2010/11/22

里山ねっと・あやべで「2010いのちの饗宴in綾部」が実施された!  あやべの街

11月20日(土)から21日(日)に渡って「Celeburation of Oneness2010いのちの饗宴in綾部」が里山ねっと・あやべ(京都府綾部市鍛治屋町の元・豊里西小学校)で実施された。第一部は20日(土)17時30分よりドキュメンタリ映画「Celeburation of Oneness2010いのちの饗宴」が上映された。
提唱及び出演者は、1人の服飾デザイナーで自然の豊かなるタイ国で、いのちあふれる服「うさとの服」作りを行う、患者の生きる力を引き出すサポートする岐阜県の船戸崇史医師、千葉県の鴨川自然王国の故・藤本敏夫さんと歌手の加藤登紀子さんの次女・Yaeさん(ご主人の鴨川自然王国の農業を手伝い、「半農半歌手」を名乗っておられる。之は里山ねっと・あやべの「半農半X」を出版した塩見直紀氏の影響である。21日(日)午後1時から第二部は民俗芸能ユニットで話力。「和力+稲葉美和コンサート」稲葉美和さんは素晴らしい筝(こと)演奏者で上記の映画音楽の演奏を担当された。三部は14時からスペシャルトークで塩見直紀、Yae、さとうさぶろうの各氏、更に映画の船戸医師も加わってのトーク。第四部は16時から「Yaeコンサート」出演はYaeさんに加えて越田太郎丸氏ですが残念ながら所要があり、之は撮影出来ませんでした。

1.里山ねっと・あやべ(旧豊里西小学校)左の新しい建物は「幸喜山荘」
クリックすると元のサイズで表示します

2.毎月第三土曜日に志賀郷町の公民館で開催されている「三土市」の出店が出張
クリックすると元のサイズで表示します

3.大繁盛の手作り「パン」の出店
クリックすると元のサイズで表示します

4.午後1時「第二部和力+稲葉美和コンサート」開始の挨拶される踊り・太鼓担当の加藤木朗氏
クリックすると元のサイズで表示します

5.加藤木朗氏の見事な独楽(こま)廻しです!
クリックすると元のサイズで表示します

6.見事な獅子舞を披露される加藤木朗氏、横笛は木村俊介、太鼓は小野越朗氏
クリックすると元のサイズで表示します

7.見事に華麗に豪快に民俗踊りを披露される加藤木朗氏、太鼓は小野越朗・横笛は木村俊介氏
クリックすると元のサイズで表示します

8.同上 その2.見学の皆さんの中で踊る加藤氏!
クリックすると元のサイズで表示します

9.和力と稲葉美和さんの見事な華麗な力強い筝(ひつ、こと)の共演です!
クリックすると元のサイズで表示します

10.14時「第三部スペシャルトーク」自分らしいスタイルを目指し、農業を志す若者のメッカとして知られる「東の千葉県鴨川」「西の京都府綾部」迷いもなく自分の転職を生きるさとうさぶろう氏達が「生きる、働く」をテーマに語りあいでした。
クリックすると元のサイズで表示します

11.左、司会者、右寄りに塩見直紀、Yae、ひげの船戸医師が加わり、一番右手側にさとうさぶろうの各氏
クリックすると元のサイズで表示します

当ブログのリンク「綾部の文化財」をクリックして頂くと多くのリンク集の中に「里山ねっと・あやべ」も見れますが、下記をクリックして頂くと「里山ねっと・あやべ」が見れます。
http://www.satoyama.gr.jp/
綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ