2010/11/28

紅葉の名庭園・京都南禅寺と智積院の国宝・文化財を訪ねて2  文化財研修記

赤レンガのローマ風な水路閣をくぐって石段を上がった一段高い所にある離宮禅林寺殿の「上の宮」遺跡で南禅寺発祥の地である南禅院にやってきた

南禅院(鎌倉時代国史跡・名勝庭園)
 南禅院は亀山法皇の離宮跡で、南禅寺の発祥の地である。南禅寺山を背にした庭園は、亀山法皇みずから作庭したとも伝えられる地泉回遊式庭園。東北隅に滝石組み、曹源池という名の大小の池には、鶴・亀・蓬莱・神仙の四島を配する。とりわけ、新緑と紅葉の季節が美しい。

クリックすると元のサイズで表示します
南禅院の名勝庭園拝観の手続き中の四方事務局長と入門を待つ一行
クリックすると元のサイズで表示します
南禅院国師跡名勝庭園
クリックすると元のサイズで表示します
名勝庭園に沿って散策路を回遊する
クリックすると元のサイズで表示します
紅葉のきれいな中を歩く
クリックすると元のサイズで表示します
亀山法王遺愛の幽邃閑寂な林泉
クリックすると元のサイズで表示します
池の周りを巡る
クリックすると元のサイズで表示します
続々と紅葉を愛でる一行が続く
クリックすると元のサイズで表示します
学生たちの集団に追いつかれた
クリックすると元のサイズで表示します
一山国師霊塔 勅旨により建立
クリックすると元のサイズで表示します
林泉をはさんで紅葉がきれい
クリックすると元のサイズで表示します
築庭に当たって竜田の楓を移植し、井手の蛙を放ったと伝えられる
クリックすると元のサイズで表示します
山裾を林泉にそって巡る
クリックすると元のサイズで表示します
林泉の水面に映る紅葉が万華鏡
クリックすると元のサイズで表示します
戻り道
クリックすると元のサイズで表示します
水路閣の上に上がり琵琶湖疏水の流れを見る 上に建つ塔屋を回る
クリックすると元のサイズで表示します
1号車の方々は先に行かれた様子 集まった2号車の一行
クリックすると元のサイズで表示します
水路閣の見事な煉瓦づくりの橋脚
クリックすると元のサイズで表示します
史跡 琵琶湖疏水のうち「水路閣」
クリックすると元のサイズで表示します
見事な紅葉の下を法堂に向かう
クリックすると元のサイズで表示します
法堂に参拝 
 法堂(はっとう)
本坊の西側一段低い所に建っている伽藍が法堂である。豊臣秀頼の寄進した法堂は明治28年に消失して、明治42年現在のものが建立された。天井の龍は今尾景年翁崋生の大作である
クリックすると元のサイズで表示します
法堂を後に紅葉の道を散策 昼食場所に向かう




コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ