2010/11/16

京都府下唯一火山口の確認できる天田郡夜久野町の自然と文化財を訪ねて!1.  文化財研修記

11月10日(土)綾部市郷土史自主講座のメンバー31名で、京都府下唯一火山口の確認できる田倉山(349.7M)や京都府下でもっとも多くの化石を持つ「福知山市夜久野町化石博物館」等を日帰り研修で見に出かけた。今回の報告はNO。1として、綾部市にある全国安国寺の筆頭の綾部安国寺(元・光福寺)で生まれた室町幕府初代将軍・足利尊氏公の母上の上杉清子が田畑を寄贈した夜久野町の今西中にある臨済宗妙心寺派の古刹「大智寺」を訪れた。この阿弥陀堂のご本尊は半丈六仏「145.2CM、丈六とは一丈六尺)」寄木造、彫眼、漆箔彩色(布張り下地)11〜12世紀の定朝様で在地仏師の作か?元文3年(1738)補作、明治31年追記で福知山市の指定文化財である。他にも福知山市の指定文化財があるので順次紹介します。尚福知山市と合併前は天田郡夜久野町であり「天田郡観音霊場33ヶ寺の第32番札所」でもある。

1.大智寺への参道
クリックすると元のサイズで表示します

2.大智寺の三門
クリックすると元のサイズで表示します

3.金堂の入口にある見事龍の彫刻の「脚下照願」
クリックすると元のサイズで表示します

4.阿弥陀堂への入口
クリックすると元のサイズで表示します

5.阿弥陀堂手前左手にある石仏群・特に目立つのは一番左手の宝篋印塔である。形から云って鎌倉時代のものである?
クリックすると元のサイズで表示します

6.福知山市指定文化財の阿弥陀如来坐像(半丈六仏)の説明をされる蒔田耕硯住職
クリックすると元のサイズで表示します

7.見事な阿弥陀如来坐像(半丈六仏)福知山市指定文化財
クリックすると元のサイズで表示します

8.福知山市指定文化財の仏像郡「(大智寺の平安仏)仏教大学宗教文化ミュージアム」出版本による!菩薩立像8体、天部立像4体(いずれも一木造りで平安時代末期の作である。
クリックすると元のサイズで表示します

9.祭事の時、仏像をを乗せ本堂に移す珍しい輿。
クリックすると元のサイズで表示します

10.天田郡観音霊場第32番札所の観音堂内の聖観音菩
クリックすると元のサイズで表示します

全国安国寺の筆頭・綾部安国寺は下記をクリックして見て下さい!
http://ayabun.net/bunkazai/annai/ankoku/ankokuji.htm
綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ