2010/10/14

須佐之男命を祀る古社・坂尾呂神社の秋祭りNO。3  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」奥上林地区の睦寄町(むrつよりちょう)には須佐之男命(すさのおのみこと)を祀る古社・坂尾呂神社(さかおろじんじゃ)がある。秋の大祭は例年10月の第一日曜日に催行されます。今年は10月3日(日)秋の大祭であり、綾部市で最も格式の高い久保健治宮司様の許可により全行程同行し、祭りの様子を撮影したので順次掲載します。綾部市の97神社の秋祭りでもっとも長距離を練り歩く子供振れ太鼓、獅子舞、神輿の行列はこの坂尾呂神社の広範囲の地域性にもよりますが大変なものです。神輿を担ぐ距離も綾部市では一番ですね!久保宮司様と小生は渡邉宮総代様の運転される車に乗せて頂いて、神輿行列に先行して次々とお旅所8ヶ所に行き撮影しました。

1.午前9時40分頃:今飼のお旅所(休憩所)風景その1.
クリックすると元のサイズで表示します

2.同上 その2.後の山は第一の鳥居のある古墳です。
クリックすると元のサイズで表示します

3.午前10時15分山の家のお旅所での宮司様のお祓い(お払いは各お旅所でされます)
クリックすると元のサイズで表示します

4.山の家の前の橋を渡る神輿
クリックすると元のサイズで表示します

5.同上 休憩風景
クリックすると元のサイズで表示します

6.同上 神輿は大変古いものであり、飾りには藤原光長「平安時代末期の観修寺流藤原家の貴族で生年:天養1(1144)没年は建久6年(1195)の銘」が入っております。
クリックすると元のサイズで表示します

7.午前10時40分頃:市場のお旅所でのお祓い風景
クリックすると元のサイズで表示します

8.同上 市場のお旅所へ神輿が到着
クリックすると元のサイズで表示します

9.午前11時10分頃:古井のお旅所でのお祓い
クリックすると元のサイズで表示します

10.お供えは熨斗(のし)袋で最低千円は入っている。皆それぞれお供えされお守り札を受理されている。
クリックすると元のサイズで表示します

11.有安のお旅所でのお祓い
クリックすると元のサイズで表示します

12.獅子舞に頭を噛んで貰う子供達(健康で賢くなると言う)
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ