2011/2/20

元伊勢外宮豊受神社参拝  文化財研修記

元伊勢三社の一つ元伊勢外宮:豊受神社を参拝した

クリックすると元のサイズで表示します
大江山に通じる宮津道路の信号を入ると、参道下に建つ社務所
クリックすると元のサイズで表示します
すぐ前から高い参道石段
クリックすると元のサイズで表示します
登り詰めると左手の鳥居をくぐる
クリックすると元のサイズで表示します
大きな社建物
クリックすると元のサイズで表示します
神社境内を囲む石柱列
クリックすると元のサイズで表示します
燈篭の奥に正殿
クリックすると元のサイズで表示します
正殿の内陣
クリックすると元のサイズで表示します
正殿と本殿の左から
クリックすると元のサイズで表示します
正殿左に並ぶ 多賀宮
クリックすると元のサイズで表示します
正殿右に並ぶ 土之宮
クリックすると元のサイズで表示します
右側に並ぶお社列
クリックすると元のサイズで表示します
風の宮
クリックすると元のサイズで表示します
龍燈の杉
クリックすると元のサイズで表示します
龍燈の杉 御由緒
クリックすると元のサイズで表示します
月の宮
クリックすると元のサイズで表示します
左側のお社列
クリックすると元のサイズで表示します
御幸神社

参照;インターネットから
元伊勢外宮 豊受大神社
元伊勢外宮は、舟岡山という独立小丘の上に鎮座しています。この舟岡山、その外見から一説では巨大な前方後円墳ではないかという俗説もあるほどで、もしそれが本当なら全長200mにも及ぶ巨大な前方後円墳となり、丹後・丹波でも屈指の前方後円墳となってしまいます。むろん、形状的にそういう指摘が提起されているだけで、正式に古墳であるという根拠は今のところありません。
 ただ、外宮付近には大明神塚古墳・荒神塚古墳など小古墳が散在しており、これを大古墳の陪塚と考えたら面白くはあります。ちなみに外宮周辺からは弥生末期から古墳初期にかけての土器片や、古墳後期頃の土師器壺・須恵器片が散布しており(大江町教育委員会1975・1999)、古墳時代辺りの人々の生活跡が残っています。
 舟岡山を前方後円墳状とした場合、外宮周辺は大体以下の地図で図化することができます。外宮の社殿が建てられているのは、いわゆる前方部のほうではなく、後円部のほうです。
外宮の見所は、まず何と言っても正殿でしょう。かなり忠実に伊勢神宮の神明造に倣っています。屋根の苔のむし具合がまたなんとも神聖性を高めています。
 そして、元伊勢外宮・内宮共通して貴重な資料として挙げられるのが、黒木鳥居の存在です。黒木鳥居とは、木の皮をはがずに皮が付いたまま鳥居にしている形態のことです。言ってしまえば最も木材を加工しないまま作られた鳥居ということで、工法としては原初的な形態に属す鳥居なのではないかと位置付けられています。
 黒木鳥居を持つのは、元伊勢外宮・内宮以外では京都市の野宮神社だけだそうで、極めて珍しい鳥居と言えます。
 ほか、「竜燈杉」という霊木もあります。外宮境内が古くから霊域として大切にされてきたらしきことは、境内にそびえ立っている多くの巨木群が物語っていますが、本殿裏にある「龍燈杉」は、樹齢1500年を越すものと推定されています。
 掲げられていた説明板によると、節分の晴れた夜、この杉の頂上に燈明を思わせる明かりが見えるのだといい、これを見た人はその年が幸福に包まれるといわれています。この明かりは、この地に宿る龍神が天照大神に献じた御燈明だとされています。
 これと同じようないわれを持った竜燈杉は内宮境内にもあり、天岩戸神社由緒書によると内宮・天岩戸神社の神体山である日室ヶ嶽山頂にも龍頭松(伝承内容は竜燈杉とほぼ同じ)があるといいます。『大江町誌』(1983)によれば、当地の元伊勢はこの竜燈杉伝承がよく付随しているのが特徴だといいます。




コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ