謡酒場で三線を弾いた。私のオリジナルの沖縄っぽい曲やてぃんさぐぬ花など好評だった。

(赤岳鉱泉)
木村さんが支配人だった鉱泉に、2002年春から秋まで働いた。
大工仕事の木村さんは別人で人が変わったように厳しかったが、
仕事が終わるといつもの木村さんに戻った。
初夏のころだったか、急性の腰痛でヘリで山小屋から緊急搬送された。
腰痛がきっかけなのか、人間関係がきっかけなのか忘れてしまったが、
夏ころに木村さんは山小屋を辞めた。その後、プロの山岳ガイドとして歩み始めた。

(結婚式)
東京で結婚式をした折り、木村さんにてぃんさぐぬ花を演奏してもらった。

(木村家でギター)
結婚後は独身のころに比べると会う回数が減ったが、
気が向くと木村家でギターをやったりした。
何回やったかは記憶にないが、年に2,3回くらいだったか。
特に木村さんが下山して、音楽の好きなガイド仲間やお客さんが来たりすると、
よく呼んでくれた。
いつも私のギターソロを聞かせたり、木村さんの好きな
ボブデュランの風に吹かれて、イマジンや、拓郎の人生を語らずなど、
木村さんが弾き語り、私がサイドギターでリフを入れた入りしていつも遊んだ。

とくにここ数年は、私も転職し、ギター熱が再燃したことや
木村家が建て替えて、素敵な家になったこともあり、良く呼んでもらったような気がする。
2018年1月7日に音楽の好きなガイド仲間が来るから、来いよと呼ばれて、
木村家に向かっている時に、「一日間違えた。今日はやめよう」と言われたが、
車で向かっていたので、強引に行った。奥さんも完全にごちそうを並べて、準備万端のところでの、一日間違えが発覚したらしかったが、奥さんと三人で三線やギターを2時間ほど楽しんだ。
これが、木村さんとの最後の時間となってしまった。全然そうなると思わなかったが、それでも、あの時間を木村夫婦としっぽりと共有できたことは、良い時間だったなと思う。
結局、翌日にガイド仲間が来るからとまた誘ってくれたが、平日で仕事もあり、断ってしまった。

山の木村さんは良く知らない。私とはオフの時にギターを弾く仲だった。
性格も全然違ったけど、だから、気楽に話ができる間柄が長く気楽に付き合えた理由だと思う。

それと、木村さんは強がりな性格だったが、言い過ぎて気弱になったり、根はどちらかといえば、やさしい繊細な性格だと思うけど、それを隠すために、山で心身を鍛え、木村道成という人物を形成していったのではないかと思う。

最後に、どんな風に遭難したのか、だれも知らない。
4月5日の翌日の4月6日は春の嵐で松本もひどい強風だった。
海が時化ていたのかも、よくわからない。
だけど、苦しく、冷たかったことでしょう。
若い頃は命を顧みず山に挑み山の仲間を何人もなくした、だけど、
自分は家族ができ、死ねないと思い、そういう山はやめたと言っていた。
そういう意味では登山家として61歳は良く生きたんじゃないかとも思う一方で、
なにがあっても生き延びるパワーを持っている人だっだし、
年を経る毎にさらに精力的に活動されていたので、
未だに信じることができず、どこかで山に登っているのが普通だし、
またギターやろうぜと連絡来るような気がしてならない。
私ももっと話をしたかったし、もっと一緒にギターをやりたかった。
風の強い日はなんとなく木村さんを思い出します。

どうぞ、安らかにお眠りください。












クリックすると元のサイズで表示します

<5月6日>
今日でゴールデンウィークも終わり、明日からまた仕事だ。
あれから1か月。
告別式で頂いた花々は毎日手入れをし、いまだに元気に咲いている。
木村さんのようにパワフルだと思う。

実は、告別式の後、木村さんの携帯にメールを打ってみたが、
残念ながら、エラーになってしまった。
せめて送信だけでも出来たら良かったのだが・・・。

やっぱり不死身な存在だと思っていたけど、やっぱり逝ってしまったんだなと思う。

4月14日の音楽会に新曲をやろうと思って準備してきた曲が、ようやく完成してきた。
もともと3月の別れをイメージした曲だが、木村さんへのことも深く入り込んだ曲となった。
「桜東風」というタイトルにしました。

<5月13日>
木村さんの葬儀から早1か月が経った。
桜東風のデモをyoutubeにアップしましたので、
よろしければ、ご視聴ください。
5

2017/11/12

今年最後の高ソメキャンプ  

11月連休にサバイバルキャンプと称して、大学時代の友人Fと二人でタカソメで行った。
タカソメはこの連休でシーズンオフとなる。
当日は天候もよく、気温も高め、とても良い晩秋のアウトドアの時間であった。
高ソメでは、毎回どこのサイトで泊まろうかと考えるのが楽しみだが、
今回は高ソメでも相当稼働率の少ない25番サイトに泊まってみた。
人気はないが、端っこのため、周囲を気にせずにゆったりできて、
なかなか良いサイトだなと感じた。
キノコは晩秋も終わりであったが、ハナイグチを二本と、干からびたナメコを収穫し、

早速キノコトン汁にした。BBQは野菜と海鮮と豚肉を塩やバジルオイルで食し、
さっぱりとして美味だった。
結局Fと夜中の2時まで火を焚いていた。
朝は7時30分に起きて、今にも雨が降り出しそうだったので、
起きて早々にテントを撤収し、まもなく、雨が降り出した。
帰りは坂巻温泉によって、雨の中、目の前の急峻な山の紅葉を目出ながら
湯量豊富で体に効きそうなお湯に浸かって、ぼーっとした寝不足の頭なか
雨に打たれながら、浸かる露天風呂はまた心地良いものであった。


クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/10/1

9/30 本気松茸 10/1 キノコ汁  

先週から急に秋らしく寒くなり、木曜日に雨が降ったので、週末はマツタケ探しに行かなくてはとウズウズしていた。
大学の後輩Fと一緒に奈川にキノコ採りに出かけた。
松茸狙いで本気で挑んだが、残念ながら、見つけることができなかった。( ;∀;)

採ったキノコ:
ショウゲンジ、ハナイグチ、シモコシ?、アイシメジ、ナラタケ、アミタケ、アミハナイグチ、クリタケ、ハタケシメジ、オシロイシメジ、サルノコシカケ、ベニテングダケ、スギタケ、ヤナギモタセ。

スギタケの大群生に心が躍りましたが、一応毒指定なので、お持ち帰りは諦めました。毒は体質によるようなので、次回食べてみたいと思います。

ヤナギモタセ(ヌメリスギタケ)は木になるキノコで、結構大型になり、大きいものは手のひらくらいの大きさになります。
個人的には大きい方がシャキシャキしていて歯ごたえがよく、美味しいです。
ヤナギモタセもかなり収穫しました。

ベニテングダケは私は食べませんが、娘がベニテングのミニチェアに座っているので、本物を見せようと思い、持ち帰りました。

シメジ系が出てきたので、本格的に秋になってきたなと感じました。

翌日、すべて処理して、Fくんにキノコ料理を食べさせようと思い、
久しぶりに特製のキノコ汁を作りました。いろんなキノコが入っているので、最高に美味いです。
汁の水分もほとんどキノコから出てきたもので、キノコの出汁で独特の風味です。
ショウゲンジ(コムソウ)はシオバターで炒めて、食べました。
残りは、茹でて、ボチボチと食べます。

また、来週も狙います。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/9/24

9月秋の高ソメキャンプ(9/23~1泊)  

今回は新築のバンガローに宿泊することにした。
目の前の池と山の眺めさ素晴らしかった。
まだ新しいこともあり、杉の香りが心地よかった。
秋のキャンプの楽しみはキノコ採り。
松茸は今回も見つけられなかったが、初めてショウゲンジ(コムソウ)を採ることができたことと、
大好きなナラタケが沢山採れたこと。
それと、松茸の尾根を下りて、いつもはおなじルートを戻るのだが、今回はそのまま下りて車道へでて、
高ソメキャンプ場まで1kmほど車道を登って行ったのだが、途中、水辺の老木に生えるヤナギモタセ?(名前忘れた)が採れたこと、
また、道端にハタケシメジの大型の房を3株見つけて魚籠に入りきらなかったことで、結構、楽しい時間を過ごせた。
回り道も悪くない。

娘たちと釣りして、ニジマス4匹釣って、帰りました。
キノコも段ボールに詰め込んで帰りました。
毎度のことですが、帰宅してからのキノコの処理が大変です。
ニジマスはソテーで食べたら、臭みもなく、美味しかったです。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/9/19

夢のカーオーディオ  

私の車のオーディオはラジオしか聞けず、しかも、音はフロントドアのスピーカーではなく、
ラジオのところからアナログで痩せた音が出るだけだった。だからいつかカーオーディオをつけるのが夢だった。
先日、車検に出した際に、オーディオの取り付けの見積もりをとってもらったら、約3万円で設置できるとのことであった。
安くないなと思いつつ、妻は音楽を聴ける貴重な時間だから取り付けしてもいいのではないかと背中を押してくれた。
しかし、貧乏性の私は3万円ならギターのピックアップとか別のもの買った方がいいなと考えて、もっと安く取り付けできないか調べてみた。
いろいろ調べていくうちに、DIVOOMという簡易のミニラジカセが、SDカードで音楽が聴けて、USBで充電できるらしい。
シガーソケットUSB差し込めば、SDカードで音楽が流れるし、レビューも悪くないし、3000円くらいなので、ダメもとで、とりあえず買ってみた。
届いて、音楽を再生してみたら、サランラップくらいの大きさなのに、低音もしっかりでていて、びっくりした。
私が持っていた同じくらいの大きさの昔のミニカセットラジカセは、音量上げればバリバリだし、音質はペケペケなイメージだったから、
私の先入観を覆す技術革新的なラジカセだと思った。(感じ方は個人差あると思いますが)
また、このラジカセを助手席に無造作に置いて聞くのも、嫌だったので、
車のラジオの下の一つ分空いているスペースに木の板を加工して、台を作って、その上に固定することにした。

以下、写真です。板を切り、滑り止めを付けて、黒のシールを張り付けて完成です。
とりあえず、3万円使わずに、3千円で音楽聞けるようになったので、
この音で満足できれば、明日からのドライブが楽しみになるかな。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/9/18

秋だね。キノコの季節です。  

9月の連休は台風でキャンプ旅行に行けなかったのが残念だったけど、
この台風の雨でキノコが一気にでるはずだと思い、台風が過ぎ去るのを待って、
我がホームグランドの高ソメキャンプ場にキノコ採りに行ってきました。
松茸はなかったけど、ハナイグチやアミタケが沢山取れました。
写真上から、ハナイグチ、アミタケ&ベニアミタケ、畑シメジ&クリフウセンタケ他、クリフウセンタケとハタケシメジの塩バター炒め(キノコの出汁がでて美味)

キャンプ場は連休だったけど、台風だったからお客さんも少なかったろうけど、白樺やカラマツも風で倒木していて、
台風の時のキャンプは命に関わるなと実感しました。
泊まるなら、バンガローにしましょう。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/9/2

8月高ソメキャンプと夏のきのこ採り  

7月につづき、8月も高ソメキャンプ場に行ってきた。
家から40分くらいで、非日常の良い時間を過ごせることが最高だ。
8月の高ソメといえば、チチタケ採りが恒例で、
個人的にはあまり好きというほどではないが、
うどん文化の群馬や山梨などでもとても珍重されているキノコだとか。
チチタケはキズをつけると白い乳液がでてくることから、
その名の言われがあるが、この乳液が手につくと、独特に臭いがあり、
水ではなかなか簡単に落ちないことから、子供にはとても不評だかが、
このチチこそが、油で炒めることで、チチタケでしかだせない出汁と香りで、
これを炒め煮みたいにして、うどんなどで食べると実に独特の味わいなのである。
が、私にはまだその本当のうまさがわかっていないので、今年はテイクアウトはせず、

キャンプのおひるごはんで、調理して一人味わった。
また、もう一つの高ソメの夏のきのこ採りの楽しみのハナビラタケを探していたら、
ちゃんと出てきてくださいました。写真
サッカーボール大の大きさで少し干からびていたけど、現在天日干しにして、
保存しながら、炒め物などに使っていきたいと思っています。

今回は高ソメ13番サイトに泊まった。
デイツのニッケルのハリケーンランプに加え、初めて、真鍮のハリケーンランプも登場した。
晩飯を食べていても、実に暗いが、味わいがあって、良いものだと思う。
今回も薪を集めて、ずーっと焚火を楽しんだ。



クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/9/2

天竜峡温泉へ  

8月の連休に南信の天竜峡温泉に一泊した。
秘湯の宿の佐和の屋旅館さんに泊まった。
飯田の千代という地区のとてもド田舎なところで、
以前私が働いていた松本市の奈川地区と同じ匂いがしたが、
そんな辺鄙なところにあって、佐和の屋さんは、とてもセンスがあり、
素晴らしい旅館だった。
とくに、部屋や露天風呂からの見える、庭園の木の植え方、立体感がなるほどと感じたし、
生け花も素敵だった。
翌日は近くの天竜峡のつり橋を歩いてみたら、ちょうど下に川下りの船がゆっくりと通り過ぎて行った。


クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/9/2

会津曲げ物と木曽漆器のコラボ  

福島の土湯温泉で温泉宿をやっていた義理のおじさんから10年ほど前に会津塗の曲げ物の弁当箱をもらった。
毎日、昼に使っていたが、普通のお皿とかと同じように洗っていたら、だんだん地肌が見えてきて、傷んできたこともあり、
職場で木曽にご縁のある方に塗り直しをお願いした。
新品の会津塗の弁当箱を変えるくらいの費用がかかったが、福島の会津塗と地元長野の木曽漆器のコラボが
我が弁当箱で融合され、おひるご飯もまた格別なものとなった。
傷まないように気を付けて、世界で一つしかない、この高級な弁当箱を末永く使い続けたい。


クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/8/20

将棋盤  

先日は茨城から将棋盤をもってきてもらい、ありがとうございました。10歳の誕生日プレゼントから30年が経過し、将棋盤も古びて見えたので、手を入れて30年前の状態に戻しました。貴重な思い出の品です。また末永く長く使えたらいいです。


クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/8/19

ニジマスの燻製 写真追加  



クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/8/19

ニジマス燻製  

毎年8月に町内会の育成会のニジマスつかみ取り大会が行われる。
地元の梓水苑内の水路をせき止めて、今年は昨年より多い350匹を放流した。
最初は苦戦していた子供たちも、後半はコツを覚えて、上手に捕まえられるようになり、

最後は水量を減らして、すべての魚をつかみ取りした。
我が家も8匹捕まえて、すべて燻製にすることにした。
ニジマスは燻製が一番だと10年くらい前に初挑戦したころから、そう思っている。

美味しい燻製の作りからをクックパットで調べ、参考にここに記すことにした。
燻製は手間がかかるが、このレシピだと翌日の夜には食にありつけることになる。

@ニジマスをさばく。(お尻の穴に包丁を指して、首元まで割く。内臓を取り除く。エラも取る。)
Aニジマスと漬汁をジップロックに入れ、真空にして、冷蔵庫で2時間浸ける。(漬汁:8匹でおおよそ:赤ワイン100g、塩70g、水500g、ハーブ適当)
B漬け汁をすて、ニジマスは洗わずにキッチンペーパなどで拭いたりして、水気を取り、皿に移し、ニジマスのおなかに割りばしを支えて空間を作り、乾燥しやすくして、一晩、冷蔵庫にいれておく。
C翌日、網に入れて、1~2時間ほど外気さらに乾燥させる。
D燻製する。燻製器に吊るして40分~1時間くらい。
E燻製が終わったら、また皿に移し、冷蔵庫で夕方まで保管する。(味を落ち着かせるため)
F夕方完成。焼くなど少し熱を入れて、食べましょう。

ワインなどで漬け込ことで、臭みがなくなります。また、燻製するまではしっかり乾燥・水気がない方がおいしくできます。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/7/30

鳥の家作り  

小1の娘が実家の鳥の巣を思い出して、父ちゃんと鳥の巣を作りたいと言い出し、
母からまずは段ボールでイメージの家をつくったらと言われ、独り頑張って作り上げました。
今日の午後にその段ボールを参考に、ネットで調べて、とおちゃん、
木の板で久しぶりに木工道具フル出動して頑張って作り上げました。

庭のハナミズキに掛けたおうちに鳥さんが遊びに来てくれるかな?


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/7/30

真鍮の灯油ランプ  アウトドア

銀色(ニッケル)のハリケーンランプ デイツ80を愛用していますが、
金色(真鍮)のハリケーンランプ デイツ78も仲間入りしました。
真鍮の色合いや風合いが好きで、ずっと真鍮製のランプがほしいと
思っていましたが、結構高いので買えなかったのですが、
デイツのは比較的お手頃でよかったです。

もともとハリケーンランプは優しい灯りが良いですが、
80は大型なので、それなりに明るめに比べ、
78は蝋燭をもう少し大きくしたくらいの明るさですが、
この暗さがまたいいんです。
これからのキャンプが楽しみです。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/7/25

2017年1回目キャンプ  アウトドア

ようやく今年もキャンプに行けた。
恒例の高ソメキャンプ場。
我が家から30分ちょいで行ける、非日常的な自然が広がります。

7月連休でほぼ満員のようでしたが、それほど込み入った感じはなかったです。
キノコも狙っていましたが、やはり8月お盆前後でないと、チチタケやハナビラタケなどは、
でないようで、食べられそうなキノコには出会えませんでした。
池で釣りして、晩飯で焼いて、翌日も4匹釣って、家で燻製にして食べました。
ニジマスは燻製が一番と思いますが、今回は久しぶりに上手にできて、
魚嫌いな娘も喜んで食べてくれました。

私はキャンプでなにが楽しいかといえば、火遊びが一番楽しいなと思います。
薪はその辺から集めるので、いつもノコギリ持参です。
夜から早朝、昼間とひたすら、焚火をするのが楽しいですね。
普段はできない時間ですからね。
高ソメキャンプ場は直火もOKです。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ