2011/4/29

国民文化祭京都2011プレイベント第1回粋墨の会作品展  綾部の文化財

綾部市青野町のグンゼ集蔵にて4月29日(祭)午前10時から午後5時、最終日の5月1日(日)は午後よ4時まで「粋墨の会・第1回水墨画作品展が開催された。昨年6月に安達一男氏を代表に6名の作品30点が展示されている。素晴らしい作品ばかりで他の方にも見てもらいたくここに掲載しました。今後の予定は綾部市宮代町明智16−8安達一男氏に問い合わせ願います!尚入館料は無料ですので見学をお薦め致します。

1.グンゼ集蔵前の立て看板
クリックすると元のサイズで表示します

2.グンゼ集蔵前の綾部バラ園(入場料無料)で2011綾部バラ園春のバラまつりは5月14日から5月29日まで自由に見学可能です!
クリックすると元のサイズで表示します

3.パンフレット表紙
クリックすると元のサイズで表示します

4.パンフレット展示内容掲載
クリックすると元のサイズで表示します

5.10号から大きなもので120号の展示内容パンフレット
クリックすると元のサイズで表示します

6.受付風景、右側は芦田哲司氏の「船泊」と立藤律美氏の「秋の夜長」
クリックすると元のサイズで表示します

7.安達一男氏の「古住往来」
クリックすると元のサイズで表示します

8.その他の展示画1.
クリックすると元のサイズで表示します

9.その他の展示画2.
クリックすると元のサイズで表示します

なべちゃんの追記
この綾部の文化財日誌にも、綾部の古木や滝、山などの写真を投稿していただいている友人のふじもと様から案内ハガキをいただき拝見に集蔵に伺った。
昨年、某日本画教室から独立されて10ケ月での作品展開催の快挙である。

ふじもと様は私の山とスキーの仲間であるが、ふじもと様夫妻と一緒に家内と「丹波市立植野記念美術館で富岡鉄斎の絵画展を見る」に行ったり、出石町の「100年のキセキ:伊藤清永美術館で参観」を紹介していただいたりしている。
 今回もGW中に「朝来芸術の森美術館」と「朝来歴史民俗資料館」を訪れる予定で、ついでに道路情報を聞いてきた。

ふじもと様の出展作品は、舞鶴市展で特選に輝かれた墨絵や福知山市展で市展賞に輝かれ、福知山城の佐藤太清記念美術館にこの冬の間、特別展示されていた作品も並べられ、それらの墨絵に再会して幸せであった。このGW中に開かれている綾部市展にも出展されており、拝見するのを楽しみにしている。

6名の同人と1名の特別参加の作品、重厚な30点の墨絵が展示され、大勢の参観が見られた時の写真を追加します。
クリックすると元のサイズで表示します
写真をクリック拡大してご覧ください。4月29日10時頃の会場風景、合成写真です。

綾部バラ園「2011春のバラまつり」の案内は、ここをクリックしてご覧ください。

また「市民のボランティアで出来た「綾部バラ園」オープニング・セレモニー」については、ここをクリックしてご覧ください。

また今年の冬以降の寒波が厳しく、市民の手で刈り込みの行われた「バラ」の今日現在の状態です。
クリックすると元のサイズで表示します
山々の山菜などフキノトウ、ツクシなどがやっと頭を出しかけた1ケ月半遅い状態とか、花の咲くのが待ち遠しいです。

綾部の文化財を応援して頂ける方は下記のFC2ブログランキングをクリック願います!
fc2トラックバック
ランキングバナー 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ