2010/10/13

須佐之男命を祀る古社・坂尾呂神社の秋祭りNO。2  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」奥上林地区の睦寄町(むrつよりちょう)には須佐之男命(すさのおのみこと)を祀る古社・坂尾呂神社(さかおろじんじゃ)がある。秋の大祭は例年10月の第一日曜日に催行されます。今年は10月3日(日)秋の大祭であり、綾部市で最も格式の高い久保健治宮司様の許可により全行程同行し、祭りの様子を撮影したので順次掲載します。綾部市の97神社の秋祭りでもっとも長距離を練り歩く子供振れ太鼓、獅子舞、神輿の行列はこの坂尾呂神社の広範囲の地域性にもよりますが大変なものです。神輿を担ぐ距離も綾部市では一番ですね!この坂尾呂神社には綾部市指定文化財の「木造随身(ずいしん)一対(阿形、吽形)」があります。詳細は最期にクリックして見て頂けます。

1.午前9時:久保健治宮司様の祝詞(のりと)奉上
クリックすると元のサイズで表示します

2.宮司玉串(たまぐし)奉尊の後、参列者の玉串奉尊その1.@自治会長:鳥垣、山内、古屋、草壁、有安。
クリックすると元のサイズで表示します

3.同上 その2.A宮総代:山内、古屋、草壁、庄、有安、鳥垣
クリックすると元のサイズで表示します

4.同上 その3.B神輿担ぎ手代表、子供代表
クリックすると元のサイズで表示します

5.みたまうつし(神社の拝殿内陣の須佐之男命の御霊を神輿に移す。)
クリックすると元のサイズで表示します

6.神輿を拝殿から境内へ練り込みの準備のため移動する。
クリックすると元のサイズで表示します

7.神輿は出発準備完了
クリックすると元のサイズで表示します

8.午前9時40分:子供の振れ太鼓から出発
クリックすると元のサイズで表示します

9.次いで獅子舞と神輿の巡航開始
クリックすると元のサイズで表示します

10.第二の鳥居をくぐる神輿
クリックすると元のサイズで表示します

11.子供の振れ太鼓、獅子舞、神輿の行列
クリックすると元のサイズで表示します

12.第一の鳥居前を通る獅子舞と神輿の巡航(なんと獅子舞の後足は若き女性!綾部市では初めて見た!)
クリックすると元のサイズで表示します

綾部市指定文化財の「木造随身一対(阿形吽形)は下記をクリックして見て下さい。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/500.html
綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ