2010/11/15

綾部市制施行60周年記念・第18回綾部市資料館特別展示「庚寅の頁」  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」吉美地区の里町には「綾部市資料館」がある。今年は平成22年西暦2010「庚寅年(かのえのとらとし)」で綾部市制施行60周年記念・第18回秋の特別展示としては庚寅「庚寅の頁(かのえのとらのペー)」として60年毎の事物を捉えて展示されています!今から60年前は昭和25年(1950)も庚寅年で、更に60年前の明治23年(あ890)も庚寅年。60年ごとに同じ干支(かんし、えと)が現れる之が還暦(かんれき)です。更に60年前江戸時代の天保元年(1830)更にその前は明和7年(1770)と60年毎に時代を遡って見ていきます!江戸時代→室町時代→鎌倉→平安→奈良→飛鳥→古墳時代となんと34回の還暦で紀元前(BC)に遡ってしまいます。主として綾部市での出来事と特に比較を必用とするものは掲載されています。この特別展示は10月30日(土)から始まって11月28日(日)まで午前9時から午後5時まで無休で展示されています。入館料は200円のみ(中学生以下は無料、更に還暦60歳の方も無料ですが、運転免許書や健康保険証を見せて下さい。一見の価値はありますよ!

1.資料館入口の入ったところに「庚寅のペ−ジ」の絵が展示されています。
クリックすると元のサイズで表示します

2.近澤豊明綾部市資料館長の説明を聞く綾部史談会のメンバー
クリックすると元のサイズで表示します

3.江戸時代の文化の爛熟期の天保元年(1830)のもの
クリックすると元のサイズで表示します

4.文明2年(1470)鎌倉時代のもの
クリックすると元のサイズで表示します

5.嘉応2年(1170)平安時代末期のもの
クリックすると元のサイズで表示します

6.貞観12年(870)平城京時代のもの
クリックすると元のサイズで表示します

7.西暦510年以前紀元前のものまで、古墳時代国重文・私市円山古墳の鉄刀も見える!
クリックすると元のサイズで表示します

国重要文化財私市円山古墳は下記をクリックして見て下さい。
http://ayabun.net/bunkazai/annai/maruyama/mkofun.htm

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ