2010/11/28

紅葉の名庭園・京都南禅寺と智積院の国宝・文化財を訪ねて5  文化財研修記

利休好みの庭と伝えられる真言宗智山派総本山智積院の名勝庭園を拝観
名勝庭園(江戸時代)
 庭園は北を石垣、中央を枯滝組み、南を池泉とした名園で、旧祥雲寺の庭園というが、七世運敞上人が手を加えて中国の盧山の景をかたどって造られたといわれています。

拝観受付から山門を入り講堂・名勝庭園・大書院・畏殿・奥書院・本坊・壇信徒受付などの広い回廊を巡り拝観した
クリックすると元のサイズで表示します
山門を入った一行
クリックすると元のサイズで表示します
高浜虚子の句碑を観る一行
クリックすると元のサイズで表示します
高浜虚子の句碑
クリックすると元のサイズで表示します
ひらひらと つくもをむひて 落花かな 高浜虚子
クリックすると元のサイズで表示します
講堂の外を庭園に沿い歩く
クリックすると元のサイズで表示します
角を曲がり名勝庭園の正面に出る
クリックすると元のサイズで表示します
庭園正面大広間の襖絵を観る 長谷川等伯・久蔵の彩色画

 智積院講堂の襖絵 60点の襖絵が平成20年に奉納されました。作者は現在日本画壇における第一人者、前東京芸術大学副学長・田淵俊夫画伯です(日本の春夏秋冬を題材にした墨絵)
クリックすると元のサイズで表示します
祥雲禅寺時代に造られた石橋より奥の庭園は自然石のみ用いて刈込みを主体とし、深山の中にいるような奥行きのある野生的な雄大さ勇壮さを感じさせてくれます。
クリックすると元のサイズで表示します
縁台廊下に座り庭園を楽しむ
クリックすると元のサイズで表示します
滝の落ちている正面は江戸時代に修築されたもので、石組と植込みとが交互に並び、洗練された美しさが築庭の極限を表現している
クリックすると元のサイズで表示します
座って名勝庭園を楽しむ
クリックすると元のサイズで表示します
石橋が架かる
クリックすると元のサイズで表示します
落ち着いた内庭の佇まい
クリックすると元のサイズで表示します
石灯籠が立つ
クリックすると元のサイズで表示します
真砂の中に石一つ
クリックすると元のサイズで表示します
植生と苔と
クリックすると元のサイズで表示します
布袋図など
クリックすると元のサイズで表示します
伴鐘の吊られた廊下を回る
クリックすると元のサイズで表示します
趣の異なる庭が次々と
クリックすると元のサイズで表示します
廊下伝いに中を一周して最初に外を歩いていたところへ戻って来た
クリックすると元のサイズで表示します
名勝庭園のほぼ全景が見える
クリックすると元のサイズで表示します
長い廊下、高浜虚子の句碑のあるあたり 拝観を終え外に出る
クリックすると元のサイズで表示します
真言宗智山派 総本山智積院の門柱 第13回壇信徒研修会の看板
クリックすると元のサイズで表示します
総本山智積院境内図
クリックすると元のサイズで表示します
総本山智積院の歴史




コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ